松葉牡丹2017年08月11日 05時58分56秒

お土産を買いに近所の「虎屋」に行った。その筋では有名な老舗の和菓子屋さんである。

で、お土産はようかんを買ったのだけど、店頭にあった季節の和菓子がおいしそうだったので自分用に買うことにした。

店頭にあったのはお菓子が見える状態だったけど、買うとこのような箱に入れてくれた
わかるかなぁ、シールの一番端が折り返してあり、剥がしやすくなっている。こんな所にまで気を配っていると言うことにちょっと感動した。

中はこう。きっと2個買いだと左右に入るのだろう。

で、この和菓子の名前が「松葉牡丹」。
きんとん。

本物の松葉ボタンはこう↓
だから大分違う気がするのだけど、緑が葉っぱ、赤いの1つ1つが1つの花、ということかも知れない。

「和菓子は銘柄を聴き、目で鑑賞し、香りを楽しみ、楊枝で切り、味わう」という五感の総合芸術なのだそうだ。銘柄と目に関してはいたく同意。香りについては、これについて言えば、それほど感じなかった。そもそも私の鼻はそれほど効く方ではないのだけど、わずかに抹茶の香りがしたくらい。楊枝で切り、と言うのはその切る感覚を楽しめ、ということだろうけど、これは切っていると途中で何か突っかかる感じがあった。切ってみるとこうだった。
そう、中のあんこのさらにその中にもう1つ入っていたのだ。外側から抹茶きんとん、その内側に小豆と抹茶の混ぜた物、そのさらに奥に小豆だけで固めたようかんみたいな物が入っていたのだ。これが味の繊細な違いとともに、切る感覚の違いを演出していたのである。
「味わう」に関しては言うまでもないだろうけど、その3種の餡(かよ羊羹)とゼリー部の味の違い、餡は和山盆を使った涼しい、でもちょっと強い甘さ。これは抹茶が良くあうと思う。虎屋には喫茶コーナーもあるけど、そちらでならそういう出し方されるんじゃないかなぁ。

この「松葉牡丹」は8/1~15の限定発売。虎屋にはこのように期間限定のお菓子が時々出るので、時折行ってみると良いかも。基本的に1期間2種類出すそうな。

ということで、久々に豪華な気分に浸ったのであった。値段は450円(税別)。1個でこんなにするお菓子食べるのは数年に一度しかないから、私にとっては極めて重大なごちそう。

合掌。

夏のとんぼ池公開(4;最終回)2017年08月10日 00時13分27秒

最後に花の話を少し。
今回のとんぼ池では先に紹介の蓮の他、この花が咲いていた。
何だろう。名前聞くの忘れた。ネムノキはもう花がほとんど残ってなくて写真もなし。

こちらはとんぼ池出てすぐの所にあるサルスベリ。
サルスベリは青い空が似合う。
この写真撮るのにちょっと時間がかかった。この前でずっと陣取っているおっさんがいて。写真写すときは他の人が居ないか、居るならいったんは譲ってとか考えなければならない。

九条邸跡池から拾翠亭を望む。
ここにもサルスベリがある。

端を挟んで反対側では池に張り出したサルスベリがあって、その先の石の上にアオサギが居た。

幼鳥のような感じ。初めて見るかな。

足下には鳩が近づいてきて餌をねだっているようだったのだけど、何も持って無くて。御苑の鳩は人なつっこいし、人は餌をくれるもんだと思い込んでいる節がある。別に良いけど。

こちらは御苑一番南の西寄りにある宗像神社の前でありかつ閑院宮邸跡の前にあるサルスベリ。これもでかいね。
御苑内は今はサルスベリが綺麗な季節。他の花はあまりないけどね。


というところで、今回のとんぼ池の話はおしまい。
それで、明日(または明後日)以降しばらく更新出来ないかもです。10日間ほど。

夏のとんぼ池公開(3)2017年08月09日 06時01分10秒

今回の公開では、キノコの解説もあった。
「キノコは自然の還元者」。生産者である植物、消費者である動物、動物と植物の間を取り持つのがキノコなどの菌類の役目である。それが重要。命の循環。

