お盆新潟・白馬2019(最終回)2020年06月10日 06時41分57秒

18日のGPSログの紹介をもって、2019年のお盆の新潟・白馬行きシリーズのトリとしよう。

まずは朝の白馬三山とドローン撮影の場所。

ちょうどこの角度から見たことになる。
見た景色がほぼそのまま再現できるGoogleEarthはすごい。

八方池までのコース。
ゴンドラで一気に登っているのがよく分かる。

黒菱平より先。
直下りコースはほぼ直線、自然探求路はぐねぐね。

八方池周辺。
昔は池を1周できたらしいのだけど、今は植生回復のため一部が通行できない。故にこういうふうなまわり方になってる。

降りてきて林檎舎とおびなたの湯。
おびなたの湯は松川に沿ってだいぶ上流の方に行った所にある。途中道が狭まりすれ違いできない場所もあるので、譲り合いで行く必要がある。林間の道で、昼なお薄暗い。

最後に帰路全体。
北陸道と違って山の中を走っている。なので景色もイマイチで、はっきり言うが、利点は距離のみでそれも混雑で相殺されてしまう。

北陸道周りだとこう。
距離も幾分長いとはいえ走りやすいので所要時間はほぼ同じになろう。

ということで、2019新潟・白馬行きのネタ、おしまい。
今他のネタがないので、しばらく更新されないかもです。

お盆新潟・白馬2019(116)2020年06月08日 06時30分30秒

志鷹さんに戻って最後の荷物載せ。冷蔵・冷凍物が多いからね。出発が14:30くらい。また来年来ます。

帰り道だが、なんとなく安曇野経由の南回りルートを初めて使うことにする。白馬から京都のコース選択するとナビが最初に示すルートだ。

糸魚川方向に比べ道はグネグネ曲がってないし、トンネルや洞門もないので走りやすいが、時々横道に入る必要があるのでちょっとわかりにくい。

ところが、安曇野までの一般道がものすごく混んでて、糸魚川とほぼ同じ距離(若干短い47キロ)にもかかわらず、1時間半もかかった。これなら素直に糸魚川に行っておけばよかった。

さらに、その後の高速道路も渋滞とまでは行かなくても車の量がとても多い。時速100キロ出せないことが多い。というか、私はそもそも車の多いところで走るのに慣れてないからものすごく疲れた。どこにSA/PAがあるのかもわからないので休むペースもつかめないし。

最初に停まれたのがここ;みどり湖PA。16:10。約2時間、渋滞ありのノンストップは流石にしんどかった。
この先岡谷JCTまでが長野自動車道らしい。そこから中央自動車道に入る。

次が恵那峡SA。17:45くらい。

ここで夕食。中はいわゆるフードコートのようになっている。飲食場所を共通にして、周りにある店から買ってきて食べる。
家族連れを中心に人は多いが、長居は少ないので少し待って席があいた。

食べたのはジャンボ味噌カツ丼。
美味しかった。値段は忘れた。

ここで五平餅も買ったのだけど、これがとんだ食わせ者。
のぼりを見ると1本50円に見えるのに実は見にくく1が書いてあって150円。しかもその値段なら他のお店でもっと大きいのがあった。誤って2本(100円のつもり)で注文したもんだから、300円になってしまった。味も普通。二度と来ることはないだろうけど、二度と買わん。店というか出店者の写真撮っておくんだった。

しばらくしたら日が沈んできた。きれいな夕日。
ということは、あちらが西か。

このコースはジャンクションが多いし、混雑してる。それでも渋滞は私が行くまでにほとんどの解消されてて、本当にノロノロがあったのは小牧JCTあたりだけだった。それも停滞はない。

次停まったのが名神内、ここ伊吹PA。19:45。

結局21時半頃に京都に到着。この時間なら実家にまで車を置きに行ける。最初の渋滞と車の多さから考えて絶対無理だと思ったが、なんとか間にあった。そこは距離の短さに助けられたか。もっとも、北陸道周りなら速度で稼げるので到着時刻は同じくらいだったろう。

