アサギマダラ2017年10月01日 07時22分23秒

昨日9/30に府立植物園に行った。

するとアサギマダラがいた。
多数ではないけど。
アサギマダラは羽の形は普通の蝶に近いけど、アゲハチョウくらいに大きい。この蝶の一番の特徴は腹が「ない」こと。いや、正確にはあるのだろうけど羽で見えない。

ちなみにこれは雄。羽の下部の端、この写真でいえば、右下がちょっと黒っぽい。これが雄の印らしい。それがないのが雌。

こちらは去年のほぼ同じ時期にうちの近所で見た子。
この時期には京都辺りに来るようだ。これも雄かな。光の当たり具合ではっきりしない。というか、はっきり雌という写真を見ないとわからんなぁ。

さらにこちらは2005年9月19日の五竜にて。
外側が見えないので雌雄は不明。

さらにさらにこれは2006年の8月20日の栂池。雄。
アサギマダラを初めて見たのは多分その五竜だと思うのだけど、記憶にはっきりあるのはこの栂池。このときは花ではなく地面にたくさんいた。その記憶が強いので、私は長い間アサギマダラは高山の蝶だと思ってた。

それが京都の町中でも見るに至って、初めて「渡り蝶」と知った。2000キロも飛ぶことがあるそうで。

それにしてもフジバカマには蝶がたくさん寄ってくる。
今日はとみにたくさんいた。

こんなに乱舞してた。
明日も撮影に行くかな。

おまけ。府立植物園のバラ園の端で実っていた実。
なんとなく「あれ」に似ているような気がするんですけど。命名「大人のふぐり」。いや~ん(^_^;)

2018新潟/白馬大作戦(予告編)2017年08月19日 11時49分42秒

というわけで、9日間新潟と白馬に行ってきたのであった。
主目的は初盆だったけど、この間、登った山・高原4つ、海で泳ぐこと3回と山と海を満喫もしたのであった。それなりにいろいろあったけど。

撮った写真の数5300枚、アクションカメラの動画78*30分。勝手に連写されたりJPG+NEFになってて重複しているのもあるからもう少し減るだろうけど、整理も大変な量。GPSログとのあわせもあるし。

これは新潟県の某山から見た世界一の原発。

一方こちらは視界10mほどしかない某山の池。この後さらにガスって視界は1mほどにまでになった。真っ白の中で人の声しか聞こえない世界。
直前に買ったレインコートとかリュックカバーが大活躍したのだが、それも含め、徐々に公開していこうかと。

写真の枚数からするとこのネタだけで最低半年は続きそうだなぁ。行ったところも多いけど、あれやこれやもいろいろあったから。

ということで、乞うご期待。

白馬2016(125;おまけ)2017年02月21日 20時54分15秒

当時書いた物が出て来たので、翌日の話をちょびっと。

・・・

翌日は写真とかログの吸い出し開始。
写真はD7100 16GBカードメモリ3枚分+カメラ2台で多そうだが、じつは7100のは1枚がでかいので大した枚数ではない。
なにせ散々雨に振られた+花が少なかったので枚数が伸びなかったのだ。3100枚くらい。

動画は、アクションカメラにトラブル続きでこちらも抜けが多い。
栂池の途中の大きな抜けは外部バッテリーとつなぐケーブルの断線のせいだと思っていたが、実はバッテリーの放電が原因だったのかもしれない。
しかし、ケーブルが根本で折れて中の電線が見えているのは確かなので、別途購入したいところ。しかしちょっと特殊な形状なのでないかなぁ。もう1台カメラを買う?
カメラ側のUSB端子の破壊は、本体での充電ができているのでなさそう。

百合が届く。1株だけプランターへ。他は、朝顔さんが終わった時点で土を入れ替えるのと同時に植える。また、椎谷から持って帰ったマツバボタンも植える。こちらはミニプランターへ。しばらく咲いてくれたが、寒くなって枯れてしまった。松葉ボタンは寒さに弱そう。

アクションカメラ用外部バッテリーの充電がようやく終わる。昨日の夜からだから、14時間ほどかかったか。
最後にアクションカメラ本体付属の電池も充電。ケーブルが1本破損したので外部ナッテリーの充電が終わるまで出来なかったのだ。

