お盆新潟・白馬2019(15)2019年11月15日 06時02分02秒

あじさいの一緒。

長細い花が鈴なりの草。
こっちのほうがまだ見やすいかな。
花カメラが欲しい。

バッタが居た。
こんな大きな草の葉の付け根。
これもまだ咲いてない。今の時期まだつぼみということは咲くのは秋かな?

花は少ないと書いたけど、まあそこそこは咲いてる。でも角田山や白馬の山々に比べると、面で咲いていることはないので少なく感じる。

9合目に到着。9:45頃。登り始めて1時間ちょっと。

ここは少し平らな広場があって、端にお堂があった。

鵜川神社というそうな。
扉は閉まっていてお参りできなかった。

裏手にはゆりが咲いていた。
この裏手に来る白倉コースという登山コースがあるそうだが、今は工事中で通行止めになっている。「平成31年12月28日まで」と書いてあったけど、「令和」だよね。とか突っ込んでおく。

山頂ヘはここからもう少し登らなくてはならない。
向かうはこちら。

GW新潟2019(40)2019年10月22日 05時48分07秒

上空から見る。
上空が空いている部分が狭いのがよく分かると思う。

降ろしていると、何かが急に目の前を通り過ぎた。
トンボだろうか。
その後も何度か通り過ぎたのだが、あまりに早くてはっきりとは写ってなかった。

着陸地点すぐ上で正面を向けた時、正面を何かが飛んだ。
今度ははっきりわかる。クマンバチだ。

この3匹、しばらくの間追いかけっ子をしていた。求愛か縄張り争いか。
動画見ると左右に飛んだり奥に飛んだり色々しているのだけど、ここにはアップできない。残念。

GW新潟2019(33)2019年10月15日 06時06分07秒

ネタが少ないので花の写真など。
これは庭にあった花。
始めて見た気がする。すずらんに近い種類かな?

池に浮かんだ八重桜の花びら。
桜は散ってなお美しい。この池もきれいにして魚でも飼いたいところだけど、世話が出来ないからなぁ。今はカエルのすみか。大昔ここには池があって、山からの湧水できれいで水が絶えることもなかったのだけど、山肌の崩れ防止工事をしてから枯れてしまった。今はビニールシートを埋め込んであるんじゃなかったかなぁ。それからは雨水だけでなんとか枯れずにいるみたい。

「ダイコンソウ」。
「いちめんなのはな」という詩があったと思うけど、こちらは一面には咲かないけど、この季節あちこちで咲いている。なぜか道路沿いが多い。

葉っぱの裏にウンカが居た。
ウンカはセミの仲間。口が細い管になっていて、植物の汁を吸う。だから害虫。今年は九州・四国でウンカが大発生して被害が出ているそうだ。

全然変わってこちらはiPad mini5での写真。
iPad mini5の写真は、色合いは悪くないけど、全体的に作り物っぽい。コンパクトデジカメと同じように画素合成を行っているようで、公称のピクセル数より実解像度が低い。また、なんかやたら光の線が入るのがおかしい。この写真では右上に盛大に入っている。正直あまり好みの画作りではない。買って最初の内は喜んで撮影してたんだけど、最近は他にカメラを持ってないときにだけ使ってる感じ。プリ撮影も合わせて簡易動画で記録されるなど、本体上で見ると面白い効果もあるのだけど。

初夏のトンボ池2019(後編)2019年05月29日 06時00分00秒

他の状況。
黄色あやめ;じゃなくて花菖蒲か、は少しだけ咲いてた。数本だけ。

フタホシテントウ。2匹いたかな。

糸トンボ。モノサシトンボかな?

木立の方へ歩いて行ったとき、学芸員さんに呼び止められて見せてもらったのがこれ。
カブトムシの幼虫。体長は8センチ、太さは2~3センチあろうか。大きい。コガネムシの幼虫ならうちのプランターにもたくさん居るけど長さ2センチ太さ1センチ未満だから、これが如何に巨大かがわかる。日に当てると迷惑だろうからすぐにまた埋めた。良いもの見せていただいた。
最近御苑ではカブトムシが増えているのだそうな。アオバズクの食跡を調べてもその破片がたくさん出てくるので、相当数いると。御苑内に幼虫が生活できる場所(具体的に聞いたけど保全のため秘密)が増えたのが一因と言われてたけど、私が思うにそもそもは市販のカブトムシが逃げたもしくは放されたのが御苑で生活し始めたのではないかと思う。いずれにせよ、まあ外来種ではないし、自然が復活するのは良いことだ。将来には、夏には子供が御苑でカブトムシを捕るのが普通になると良いのだけど。昔みたいに?

