2018新潟/白馬大作戦(8/12の1)2017年09月22日 21時45分00秒

12日は主に家の仕事。
蔵の中の総ざらえとかお墓掃除とか。
だから公開できる写真もほとんどない。

家には蔵があり、昔はそれなりの物があったらしい。しかし、あるとき骨董屋が来て、当時家に住んでいた親戚をだまくらかして二束三文で根こそぎ盗っていったしまったらしい。なので、私にとっては骨董屋は詐欺師であり泥棒である。京都の家にも時々買い取りのチラシが入るけど、速攻でゴミ箱行き。

今回タンスの中とかを見てみたが、ほとんどが着物;と言ってもいわゆる振り袖とかじゃなくて昔の人が普段着に着るような着物、親兄弟の学生時分の持ち物、なぜか食器一揃えがたくさん位しかなかった。あと、実はうちの家は代々カメラを趣味にしていて、大正時代の写真とかが結構ある。そして当時はフイルムではなく銀塩版と呼ばれるガラスに感光試剤塗った物を使っていたが、それがたくさん出てきた。とはいえ、今となってはもう現像すら出来ないが。
あぁ、ボロボロのキャノンの初代機らしきカメラとか、そういうのもあったけど。

今回はとりあえずざっと見ただけ。本当はきっちり見たかったのだけど、めぼしい物全くなく気合いが失せたのと、夏の蔵の中は非常に暑く1時間ほどで断念したので。涼しい時期に行って、再調査しないといけないか。しかし、こんなことするのも私の代までなので、私がすべて処分しなきゃいけないんだけどね。

・・・話変わって・・・

こちらは庭に来たとんぼ。

ただの糸とんぼではない。止まっているときに、蝶のように羽を閉じたり広げたりする。飛び方も蝶に似ている。

ズバリ「チョウトンボ」というのもいるのだけど、それは糸とんぼでは無い。蝶糸とんぼ?
糸とんぼだけど結構大きめ。
今回は、うちの庭だけで鳴く何カ所で見たので、この時期が一番の活動時期なのかもしれない。

こちらはハゴロモ。以前どこかで撮影したハゴロモの写真をアップしたときに「新潟ではよく見かける」と書いたけど、まさにこれがそれ。
昔は隙間なく何匹も連なっていたものだが、最近は減ったのかなぁ。

その後お墓掃除へ。
6月に一度刈ったとはいえ、その後伸びた気配がほとんどない。例年なら夏場にかけてまた一気に伸びてくるのだが。天候不順で草の成長も抑えられているか。まあ、雑草に限って言えばそれはありがたいけど、作物とかを考えると困った状況である。

こちらはお墓にいたでんでん。
このあたりのでんでんは大きめで、このサイズが普通。貝の直径が4~5センチくらいか。

同じくお墓にいた蟷螂の幼生。
蟷螂も減ったよなぁ。
このあたりはまだ自然が「見かけ上」残っているけど、細かく見ると動植物が減っている。環境変化は田舎でも出ている。

地球温暖化なんて無いとか言って議定書を批准しないアメリカがどんなハリケーンに遭ってどんな被害が出ようと自業自得で知ったこっちゃないけど、地球環境がここ数十年で激変しているのは明確な事実。そこに人為が想定されるなら、できるだけ変化を抑えるように心がけなければならない。本当の意味で。スマホをバンバン使いながら原発反対とか温暖化防止のためなんとか言うような間抜けにならないように。発電のためにどれだけCO2が排出されると思ってんだ。充電は太陽電池発電を使ってる!?電波を送受信する施設の電力は?サーバーの電力は?自分が直接消費するエネルギーだけでなく、総合的な考慮が必要なのだ。エネルギーに頼り切る生活を改め、いろいろな物の再利用可能を推進し、地球全体でのエネルギー消費を考えて行動・選択しなければならない。

とんぼ2017年09月16日 07時28分00秒

先日府立植物園に行ったときの話。

大きなトンボが飛んでいた。撮影しようと思うがどうにも動作が速いし全く停まる気配がないので諦めかけていたのだが、似たような位置を周回していることに気がついたので、マニュアルフォーカスに変更してなんとか撮影できた。

