台所リフォーム2019年11月16日 07時16分43秒

台所のリフォームをした。
入居してから25年近く、流石に台所や洗面台がぼろぼろになってきたのできれいにしたいと思ってた。だけど、自分があと何年ここで生活できるのかとか考えて躊躇してた。それでももうどうにもならないと思えるほど汚れてきたので思い切って置き換えることにした。
最初はシンクの置き換えだけのつもりが、洗面台や換気扇も一緒に帰ることになって「リフォーム」と呼ばれるレベルになってしまった。業者さんに「リフォーム」と言われたときには、そんな大げさなと思ったんだけど。

これが前の。
生活感出まくり。ガスコンロだけは2代目。

工事前にすべての物を取っ払うとこんな感じになる。
今回、配管の関係で背面の壁も張り替える。上の棚はこのまま。換気扇も取り替える。というか、最初は換気扇だけ換えるつもりだったんだけど、話ししているうちにキッチン、更についでにと思い切って洗面台までとなった。

ステンレス流し台のはずだけど、サビだらけ。汚れももう落ちない。
ステンレスは錆びないというのは勘違いで、「錆びにくい」が正解。

洗面台は、鏡周りはいいのだけど、

水回りがこのとおり、ホーローが禿げてそこに付いた汚れや黒カビが取れない。
蛇口も(レバーは換えたけど)回すタイプでちょいと使いにくい。

しかして、工事してこうなった。
流石にきれいだ。
システムキッチンはクリナップの「ラクエラ」。
高さは85センチにしてもらった。今までは80センチ。日本人の平均身長が上がったので85センチが今の標準らしい。これに決定する前にこれと候補のノーリツのもショールームで見て回ったのだけど、そこで高さ調整できるところがあって90センチではちょと高すぎであった。
ラクエラにしたのは、ノーリツのよりこちらのほうが細かい所の出来が良かったから。特に引き出しの中が。値段はこちらの方が高いのだけどその価値はあると思った。

引き出しの取っ手はこの通り棒タイプで。内側にえぐれて引っ掛けるタイプ(見れば一発なんだけど言葉にするとわかりにくい?)もあるけど、私は指が長いので、それでは指があたって痛いのでやめた。このほうが、取っ手部分に袋をかけられて便利でもある(今はS字フックで袋をかけてゴミを入れている)。

流しは幅85センチにした。前のは多分65センチ位。
水栓の横に洗剤置き場もあるのでより広く、洗い物と切った食材と三角コーナーを置ける。ものすごく便利。幅はだいぶ迷ったけど幅広いのにしてよかった。

下の引き出しは水平2段で収納力大幅アップ。外にあふれていたものが殆ど入った。今までは1段で低かったので使いづらかったけど、2段だと上の段は立ったまま取り出せるのでとても楽。腰を痛めていると余計にそう感じる。
各引き出しの幅は、シンクを中心に左右をだいぶ考えて前のと似た感じにした。皿置き棚とか置くものを考えると今までと大きく換えることは出来ないので。

水栓部分はごく普通で、出口部分がネジで交換できるものにした。これは、浄水器を使うため。ビルトイン浄水器で提案されたが、家で使っている浄水器はちょいと高級機なのでそこらへんのと交換する気はない。なので、それが取り付けられるものを探した。意外にこの手のものは種類がなくて、結局一番安いものであった。

引き出し中。
一部は内部でさらに2段になっている。

流し下の一番広い所。包丁&まな板立てが付いてる。
奥行きは65センチで今回5センチ広くしたのだが、65センチ以上でないとこの部分が付かない。5センチ台所の有効幅が狭くなったわけだが、実用上は全くそれを感じない。
大きな引き出しだけど、軽く開けることが出来る。また、閉まる直前には減速するので指を挟むこともない。そのあたりもこれに決めた理由。