今回は目立つキノコはほとんどなかったのだけど、これが色的に目に付いた。
でも大きさは高さ1.5センチくらいだから気をつけないとわからないかも。

今回の公開ではとにかく数が少ないというのがとても気になった。自然のまま放置されているのかと思ったらある程度人の手が入れられているので、それが良いのかどうかと思うけど、実は人が観察できる自然の維持にはある程度の人の介入が必要という事実もあるので、その例としてのここを見ていきたいと思う。

新潟・白馬2018(45)2018年11月01日 06時33分47秒

15日の残りの出来事を書いておこう。

・・・
帰り道もナビはとんでもないコースを指示するので無視して走る。

家に帰り着く前にナルスに寄って線香+ろうそくセットと他いろいろ買う。セットは、この後親戚の家に棚参りに行くため。
ジュースも買って水分補給。ちょっと危なかった。

家に帰り着いたら13時過ぎ。
上着とズボン着替えてお昼は昨日の残りのお好み焼き。
それに朝仏壇から下ろしたお下がりを食べようと思ったら、漬物以外腐ってた。やはりこの暑さでは・・・。

食事の後すぐ親戚の家へ。ちょっと道間違えたけど大丈夫。

その後越の蔵へ。写真は途中にある地下道の入口のクジラ。
初日に取っておいてもらったお酒1本と他2本を買う。
その取ってもらっていたものはもう売り切れたそうな。良かった。
いつもの店員さんなんだけど、実は今年の5月で引退されたそうな。
でも家に居てても電話掛かってくるので忙しいときだけ手伝いに来るのだそうで。
私はそのちょうど居てはるときに来ていたわけで運が良い。
そういえば、長いこと来ているのにお名前を知らなかったので名刺をもらう。通販で買うときは電話で聞いて買うと言うことで。カタログではわからないからね。

うひょ、アクションカメラが録画できない!?外部バッテリーが切れた!!結構な容量があると思ってると、突然切れることがある。
4目盛りあるけど最後の1つは一気に減る感じ。さらに、暑さに弱そう。暑いと一気に減る感じ。

帰ってきたら15時過ぎか。
駐車場の車が埋まっているので隣に駆け込んで1台出してもらう。
それはあかん。

着替えて海へ。沖のテトラポットまで2往復。
3往復しようかと思ったけど、ちょっと体力的に無理。
天気も一気に曇ってきてちょっと風も出てきたので切り上げ。
今年の泳ぎはこれで最後かな。
最後はそこそこ泳げるところまで戻せた。もう少し時間があれば腰の痛みも緩和できたのかも知れないけど、仕方ない。

泳ぎながら空を見てたら、今にも竜巻でも出来そうな渦を巻いた雲が見えたけどそれ以上にはならなかった。沖の方は雨が降っている感じ。雷鳴も聞こえているような。

上がってきて軽食取ってからビデオ、GPS、写真を整理。大分掛かった。今日のヤスダヨーグルトはこれ。
みかん味。

メイル確認。昨日、意図しない裏の通信でモバイルWiFiは一気に3GBも使われてしまったので、今日はこまめに電源ON/OFF。付けっぱなしは絶対にしない。
八方行きは1日ずらしで確定。京都;町内への連絡が出来てない。昨日メイル出したけど読んでもらえてないみたい。やはりお盆休み中か。
速達で葉書を出すか。まだ間に合う。

お隣の人がゴミの日を教えてくれて、袋もくれたので捨てる。余裕があるので、生ゴミ以外の家の中の物も捨てる。本当はもっともっと捨てなきゃいけないんだけどね。

この時から雨が降ってきた。すぐ止んだみたいだけど。

夜、窓のところで誰かが盛大に鳴き始めた。
見たらこの子がいた。誰だろう?

