グランドプリンスホテル京都2020年10月10日 07時42分01秒

唐突に、ホテルに泊まりに行った。京都市営地下鉄は国際会館駅から歩いていける距離にある「グランドプリンスホテル京都」。

ツインの部屋を1人で泊まると朝夕食事付きで2万円ちょっと。普通の自分では絶対に選ばない価格なんだけど、とある抽選で宿泊補助券2万円分もらったので実負担がなんと1000円未満で済む。とあらば行かないわけはない。

本当はもっと早くに新潟なり別の場所で泊まりに行こうと思っていたのだけど、そう思っているうちに新型コロナで行けなくなって、でも期限が9月末までなので急ぎ行ったのがここ。この日はすいてたけど、連休中は稼働率100%だったらしい。

食事は夜はフランスフルコース。

朝は選択できるのだけど、私は和定食を選んだ。
どちらもさすが高級ホテルだけあっていい素材を使った美味しいものだった。特に朝の和定食は柔らかさ、味付けともに感動した。

1つ残念だったのは、ホテルにではなく、私が枕が変わると寝られない質であること。白馬に行ったときでもなかなか寝付けないが、あそこでは山登りで疲れているからまだ寝てしまうのだけど、ここでは昼間全く疲れてないので貫徹に近い感じになってしまった。ホテルで寝られるようになるほど泊まりに行けるような身分になれればいいのに(^_^;)。

とはいえ、さすがは高級ホテル。良かった。もう二度と行けないかもしれないけど。
財政に余裕がある人にはおすすめ。連れて行ってもらえるとありがたいかと(^_^;)

間違い探しじゃないけれど2020年06月20日 17時57分22秒

今年はしまなみ海道もGWに新潟も行ってないのでネタがない。なのでなかなかここに書くネタもなくて更新が飛び飛びになるけどご容赦を。本当は大変なことがあるんだけど、ネタには出来ない話だっ理するので。一緒に苦難を乗り越えられる人がいればなあと思ったり、癒やしが欲しかったり。

・・・それはそうと・・・

これはうちの近所の神社の様子。上と下でわずかに違うんだけど、何処だかわからるかな?ヒントは、上が5/30、下が6/6。

答えはがらがら?の綱の有無。
5/30の段階では新型コロナウイルス対策で綱が外されていたが、6/6では元通りになっていた。
こんなところにも影響があったのね。
まあ、今はまだ綱を積極的に触らないほうが良いような気もするけど。

ウイルスは手で接触しただけでは伝染らないけど、その手で口や目を触ったりすると感染するから要注意だ。

御苑の藤2020年05月06日 06時59分07秒

京都御苑内では今、藤が咲いている。
御苑内の藤は1箇所だけに自生しており、しかも非常に高い場所なので、気がつく人は少ないと思う。地面を見て藤の花が落ちているのを見つけて初めて気がつくか。
でも今年は花が少ない、というか去年の半分くらいしか咲いてない。約50mくらいの範囲にあるのだが、その半分が花が咲いていないどころ葉もないようだった。枯れたのかも知れない。というか、例の台風21号の倒木が今年に入ってようやく切られたのだが、その時謝って根っこを切られたのかも知れない。残念。

御苑内ではツツジも満開、をもう過ぎている。
ツツジも非常に早かった気がする。

キク科だけど名前不明。いずれGoogleレンズで調べよう。

シロツメクサ。

カタバミ。

めぼしい花は終わったけど、御苑内は小さな花がいっぱいの季節。

でも今は遠くの人は来ちゃだめ。近所の人だけ。

京都桜2020(31)2020年04月29日 07時00分12秒

念の為書いておくと、私が御苑に行くのは軽く歩いて行ける場所だからであって、決して遠出しているわけではない。これを見たからと言って、遠くの人が来られないように。今年はエア花見で我慢して。

・・・

久しぶりに御苑内を散歩したのだけど、桜は集中している場所の他に、ぽつんと咲いている場所がある。これもその1本。
京都御所南側。ここにも大きな木があるのだけど、今年は見るの忘れてた。そのすぐ横に、八重がぽつんとある。

これは八重じゃなくて多重?