それにしても、あれだけ注意して、D7100の力を持ってしてもピンぼけの写真が多い。雨の中、または時間がない中、あまり長く構えてられなかったのが響いている。ピンぼけ画像は捨てていく。

GPSログは、m260の3日目のが大半抜けているのが判明。なぜ?電池が切れるには早過ぎるが。やはりGPSは複数台が必須。

アクションカメラの映像は撮れている部分は美しい所も多いが、
斜めになっているのが多く、揺れも激しいので全編通してみるのはほぼ不可能。リュックのひもにつけて撮影するのは悪くないが、水平取りが難しい。特に今回は一番最初に水平儀を落としてしまったのが非常に痛い。後、メディアが抜けてしまった時のものか、壊れたファイルが2つあった。残念。初日は時刻があってなかったので、それも。

というわけで、失敗多過ぎよね。来年は、晴れた日に、きれいな写真を撮りたい。

おしまい。

白馬2016(122)2017年02月08日 10時42分37秒

白馬~糸魚川の国道はよく工事している。というか、私が行くときはいっつもしているよう気がする。
冬に備えてやっているのだろうけど、お盆の翌週なんてまだ人も多かろうに何でこんな時にするのかと思う。もっと時期を考えてくれ。長野県は河川の工事とかを見ても業者と役人の癒着が激しい気がするから、これもその1つなのかも知れない、などと勘ぐったりもする。

そういうところは片側通行で止められる。1カ所じゃない。こういう尾t頃が何カ所もあり、しかも結構長い間;場所によっては10~15分も止められるので、その分時間がかかる。
ここの道路はトラック系も多い。今回はこのタンク車に前を行かれ、長い間後を付いていくことになった。付いていくだけなので楽な部分もあるけど、他人のペースで走るのは疲れる。大型車では前の状況も見えないし。

トンネルも多く、

長い洞門もあり、

明るくなったり暗くなったりで眠気を誘う。

ここから先はアクションカメラも電池切れで映像がない。当然運転中はカメラ撮影できないし。

糸魚川への到着時刻やそこから西山ICまでの時間をGoogleEarthを使いGPSログから計ろうと思ったが、Garminのログでは高度プロファイルは表示(なぜか「表示」ではなく「編集」にそれがある)できなくなってしまっている。以前は表示できたのに何が変わった?m231のログでは可能。
→調べてみたら、最初から表示できないログが存在する。GoogleEarthに放り込んだときの入り方に違いがあることは判明。でも原因は不明。データの途中に問題が発生しているのかも知れない。
→GPSログを入れるときに「KMLラインストリングを作成」にチェックを入れると表示できると判明。それを入れなくても表示できる物もあるが、差は不明。

GPSログからの経過時間。
栂池駐車場→糸魚川: 1時間10分 74km
糸魚川→西山IC:   1時間5分  98km
西山IC→椎谷:    7分     5km
椎谷→上越妙高:   1時間    74km

そうそう、とにかく時間がないのでお昼を食べる時間がなかった。工事がなくて糸魚川まですんなり行けそうなら道の駅小谷で食事しようかとも思ってたけど無理。結局、志鷹さんでもらったパンだけで夜まで耐えることになった。いただいておいて本当に良かった。

高速道路でも1車線規制での工事が複数。まあこちらは時間をけづられることは殆ど無いけど。

上越までの間は北陸道のトンネルラッシュでしかも長大トンネルが集中している。思いの外時間がかかる。それは行きにわかっていたことだが、帰りも実感する。上越~米山間は近いけど、西山はさらに30キロある。遠い。

ということで、場面は一気に新潟は西山IC降りてちょっとまで。

ナルスに寄って夕食にお寿司を、後ちょっとだけ買う。しかしレジが混んでてなかなか出られない。5分ほど待ってたら新しくレジを開けてくれてなんとか。時間がない。

珍しく踏切がしまっていると思ったら、越後線の電車が来た。
16:31。

最寄りの駅は「礼拝駅」。この踏切の左手にある。
これは7月に来たときに撮影した写真。

今見た列車は礼拝駅16:34発の柏崎行きだろう。

越後線は単線電化。かつては複線化の話もあったそうだけど、今はもうこの本数だからねぇ。中越沖地震だったか、山古志村の地震の時だったかには信越線がやられたので越後線経由で列車が新潟まで走った事もあった、と思う。
この撮影の角度が「あれ」な気がする人は鋭い。時刻表を十分確認し、気をつけて。