下の段。上の段は上記のとおりだけど、下の段はどこもこんな感じ。

ガスコンロはビルトインタイプになった。
今回選んだ流し台には、普通のというか今まで使ってたガスコンロを置けるようなタイプはないのでこれにするしかなかった。大阪ガスの210-H523というもの。
色々と機能満載のものではなく、今どきのビルトインの中では普通のもの。でもガス台は3つあるし(奥の1つは小さいので火力も弱いけど)、タイマーとか過熱防止機能とかある。タイマーは便利。私は時々火にかけたまま忘れてしまうことがあるので。あと、前のガスコンロは魚焼きグリルが温度調整がしづらくすぐ焦げて非常に使いにくかったけど、これはタイマー掛けてほっとけばきれいに焼けるのでものすごく楽になった。サンマ焼くのが楽しくなる。
天板はガラストップでほぼフラットになったけど、電磁調理器と違ってガスはどうしてもガスの出る部分と五徳があるのでそれほど清掃が楽になった感じはない。
今回は大阪ガスの販売店で工事したんだけど、大阪ガスの商品はこれだけ。流石に1つも入れずにはないのね。

換気扇は今どきのこんなタイプ。
FUJIOH社のAirPROというもの。最初は10年手入れいらずのものにしようと思ったんだけど、全体の価格の調整の関係で普通のにした。最初はここだけ換えるつもりだったんだけど。ガスコンロとの連動もない。でも風量調整やタイマー、照明は付いている。それより一番良かったのは、前のは換気扇部分が頭にあたって作業しにくかったのだけど、これは高いのそういうこともなく、コンロというか鍋を上から覗くことも出来る。照明もいい。

洗面台はこんな感じになった。こちらはノーリツのシャンピーヌ。
洗面台をノーリツにしたのはクリナップのよりこちらのほうがデザインが良かったから。クリナップは高級品はともかく、値段の安いクラスはとたんにデザインがだめになる。もう少しなんとかしたほうがいいと思うのだけど。
3面鏡になって裏側にも収納できるようになったし(でも意外に収納力は多くない)、蛇口がシャワのレバー栓になった。時代だから電灯も白熱球からLEDになった。洗面部分はシャワーが出来るほど広いので家庭ドライクリーニングもここで出来る。もともとそれを考えてこれにしたんだけど。腰を痛めてお風呂に入れなかったときはここで頭洗った。
高さは前と同じだけど、もう5センチ位上げればと今にして思う。たしかこれで高さ80センチ。

予算の関係上いくつか妥協した部分はあるけど事前の調査もかなりしたので総じて良好。きれいになったのはもちろん、とても使いやすくなった。その洗面台の高さといい後でこうしたほうが良かったと思う部分は少しはあるけど、それはまあ仕方ない。

今回はショールームめぐりもした。京都では竹田という所に各社のショールームが集まっている。なのでめぐるには都合が良い。集まっているとは言えそこそこ離れては言えるから歩く距離はあるけど。
今どきの台所周りは昔と違って色々改良されているというのがよくわかった。なお、ショールームは予約しなければいけない。業者経由で予約したけど、特にクリナップのほうは混んでた。じっくり見るにはリンナイのほうが良かったけど。

工事は9月中旬だった。消費税アップ前に引き渡ししてもらうため。
お値段?iPad mini5が20台以上買えてしまうくらい。これくらいになると2%のアップはそれなりの価格差になるから。しばらくは生活切り詰めないと。

最初は工事に3日かかるかもと言われてたけど、結局1日で済んだ。台所と洗面台の2箇所だし、壁も張り替えるで時間がかかると思われたけど、手際良い作業だった。
一番苦労されたのは換気扇の部分みたい。2枚目の写真にちょっと写ってるけど、うちの換気扇の部分はステンレスでここ用に手作りで作られたものらしく、それを取り除いて新しいのに換えると、ダクトの部分とのつなぎが難しかったようだ。単純に着ると重量で落ちてくるので支えが必要など。うまくやってくれたようだ。

今回の業者は、事前の近所への挨拶回りといい工事の手際、工事直後に水の出が悪くなったので見てもらったときのサポートいい、非常に好印象だ。決して安くはないけど、ここまでしてくれれば安心だし、次回も何かあれば頼みたいと思った。
大阪ガスの販売会社だけど、京都市内で水回りリフォームを考えているう人がいれば紹介しまっせ。紹介すると特典あるかな?