で、いろいろと聞いたのだけど、大きなキノコはこれ。
聞くと誰でも知ってそうな有名な物なんだけど、あえて名前は書かない。事情は察するべし。

キノコは、実はこの見えている部分は植物で言うところの「花」で、本体は菌糸で土台となる木の中に根のように糸を張っている。また、傘の上の方はカバーであって、重要なのは傘の下側。ここに法師を出す部分=生殖器がある。
ちなみにキノコは生える木の種類が決まっているのだそうな。だから、似ていても針葉樹か広葉樹かどちらに生えているかで種類が変わる。逆に言えば、キノコが同定出来れば、いくら腐ってボロボロでも、その木がどちらかであるかがわかる。
このキノコは広葉樹にだけ生えるのだろうで、針葉樹に生えるよく似たキノコがあるどうだが、それは日本だけにしかないそうな。これは中国にもある。

さらに、最近のキノコの同定はもう遺伝子レベルで行うのだそうで、ぱっと見で判断はしないのだそうな。これとか松茸・椎茸のようなよほど有名どころ以外は。だから現場で言うのは「こういう属の一種」という感じになるらしい。

縁起が良いキノコだそうで、床の間や玄関に飾ったりすることがあるそうな。そういえば見たことあるなぁ。
触って、願い事しておきました。「(秘密)」。

夏のとんぼ池公開(1)2017年08月07日 06時48分00秒

今年も真夏のとんぼ池の公開があった。以前は複数日あったのに今年は1日、しかも2時間半だけだったので、忘れずに行った。

そんな日程だったからか、今年は人が本当に多かった。
開園してすぐに行ったはずなんだけどなぁ。

蓮が咲いてた。
睡蓮は植物園などでも咲いているのを見るけど、蓮は久しぶりかも。

蓮の葉には細かい毛があって、水をはじいて球状になる。これが面白く綺麗。

とある草の茎を見ると、ハゴロモがたくさん。
昔は新潟でもよく見かけたんだけど、最近は見てなかった。久しぶり。蝉の仲間だから、茎から水分というか養分を吸ってる。枯れはしないけど、害虫になるのかな?それとも「影響なし虫」?

シオカラトンボ。御苑内でも見かけるようになった。折しも今日(8/7)は立秋だから、盛夏な中にも秋の気配があるのかも知れない。

物差しとんぼ。今回は前回に比べれば少なかったかな。
蓮はともかく、このあたりまではいつも通り。でもこの先が大きく違った。

祇園祭後祭宵山2017(6;最終回)2017年08月05日 15時31分29秒

橋弁慶山。最初の内地図を持たずに歩いてたので見逃していて、戻ってきた。

ここは2階でご神体を展示している。
その名の通り、五条大橋での義経と弁慶の出会いを模している。

1階では飾りの展示。五条大橋。

町内には提灯を飾っている家もあって、ちょっと離れた場所から見ると良い雰囲気を醸し出している。

最後は一番北の鈴鹿山。後祭で烏丸通にあるのはこれだけ。

鈴鹿山では道路に面した場所に席を作って子供達が売り子をしている。
マイクが入ってて拡声器で音を出しているので何か音が二重になって変。ちなみに右手に見えるのは新しくなったNHK京都。

ということで、後祭の宵山であった。
今年はあんまり良い写真が撮れなかったような。いやそもそも写真下手なんだけどね。

次のネタは新潟と白馬で。

祇園祭後祭宵山2017(5)2017年08月04日 00時00分00秒

八幡山のある町中では屏風祭りが盛んである。少なくとも後祭中では一番。

これは源平合戦の鵯越の坂落としをモチーフにした物。

これが光琳百花図屏風というもので、尾形光琳が描いた物・・・ではなくて、尾形光琳の病父絵を円山応挙が写した物らしい。
なんとなく、京都迎賓館は藤の間にあるにある壁画に似てる。本当は逆だけど。