出水の小川の周りの八重ももう満開は過ぎている。でもまだきれい。
こんな時でも連れ立ってきている人がいる。

人が居ないのは、写真を撮るには良い。

所変わって御苑から烏丸通挟んである護王神社さん。境内は人もなくひっそりしてた。

ここも手水は杓持参で。

じゃなくて、「Get the water from the boar mouse directry.」・・・であってる?

巫女さん募集中だそうです。事実上4年制女子大学生の1(~2)回生の方限定のようだけど、興味のある方はどうぞ。

ということで、今度こそ今年の桜シリーズは終わり・・・かな?

京都桜2020(30)2020年04月28日 06時02分40秒

私の職場;実は今日28日で終了なのだけど、こんな状況なのに(社員は在宅勤務許すのに派遣は)普通に出てこいという鬼畜な会社なので、自己防衛のために週2日は事実上自腹切って休んでる。23~26日も4連休にしたのだけど、家の中にずっといると体が痛くなってくるので御苑を散歩した。すると桜がまだ咲いていたので終わったつもりのこのシリーズも再開。

中立休憩所は現在封鎖中。

前にあるテーブルも距離を稼ぐため半数が利用禁止。
これは日曜日だけど、平日朝は大体埋まっている。御苑内の平日朝の人出はそれほど変わってない。

宮内省事務所の八重はもう終わり。
八重は咲き始めが一番色が浅く、どんどん濃くなっていく。

雀のちょっと違った鳴き声が聞こえると思ったら、餌をやっているスズメの親子が居た。
可愛らしいんだけど、地面に居るというのは大丈夫なのだろうか。この子供、巣から落ちたのでは?雀の巣って、めったに見られないけど屋根の隙間とかにある。高い場所だから、飛べないと戻れない。心配だけど手は出せない。

近衛邸跡糸しだれの下は、今この黄色い花が一面咲いている。
周りでは体力持て余した子供が暴れまわっている。いや、本当に「暴れる」というのがふさわしい走り回りっぷり。わからんではないが、近寄るのはやめて。せっかく人とはできるだけすれ違わないようなコースどりしてるんだから。

御苑内にはところどころ、変種と思われる桜がある。これは迎賓館北で見つけた山桜系だと思う木。
2本並んでいるのだけど、今頃満開。

写真では見えないけど、大量のクマンバチが居た。
児童公園前にも1本遅咲きの木がある。そちらは1週間前に終わってた。でも普通山桜よりかはずっと遅い。
花は普通に見えるんだけど、なんか違うんだろうなぁ。

御苑の東北には鳥の水飲み場がある。そこは普段でもカメラ担いだ連中が集まる場所だが、今でも状況は変わってなかった。
年寄り多いし長居するしマスクしていないのも居るし、こんなところで集団罹患が起こるんじゃないかと心配。怖いから近づかないけど。こういう連中がいるから、ここにはライブカメラを設置して周囲は立入禁止にすれば良いんじゃないか、と思ったり。

E-San(イーサン)2020年04月25日 06時41分35秒

何度も書くけど、これは3月の話。桜ネタが連続したので出すのが遅くなっただけ。なので、現状各店舗が開いているか・同じような状態であるかどうかは不明。

2020/05/01追記:臨時休業中のようです。

・・・

近所に、何度も行こうとしているが見つけられないインドネシア料理の店があるのだが、また探してみることにした。赤田屋、ヌーラーニとカレー続きの翌日だけど、まあいいかなと。
ところがその店は見つけられなくて、代わりと言っては失礼だけど、同じような場所にあったこの店に入ってみた。ここも前から入ってみたかった店ではある。
「タイレストラン イーサン」。場所は烏丸今出川上がる西入ルすぐ。今出川通に面している。

ちょっとわかりにくいけど、この方がお出迎え。
先に書いておくとカードが使える。多分こういう店なので外人さんが多いからだろう。

ランチメニューは基本的には2種類しかないようだったけど、バイキングにした。
店は結構人が多かった。この日は同志社の卒業式らしかったけどその影響かもしれない。

で、バイキングだけど、正直種類はそう多くはない。ならば全種類制覇しかあるまい。

まずはこちら。
名称はわからないけど、右から半時計回りに卵焼きになんかソースを掛けたもの、バラ肉の炒めたもの、さつまいもとかぼちゃの蒸したもの、最後手前のはビーフンに近いような麺。