・・・と、ここまでで終わればよかったんだけど。
この工事のために荷物の出し入れをした。出したときからちょっと腰に違和感があったのだけど、後の荷物入れ込みで大ぎっくり腰をしてしまい救急車で運ばれてしまったのは前に書いたとおり。
せっかくきれいになったのにその後一ヶ月、まともに使えなかった。その間は水を出しただけ。料理も出来ずカップものばかり食べてたから。リフォームにはそういう問題もあるので、よく考えて計画を立てたほうがいい。自分で荷物を移動できないなら、便利屋に頼むとかね。

ということで、リフォームの情報ってそんなにないんじゃないかなと思って書いた。

砂糖菓子の使い方2019年10月27日 05時36分45秒

京都には地蔵盆という行事がある。
だいたい普通のお盆の1週間後、町内に鎮座するお地蔵さんを祭る行事だが、その時にこのような砂糖菓子をお下がりで頂いていた。
砂糖の塊であるが、意外に固くてスプーンなどで突き崩そうとしてもだめで使おうにも使えない。また、こんな量をいっぺんに使うなんぞ、マーマレード作りのときくらいしかない(と、今気づいた)。

そんなわけで実に10年分も溜まっていたのだが、先日ふとある方法を思いついてやってみたらうまく行った。

使うのはこれ。
家庭用かき氷作り器。これに砂糖菓子を入れて掻く。

するとこのとおり。
簡単に見事な砂砂糖になった。「粉」ではない。普通の砂糖。

10年分は伊達じゃなく多い。半分の5年分くらいで、直径12センチ高さ20センチほどの容器がいっぱいになった。

刃こぼれするか?砂糖菓子は氷よりかは柔らかいだろう。事実欠けたような感じはない。まあ、保証はしないけど。

ということで、砂糖菓子の使い道で困っている人はどうぞ。

新潟の地震について2019年06月22日 08時24分42秒

先日の山形や新潟北部の地震ですが、幸いにも柏崎・椎谷付近は大した揺れではなかったようです。

特に椎谷では物も倒れずなんともなかったとのこと。
柏崎市はTVでは震度5とか言ってましたが、柏崎も広いので場所にもよるのでしょうけど、市内は3程度で避難している人も居なかったと。

津波は、宮川付近で見ていた人によればさざなみ程度であったとのこと。宮川や椎谷は海岸線が一段下がっているので上から見られますが、津波はくるぶし付近まででも人の力では絶対に抗えないので近づいちゃだめです。一度波さらわれて危なかった経験から、強く注意しておきます。

ということで、一部の方から問い合わせをいただきましたが、そんな状況なので、ご安心ください。

台風21号被害;御苑編(6)2018年09月11日 07時03分35秒

その他の被害も紹介して、今回の台風の情報を閉めるとしよう。

この赤松は隣の木に寄りかかったおかげでかろうじて倒れてなかったが、根本は片側が裂け、反対側が潰れている。
こんな状態でも復活可能だろうか。

こちらの赤松は枝で支えて完全に横倒しにならずに済んでいる。しかし根本が裂けている。
これは戻るか。

この木は根っこ周りの土というか草も含めて盛大にめくれあげている
根っこが倒れないように引いているように見えるが、足りなかった。

トンボ池も倒木している。これは通路。

こちらは池の横の林。明るすぎると思ったら木が倒れていた。
動植物の植生が変わるかも知れない。

仙洞御所の外側では重機が出て作業していた。
御所に直接関わるところは早急に処理されるようだ。

御苑内では、通路がいたるところで通行止めになっている。

私が撮影した後に立ち入り禁止になった部分もある。くれぐれも同じ写真を撮ろうとして無謀をしないように。危険。

土曜日も人は結構居たが、このような有様なので、歩けない場所があるということは覚悟しておかなければならない。
なお、京都御所、大宮・仙洞御所、迎賓館の一般公開は普通通り行われているようであった。流石に人は少なかったけど。

今回の台風の件では御苑内だけで550枚を超える撮影をしたけど、撮ってない部分にも数多くの被害があった。一日も早く、できるだけ元通りになることを祈るだけである。

それと、今回の台風にはある意味「神」を感じた。神の力の前には人は為す術がないし、その行いには人に対する配慮など微塵もない。ただそこにあり、力を示すのみ。どこその宗教の定義する神のように、人を似姿に作ったような「神」ではなく、日本古来の自然崇拝の「神」の力をまざまざと見せつけられた気がした。
人は時として「神に愛された」とか言ってその存在を特別視しようとするけど、それは思い上がりだ。大自然の中では配慮に値しない矮小な存在に過ぎない。そのことを思い知らなければならない。

