2017新潟/白馬大作戦(8/16の6)2017年11月18日 18時19分27秒

登山口から入る。
最初こそ地道だったが、そのうち階段に変わる。

ひたすら階段。何か八石山にそっくり。

これは、カミキリムシの一種だろうか。
触覚や目がゴミムシとはちょっと違う気がする。

かなりきつい階段もある。
ロープを持たないと登りづらい。

栗が落ちてる。
栗があったのは全行程で1カ所だけだったか。落ちてる個数はそこそこ会ったけど。

これはキヌガサソウ?

こちらは栂池のキヌガサソウ。似ている気がする。

さらにさらに階段は続く。しかも段差が大きくなってくる。
ここでちょうど11時くらい。どれくらい進んだか全く見当が付かない。先がわからない登山ほど不安になる物はない。八石山の一件もあったから余計。

この辺りからアブにまとわりつかれて困った。蚊は全く居ないのにアブが多いのだ。それは柏崎全体にそう思う。椎谷にもいるし、八石山にもいたし、ここでもずっとまとわりつかれた。アブはいったん獲物を見つけるとかなり長い間付いてくる。ここでも高低差も含めかなり歩いたつもりなのにまだ付いてきた。
アブが困るのは噛まれるとかなり痛くて出血も多いからだ。
手を振り回してなんとか当て、地面に落ちて失神しているところを杖でとどめを刺した。アブよけの何か良い方法はないものだろうか。虫除けスプレーは効くの?まさか殺虫剤を拭きながら甚目だし。長袖長ズボンにすればある程度行けるだろうけど、頭の周りを飛び回るだけでも気が散っていやだから。



2017京都御苑の紅葉状況(3)2017年11月11日 20時36分26秒

今日11日の京都御苑の紅葉の様子。
今日の京都は早朝は雨、その後晴れたけど雲が多く、夜にはまた小雨も降った。でも13時頃は一時的に晴れていた。

これは北西にある大銀杏。手前の楓も含めて紅葉が進んでいる。
この楓は例年良い色づきになるのだが、今年は黒ずんでる。
銀杏はまだ一部青い。

祐の井の大銀杏と楓。ここも似たような感じ。

同志社女子大前の大銀杏。ここも同じだけど、青が多い。
この木はぎんなんが落ちる。もう拾っている人が居る。

こちらは閑院宮邸跡北の銀杏並木。前回と比べかなり色づいている。
ここは今が見頃。来週まで保つかどうか。

こちらは迎賓館北。
例年ならここは御苑内で一番きれいになるのだけど、今年は全くだめ。

全体的に、銀杏はそこそこだけど、楓は色づく前に枯れていたり黒ずんでいるのが多い感じ。今年の御苑はここの木ならともかく全体ではいまいちかな。いや、今年だけでなくもうここ数年こんな感じだけど。

2017新潟/白馬大作戦(8/15の8)2017年11月08日 10時12分03秒

不動堂前にはこの集落でも少ない棚田が残っている。まあ、低い段なのだけど。

田んぼに咲く花。数は多くないけどある。何だろうねぇ。

このトンボがまた居た。この時期には結構居るのかな。
今まではあまり見てないけど、今年は多い気がする。

ハゴロモの集団。
なぜかみんな同じ方向を向いている。


極めて珍しいのだけど、中には羽が透けている個体が居る。
種類が違うのかなぁ。

アオスジアゲハが居た。
蝶やトンボなど、動く虫を撮影するのは極めて難しい。もっと撮影術を磨かないとねぇ。

キリギリス。
この色と蒼いのがいるけど、この辺りではこちらの方が多いかな。

シオカラトンボ。
虫が多い土地はまだ汚れが少ないのかもしれない。

ということで、唐突に15日の話は終わり。

2017新潟/白馬大作戦(8/15の7)2017年11月07日 06時40分05秒

観音堂の辺りは、椎谷で一番視界が開ける場所でもある。
ここから見る集落や海は美しい。

今日は雲が多いけど、こういうときに見られる光景もある。雲間から日差しが射す、まさしく光の風景である「光景」。

天上から日が射している。
ここに天使が写っていたって何の不思議もない、ってな感じ。

光の下を見ると船が。光に入ると吸い上げられそう。
ちなみにこの船は「Japan Coast Guard」=沿岸警備隊(海上保安庁だっけ?)のもの。この辺りは北朝鮮からの侵略を警戒するためほぼ常に居る。まじで。拉致のあった場所だし、原発あるし。