1枚のお皿に乗り切らなかったのもう1皿。
じゃがいものマヨネーズみたいなソースをいっぱいつけたもの、ゆで卵の薄切り、サラダ、鶏肉の蒸したもの。サラダのソースは何種類かあったようだけど、かけるの忘れたのでテーブルにあった調味料かけて食べた。

カレーは何種類かあるのでは?と予想してただけど1種類だけ。ココナツカレー。
ヌーラーニのココナツカレーは見た目真っ赤でそれらしくないけど味はまさにココナツカレーだったけど、こちらは見た目もそのまま。辛さは控えめ。筍と鶏肉が入っているのも正統派だ。お米はいわゆるタイ米系で長粒種。

これでバイキングのデザート以外全種類。

それと、テーブルサービスで2品出してくれる。1つ目はこれ。鶏肉を蒸したものに味噌に似た風味のソースを掛けてあるものとご飯。

それとスープ。

種類が少ないから、何度か取りに行くことになるかなと思ったらさにあらず。結構お腹にたまるものが多くて以上だけで十分だった。更に書いておくと、この後夕食;しかも19時回るまで一切食べ物を口にしないでもいいくらいにお腹が膨れたので腹持ちもいい。

今度はデザート。
同じく、バナナの餅なんとか、その上は、これはデザートではないけどさっき取り忘れてたフライドポテト、バナナの揚げたもの、1口ケーキはかぼちゃともう1つ何だっけ忘れた。

甘さは全て控えめ。日本の和菓子でも西洋のケーキとも違う独特なものだ。バナナの揚げたのが結構美味しかった。バナナ餅も「バナナとお餅?」と思ったど、以外に美味しい。バナナも餅もねっとりとした食感が似ているから相性がいいのかもしれない。

多分タピオカ+ココナツミルク。
甘いと思うでしょ。ところがどっこい薄塩味。これは意表を突かれた。

なんかの野菜+シロップ。
パプリカみたいでもあるし、アロエみたいでもある。寒天とは明らかに違う食感と味。お茶は何だっけ、ハーブ系のお茶だったと思うけど忘れた。あまり香りも味もしなかったけど。

最後、2種。
黄色いのは・・・忘れた。かぼちゃじゃないよ。黒いのは黒糖かと思ったら全然違った。コーヒーでもない。なんだろう、なんか変わった味。

バイキングの写真を撮るの忘れてたので個々の名称がわからないのが残念。メニューは毎日変わるらしい。

これで3日連続カレーを食べたわけだけど、日本・インド・タイとそれぞれに異なる味でなかなかに面白かった。カレーとはかくも幅広い適応性があるものなのかと。だからこそ日本にも定着できたんだろうね。

お昼にはこの他セットメニューもあるそうな。
いずれ試してみよう。

ということで、バイキングは1350円(税込み)であった。
結構お腹にたまるしお買い得じゃないかな。
禁煙。これ重要。

でも、昔府庁前にあったタイかインドネシアのバイキングの店に匹敵するところはないなぁ。安くて種類が豊富で本当に良かったのに。一昨年亡くなった友人ともよく行ったものだ。ないものねだりをしてはいけないけど、こういうところに来ると思いだしてしまう。

メニューを見ると昨日のインド料理店に匹敵する位単品の種類がありそう。また来ることになろう。

・・・で、探してたインドネシア料理店だけど、どうも遠くへ移転したみたい。同志社大学のSAPというグループが発行している冊子で見たのだけど、その冊子の内容が古いまま更新されてなくて、すでにない店、移転した店がそのまま載ってたりする。そもそも勧めている店に偏りがあるというか、新規に開拓しようとはしてないので行ってもがっかりというのがある。学生目線だとしてもちょっと内容がダメダメとしか言いようがない。もうあてにしない・・・ということもちゃんと書いておこう。

以上。

AKADAYA2020年04月24日 07時03分49秒

ということで、紹介が後先になったけど、旧「等持院」駅を観に行く前に寄ったカレー屋「AKADAYA」=「赤田屋」。
嵐電「西大路三条」駅下車北側すぐ。だけど、阪急西院駅から500m程なので、一駅乗るくらいなら歩いてもいいと思う。食事前の運動に。手前に川があるのでそれを渡るって入る。