眠くてしょうが無いので22時過ぎに寝る。

・・・
ってなかんじで15日は終わり。
充実してると言うか、動き回ってるねぇ我ながら。

新潟・白馬2018(28)2018年10月10日 07時10分02秒

8/15
起きたら枕元にこの子が居た。
名前、昔は虫の名前欲知ってたけど、最近はとんと思い出せない。もうろくしてるなぁ。

雲はちょっとあるが晴れているので、予定通り長岡市にある鋸山(のこぎりやま)へ行く。

その前にお盆のお膳を用意。どうもお味噌汁が怪しいので廃棄して作り直し。冷蔵庫が小さいので入れておけない上に、昨日は猛烈な暑さだったので逝ってしまったか。

自分の朝食もして出発。7時。

ナビがやっぱり馬鹿。最短でも最速でもないコースを案内しやがる。
一番混む駅前を通らせやがる。今日はお盆だからか混んでなかったから助かったけど。自分で車買うことがあってもPanaのナビは付けない。
これを見れば分かる通り、長岡駅に行くまでに山の中を超えているのだが、そこで峠を攻めるバイクが多くてちょっと怖かったとかいろいろ合ったのだけど、画像はない。なぜか、は後で。残念。

・・・

ということで、写真はいきなり鋸山花立コース登山口駐車場。約1時間で到着。車は10台ほどいるか。20台ほど止められる駐車場なので問題ない。
鋸山は765mの山だけど、ここで既に210mほどある。

登山靴用厚手靴下忘れた!家出る直前まで履いてのに、車運転するための靴がそれを履いていると履けないので脱いで置きっぱなしにしてしまった。
さらに、アクションカメラの予備のμSDも忘れてる!!ここまで1時間録画しているので、普通ならあと3時間しか録画できない。それで山頂まで行けるか?最悪下りは諦めるけど、せめて登りは撮りたい。

・・・と思ってたんだけど、京都戻ってから確認したら行きの道程のビデオも何故か存在しない。録画ミスか、SD→モバイルHDD→本HDDのコピーの何処かで紛失したのかは不明。今回はそういうのが多すぎる。モバイルHDDの中を調べたが削除した痕跡がなかったので多分SDからの吸上げ出来てない。いや、そもそも録画できなかった可能性もある。設定ミスで上書きされてしまったかも。電源としては外部給電用USBケーブルの差し込みが甘いので外れてた可能性もある。これについては京都かえってから常時接続にしたのだけど、その話は後日。

どうしてもトイレに行きたくて先に行く。幸いにも駐車場の脇に簡易トイレがあった。
でも困ったことに、紙はあったんだけど手洗いの水がない。仕方ないのでお茶で洗った。水分は貴重なんだけどなぁ。

靴履き替えて杖の準備、リュックを背負い、アクションカメラもつけて出発。8:18。

なんかクマ注意が出てるので、熊鈴は鳴るようにしておく。一応持ってる。

最初はなだらかな坂道だが幅は狭い。

少し歩くと川があった。8:27。

ここで手を洗い直す。

ふと岩の上を見ると、シジミチョウが3匹休んでいた。
蝶って時々水のある場所でかたまって休んでいることがある。水分補給してるの?

新潟・白馬2018(15)2018年09月19日 06時34分04秒

これは・・・白馬には似た花があったようななかったような。

これはオトギリソウに似てるけど、葉っぱから見るにホウセンカに近い種類か。平地でも見るやつかな。

これは花が残り少なくてよくわからない。

などと花を見ながら進んでいると、建物が見えてきた。
もう頂上は近いのか!?

ここに電柱が見えているけど、7合目を超えたあたりから電柱がところどころ立っている。これは9合目を超えるとわかるのだけど、実は弥彦山の上には休憩所だけではなくいろんなアンテナが並んでいる。そのあたりへの電力供給用なのであろう。登山道に電柱があるとちょっと幻滅するけどね。

平野がよく見えるようになってきた。

田んぼに囲まれた中に建屋群があるのがよく分かる。

地面にコクワガタがいた。メスかな。
しばらく手のひらをウロウロしてた。
人に見つからないように逃した。

その直後、広い場所に出た。頂上!?