先に書いておくと、オートフォーカスでは動きに通中できないというのもあるけど、どうも合わせようとしてレンズを向けると逃げる気がする。マニュアルなら動きを予測してレンズを向けておき、入ってきたら撮影という方法が採れる。やっぱり視線ってあるんよね。

それはそうと、これがその写真。マニュアルなので完全には焦点が合ってないのはご愛敬。
よく見ると飛びながら足を伸ばしている。
前に聞いた話では、トンボは飛びながら飛んでいる虫を捕獲することがあるのだそうな。そのために足にはとげがあって引っかかるようになっているとか。でもこの写真ではそこまではわからない。

これは比較的ピントが合っている。足は折り曲げている。

拡大するとこう(別の写真だけど)。
羽もよく見える。これで1/800。今度はシャッタースピードをもっと早くして固定してみるか。その分ISOをあげて。

ところでこのトンボは何という名前だろう。大きさはオニヤンマより一回り小さいくらいで大きめ、色はこの通り頭の方は黄緑、尻尾のほう翡翠色のグラデーションでとても美しい。

というお話。

夏のとんぼ池公開(1)2017年08月07日 06時48分00秒

今年も真夏のとんぼ池の公開があった。以前は複数日あったのに今年は1日、しかも2時間半だけだったので、忘れずに行った。

そんな日程だったからか、今年は人が本当に多かった。
開園してすぐに行ったはずなんだけどなぁ。

蓮が咲いてた。
睡蓮は植物園などでも咲いているのを見るけど、蓮は久しぶりかも。

蓮の葉には細かい毛があって、水をはじいて球状になる。これが面白く綺麗。

とある草の茎を見ると、ハゴロモがたくさん。
昔は新潟でもよく見かけたんだけど、最近は見てなかった。久しぶり。蝉の仲間だから、茎から水分というか養分を吸ってる。枯れはしないけど、害虫になるのかな?それとも「影響なし虫」?

シオカラトンボ。御苑内でも見かけるようになった。折しも今日(8/7)は立秋だから、盛夏な中にも秋の気配があるのかも知れない。

物差しとんぼ。今回は前回に比べれば少なかったかな。
蓮はともかく、このあたりまではいつも通り。でもこの先が大きく違った。

御苑の昆虫とか鳥とか2017年07月11日 06時12分38秒

土曜日から月曜日に御苑周辺で見かけた鳥とか昆虫とか。

これはクロアゲハ。例の玉虫を見つけた場所の近くにいた。
私が行ったときに地面に止まり、帰ってきた時にもまだいた。なので、少なくとも20分は同じ場所にいたことになる。水を吸っていた?寝てた?それともこんな場所で産卵?

閑院宮邸跡の池にいたアオサギ。
ここは時々、というかしょっちゅういる。アオサギ撮影したいなら、ここ。

アオバズク。まだ子供は巣から出てきてない。
去年は24日には出てきてたので、もうすぐかも知れない。

これはシジュウカラ、多分幼鳥。
最近、珍しい鳴き声でなく鳥がいるなあと思っていたのだけど、今朝裏庭の方で鳴き声が聞こえたので行ってみたらこの子と、他にも数羽いた。
見ると毛虫をくわえている。この子はこの後落としてしまったのだけど、どんどん食べて退治して欲しい。

玉虫2017年07月08日 15時33分39秒

御苑にアオバズクの撮影に行った。その写真は明日のネタにするとして、その帰り、自転車で走っていると、何やら光る物が落ちているのに気がついた。
玉虫だ。羽1枚とかは見たことあるけど、これだけ見事な形で見るのは初めてかも。残念ながら生きてはいなかったけど。

正面。
玉虫はカミキリムシに近い種類だから、口も似ている。

玉虫は「吉兆虫」とも言うらしい。良いことがあれば良いね。

・・・

翌朝、置いた場所に見に行ったらもう無かった。
誰かが持って行ったか、昨日の土砂降りで流されたか。
ちょっと残念。まあ、見ることが出来ただけでも良いけどね。

府立植物園2017-6-4(5)2017年06月12日 06時12分01秒

ハートの文様がある花。
薬品処理したわけじゃないよね?花の色って水素イオン濃度(pH)で決まることがあるようで、朝顔でも鼻に薬がかかると色が変わってしまうことがある。

ヘビイチゴ。まだある。ヘビイチゴ。は余り虫に食べられないのかな?

