2020新潟・白馬(3)2021年01月19日 08時08分08秒

・・・9/30・・・

ということで、いろいろあったけど出発当日。

朝食は電車の中で食べるのでヨーグルトのみ。
6:20過ぎタクシーが来たので出発。晴。絶好のお出かけ日より。

6時半過ぎには駅到着。ここまで1860円もかかった。予約料があるとはいえなんか高くないかい?最近、タクシーの初乗りは下がったけど、ある程度乗ったときの料金はむしろ上がったような。

京都駅前に羅城門の模型がある。
こういうことらしい。
2016年からあるらしいけど、あったっけ?全然気がつかなかった。

日のあるうちに京都タワー見るのも久しぶり。
青空に映えて美しい。

乗るのはサンダーバード1号。それが来る京都駅0号線は特急がよく来るホームだ。このときもこの車両が止まっていた。
智頭急行の「スーパーはくと」だ。京都発鳥取行き。親戚が鳥取にいるうちに行っておきたかったなぁ。今は大阪帰って来てるけどね。

これが乗るサンダーバード1号。6:59。
サンダーバード1号は敦賀・福井・金沢しか止まらない最速列車だ。京都から2時間14分。

お弁当で朝食。実は7月の新潟行きの時に作ったおにぎりを冷凍してあったもの。水分が抜けてちょっとパサついてるけど食べられにことはない。でもおかずも含めて2個だけしか食べられなかった。残り3個はお昼で。

カートの荷物がものすごく重いので要注意。PCの他、自転車バッテリー、ドローン一式も入っている。配送ではバッテリーは送ってくれないから、自分で持っていくしかない。バッテリーの小型軽量化の課題は世の中の喫緊の課題である。全個体電池とかいろいろな候補があるみたいだけど、一般市場に出回るまでにはまだ時間がかかりそう。隣の席が100%空いていると分かっているなら座席前に置くんだけど。無理して網棚に置くのは非常に辛い。

GPSが京都駅を出て警告音が鳴る。なんと電池がないと。おかしいなぁ、満充電のエネループ入れたはずなんだが。予備はあるので入れ替えたが、高速移動中は衛星を掴みにくい。結局掴めないと出てしまった。でも、一旦電源切って再起動したらあっさり繋がった。しかし一部区間は抜けた。こういうことがあるので重要な経路ではGPSの多重携行が必須。今回も3台稼働しているので補完可能。

琵琶湖は広い。敦賀までで1時間もかかる。湖西線上でサンダーバードは130キロ近いスピードを出す。この路線は直線の多い全線高架の高規格路線だから160キロ走行もできるんじゃないかと思うのだけど、どうだろう。車両の速度をはじめ各種走行試験にも使われるところだし。

列車内は空いている。また、座られている所も間が空くようになっているようだ。今までの予約では他の席が空いているにもかかわらず同じ降車の人間を隣同士に座らせていると思われたので、変更したのだろう。コロナ問題が収束してもこのままにしてほしい。清掃とか座席チェックの面ではまとめた方が効率的なんだろうけど。

特急電車の中でマスクをしておくべきかどうかは考えどころ。人の座っている距離は離れているし換気はされている。だから不要だとは思うけど、マナーかな。

座席配列は山:AB CD:琵琶湖である。朝早くは朝日が眩しいので山側が正解。私はD。GPSのため窓側は必須。

敦賀駅。8時ちょうど。駅は新幹線に合わせて建て直しされるようだ。奥にその駅舎が見える。
新幹線は2022年開業だっけ?(この後延期が決定されたようだけど)。

福井。8時半。
福井駅は既に新しくなっている。新幹線の工事はかなり進んでいるがまだ高架の一部が切れている部分がある。多分道路と交差する部分。現地施工ではなくプレハブではめ込むのだろうか。

福井で数名乗ってきた。多分一群。
福井から先結構揺れる。それでも130キロ出ている時もある。GPSは速度計にもなる。

金沢9:13。

サンダーバードのロゴ。
ブレインズファミリーではないのだ・・・とか言っても、もうわかる人は少ないのかも。サンダーバード号デビュー当時のCMね。

隣には普通車両が止まっている。そう、新幹線は隣ではないのだ。

新幹線に乗り換えるには、いったん下のフロアに降りてまた上る必要がある。
将来的にここでの特急からの乗り継ぎはほぼなくなるとはいえ、この面倒さななんとかした方が良いと思う。特に今日みたいに荷物が重い日にはそう思う。

ここから先は北陸新幹線。
9:21発、各駅停車のはくたか号で。

人はサンダーバードよりかは多い。しかも隣は座らないけど前後は詰めている。座席の幅はサンダーバードと同じ。でもまあ一列5席だけど。揺れは少ないけどないわけじゃない。最高速度は260キロ。

新幹線は海:ABC DE:山。乗るなら景色的には海側だけど、乗り降りはDEの方が楽という罠。ただ、ここはトンネルと目隠しが多いので景色はあまり見えない。まして山側は日差しが入るので余計。私はGPSのためE。