基本は黒毛和牛すじカレーとハヤシライスしかない。それに色々トッピングを加える、という感じだ。
このメニューには書いてないけど、その他一品物が色々あった。私が行った日は牡蠣とか。で、私が頼んだのは右中央にある「チーズボルケーノカレー」というもの。

注文すると、まず自家製キャベツのピクルスが出てきた。
あぁ、これは美味しい。だいぶ食べた。

でカレー登場。
ぱっと見、御飯の量が少ない?と思ったけどさにあらず。かなり高く積んである上に、このカレーがもう濃厚。一体どれだけ使ってるねんというくらいにチーズが多い。最後の方はチーズが余ってくる。

この店に来るきっかけは「ハンケイ500m」という地元冊子の最新号に載っていたからなのだが、そこが等持院駅への道中だとわかって、それなら行かねばと思ったからである。そこには「甘くて辛い」カレーだと書いてあった。それに惹かれたのだが、口にしてまず第一声「辛い」。注文時に辛さを聞かれたがよくわからないので中くらいと言ったが、それでもかなり辛く感じる。一生懸命甘みを探したが、どうにも感じられない。だから、まずくはないんだけど印象は薄い。私はどちらかというと刺激的な部分より旨味を感じたい方だから。

さらに、チーズの量が多すぎる。チーズって結構胃に貯まるので、ここまで多いとそれだけでお腹が膨らんでしまい後半苦しくなった。美味しいチーズなんだけどなぁ。これなら、普通カレーにチーズトッピングしたほうが良いだろう。

ということで、正直この「チーズボルケーノカレー」はおすすめしない。新作らしいけど、長くはないかも。そういう意味では食べるなら今の内?

遠いのでそうしょっちゅうは行かないとは思うけど、いずれ普通のカレー+辛さも抑えて、もう一度味を確かめてみたい。

そうそう、閉店は21時と書いてあったけど、お客が少ないと早めに閉めることもあるみたい。私が行った日は私が出たのが20時半頃だったけどもう閉店になってた。

それと、嵐電で行くなら、行きは店の真ん前に止まる場所で降りられるけど、帰りは駅がちょっと離れてる。前の道を左方向へ直進して信号渡って向こう側に駅舎がある。店前の駅で待ってても一向に来ないので店に戻って聞いたらそうだった。

おまけ。
こちらは隣接する隣の店。というか川を渡るとまずこの店の前に行きその左が赤田屋。
このたこ焼き屋も美味しそうだった。カレーでお腹が一杯にならなかったらおみやげに買って帰ろうかなと思ったんだけど、あまりに一杯で諦めた。注文されてから焼き始めるので出来るまで10分ほどかかるそうだし。ここも次回にチャレンジ。

ヌーラーニ(NOORANI)2020年04月23日 07時26分00秒

まず最初に書いておくと、このネタを書いたのは3月。それから桜ネタが思いの外連続したので出すのが遅くなった。なので、今開店しているかどうかは不明。

・・・

「等持院・(以下略)」駅を見に行った帰りにお昼をどこで食べようか散策しているときに見つけたのがここ。インド料理店「ヌーラーニ」。

お昼の定食は色々とあるみたい。名前を見てもわからない物もあるけど、まあ食べ物には違いないのでとりあえずAターリーというものを頼んでみる。

まず出てきたのはスープ。エビのスープらしい。
インド料理だから全部辛いのかと思ったけど、これは甘め。海老の味は余りしないかな。

あとはワンプレートで出てくる。カレー2種、サラダ、カレー風味に煮込んだ手羽先、ナンそれとメキシコ料理のトルティーアに似たようなもの。それと上からは見えないけど、ナンの下にご飯も少しある。
カレー2種は上左右にある小さなカップに入っているもの。左が野菜カレー、右はココナツカレー。前日に「等持院駅」を見に行く前にもカレー屋に行ったと書いたけど、あちらは日本の「カレー」で、こちらはインドの「カリー」。似て非なるものな気がする。カレーは日本人の好みに合わせた立派な日本食になったのだ。書く上ではどちらも「カレー」と書いちゃってるけど。