ふと服を見るとこの子がいた。
写真を撮ろうとするとすぐに動いて飛んでいったのでこの1枚だけ。

こちらはナデシコの花に来てたアゲハチョウ。

最後に、正門前に咲いていたこの花。青空とのコントラストが美しい。
芥子の花に似ているけど、つぼみが違うか。

近畿も梅雨に入っちゃったけど、晴れたらまた行ってみよう。

初夏のとんぼ池2017(5)2017年05月29日 06時13分09秒

ウンカ、上向き。さっきのは下向きだった。
稲にとっては害虫だけどね。確かセミ科。

テントウムシ。二星かな。時期的にはまだちょっと早い。
うちの裏庭にも結構たくさん発生するのだけど、今年はどうかなぁ。

糸とんぼ、ほぼ正面から。

こちらは2匹。今回はさほどに多かったと言うことで。

多いと言えば、今回はクマンバチが結構いた。折しも咲いていた黄菖蒲の花の中に潜ってた。時にはこのように2匹が同じ株の花に入っているようなことも。
クマンバチに縄張りはなさそう。

この子はあっちこっちの花に潜ってた。
1つの花に潜ってはしばらく動かないような子もいて、クマンバチにも性格がありそう。

クマンバチ以外の蜂もいた。
こう見比べると、クマンバチがいかに大きいかがわかる。

ということで、今回はカエルも他の昆虫類も少なめ目だった。キノコ類はほとんど無し。この日は暑かったけど、5月としては異常な暑さで、動植物が適応しきれなかったのかも。次回は7月初めのはずだけど、どうなるか。今度こそ土日が良いなぁ。
おしまい。

初夏のとんぼ池2017(4)2017年05月28日 08時53分18秒

別のやご。

こちらは糸とんぼ3匹が並んで留まっていた。
90mmマクロレンズなので視野角が狭くかつ被写界深度が浅いので3匹をピントぴったりで撮影することが出来なかった。ここは超広角があれば良かったのだが。結構長い間この3匹でそろい踏みしてた。後で右の1匹だけ逆方向向いたけど。

さっきのカミキリムシみたいなのは蛾だった。
触覚が櫛状なのがよくわかる。

さっきのよく動くモリアオガエルのアップ。
緑色が全然違って見えるのはカメラが異なるせい。やっぱりコンパクトカメラ系は色を作りすぎる。

こっちは土蛙。ひじょうに見えにくい場所にしかも保護色でいるから、よっぽど気を付けないと気づけない。わずかに動いたのでわかったけど。

別の場所にいた眠たげな子。

初夏のとんぼ池2017(3)2017年05月27日 13時03分36秒

ヘビイチゴ。そういえばそういう季節だった。
今年は御苑の散歩をしてないから気がつかなかった。

ウンカ。気がついた人はほとんど居ないじゃないかな。

ちっさなでんでん。

こっちはコメツキムシ。

蝉の抜け殻があった。まだ今年のじゃないと思うので去年のが残って高。雨露がしのげる場所にあるものは少なくとも1年は残っているからね。実家にも1個ある。

この子は私が発見した。他の子が余り動かなかったのに対し、この子はよく動いていた。
こう見るとアマガエルに似てるなぁ。こちらの方が色が濃いけど。

横から見るとちっさなカミキリムシにも思えたけど、蛾みたい。
触覚が特徴的。

糸トンボ。節が特徴的だからモノサシとんぼか。



初夏のとんぼ池2017(2)2017年05月25日 07時21分44秒

モリアオガエルももちろん?いた。
今回はちょっと数が少なかかった気がするけど。

アップにすると何か眠たげな顔。
葉っぱの上にいる子は滅多に鳴かない。表から見えるときは動かず、鳴かずで居場所を明らかにしないようにするのか。

これは羽虫の一種。うちの家でもよく見かける。

モリアオガエルの卵。場所はいつもの場所。毎年似たような場所にするのね。
場所を覚えていると言うより、孵化したオタマジャクシが無事に池に落ちる場所というのは限られているのかもしれない。

蝶。見かけたことがない種類だなぁ。
何か名前を聞いたような気もするけど忘れた。

(C)おたくら編集局