その後不動堂の滝に行く。観音堂から山を下って少し行った場所。
観音堂からも歩いて行けるのだけどね(多分その方が近い)。

写真がないけど、手前に不動堂があり、その奥にこの滝がある。

その昔、大正のころの写真を見ると、この手前にベンチを置いて涼む人が写っていた。
滝もかなり水量が違う。これくらいあると滝って感じがするよなあ。あと、奥行きが違うか。

ちなみにこちらは中越沖地震前の写真。
崖が崩れているのがわかる。水の流れによる後退と、このような崩れによるもので、滝の形がここ100年で大分変わってしまったということか。

今はもう訪れる人も少ない、場所。

2017新潟/白馬大作戦(8/15の3)2017年11月01日 07時46分07秒

さらに進む。
この花は何だろう。ほかでは見たことがない。岩桔梗に似てる。

道はこんな方向に続いている。この先は何処で引き返すかの判断が肝心。引き返しのタイミングが重要なことが先の八石山での教訓。

ナデシコ。

イチモンジセセリだと思ってるけど。、ひょっとしたら類似種かもしれない。
区別は羽の外側を見なければわからない。

もはや人の歩ける道はほとんどない。けもの道状態。
半袖なので手を切らないように注意なければならない。ここまでとは思ってなかったので判断を誤った。虫除けはかけているけど蚊は多い。

横には小川というかせせらぎがあってゴミが捨てられている。
こんな場所ならばれないと思ってるのかもしれないけど、魂は汚れる。そんな連中の未来を考えてやる必要もないけど。

薄緑のウンカ。
1本の幹にたくさんたかっている。これこれこんな感じ。前から何度も書いているあれ。

ウンカの・・・いやん(^^;)

ぱっと見タカネマツムシソウに似ている花。

行けるところまで行こうと思ったけど、ここで断念。この先はもう半袖では無理。
30分ほどの探索だった。

GoogleEarthで見ると道らしき物は先に伸びているが、無理。まだ半分も来てないか。
目的の土地がこの先の何処にあるのかは書けないけど、まだまだな気がする。最後まで行けなかったのは残念。エンジン草刈り機でももって行くか?持ってないけど。

他もきっと同じような感じなんだろうなぁ。これは全てを確認するのは無理っぽい。

塩漬けのまま維持するか、国に返納するか。まあ、税金次第か。こんな場所だから高くはないそうだけど。住宅地は路線価という物で税金が変わるそうだけど、こういう所は決まった基本額があって、その何倍というのがあるらしい。今度来たときに確認しよう。

2017新潟/白馬大作戦(8/15の2)2017年10月31日 07時47分47秒

京都の仕事の第1番目は、昨日調べた土地を現地で調べること。すべての土地はわからないし行けないので、行けるところだけ。

ここはお墓の近くの場所。脇道から山の方へ向かう。

脇に鬼ぐるみがなっている。まだ若い実だけど、食べられるのかなぁ。
調べたら食べられるのだそうだ。でもものすごく殻が固いので大変みたい。そういえば、落ちているの拾ったことがあるけど、クルミの数倍堅い気が。晩秋に行けば拾えるかな。