こちらはミニチュアモードで撮影した物。色合いがどぎつくなり周りがぼける。
この構図では余りミニチュアらしくないけど、町中とか写すとらしく見えるらしい。

一日に余り走っていない列車に出会えるのは、実は幸運。栂池自然園を出たのが14:30頃なのでここまで2時間半。解る人には解るけど、かなり早い(^_^;)

途中ナルスに寄ってお弁当を買う。お寿司。このあたりのは店のお寿司でも都会の店で食べるのより安くておいしい。少なくとも回る寿司とはレベルが違う。ここでは食べてる時間がないので帰りの電車の中で。写真もその時に。

椎谷の家に到着。16:50頃。しかし、17時には出発せんといかんので時間的猶予はたった10分しかない。
冷蔵庫に忘れた飲むヨーグルを回収し、仏壇に上げていたコーヒーを下げた(カビが生えてた)。それだけ。これだけのこと、たった5分のためにここまで来たと。壮大な時間とガソリンの無駄遣い。もうお土産も買っている時間はない。これが買いたかったんだけどなぁ。
旧名は「不愚庵だんご」だったはず。名前の由来は、このあたり、というか近所の出雲崎が良寛さんの出身地だからで、その弟子と言われる貞心尼の名前から。

中に粒あんが入っているおまんじゅう。おいしい。おいしい物が買えないのはつらい。

もっと時間的余裕を持って計画を立てないといかんね。いつものことだけど。

白馬2016(121)2017年02月07日 08時36分40秒

ロープウエイからゴンドラの間の道脇にはこういうのがある。
ここは今の時期人はほとんど入らない。でも以前水芭蕉の実を食べるネズミにあったのはここ。行ってみたいんだけど、今日は時間がない。

あちこちにサンタのひげがある。1mは優に超えていると思う。

ゴンドラまでの道。

ゴンドラの駅。このあたりはまだ雲が多い。
ここが1582m。最高地点から4百数十メートル下がったことになる。


中間駅、白樺駅。952m。



下の駅;栂池高原駅到着。839m。

14:16。

と言うところで、今回のGPSログ。

GoogleMapでは自然園内の状況ははっきりしないので、名称を入れた場所はパンフレットなどから見ての推測位置。
でも、GoogleMapで目一杯アップにしてみるとなかなかに面白い。木道とか尾根道とか見えるからね。

さて問題はここから。実はこの後新潟は椎谷まで行かなければならない。7月の新潟行で忘れてきた物があるからだ。時間があればお寺さんにも寄りたいし、おみやげも買いたい。
しかして上越妙高駅からの電車は18:35だから、レンタカーを返す時間も考えれば、ここから椎谷経由で上越妙高までを実に4時間足らずで走行しなければならない。その中で、ここから糸魚川だけで1時間は掛かる。果たして、それは可能なのか!?


白馬2016(120)2017年02月06日 06時19分20秒

ビジターセンターはこの通り工事中。このあたりは豪雪地帯だから、冬場箱の建物も雪に埋まるのかも。だから修復が必要だと。
手前あるのが今の受付。

さらに進んで栂池山荘。

そこでこのような物が売っていた。疲れていることもあって甘い物が欲しくて食べることにした。
さるなしのソフトクリーム。300円。

こんな感じ。
ちょっと時が過ぎすぎたね。味はほとんど覚えてない。甘すぎることはなかったとしか。

前のおばさんが買うのにえらく時間が掛かってねぇ。後ろの人のことも考えて。

ロープウエイ上の乗り場の前にこんな物があった。
こんな所まで自転車で来るの?ロープウエイには乗らないことはないだろうけど、ゴンドラは無理だと思うのだけど。

ロープウエイの下まで。
13:50。


白馬2016(119)2017年02月05日 12時06分35秒

ここまで戻ってきた。出口まで後約1キロ。

そこから5分ほど歩いたところでこれを見かけた。
小さな赤い実がたくさん集まっている。

背はそれほど高くない。それがたくさんあった。
何だろう?

