2017新潟/白馬大作戦(8/17の19)2018年01月20日 08時32分49秒

展望台もぼろぼろ。
足元には要注意である。

考えてみれば、昨日の米山も登山開始が今日と同じ10:45過ぎで、山頂到着が13時過ぎだった。
でもつらさは米山の方がずっと上。まあ、標高差が全然違うんだけど、景色の変化の多彩さも疲れに影響すると思う。距離はこちらの方が長いと思うけどそれほどつらく感じないのは心理的効果が大きいかと。米山は山頂の景色は素晴らしいけど、それまでがね。

お昼はホテルの朝食にあったパン。
朝食時はいつもおかゆだけにするかパンも食べるか迷うのだけど、このようにお昼にいただくというのがどちらもいただけて良いかと。ここのパンは美味しいからね。今日も泊まるということでわがまま言ったかも。

そうそう、雨はもう降ってない。

この時期の展望台の周りは花があまり無く、このノリウツギだけが咲いている。

これはナナカマドの実だと思う。
ナナカマドは紅葉が早いけど、今年はまだ色づいてない。

クロマメノキかな?これはすでに色づき始めている。

周りにいた昆虫。
この蝶は私が到着したときから出発するまでずっとこの場所にいた。ちょっと羽がいたんでるけど大丈夫かな?

トンボ。このあたりの昆虫は人が近づいてもあまり逃げない。

これはカミキリムシに似てるけど多分アブの一種。

展望台だけど、景色は全く見えない。視界50mもないだろう。腫れているとこの先に雪渓が見えるのだけどね。
ということで、20分ほど休憩して出発。13:18。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の18)2018年01月19日 08時27分39秒

ギンリョウソウ。
とにかく今回は数が多い。特に展望台からの帰りに多かったのだけど、それはもうちょっと後で。

シラネニンジン。

というところで展望湿原に到着。12:47。
入り口入ってから2時間。
おなかすいてるけど、あと少し、展望台まで我慢する。

晴れていればここから山並みが「展望」出来るのだけど、今は全く見えない。
ここで山並みが見えたことはほとんど無い。

そういえば、今年園内ではこういう物を所々で見かけた。
なんと園内のいくつかの場所でWiFi月帰るのだそうな。何もそこまでせんでも、と思うのだけど、時代なんだろうなぁ。ちなみに電源は太陽電池も併用している感じ。

アンテナはこれ。防犯カメラも付いてます。いや、ライブビュー用カメラか。

展望できないし、なにより何か下品なこと東京弁の大声でしゃべるくそやかましい家族が居るので早々に出発する。

ここから先しばらくは木道なのだけど、
所々壊れているので歩く際には要注意である。
入り口近くの木道は良く整備されているのだけど、このあたりは数年に一度整備されれば良い方なのだろう。立ち入り禁止区域もある。

このあたりから雨が降ってきた。
昨日も使ったレインコートを出す。しかし今日は傘は持ってきてないのでカメラはコートの中に隠す。

壊れていると言えば、私の登山靴。壊れているわけではないが、サイズが合わずつま先が非常に痛む。
理由は横幅が広すぎて足が滑って先に当たるため。なので、ぞうきん詰めて滑りを抑えて履いていた。これでなんとか保ったけど、今回持っていた靴で代わりになる物がないのでしかたなしである。また買って数回しか使ってないけど利用停止確定。来年までには新しいの買わなきゃ。ちゃんと店で試し履きもして買ったんだがなぁ。

木道は林の中を縫うように進む。

これも名前不明の花。

ミヤマアキノキリンソウ。

ということで展望台にやっと到着。12:57。

1/14雪2018年01月16日 22時26分52秒

1/14(日)、京都は13日夜に降った雪が残っていた。そこで御苑に撮影に行った。

積雪は3センチくらいか。砂利の上まで積もるほどではなかったけど、芝や屋根の上はそこそこ残ってる。


木の枝に結構雪が付いていた。吹雪いていたのかも知れない。

白大文字も見られた。

雲が多い空だったのだけど、本の一時期雲間から日が射して白大文字が輝いた。
5分もなかったかな。

実はこの日は都道府県対抗女子駅伝の日でもあった。ヘリの飛ぶ音でそのことに気がついたのだけど、その写真はいずれまた機会があれば。今年は京都残念だったけどね。去年は大雪の中のレースで今年は雪景色の中のレースと、女子駅伝は雪なことが多い。今季は後何回雪が降るかな?

2017新潟/白馬大作戦(8/17の12)2018年01月09日 06時19分03秒

ミヤマホツツジ。ホツツジかもしれない。見分けるポイントである雄しべが見えない。

ミソガワソウ。

楠川。遠くの山肌に滝が見える。

アップ。滝というか山肌を滑り落ちる川というか。
水量が例年より多く感じる。

ヨツバシオガマ。

オオバミゾホオズキ。
先に出したのは楠川じゃなかった。じゃあ、どこだろう?