野菊。
「タミさんはノギクのような方だ」って書いてもわかる人はそう多くないのかな、今は。松田聖子主演のあれね。

イナゴ。稲の害虫でトップにあげられる。
この辺りでも多い年はあるけど、雀よりかは少ないと思ったんだけど。

ごま系の草。

道はまだまだ先に進める。
写真がもらえなかったので正確にはわからないけど、道らしいところはこれしかないので離れてはいないと思う。

この花。この季節にはやっぱりそこそこ多く咲いてる。
多分後は実がなったと思うけど。名前はわからない。

ホタルブクロ。

さらに山に近づく。

マメ科の花。

こちらは葛。似てるなあと思ったら、葛もマメ科だったのか。

山の麓まで来たとき、先に進めないようにも見えた。

ウンカが卵を持っている?
でもアップにすると、カイガラムシに寄生されているようにも見える。真相はどちらか。

アマガエル。

下は全ズボンだったけど上は暑さに負けて半袖だった。ここまではそれでも大丈夫だったのだけど、この先は大変だった。探索はいよいよ佳境へ。

2017新潟/白馬大作戦(8/15の1)2017年10月30日 06時34分34秒

8/15。
今日もやっぱり雲が多い。すっきり晴れて欲しいなぁ。
曇っているが空気は澄んでいる。

右奥に見えるのは佐渡。
真ん中に見えるのがどんでん山だったっけ。天気がドンでんと変わるからその名がある、と聞いた気がする。

右奥は米山。

朝からお墓参りに行く。
昨日親戚から電話があって、「お盆の期間中、家に帰って来てない先祖のために白玉をお供えする」らしい。なので昨日の夜にナルスに買い出しに行ってた。それを備える。

白玉は白玉粉を買ってきて水で練って煮るだけ。ソーセージみたいなチューブに入ってて切るだけってのもあるけど、さすがにそれでは、と思ったので練るところからは作る。

家の仏壇に供えたことはあったけどお墓は初めて。周りを見てもそれらしいことしているところはない。今度お寺さんに聞いてみよう。

そこに居た子。
小型のカミキリムシ。1センチほどか。

こちらはヒルガオ。
ヒルガオは名前の通り昼から咲く・・・のではなく、朝咲いて昼まで咲いているからこの名がある。朝顔は水分の蒸発によってしぼむので、水分が蒸発しにくいもしくは水分を供給できる構造を持っているのだろう。

うちの田舎は野生のヒルガオがとても多い。浜辺から山の麓までたくさんある。でも種は得られない、と思っていたらほとんど結実はせず地下茎で増えるのだそうな。だから観賞用として育てられることはないと。今度根っこを掘って持って帰ってこようかな。

2017新潟/白馬大作戦(8/14の1)2017年10月24日 07時47分43秒

8/14。新潟に来て初の平日。
今日は2つこなすべき仕事がある。1つはお盆の棚参り。菩提寺から各家にお参りに来てくれる。うちは集落内でも端っこにあるので遅い時間ではあるだろうけど、何時になるかわからない。お昼近くになりそうだとは聞いてるけど。
もう1つは市役所と法務局に行くこと。これは平日にしかできない。当然棚参りの後になるから、午後からになるだろう。
昨日の今日で体中が痛いが動けるだろうか。

庭に出るとアマガエルがいた。そういえば、アマガエルとモリアオガエルは似てる。そう思っていたので、比較写真を作ってみた。
上がアマガエル、下がモリアオガエル。
体色の緑の濃さも違うけど、それより体の横の線の有無が違う。あと、アマガエルの方が丸い。

背中側から見ると大差ない。左がアマガエル、右がモリアオガエル。
あれっ、このモリアオガエルは体の横に線があるなぁ。おそらく両者はそう遠くない種類だと思う。アマガエルも大人になると水気がないところにいるから、生息域も似てる。

このアマガエルは結構長い間同じ場所にたたずんでた。動画も撮ってある。

こちらはおとついも見たトンボ。羽を広げている。


でんでん。これくらいの時の方が動きは速い、ような気がする。

これは、スイッチョン。それは鳴き声。何だっけ、名前忘れた。
虫や小動物が多い場所だとは言え、昔よりかは確実に減った。自然は放置しても荒れるだけ。適度に人と関わってこそ生きるものもある。このあたりも人が減ったからなぁ。