かと思ったら9合目だった。9:34。

新潟・白馬2018(7)2018年09月04日 07時23分40秒

荷物が届くかも知れないので張り紙をしてから;また内容は書き換えて、お昼も兼ねて丸大へ。

お昼は盛来軒で。岩のりラーメン、890円。
普通のラーメンだけど岩のりがたっぷり入っている。香りがすごい。汁まで余すところなくいただきましたとさ。

丸大に行くと、なにやらショーをやっていた。
新潟のゆるキャラみたい。一番右のは見たことがある。カレー関係のだ。この3体が新潟ゆるキャラベスト3だとか。

そのあとまたいろいろ買ってしまった。布団を買ったのが大きかったか。食べ物は少しだけ。ポイントカードに貯まっていたポイント;ちょっとだけだったけど使い切る。
もう使えないからね。

この後上新電機に行った。掃除を買うため。掃除機って意外と高いなぁ。結局一番安いのから2番目のにした。奇しくも壊れたのと同じメーカーの日立製。木にはなるけど、仕方ない。安さだけならAmazonで買ったほうが良いのだろうけど、今すぐ必要だからね。
親の上新カードがあったから、ポイントが残っていればと思ったけど、0のようなので自分ので。

家に帰ったらまだ荷物は届いてなかった。
ちょっと休憩して、荷物が届くかも知れないので張り紙をしてから;また内容は書き換えて、海へ。海1日目。
体弱ってるなぁ。筋肉が弱々。なかなか泳げない。でも焦らない。こちらに居る間に起きのテトラポットまで泳げるようになればいいのだ。

海から上がってくると小腹が空くのでこれを飲んだ。
関西では有名ではないかも知れないけど、ヤスダヨーグルトは新潟では有名。とにかく濃厚。これを飲んだら他のヨーグルトはもう飲めん、というくらい。こちらでは1リットルで350円位だけど、大阪で見つけたら500円超えてた。他の2~3倍もする。だからおいそれと買えない。これはその変化球版。6本くらい入っって500円ちょっとだった。やっぱり味は普通のがいいなぁ。

まだ荷物は来ない。
再びお寺さんへ。来年の3回忌のお願いと棚参りの時間確認。話ししてて何か曜日が違うなあと思ったら、自分が調べていった年が2020年だった。

そういえば、やっぱりこのあたりは雨が降らなかったんだそうで。梅雨も空梅雨で。だからお墓の木が枯れてしまったと。お寺さんでもいろいろと枯れたり、変色しているそうな。
それにしてもお墓の木、どうしよう。植え替えが必要かも。でも植え替えするにも行くことは出来んしなぁ。

そうそう、買い物の場所も聞く。やっぱり第二候補はナルス。あと松波町のスーパーや、その先の鯖石川を渡った横にもあるそう。何となく分かる。

家に帰ったら、いきなりフロントガラスの上にこの子が出てきた。
びっくり。運転中だったらちょっと危なかったかも。よく見るとクツワムシのようだった。先日紹介したなんとかモドキダマシに似てる。いや、名前の由来からすると逆だけど。

この子はこの後布団とガラスを上に登り・・・

天井に着いたと思ったら、いきなり寝始めた。
いや、これはもう寝たとしか言いようが無い見事な眠り。
まあ、本当は擬態しているのだろうけど。

羽にある葉っぱの葉脈のような文様はその擬態のため。
この寝姿も含めて、見事な葉っぱへのなりきり。

それにしても、焼けて熱い天井に寝てて大丈夫なのだろうか?
気にはなるけど、起こすのも忍びないのでとりあえずそのままにしておいた。後で見に行ったら居なかったので大丈夫だったのだろう。

下を見ると蝶も居た。
まだ荷物は来てない。

新潟・白馬2018(6)2018年09月03日 06時38分16秒

8/11。

そういえば、昨日の夜、雨が降ってきた。
星を撮影に行こうかと思って外に出たら。

3時頃目が一度目が覚める。空気がよどんで寝苦しい。
雨が止んでいるようなので窓を開けると涼しい風が入ってくる。

起きるともう6時45分くらい。流石に昨日は疲れてたか。

枕元を見ると、小さなヤモリが蜘蛛の巣に引っかかって動けないでいたので救助。写真は撮り忘れてる。

向かいの方が来ていろいろ聞いた。うちの真ん前の家は長らく人が来てないようだったが、別荘に買われたそうな。隣の空き地を駐車場に使っていたが、そこも借りたそうで、うちが使えなくなるかも。非常に困る。