ハクサンフウロ。

クルマユリ。このあたりのはまだ元気。やっぱり高度が少しでも上がると気温が違って生育状況が変わるのか。

エゾシオガマ。

モミジカラマツ。

ヒオウギアヤメ。

ゴゼンタチバナ。
花期は6~7月とあるので、花を見るのは初めてかも。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の5)2018年01月02日 08時18分26秒

自然園内入ってすぐ。山並みは雲に隠れ全く見えない。
こりゃ、今日は景色は期待出来なさそう。

それは仕方ないので、気を取り直して花を写す。
ミヤマキンポウゲ。

クルマユリ。

これは何かの実だけどなんだったっけ。去年も調べたような気が。やっぱり「実図鑑」欲しいなぁ。作るか?

サラシナショウマ。

マルバダケブキ。

ミヤマシシウド。

ゴマナ。
これを見るとよく分かるのだけど、この季節花には小さな虫が集まっているのだけど、例年なら小型のカミキリムシが多い。
ところが今年はその姿はほとんどなく、アブとハエがほとんどだった。これも天候による影響だろう。

ここはまだ入口入ってそれほど行ってないところ。
このあたりの花は色合いが少ない。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の2)2017年12月29日 10時07分37秒

9時、栂池に向けて出発。いい天気だ。
実はこれまで八方と栂池なら栂池を最終日にしてきた。なぜなら、栂池のほうが帰り道途中になるから。ところがよく考えてみると、栂池のほうが距離が長く、花の先具合によっては時間がかかることもある。しかして帰る時間を考えると時間的制限があって、急がねばならない。後で温泉に入るのも難しく、疲れを抱えたままの運転になっていた。
そこで今年は栂池を前にした。これなら夜はホテルに戻ればいいのだから幾らでもゆっくりできる。温泉もホテルに帰ってきてから夕食までの間に行けばよい。

ホテルで前売り入園券を購入。1割位安いのかな。

途中すっ飛ばして栂池の駐車場到着。9:45。思ってたより時間はかかるのね。まだいい天気。このままいってほしい。

人は少ない。お盆の週ではあるが、殆どの人は15日までの休みのようだ。
人が少ないと写真が撮りやすく回るのは至極よいのだが、ロープウエイは運行間隔が伸びたり最終便が繰り上げられたりすることもあるので要注意。

おやっ、あそこにいるのは・・・

燕の子がいた。どろどろ?じゃなくて、灰色の毛がちらほら残っているだけか。

ゴンドラに乗って空中散歩開始。ここのは長い(約20分)からゆっくり楽しめる。
でも上の方は雲の中だなぁ。

外界はいい天気なのだけど。

うわぁ、あっという間に視界が遮られた。

今度らの終着駅付近になると雲は一旦晴れたが、上の方はまた雲の中だ。
自然園はさらにその上だから、雲を突き抜けてくれるといいのだけど。

超特急;天橋立&伊根旅行(4;最終回)2017年12月14日 07時35分38秒

最後に行ったのは集落からちょっと山側に入ったところにある展望所。

船屋を模した建屋があってこの中に食堂とかお土産屋さんがある。
この奥にあるのが展望所。

先の酒屋のNHKドラマ、これだ。

ここからは伊根湾が一望できる。上の方から見るから船屋はあまり見えないけど、なかなか良い景色。

これで本日の旅程は終了。
あとは、途中で高速のSA寄ってそこでいろいろ買ったけどそれは省略。約4時間で帰り着いた。意外とかかってたのね。もっと早く感じてた。

ということで日帰りの旅行であった。純粋な観光目的の旅行は久しぶりだった。

実はこれは実家町内の旅行だったのだけど、参加者はお年寄り、と言うか私の親と同じ世代の人が中心、というかそういう人しかいない。なので私がぶっちぎりで最年少。まあ、よほどの旅行好きでないとこの旅程では若い(?)世代は来ないかも知れない。

で、親の世代と言うことは、私の子供の頃のことを知っている人も多くて、いろいろと思い出話とか、子供=私と同級生が現在どうとかそういう話が多かった。20年ぶりに帰ってきた実家で、しかもいきなり旅行に行くってどんなもんだかなあ;知っている人はいないだろうから浮くかなあと思ってたけど、意外にもそれなりに話が出来た感じで。私の存在が周知されたかも。それはそれで参加したいとの1つではあるのだけど。ある目的のために(^_^;)