これは明治以降の物らしく印刷物らしいけど、現代の印刷とは違って浮世絵の彫摺の技術が残る木版画で趣がある。

家にも明治時代に印刷された明治大帝史とか言う本があるけど、当時の印刷は実はかなりきれいだったりする。カラーも居間に置いても色あせず実に鮮やか。いずれここにアップしても良いかな。ちょっとだけ。

八幡山。左甚五郎作と伝わる二羽の鳩が目印。
私は時々、ここで鳩の置物というか笛?を買う。今年も。で、今年は中での撮影が出来なかった。人が多すぎて奥まで入れなかったのだ。残念。昔の風情を残しているのは先の役行者山とここくらいかも。

さらに別の屏風。

現代において、これだけの屏風を飾るのは、このときだけなのかもしれない。それでも年に1度陰干しすれば長持ちするだろうね。

最後は書の屏風。明治30年と書いてある。
文章の意味も書いてあったんだけど写し忘れた。幸せな国のあり方についてだったかな。「主、聖にして天下、?、臣下が国のために?なら福である。夫が妻を信じるなら福である。」後見えないけど、妻が夫をなんとかかんとかというのもあった。まあ、そういうこと。「聖」(ひじり)な政治家なんて見たことないけどね。

祇園祭後祭宵山2017(4)2017年08月02日 00時17分24秒

さてここで、後祭の山の配置図を。
このように、ほとんどが烏丸御池から姉小路までの烏丸通より西に存在する。大船鉾だけが四条通より南にある。
エコ屋台村の位置があそこで、そこを出て今南から北へ新町通を上がりながら南観音山、そして今北観音山に向かっている。

そこからさらに八幡山までの間は屏風祭りが盛んである。これはとあるお屋敷の展示。屏風もすごいし、長刀鉾の模型もすごいし、それ以上にこの座敷の広さがすごい。

これはまた別の家。着物と屏風。
ここも広いねぇ。

そして北観音山。
ここも鉾に似た形状で、2階で祇園囃子の演奏をやっていた。

この頃から雨が降ってきてちょっと撮影が大変だった。
本降りになったり、長く続いたりはしなかった。折りたたみ傘を持って行ってたので難は無かったけど。

この北観音山と南観音山は同じ祭神を仰ぐ兄弟山で、その昔(昭和とかという話じゃなくて、江戸より前)は毎年交互に巡行に参加していたそうな。今でも屋根の真ん中に見える真松を2本手配し、くじ引きかなんかで良い方をどちらかが取るんだそうな。

そういえば、もう見返りがきちんと飾られているなぁ。宵山では飾ってないところも多いのだけどね。

祇園祭後祭宵山2017(3)2017年07月31日 06時10分58秒

さて夕食。
エコ屋台村と言うところで食べる。
元小学校かな。京都市内の小学校は統廃合が進んでいて、古い小学校は軒並み廃校になっている。で、その跡地はいろいろと再利用されている。ここもその1つ。

エコ屋台村というのは、ここに出ている屋台では、共通でリサイクルできる食器を使っている、ということ。でもここの特徴はそれだけじゃなくて、京都市内の食材を使った料理が出る、ということ。
19:30。

まず食べたのはこれ。
なんとか鱧バーガー。名前撮影するの忘れてた。500円。意外にあっさりで、サクサクでおいしかった。

これだけではちょっと足りないのでもう1つ食べることにした。選んだのはこれ。ローストビーフ丼。ソースは2種類あってあっさり和風とこってりで、後者には酒粕を使っている。頼んだのはそれ。
500円。
酒粕というからもっと甘いとか酒っぽいとか思ったけど、そういう感じはない。ほかでは食べたことのない、いい感じのソース。

