謹賀新年2020年01月03日 08時01分52秒

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。
皆さんによって、今年も良い年でありますように。

・・・
実は大晦日から元旦にかけて泊まりがけで某所に行っていたので2日ほどここの更新も休みました。初日の出を拝むには絶好の場所だったのですが、残念ながら曇りで見えなかったのでその写真はなし(何処に行ったかは後日公開)。代わりに正月の縁起物の写真を出そうかと。

2日は京都で初詣。コースは毎年同じなのだけど、その祭には縁起物を食べることにしている。

こちらは上賀茂神社の厄除け大根。
大根2切れとがんもだけど、この大根が非常に大きくて食べ応えがある。500円。厄除けぜんざいも有る。食べたことないけど。さすがに2杯食べるのは多いから。誰かと行けば分け分け出来るんだろうけどね。
そういえば、去年までは10時からの奉仕だったと思うのだけど、今年は少なくとも9時半には開いてた。混雑する前にお参りしたい私には非常にありがたい。朝お詣りに来てまた後で食べに来ようかと思ってたくらいだから。多分正月3日まで。

おなじく上賀茂神社のみたらし団子。
みたらし団子はここが発祥の地。御手洗川に浮かぶ水の泡をもした物だから。「団子3兄弟」がはやったおかげで団子と言えば1串3つと思っている人も多いだろうけど、実はほとんどは4つだし、ここは小粒な物が5つである。1本100円。ここのは団子が非常に軽く(餅米ではここまで軽くならないと思うので普通米も混ぜてあるのかも)、またタレも薄味の砂糖醤油で、全体的にとてもあっさりした食感であるがそれが非常に良い。ここのを食べてしまったら他のがくどく感じられるくらい。やっぱり毎年これを食べないと始まらないなあという感じさえする。こちらは10時から。実は私はそのちょっと前に食べさせてもらったんだけどね。3日くらいまでやっているんじゃないだろうか。

こちらは下鴨神社の甘酒。
200円。去年まではボーイスカウトの子供も手伝っていたと思うのだけど、今年は居なかった。アルコール分は全くないので車で来てても大丈夫。とても濃厚で、しかし米の甘さだけなのでとても爽やか。ショウガを入れるとわずかにピリリと効いて体が一層暖まる。これも10時からだと思う。3日までか、もしくは蹴鞠がある4日までやっているかもしれない。

下鴨神社境内にある「さるや」のお雑煮。
830円。正月2日間だけの提供。
これぞまさしく京都のお雑煮で、濃厚な白味噌汁に白丸餅が1つだけ入っている。実は京都の白味噌は甘くない。結構塩味がある。だからか甘い黒豆も付いていて箸休めになる。元旦に行った所で白味噌のお雑煮を頂いててそれが甘かったので余計に塩の違いがよくわかった。

ここまで4品を短時間で頂いたのでさすがにおなかがいっぱいになった。まあ、腹持ちする物ではないのでお昼頃にはまたおなかすいたけど。

京都の各神社が混むのは、干支の当たりでない限り(京都には十二支の神社仏閣があって、当たり年にはそれはもうどえらく混む)、大体10時頃からだと思う。だから私はそれより前に各社を回るのだけど、これらの提供時間を考えると、先に下鴨神社でお詣りだけして上賀茂神社に行ってお詣り;ここを10時くらいにして、その後下鴨社に戻るというのが良いかと。というか今年たまたま出発が遅れてその時間になったらちょうど良かったんだけど。

ということで、縁起物を頂いて英気を養ったので、今年も頑張ってみようと思ったり。まずは腰を治さないとね。

2019京都紅葉(番外編);12/212019年12月21日 13時31分24秒

長く楽しませてくれた京都市内の紅葉ももう終わり。
でも、今日でもほんの少し残っていたりする。
これは東北端近くにあった1本。

これは西北のところ。御苑内で一番遅いここももう銀杏は完全に散り、楓もわずかに残っている程度。
でも地面は黄色の絨毯できれい。

そんな感じで、探さないときれいな赤はないくらいになってしまった。まあもう年末だから、仕方ない。

おまけ。大銀杏の枝先に何か居る・・・

どアップにするとそれはトンビだった。
数日前からここに陣取っている子を見かけるんだけど、同じ子かな。
トンビは気をつけないと食べ物捕られるから要注意ね。

と言うことで番外編も終わり。

同志社大学イルミネーション2019年12月19日 06時42分56秒

新町祭の後、今出川校舎のイルミネーションも見に行った。
烏丸通まで出ると外からでも見える。それほど大きいと言うこと。

やっぱりでかい。
去年は見られなかったけど、特におととしから変わっていると言うことはない。
どうやって飾ってるんだろう?やっぱりクレーン?