合掌。

台風21号被害;御苑編(5)2018年09月09日 10時06分09秒

その他の被害も出しておこう。

これは案内板。完全にめくれている。

京都御所は建春門、いや建礼門かな。GPS持っていくの忘れてたので撮影場所がはっきりしない。
何かおかしいと思ったら、扉の格子がない。

桂宮邸後の塀。剥がれている。
前から剥がれてたけど、ひどくなった。

九条邸跡池近くのベンチ。倒木が直撃して崩壊してる。
あの台風の中座っている人は居なかろうが、危ない。

その隣のベンチも背もたれが折れてた。

閑院宮邸跡の池には倒木が落ちてた。

こちらは九条邸跡池。ここでも倒木が池に落ちている。

でもその上で鴨が休んでいた。

御苑、南西にある宗像神社前でも倒木が。
この鳥居の横に見える樟の大木では毎年アオバズクが営巣するのだが、来年はどうだろうか。営巣しているあたりの枝も折れているようだったが。

これは、その倒木の上を歩く猫。新しい遊び場でも出来たと思ったのだろうか。
動物たちはたくましい。

台風21号被害;御苑編(4)2018年09月09日 07時22分15秒

同じような写真を出していても仕方ないので、被害の総括を。

今回の台風ではとにかく沢山の木が倒れたが、そこにはある傾向が読み取れる。1つは古木が多いこと。

これは梅林のだけど、芯のほうが枯れている。
そう、古木は表面上元気そうでも内側が枯れているまたは腐っていることが多いのだ。

これは桜だけど、

根っこが腐って張り出しが殆ど無い。

この赤松も

芯が腐ってる。

この桜も
この桜も

この赤松も

これも。
予想以上にそういう木が多かった。
だから、この台風を乗り越えたとしても、後10年もしくは数十年のうちにはそれらの木は自然に倒れてたのかも知れない。実は最近御苑内では唐突に切り倒される木が数多いのだが、こういう事が起こるのを想定して、だったのかも知れない。

こういう芯や根の腐りは年齢により仕方ないことなのか、それとも酸性雨などの影響なのか、はたまは人が近くを歩くことに依ることか。肥料をあげることは出来てもこういうのを防ぐ薬をあげることは出来ないものなのだろうか。そもそもそういう薬があるかどうか。

今回の被害のもう1つの特徴は、赤松の倒木が極めて多かったこと。私が見た感じでは、赤松のほぼ半数以上が倒木か幹折れ、9割以上が少なくとも枝折れしているようだった。倒れたのは芯が腐っている木が多かったのだが、そうでないのもある。
これなんか年輪がはっきり見えるほど元気そうだが、折れている。
赤松は木の特性として折れやすいのかも知れない。

一方で黒松は枝折れはあったが、ほとんど倒れてなかった。これは数少ない黒松の倒木。
でもこれは芯が腐ってる。

これも黒松の倒木だが、他の木を巻き込んでいる。
楓の古木。その楓も根が腐ってる。
この黒松の状態がどうだった見ようと思ったら、
根っこ部分がこんな感じで見えなかった。

これは桃林での倒木。
桃は折れている木はなく数本が倒れていた。近くの杉には大きな枝が折れたものもあったようだが、細い分しなって耐えたのかも知れない。

とにかく、今回の台風で古木への被害は甚大で、一掃されてしまうかも知れない。中には100年を超えるような木もあったかも知れない。新しく植えても同じような風格が出るまでには多くの時間がかかる。私が今まで見られていたことは幸運だと言える。自然の驚異だから「ひどい」とは書かない。こうして自然の新旧世代が交代していくのは仕方ないのかも知れないが、人の身としては「惜しい」。