それにしてもみんな頑張ってるようで、私一人落ちぶれてるなあ、と思ったり。人生、学歴なんて関係おまへん。そう思った1日でもあったとさ。

おしまい。

超特急;天橋立&伊根旅行(1)2017年12月11日 06時46分40秒

11月末に天橋立と伊根というところに日帰り旅行に行ってきた。その時の様子を駆け足で紹介する。

で、いきなり天橋立は傘松公園というところに行く。麓の駐車場で車を止めてこのケーブルカーで山上へ。

4分ほどだったか。

下側と上側では色合いが違うのね。

紅葉もきれいだった。いや、この紅葉を出したいがために、京都市内の紅葉の話を終えた今、わざと出したという話でもある。

ケーブルカー降りてすぐのところに展望所がある。
そしてこれが天橋立。
実は人生初。来る機会がなくて。

そしてこれが股のぞきというやつ。股の下から除くと天空に橋がかかっているようにみえる、からその名がある。
こういうとき、ロングスカートはだめなので、女性の方はパンツかかなりのミニスカートでどうぞ(^_^;)

そこにある土産物屋の2階から見るとこんな感じ。
右手の出っ張ったところが展望所、ではなくて、左手にある。

さっきのバスが停まっている場所の前にあったこれ。
最初落ち葉がなんかまとめられているなあと思ったら、上から見るとこんな感じにしてあった。この手前に脚立が置いてあってその上から撮影したのだけど、結構不安定で怖かった。

実は、さっきの展望所は新しく作られたもので、旧来の展望所は脇にある階段を180段ほど登った先にあるらしい。
せっかくなので行ってみることにした。雨上がりな上に落ち葉があるので滑らないよう気をつけながら登る。

おぉ、こっちのほうが視野が開けるではないか。

パノラマにするとこう。右手の紅葉も見えてなお美しい。

股のぞきはこう。
この後ろに土産物屋があるのだけど、閑散としてた。昔はここしかなかったので儲かっていただろうに、下のが出来てからは来る人はぐっと減っただろう。しかし、眺望はこっちの方が圧倒的に良いので、来ることを強くお勧めする。

行きはケーブルカーを使ったが、帰りはリフトを使うことにした。
ケーブルカーは15分間隔だけど、こちらは随時だ。こういう両方がある場所って時々ある。高尾山もそうだった。ここにはこの景色があるので行きはケーブル、下りはリフトがお勧め。


平安女学院イルミネーション20172017年12月02日 08時22分18秒

うちの近所の年末の恒例行事、平安女学院のイルミネーションが11/25から始まった。
今までは点灯されているのを見るだけだったけど、今年はじめて点灯式に行くことができた。それも偶然で、その日たまたま友人が来てて夕食はシャラモンさんへ行くのだけど、まだちょっと早いからとここに来たらちょうどこの日が点灯式、しかもまさに点灯ボタンが押されるその時に到着した。
多分ミス平安2人と、実行委員会会長?、それにおっさん(失礼)は学長さん。

これは隣においてあった電飾人形;こう書くとなんか陳腐に聞こえるかもしれないけど、光るドレスを着たリカちゃんの前での1枚。

なんだろう、これは初めて見た。点灯式のときだけのお目見えだったのだろうか。普段は置いてない。
「リカちゃん」と書いたけど、本当はリカちゃんじゃないからね。そういう感じという意味で。突っ込まれる前に補足。

例年ペットボトルタワーは1つだけなんだけど、今年はちょっとサイズを小さくしたのを3つになってる。

でも全体的には去年までと比べ単純かな。例年結構凝った造形のもあったのだけど、今年はそういうのはない。

全体。
この日は流石に人が多くて、狙ったアングルで撮影できなかった。それはまた、人が少ない後日に。

12/25まで。多分18時から21時位まで。

2017新潟/白馬大作戦(8/16の2)2017年11月14日 07時36分37秒

浜焼を食べ終わってから、今度は浜の方に行ってみることにする。いや、多分浜だと思う方。実は寺泊に来てそちらに行くのは全くの初めて。

駐車場奥のトイレの横手から奥へ進む。

果たしてそこには広い海岸があった。
あったんだけど、車がたくさん浜に停まっている。テントも多い。オートキャンプ場みたいになっているのだろうか。

佐渡がよく見える。寺泊からは佐渡の赤泊というところまでフェリーが出てる。私も一度乗って行ったことがある。多分距離的には本州で一番佐渡に近い場所だ。

浜をよく見ると海猫が結構居る。どうも人の食べ残しを狙っているようだ。

この子は何かつまんでる。

でもね、正直言って、ここに居る連中はどうも品がない。カモメを車でひこうとする輩もいた。景色は悪くないのに何かあまり長く居たくない感じだった。

もう一度、さっきよりかはアップで全景を写して退散。
10分ほどいたかな。
(C)おたくら編集局