帰りに京都南で降りたのは初めてか。なんか出口出てからの様子が違うので戸惑ったが、結局直接堀川通に出たのでわかれば楽だった。
それにしても京都市内の道路は走りにくい。車多いし、道はくねくね曲がってるし、車線はどんどん変わるし。基本的には走りたくない。

今回のルートは北陸道周りより多分100キロほど短い気がする。でも予想到着時刻はほぼ同じ。道路自体は走りやすいが混雑しすぎ。私には不向きだ。

帰りの北陸道で買おうと思ってたお土産を買えなかったことに家に着いてから思い出した。自分一人では初めて中央道経由で走ったけど、もう来ないかな。慣れてない道はそれだけで疲れる。やはり、少々距離が長くなっても慣れている道で帰るべきだと痛感した。次回からは迷うことなく北陸道経由にする。

大量の荷物を大急ぎて降ろして、急ぎ実家へ向かう。車は実家に留めているから。

名神はまだ車が多め。
あっ、アクションカメラの電池切れた。

実家に到着。実家用の荷物をおろして急ぎ駅へ。なんとか終電に間に合う。

烏丸駅でタクシーに乗ろうと思ったらお金が足りないしそもそもタクシーが居ない。しかたなく歩き始める。それでも道すがらタクシーを探すが、居る車居る車みんな直前で取られてしまう。
御池に近いところでなんとか乗れた。ここからならお金も足りるだろう・・・足りた。

家に帰り空いたら0時半回っている。すぐに寝りゃ良いものを片付けを初めて、またこういう時は体は疲れているのに火照っているような感じがあってなかなか寝付けない。
結局2時半頃まで作業してから寝る。

そんな帰り路だった。

途中別のネタを挟んじゃったから長くなったけど、次回がいよいよ最終回かな。

お盆新潟・白馬2019(115)2020年06月07日 06時52分03秒

林檎舎の後「おびなたの湯」へ。14時ちょうど位。

人はそこそこいる。

汗を洗い流して足をもんでおく。こうしないと明日以降に筋肉痛がひどくなる。

ここは水素泉なのか、入口横に水素水の蛇口があって飲めるようになっている。効果の程はわからないけどね。そもそも水素は抜けやすいから注ぐだけでも相当抜けると思うのだけど、それをしてもまだ効果があるのだろうか。

志鷹さんに戻って最後の荷物載せをして帰路につくことにする。

お盆新潟・白馬2019(114)2020年06月06日 08時10分35秒

志鷹さんに戻って荷物を受け取ってまずは昼食は林檎舎へ。汗だくだから温泉も行きたいけど、林檎舎は売り切れると店じまいするので優先。

店の前がなんか水浸しになってる。どうも融雪装置から水が漏れているみたい。
故障?

メニューはこちら。
今年もくるみダレそば大盛り1300円を頼む。

私はいわゆるそば食いじゃない。麺類は麺が命だと思っている。だから、最初は必ず何もつけずに味わう。いわゆるそばつゆはちょっと辛すぎて蕎麦の味が隠れると思うのだけど。その点くるみそばは程度に麺の味が分かって良いと思っている。
大盛りではちょっと多いかな。最近食が細くなったなぁ。ではあってもお腹周りは太いけど。

店を出たら営業中の看板が降ろされてた。ギリギリセーフ。先に温泉に行かずにこちらにして正解。

お盆新潟・白馬2019(113)2020年06月04日 06時55分22秒

白馬村全景。
一番左が黒菱リフト乗り場、左の川が松川、右の川が平川、挟まれた部分が白馬村(中心部)。このあたりが山に囲まれた盆地なのがよく分かる。

うさぎ平テラスを上から。
例の星の観察会はこの屋上でするのかも。なんかお風呂と言うかプールがある?