2018新潟/白馬大作戦(8/13の12)2017年10月15日 06時58分47秒

山頂には蝶がたくさんいた。昨日の京都の写真でも出したのと同じかもしれないこの子と、

アゲハチョウみたいな子。
どちらも多数いて、お互い、および同種同士で縄張り争いしてた。蝶なのにトンボ並みに速くて撮影は出来なかったけど。いや、そもそも「蝶はゆっくりひらひら飛ぶ」という認識自体が実態とは異なる勘違いか。

百合にもいた。

飛ぶ瞬間。

なんとか撮れたどアップ。
珍しくピントもあって毛の1本1本まで見える。

何かが飛んできたと思ったら、この子が来た。
ハナムグリ。この後地面に潜っていった。このサイズのハナムグリは久しぶりに見たなぁ。子供の頃にはたくさんいたのにね。この半分くらいのは今でも時々見るけど。

さて、蝶を追っかけてたら結構時間が経ってしまった。もう14時過ぎてる。今日は夜に妹夫婦と落ち合って食事した後迎え火がある。その食事が17:30なので、遅くとも16時半には家に着いておきたい。となるとここまで2時間かかっているから、着替えてシャワーしてなど準備も含め逆算するともう降りないと余裕はない。でも30分はあるし、下りも同じ道筋だと面白くない。帰りは沢コースもしくは三ツ小沢コースを行ってみるか。

例のパンフレットを見ると、赤尾八石を目指せば良いみたい。
この写真は下にあった小屋の中でもらったパンフレットのだけど、このときはそれは車の中に置いてきた。インターネットで見つけたその劣化コピーを印刷して持って行ってた。それも前振り。

探すとその方向を示した看板があった。
こっちで良いのか。そう思ったのだけど。

先週の府立植物園2017年10月14日 12時48分28秒

ちょっとネタが書けないので先週(10/9)の府立植物園他の光景を。

そこへ行く道すがらのフジバカマにはアサギマダラが来てた。
これも雄?

色合いは似てるけど文様は異なる2種。雄雌かな?
この蝶はたくさんいる。

一方こちらは植物園内のフジバカマにいたツユムシ、だったっけ。
うちにいるオンブバッタもそうだけど、バッタ系はフジバカマの葉だけでなく花もよく食べる。まあ、害虫。

これは小川のど真ん中の立て看の上にいたイトトンボの一種。
黒い羽根やその開き方は先日新潟で紹介したあれに似ているが、胴体の色は全く違う。こちらは美しいエメラルドグリーンでピンとまっすぐ伸びている。初めて見た。

この子は私がたまたまそばにいた木の実を食べに来た小鳥。
この写真ではちょっと見えにくいけど、シジュウカラくらいの大きさで頭は色合いも似ているけど、胴体はオレンジ色。かなりたくさん来て、私の周りで実を食べていた。たくさん撮影したのだけど、多くがピンボケ。
そういえば、先日「フォーカスブラケットが欲しい」と書いたけど、すでにそれを持ったカメラはあるのね。PanaのLumix GH5と言う現行最上位機種を触る機会があったのだけど、付いてた。ただ、本当にフォーカスをちょっとずつ変えてるのか、効果のほどは分からなかったけど。この機種についてはひょっとしたらいつか書くことがあるかもしれない。これでもかというほど機能があって、触って遊ぶには面白いけど、カメラの本質は出てくる映像だからね。

これはイチゴの一種だと思われる実。とある一角にたくさんなってた。
ちなみに全く甘くなくおいしくなかった(^_^;)。

コスモスが咲き始め。
満開までにはまだもうちょっとかかりそうだけど・・・

京都の山並みはほんの少し色づいている気がするので、今年は紅葉が早いかもしれない。
とは思ったけど、先週今週は長袖がいるほど寒い日があったと思ったら、半袖でも暑いくらいの日があったりでむちゃくちゃだから果たしてどうなるか。

まあ、紅葉の時期になったら毎週報告をあげるだろうけど、なんか最近ここの閲覧者数も半減位しているようなので、まあ、気が向いたらという感じで。
(C)おたくら編集局