こちらに居る間の計画表を書く。意外と山に登っている時間が無いかも。

そうこうしていると、その前の家を借りた人が挨拶に来た。良さげな人で一安心。隣の空き地は、うちの親がちゃんと管理している人に話を付けていたとわかった。勝手に停めてたんじゃないんだ。でもその別荘の人は来る時は複数台で来るということで、お盆の期間は1台分は開けておくようにお願いした。車は譲り合いと言うことで。

実は今日は荷物が1つ届くが、時間がわからない。モバイルWiFi端末だ。それを待ちながら庭掃除。電動バリカン持ってきてるけど、弱い。でも電池換えたら強くなった。電力不足か。
庭の草は多め・・・なのか?去年どうだったろう?
終わってもまだ荷物は来ない。

荷物が届くかも知れないので張り紙をしてからお寺さんへ。でも住職がお出かけだったのでお母さんと少しお話しして退散。お元気で。

荷物が届くかも知れないので張り紙をしてから;もちろん内容は書き換えて、お墓掃除へ。

一端行ったのにハサミとか鎌とか忘れたので取りに帰ってもう一度。
脇の植木が枯れていた。周りのムクゲも枯れかけ。昨日の夜は雨が降ったが、それ以前は全然降っていなかったのかも知れない。

作業していると、いろいろ虫が出てきた。まずはでんでん。

これは名前は忘れたけど、鳴く虫。スイッチョン。

コオロギ。そういえば、このあたりはエンマコオロギはあまり見ないなぁ。

茶色のショウリョウバッタ。

カマキリ。多分ハナカマキリの幼生だと思う。
カマキリは、ターゲットロックオンがすごい。カメラの方を確実に見てる。
反対側に回ると顔もこちらを向ける。
ボケボケだけど、手前にちょっと写っている木の葉っぱが茶色。枯れかけ。水をやったけど、どうだろう?

周りでも掃除している、もしくはもうお参りに来ているところがある。

1時間位作業してたか。終わったら12時位。まだ荷物着てないなぁ。

真夏のトンボ池公開(2)2018年08月23日 06時02分14秒

新潟・白馬のネタを書きたいんだけど、動画ファイルが大きすぎてもうHDDに入らないとか、体の疲労がすごくて何もする気が起きないとかいろいろあってちょっと書き始めるまでには時間がかかりそうなので、その前に前のネタを書き上げておこうかと。

・・・

トンボ池ではいろいろな昆虫なども見ることが出来る。

なんとかシジミ。
体長は2センチほどか。この写真は28ミリマクロレンズ+RAW撮影しているのだけど、解像度が素晴らしい。合焦ポイントが極めて狭くて写すのは大変だけど、合えばすごく切れのある画像を見せてくれる逸品。ここにアップしてある画像は縮小してあるのでそこまでは見えないと思うけど。

こちらは羽の文様はアサギマダラに似ているけど違う蝶。
体長は6センチほどだろうか。

モノサシトンボ、合体中。

首に突き刺さってる。

これはなんとかモドキダマシという虫らしい。
パット見はクツワムシに似てるしスイッチョン(仮名)の大きなものにも見える。それにしても「もどき」で「だまし」って、彼も別に騙すつもりじゃないのだろうに、ひどい命名。

クサギの花に集うクマンバチ。

ハゴロモ。セミの仲間。

こちらは多分その幼生。
半透明で色がない。

マイマイ。

甲虫の一種。ハムシかな?
体長は5ミリほど。こういう小さいものを見つけるのが得意。
羽の光の反射部分は白飛びして紫のフリンジというのが出てる。このあたりがデジカメ、というかCMOSの限界。

最後はブイブイのお尻。
どうやっても前から撮影できなかった。寝てる感じ。
ということで、虫も豊富なトンボ池であった。
(C)おたくら編集局