朝ドローン飛ばした白馬大橋も見える。
2本の橋の手前側。この位置からだとドローンより遥かに高い位置から見ることになる。

アルペンクワッドリフト降りた。
ここで標高1400m。

次はゴンドラ。

パラグライダーが正面に見える。

ゴンドラ麓駅近くから左手を見ると志鷹さんが見える。

山麓駅到着。12:40。
ゴンドラは約2キロあるらしい。ここで標高760m。意外と高い場所だ。
ここでオリンピックがあったのは1998年か。覚えば遠くなりにけり。
私も歳を取るはずだ。

お盆新潟・白馬2019(112)2020年06月02日 06時34分23秒

リフトで降り始める。
空は雲多めでも外界は明るくきれい。

途中、歩いて降りている人が居た。いや、方向的には登っている人か。
足腰がまだ元気なうちに一度やってみても良いかも知れない。

このあたりは鎌池湿原という。1680m。
今年は花がとみに花が少なかった。

湿原入口前に看板があったのでそこで撮影。
一緒に行ってる人がいるならここで1枚、というところだろう。

このあたりは黒菱平と言う。
正面の山には大きな雪渓が見える。しかし、雲はやはり多く稜線は見えない。残念。

お盆新潟・白馬2019(111)2020年05月31日 07時42分37秒

自然探求路は最初の内木道で、その後地道で、最後はこのような岩を敷き詰めた道になる。
ここ、意外に歩きにくくて。

八方山荘まで後少し。

オオコメツツジ。

モウセンゴケ。
八方山荘に近い所にある。たしか途中のトイレの近くにもあったような。栂池自然園にもあったか。虫がかかっているところは見たことがない。

八方山荘に到着。12時ちょっと過ぎ。
9時半前にここを出発したのだから、往復2時間半というところか。これくらいの登山なら楽々なんだけどね。

お盆新潟・白馬2019(110)2020年05月29日 06時05分01秒

トイレの脇から自然探求路に入ってしばらくの木道階段を降りきったら休憩所がある。そこからしばらくは水平の道が続く。

ここには毎年ヤマハハコが咲いている。
ここだけでなく、おそらく高山植物の多くは毎年ほぼ同じ場所に咲くのだろう。開花の時期の違いはあるだろうけど。

オヤマリンドウ。

ゴマナ。

木道から外界方向を見る。

空を見ると、パラグライダーが飛んでいる。
気持ちよさそうだけど、高所恐怖症の私には絶対に無理。

オオバギボウシ。
自然探求路から下方向の斜面に多く咲いている。

クルマユリ。

外界方向。

八方山荘が見えてきた。
後少し・・・と言うにはまだ距離はある。自然探求路はつづら折れだから。

お盆新潟・白馬2019(109)2020年05月28日 05時57分04秒

タテヤマウツボグサ。

イブキジャコウソウ。

ハッポウタカネセンブリ。

キバナノカワラマツバ。
八方や栂池ではリフト乗り場などで今咲いている花の写真を売っているけど、これは載ってなかった。載ってても見当たらない花とかその逆もあったりで、本当に確認してる?と思うこともある。

タカネシュロソウ。

ヨツバシオガマ。

オニアザミ。

自然探求路は最初の方は全て木道になってる。
この写真の右手の木道が降りてきた路で、正面が谷筋、これから左手に降りていく。ここは水が流れている時もあり、気温が低く、水気もあって植生が異なる。

せり系。やっぱり見分けがつかない。

クロトウヒレン。

イワシモツケ。

お盆新潟・白馬2019(108)2020年05月27日 14時58分31秒

後は一気に下る。

普通のハクサンシャジン。薄紫色。

こちらは真っ白な花。

池の周りの窪地から上に戻る。

そこから下を望む。
顔ケルン、息ケルン、として途中にあるトイレの位置関係がよく分かる。

顔ケルン。

息ケルン。

トイレから先は右手の自然探求路に入る。
このあたりは谷筋になっていて、ここも周りとは植生が異なる。

遠くに雪渓が見える。

アップにすると、これも大きな雪渓であることが分かる。

トイレの前まで到着。11:36。
ここから自然探求路へ。
(C)おたくら編集局