隣の建家もライトアップされている。こちらは礼拝堂。
重要文化財。何かきれいになっている。補修されたのかな。
私が通っている頃には毎週土曜日(日曜日じゃないのは日曜日は学校休みだから)に礼拝してたのでは入れたはずなんだけど、今もやってるのかなぁ。今にして思えば、あの時一度は入っておくべきだった。キリスト教じゃないからと入らなかったのだけど。

こちらは彰栄館。これも重要文化財。
これ補修されたか。

今出川校舎は普段でも多分普通に入れるから御苑まで来た人はどうぞ。

新町祭20192019年12月18日 06時00分00秒

12/14、今年も同志社大学新町校舎で新町祭が行われた。
簡単に書けば、ろうそくイルミネーションのイベント。

真横から見ると何が描いてあるのかよくわからないのだけど、カメラを少し上げるとちょっとわかる。こういうとき液晶可倒式カメラは楽。
上から見たいんだけど、今年は何か校舎の中には入れなさそうだと感違いして見なかった。後でパンフレット見たら入れたみたい。

こちらは何が書いてあるのはかっきりわからない。
「SAP ?night」「2019/12/14」。?がどうしても読めない。SAPはこれを主催しているグループの名前。

「ろうそく」だけど、校舎の手前側にあるのは全部ろうそく側LED。
最近は仏壇用でも増えているみたい。

校舎の前ではコンサートもしていた。
入ったときはちょうどアカペラの歌だった。曲は知らないけどね。

奥側にあったのは本物のろうそく。
これは川と流れる花びらをイメージしているのかな?

そこからさらに奥、校舎の裏側に回るとまだあった。
遊園地を描いているみたい。これは回転木馬。

これは観覧車。

最後に雪の結晶。

とまあ駆け足で。写真で確認すると本当に10分ほどしか居なかったみたい。
正直書くと、何か去年までに比べ大幅にしょぼくなっているような。
去年の写真を見るとこんな感じ。
カラーフィルターを使って多色になっていたのが今年は1色しかない。さらに本数も見るからに少ない。なんだろう、予算の都合かやる人が減ったのか。
また、近隣の小学校や幼稚園などの作った物もあったんだけど、今年は後で写真で見るとごく少数デイケアセンターの物があったようだけどあまりに少なくて現地では気がつかなかった位。
来ている人も少なかったような。

ということで、来年はどうするかなぁ。

2019京都紅葉(23);12/142019年12月16日 06時13分21秒

下鴨神社。その手前にあるマンション内を通る道?の両側にも楓は植えられている。
まだ若い木だけど、小川を通し品良く植えられているのでとてもきれい。

河合神社前。今年はやっぱり真っ赤にならずに黄色が強い。

その南側の川沿い。
見た目はこんなに紅くない。

参道。紅くないなぁ。

川沿いももう終わりかけ。

西参道の鳥居前の楓はまだ残っている。
外側は大分減ってる。でもまだきれい。

ここは何処だっけ。ちょうど良い日差しできれいだった。

これはあまり知られてないかもしれないけど、参道に東側にある駐輪場に向かう道沿いにも楓などが有り、今色付いている。
今年の下鴨神社は真っ赤にならずに終わりそう。これはそこれできれいな色合いだったけど、真っ赤も見たかったかな。

今年の紅葉報告はこれで最終回・・・だと思う。
総括としては、今年の紅葉は始まりが少し遅かったけど長く楽しませてくれた。木は、サクラが多く残っていたのが特徴的でその色合いが美しかった、銀杏も遅かった。色付きは、御苑内のようにここ数年で一番良かったところもあれば、植物園のフウや下鴨神社のように今1つのまま終わりそうなところもあった。色は、黄色が多かったと思う。楓も赤より黄色が多かったし、そもそも黄色になる葉が長く残っていたというのもある。そんな感じだった。来年はどうなるかな。

2019京都紅葉(22);12/142019年12月15日 10時04分37秒

12/14の京都御苑の紅葉。
全体的には終わりかけだけど、まだ一部に色付いた木が残っている。
これは中立休憩所前の1本。
この辺りは今年の御苑内では一番素晴らしい空間だった。