とう言えばナンをこれだけたくさん食べるのは初めてかもしれない。
最初こんな量で足りるの?と思ったけど、十分。というかペース配分違えて最後カレーが足りなかった。
ナンって、それだけでも結構味があってかつちょっと甘いのね。

こんな感じで載せて食べる。

サラダはちょっと独特の味がする香草が入っていたような気がするんだけど、種類はわからない。なんかの豆みたいなのも入ってた。

手羽先はカレーで煮込んだものだと思う。カレーと書いたけど、風味であって、上のカレーとはだいぶ味は違う。辛いけど。
一応スプーンはあるけど、絶対にそれだけでは食べ切れない。どうしても手を使う場面が多いので手拭きは必須。不織布のおしぼりはあるけど。食べ終わったらもう真っ赤。

最後はチャイ。濃いミルクティーといえば大体あってる。ただ、ミルクティーはお茹でに出したあとミルクを入れるけど、チャイはいきなり牛乳で煮る。だから味の濃度が違う。
料理が辛いから、これを飲むとホッとする。

最初出てきたものを見たときワンプレートなので足りる?と思ったけど、なかなかどうして十分すぎる量があった。今の私の胃ではもうはちきれんばかりだった。

ランチメニューは
だけど、店内にあるメニュー「本」には本当に多数のメニューが書いてあった。またいずれ来て色々試してみた。ここは一人で来るより友人と違うのを色々頼むのが良さそう。

そうそう、持ち帰り可。ただし、容器代は別。
禁煙。すばらしい。

ヌーラーニ本店。京都市北区大将軍川端町21ルミエール白梅1F
075-464-0589
姉妹店もいろいろな場所にあるみたい。

かなりおすすめ。いい店見つけた。ちょっと遠いのでそうしょっちゅうは来られないけどね。

・・・ウイルス災禍が収まったらぜひ。

京都桜2020(29)2020年04月22日 06時23分30秒

堀川沿いでは桜だけじゃなくいろいろな雑草が花開いている。百花繚乱。
キュウリグサ。

小さな花が多いから気が付かない人も多いかも知れないけど。ナズナかな?
α6000は小さなものにピントが合いにくいのでボケているのが多いのはご容赦。

小さな花の名前はほとんどわからない。
Googleレンズによると「ハルジオン」。

Google レンズによるとアメリカフウロ。

アゲハチョウが居た。こんな早い時期にもいるんだ。
モンシロチョウも居たのだけど、カメラを向けると逃げるので撮影できなかった。素晴らしい察知力。

白っぽいたんぽぽ。

これは普通。

クサノオウ。

ツタバウンラン。

これはケシ。英語ではポピー。「車にポピー♪」って宣伝知っている人はかなりの歳よね。
栽培したらだめな花。実は種は薬物成分が殆どないので持っていてもいいし、七味唐辛子などにも入っているらしいけど、発芽したら違法なんだそうで。

トゲトゲの花。クスダマメツクサ。

仏の座って言うんだって、これ。たまたま読んだ冊子に書いてあった。

小さな花にも目を向けてね。

ということで、今年の桜シリーズは終わり。たぶん。

京都桜2020(28)2020年04月20日 06時33分09秒

ボンボンのような可愛い花。八重ではこれが一番好きかな。

堀川沿いには御衣黄が何本もあるけど、咲き具合はバラバラだった。
ここのは花が赤くなっているので咲いてからだいぶ経っている証拠。

奥に見えるのはホテルルビノ堀川。
京都のホテルは営業停止しているところが多いけど、ここは多分まだやっている、と思う。でも近日そうなるんじゃないかな。実は裏事情もある程度聞いたのだけど書けない。京都も結構大変な状況。

ここは濃紅が多い区間。
この先は例のシャボン玉男が居て進めなかった。二条城の前にも桜はあるはずなのだけど。

あそこにいるのは鴨の夫婦?
Wikipediaで調べるとマガモか。つがいでいることが多いような。おしどり夫婦とは言うけど、マガモも負けてないぜ、というところ。でも実際にはおしどりは毎年相手を変えるのだそうで。意外よね。

(C)おたくら編集局