台風21号被害;御苑編(3)2018年09月08日 09時21分24秒

ここは同志社大学正門前から入るところ。今出川御門近く。
ここも折れた枝がいっぱい。

その横、桂宮邸跡の前あたりでは倒木が集中している場所があった。

倒れてなくても上の方が折れている木も多い。

一方、7/29の台風で台座が外れ太枝が折れてしま居、その後修復された臥龍の松は今度は大丈夫だった。

これが折れたときの。直してすぐ折れたんじゃ流石にやりきれない。

また根っこから倒れてる。
まだ道から近い木は重機で持ち上げられそうな気もするけど奥まったところにある木は難しいだろうなぁ。

反対側の入口;石薬師御門前。ここもすごい状態。

外から見ると一見通れなさそうだけど、実は右側に人が1人通れる隙間があった。
翌日はこんな状況だった。実は撮影に時間をとってしまいいつもの列車に乗り遅れたのだが、定時通勤よりこれの記録のほうが大事、と思って撮影していた(一応書いておくと、それでも定時には間に合わせたし、一応フレックス出社可能な職場だから可能な技である)。

更にその翌日には門の前は片付けられ通れるようになっていたが、それ以外はあまり手がつけられてなかった。
倒木をどうするかなど、検討して作業が開始されるまでには一ヶ月はかかるだろう。折れて無い木でも早くも枯れ始めている木もあり、予断は許さない。全ては無理でも、できるだけ元に戻って欲しいものだ。

翌日は別ルートを歩いたのでもう1回は続く。

台風21号被害;御苑編(2)2018年09月07日 06時15分41秒

御苑の北西寄りにある近衛邸跡。ここには糸桜を中心とした桜の古木がたくさんある。
ぱっと見大丈夫そうに思ったが・・・

池の畔を見ると木の幹が完全に折れていた。

今年の春はこんなにきれいに咲いていたのに。

糸桜の裏側の桜もこの通り。
このあたりは特に被害が大きかった。残っている木のほうが少なく感じた。

こんな風に咲いてたのに。

幹が裂けて折れている木もあった。

数本まとめて、地面を引き剥がして倒れている。

近衛邸入り口の糸桜も大きな枝が折れている。

向きは逆だけど、こんな風に綺麗に咲く木だったのに。
これは、来年はこのあたりの桜は咲かないかも知れない。最多としてもかなりまばらになるだろう。毎年、とてもきれいに見せてくれていたのに。合掌。

台風21号被害;御苑編(1)2018年09月06日 21時08分41秒

それでは京都御苑の被害状況を少し細かくお知らせしようと思う。

こちらは烏丸通に面した中立売御門。いつもはここから御苑に入るのだが、倒木が多すぎて入ることが全く出来ない。

門の一部も壊れていた。

仕方ないので、1つ北の門;乾御門に行った。ここも外には大きな枝が落ちていたが、入るのには支障なかった。

内側にも。

そこから東に進むと、大きな赤松が根っこから倒れていた。

反対側から。
御苑内には赤松が多数存在するが、これは大きい方の1本。完全に根っこが掘り返されている。果たして再び立てることが出来るのか、切られてしまうのか。古木のはずだから、なんとか戻してほしいものだが。

こちらはその近くにあった桜の木。これも古木。
こちらも根っこから倒れているが、根があまり張り出していない。切れてしまったのか、そもそも根の張りが少なかったのか。上の方では幹が裂けている。ここまでひどいとだめだろうか。

ここまででも被害の大きさが垣間見られたが、まだまだすごかった。

台風21号;御苑編(予告編)2018年09月06日 07時54分53秒

開けて5日朝は京都御苑にも行った。わざわざというより、そこが通勤経路だからなのだが、様子が気になるのでカメラを持っていつもよりちょっとだけ早く出てみた。

果たしてその状況は、想像を遙かに超える惨状だった。

・・・今日は実家にいて、実家は通信環境がモバイルWiFiで容量制限もあるので写真もあまりあげられないので予告編と言うことで。

赤松の大木が倒れてる。

幹が折れている木も多数あった。

門は、落ちてきた枝がうず高く積まれて通行止めだったり、かろうじて人一人が通れるほどしか隙間がなかったり。

私が通ったルートだけでもこの有様だから、全体での被害は甚大だと思う。
今年の秋の紅葉や来年春の桜はないかも。
(C)おたくら編集局