西北のあの場所。楓の色づきが良くなって赤と黄のコントラストが良くなった。
外人さんが遊んでた。まあ、絵になるからそのまま撮影。

近衛邸跡池のほとりの1本。黄色から赤へのグラデーションが美しい。
ちょっと遠いのでもう少し望遠が欲しいと思った。

その横の1本。
色は盛られすぎ。α嘘色。

夜の1枚。京都御苑一番西北の大銀杏。
去年の台風21号のためにこの足下辺りは侵入禁止になっているので今は外からしか見られない。まだこんなに葉が残っているとは。この一角はいつも遅いけど、今年は特に遅いような。

2019京都紅葉(21);12/82019年12月12日 06時26分12秒

川沿いはまだきれい。
何度も書くけど、色合いはαの盛りすぎなのでここまで赤くない。

セコイア系の木。茶色く紅葉している。
「紅葉」とは葉緑素の色が抜ける現象であって、読んで字のごとく紅くなるとは限らない。これがこの木の葉の地の色。

池の畔は台淵ってすっきりしてしまったが、光が入り落ち葉からの反射もあって、以前より明るい赤に見える。

隣の池も葉は大分減って、水面一面に歯が浮いている。

場所を探せば美しい紅葉がまだある。
植物園はそんな感じだった。
でも次の週末には大分寂しくなるんじゃないかな。

2019京都紅葉(20);12/82019年12月11日 05時53分48秒

12/8の府立植物園。
正門入ってすぐ横にあるドウダンツツジがものすごくきれいな赤色に染まっていた。

本当に真っ赤。α6000は記憶色バリバリで色を盛りすぎるけど、これはやや誇張されているとはいえ、本当にこんな感じ。

ところが、その中にやや暗い赤があると途端に色が青に転んでしまう。
手前の葉っぱが赤に青が混じっているような色になっているが、実際にはちょっと暗い赤なだけ。AutoでもPでも同じなので、αの色補正の基本なんだろうけど、あまりにもおかしい。色補正をさせないモードを探したが見つからなかった。RAWで撮影すれば良かったのかなぁ(あればだけど)。α6000の新しい欠点発見。

コスモスはもう終わりかけ。

噴水横の大銀杏は大分葉を散らせたが、まだこんな感じ。

その奥にあるフウの機は先週よりずいぶんと色付いた。
しかし、真っ赤にはなってない。この写真ではそこそこ赤っぽいけどそれはαの色盛り過ぎためで、実際にもこんなに赤く見えない。

青と赤が混じったような感じ。
今年はこのまま終わるかもしれない。楓もこのような色合いになっている木が多いから、全体的な傾向か。

大芝生地の近くにあるこの木。これも真っ赤だった。
何の木だろう?茎に平べったい端切れ?が出来る木。アップ撮影の写真がピンボケなのでこれだけ。

2019京都紅葉(19);12/72019年12月10日 06時03分10秒

下鴨神社境内。

境内の紅葉は、全体的には先週より進んでいる。

ここは銀杏は少ないけど、かなり高いところに葉が残っている。

でもまだ青い場所も多い。

御手洗川沿いも色づきが進んでいる。

でもまだまだな部分もあってばらつきが大きい。

河合神社前。7~8日は手作り市をやっていた。やたら人が多いと思ったらそうだった。
この辺りの紅葉は例年きれいなんだけど、今年はどうも真っ赤にはならず黄色で、そのまま枯れてしまうような感じ。
他の場所でもそういう木が多いように思える。

来週はどうなっているかな。

2019京都紅葉(18);12/72019年12月09日 05時59分56秒

下鴨神社、に行く前に手前にある旧三井家下鴨別邸へ。
塀外から見える楓は真っ赤。奥に見えているのは下鴨神社の鳥居。

下鴨別邸の庭は京都家庭裁判所の庭と土地的にはつながっている。と言うか、元々は同じ敷地だったのが、今は分かれている。金網で仕切られているけど中は見える。
そこから見ると、裁判所敷地内の楓は大分色付いている。

ただ、下の方はまだ青く上の方が赤い感じ。

場所によってはまだ青いところも多い、
来週ぐらいが見頃かなぁ・・・と思うのだけど、どうも今年も一般公開はないみたい。未だ告知が出ていない。去年は台風の影響で中止されたけど、そのまま永久公開なしというのは嫌だなぁ。

別邸そのものの内庭にも楓があるみたい。外から少し見えた。
でもここは有料なので入ってない。人も多そうなので。いつかは行ってみたいかな。
(C)おたくら編集局