あれに見えるは何かの観測機器?太陽電池と、上に見えるはカメラかな?
栂池自然園にはライブカメラがあるけど、これかな?

蔓人参(つるにんじん)。

蔓人参はほとんどが低い位置でこのように真下を向いているために花の中を見るのは難しい。上の写真はかろうじて写せた物。
人参という名はあるけど、キキョウ科。そう言えば形もなんとなく桔梗に似てる。臭いもあるらしいけど、それは後で本を読んで知ったこと。今度行ったとき嗅いでみよう。

ヒョウタンボク。変わった実の付き方してるなぁ。

モウセンゴケ。いわゆる食虫植物。
実はこの写真にも捕らえられた虫が映ってる。解る?

その横にはキノコが。
細かいところにまで目を向けて探せば、いろいろな物が見つかる。

そして入り口が見えてきた。

到着。13:30。
入ったのが10:30だから、3時間で回ったことになる。速いかな?

ところで、この公園内でもアクションカメラで撮影していたのだけど、この出口の近くから撮影が止まっていた。スイッチ入れてもすぐ止まってしまう。行きのゴンドラの中、白馬駅通過時にカメラが落ちて大衝撃がくわえられたのは書いたが、その時電池からカメラに給電するUSBケーブルが破損してしまった。
そのせいで接触不良で電気が供給されずに撮影できなくなった・・・とこの時は思っていた。そこで、外部電源ではなくそもそもカメラ電池で撮影を継続した。2個あり、各1時間だから、残り2時間。

家で調べたところ、実はその外部電源が完全に放電してしまっていたことが解った。まだメモリは2つ以上着いてたはずで、そこまでの時間から考えてまだまだ余裕があると思っていたのだが、
(1)衝撃によって放電された(ケーブルの短絡があって放電したとか)。
(2)メモリの進み具合は均等ではなく残りは一気に進む
なのかもしれない。
いずれにせよ、このときは残り時間が最大2時間なので、子の後のことやまして京都まで帰る電車内では撮影不可となってしまった。
電池の特性はよくよく知っておきべきであると思った次第。

白馬2016(118)2017年01月31日 06時39分09秒

また泡虫。結構多い。

中央やや左奥に浮島がある。公園出口は右奥方向。

イワイチョウ。

オトギリソウ。遠目には似た形。

浮島。

オオシラビソ(栂)の実があった。まだ時期的には早いのかな?今年は殆ど見かけないから、この冬も餌不足で熊が出てくるかも。

オオイタドリだけど大きくない。

パノラマ。中央が浮島。
此処から先は大急ぎで出口に向かう。

白馬2016(117)2017年01月30日 06時22分06秒

真っ白なきのこ。
ここまで真っ白のものは初めて見たかな。

水芭蕉、実が完全にかじられてなくなっている。
結構な高確率でかじられているけど、それでも水芭蕉が滅びるということはないのは、実の数はもっともっと多いからか、実は水芭蕉は多年草だからか、実がなくても繁殖できるからか。→多年草かどうかはわからなかったけど、実からは多くの種が出るようなので、数的に均衡が取れているのだろう。

泡虫のような卵。

オヤマリンドウ。今年は本当に多い。

浮島湿原まで戻ってきた。
ここまでくればもうこの先大した上り下りはない。靴の調子がいまいちだが、なんとか耐えられるだろう。

浮島湿原パノラマ。ただし浮島は見えず(^_^;)
ここで12:50。予定より遅れてる。

白馬2016(116)2017年01月29日 07時22分42秒

黄色い、手のひらの形をしたきのこ。
D7100でもピンぼけが多いのは困りもの。D90の唯一の欠点であったピンぼけ多発を解消するために買ったのに。やっぱりマクロ専用カメラが(以下省略)。

赤く丸いきのこ。先の赤いきのこの出たてのだろうか。

タケシマラン。
(この写真を写した)今年はとても多かった。

水苔の一種だと思う。

これは苔ではないと思うけど、小さな半透明の葉っぱがたくさんある。なんだろう。

また赤いものが。さっきの赤いのと似ているけど、こっちは半透明と言うかゼリー状にも見える。
きのこと思っていたが、何かの実だろうか?
(C)おたくら編集局