食べ終わって宵山歩き再開。20時。
南観音山。
南観音山は鉾並みの大きさと形状を持つ。上の座敷?では祇園囃子が演奏されている。

町内で展示されていた前掛け。何でも修繕作業のために寄付を募っているよう。動く美術館は維持も大変。

前に船屋台があって、ここでいろいろ売っている。

とあるお店にあった山鉾の模型。
ちなみに売り物。
全部あるとすれば33種類。でもここには23種類しかない(一番手前は神輿)ので、前祭分だけ?鉾は3万円ちょっと、山は2万円とすると全部そろえると50万円くらいかかるのか。金額もそうだけど、置き場所がないなぁ。

祇園祭後祭宵山2017(2)2017年07月30日 19時11分00秒

忙しかったり、体がだるかったりでなかなか更新できない。あしからず。夏バテ?

・・・

これは毎年ある幟。
279匹の鯉が描かれているそうで。

その前にあるのは鯉山、ではなく黒主山。

今年は写真写してないけど、黒主山はご神体は飾りの説明が特徴的なので聞くとよろしい。

浄妙山。
マンションの1階が展示場所になっている。最近は山鉾町にもマンションが増えており、その際にこういうところを作っている場所があるみたい。時代よのう。


浄妙山には屋根があるのか・・・と思ってたけど、巡行時にはない。
これは去年の巡行時の様子。ということは、この屋根を見られるのは宵山だけか。

鯉山。

ここはとても人気がある山で、左手に見えるうだつのところから中に入ると展示や売り子ちゃんたちがいるのだけど、並ばないと入れない。
「登竜門」が縁起なので立身出世の御利益があるので人気があるのだろうけど、それほど出生したい人が多いと言うことか。私には理解できないけどね。

こちらは屏風祭り。
近くの老舗やお金持ちが手持ちの屏風や宝を展示することをこう呼ぶ。うちにも見せられるような宝があればいいのにねぇ。フィギアの展示ならできる?ポーズとかうまくつけられないから単に置いているだけになっちゃうか。

祇園祭後祭宵山2017(1)2017年07月27日 23時32分18秒

祇園祭は後祭り巡行も24日に終わってしまったけど、21~23日が宵山だった。そして22日に見に行った。

祇園祭の宵山を回るならやっぱり後祭の方が良いと思う。後祭の山鉾が御池通に近い場所に多く家から近いというのもあるが、人が少ないのでゆっくり見て回れると言うというのが一番の所だ。

これは一番北にある役行者山。多分地図上一番北なのは鈴鹿山な気もするけど、家から一番行きやすいのがここ。
もう19時前だけどまだこれだけの明るさがある。宵山はやはりくらくなってからが風情が出るので、ちょっと早かったかも。


後祭りが人が少ないといっても、鯉山とか人気のある山では飾りの展示してあるところまで(並ばないと)入れないところもある。その点この役行者山は捨て居るのですんなり見られるし、であっても祇園祭の雰囲気はしっかりあるしでおすすめ。

子供達が、ちゃんと童歌を歌ってちまきなどを売っている山も実は減ってきている。ここはそれもちゃんとやっている。そういう意味でもここは勧められる。
ちなみにここは「♪安産と厄除けのお守りはこれより出ます」なので、厄除けは全ての山共通なので、安産が特徴的といえる。男性でも「案ずるより産むが易し」のことはあると思うので、そういうことに効く、と解釈している。

徐々に空も暗くなって雰囲気が増してきた。

こちらは鷹山。

100年以上前に山を焼失(壊れた?)してから、再建されておらず、現在はご神体だけを展示する「居祭」という形態を取っている。
しかし数年前から祇園囃子演奏を始め、今年は京都市歴史博物館でもこのご神体が展示され、京都市内では認知が上がってきている。今は寄付も募っているので、数年から10年のうちには山も復興するのではなかろうか。見てみたい。
そういえば、去年はご神体の展示してなかったような。気が付かなかっただけ?

ちなみに、第二次世界大戦後でも山鉾の復活はそこそこある。4年ほど前の大船鉾は記憶に新しいが、菊水鉾、蟷螂山、四条傘鉾などもそれほど古くない復活組である。


(C)おたくら編集局