荷物はもう隣の席に置いてた。この人数なら隣の席が埋まることはないだろうし。
あっ、カートは未使用のものだからね。タイヤもきれい。

北陸新幹線は駅間が短い。なので上越妙高までもあっという間に着く気がする。
約1時間;10:24に上越妙高駅に到着。
ここからは在来線・・・じゃなくてえちごトキめき鉄道に乗り換える。

2020新潟・白馬(2)2021年01月18日 07時29分56秒

さて、新潟での交通手段をどうするか。置きっぱなしに出来る物だ。

ここでの候補は2つ。最初に考えたのはバイク。しかも電動。なぜガソリンバイクではないかというと、ガソリンスタンドがあまりないから。電動なら家でも充電できる。

しかし、新潟で電動バイクを売っている店が見つからない。普通バイクならガソリンスタンドででも少しはメンテしてくれるだろうが、電動はそうはいかないから、ちゃんと扱える店がなければならない。京都で買って持っていくというわけにはいかないのだ。
そもそも電動バイクによさげの物がない。日本は車の電動化は進んでいるけど、バイクは大手メーカーが一般向けにはまだやってないということもあって新興メーカーのしかないし、やはりそう言うのは不安がある。

電動バイクで決めきれないもう1つの原因は航続距離が短いこと。駅前まで出ると片道20キロ、往復40キロは見とかないとだめだし、寺泊に行くとなるとさらに必要。充電は夜間しか出ないだろうから1日1回の充電で余裕を見て80キロは走ってくれないとだめ。カタログスペックではなく実質で。が、これを満たす電動バイクはない。

となると、ちょいと体力はいるが自転車しかない。新潟は海沿いで平地が多いが、それでも駅前に行くにも西山ナルスに行くにも峠越えが必要。となると電動アシスト一択。電動アシストも連続走行距離の問題はあるが、電池が切れたら自分で漕げば良い。

今持っている電動自転車を持って行くという手もあるが京都でもたまに使うし、そもそもママチャリでは長距離走行はかなりしんどい。電動アシストが切れる速度(時速24キロ)になると途端に重くなるからだ。となると、新規にスポーツ型の電動アシスト車を買うしかないか。

無職の折、10万を超える出費は痛いが、Amazonとかにある安い中国品は品質的に怖いので国産品で、予算は15万として探す。いろいろ調べた結果、Panasonicのジェッターというのが最終候補になった。自転車屋にも行って、新潟に送れるかも聞いて、もうほとんどそこで買うことを決めていたのだが、現物がないというのでいったん引き上げた。
ところが別の日、病院に行ったらなんと隣が自転車屋で入ってみると、ブリジストンのTB1eという車種が展示してあった。走行距離がなんと100キロを超える。しかも値段は12万円だ。これは良い。早速聞いてみると、展示している現物しかないという。屋内での展示品なので汚れてないし、良いかと思って「ほぼ」決定する。

「ほぼ」と書いたのは、どうやって新潟に輸送するかが決まってないからだ。実は、前回書いた自分と荷物の移動手段の決定より先にこの自転車の件があったので、この時点ではまだレンタカーで行く可能性があった。大きな車は高いので軽自動車を借りたいが、軽自動車に自転車が乗るかどうか。自動車会社の友人にも聞くと、レンタカーにもあるダイハツのタントなら入るらしい。ならばそれで行こうと思ったが、回送料金が非常に高いことがわかってご破算になったのは先に書いたとおりである。

この自転車屋は全国チェーンなので、新潟の店に同車種の在庫があればそこで買えるのではと思ったが、ないらしい。というよりも、新潟では電動自転車の扱いが多くないみたい。やはりかの県は自動車がないと生活しにくいところだからか。このことは実際に走ってみて実感するのだけど、それもまた後の話。
ならば、この店で買って、店の力で新潟まで送ってもらおうかと持ったが、そういうことはしてないらしい。ジェッターを買おうとしてた店では送ってくれると言ったんだけどなぁ。

ということで、結局自転車はTB1eをここで買って、自分で、先のヤマトのらくらく家財宅急便で送る、ということにした。自転車の配送料はさらに高いのだが、まあ仕方ない。

店から直接送ることは出来ないので、いったん家まで乗って帰る。TB1eは他の電動アシストとは異なり前輪駆動だ。メーカーはそれを、「前輪は電動、後輪は人力駆動の両輪駆動」と書いている。確かに間違いじゃないけど、ちょっと違うんじゃない?という気がしたが、別にそれで楽さが増すわけじゃないし。問題はそれではなく、前輪駆動特有の癖があるというのでそれに慣れるかどうかだ。が、乗ってみると、そんな癖は京都で走る限りではほとんど感じなかった。この癖に関しては実は新潟で散々乗って後々わかってくることになる。その話は、TB1eの紹介の時に書こう。

TB1eはベースとなった同社のクロスバイクTB1の前輪を電動に換えた物だが(それだけではないけど)、元がクロスバイクだけに、電動でないときの走りもそこそこ期待できよう。アシストが切れる速度以上になったときや、万が一電池が切れたとき。

今度は白馬。泊まるのはいつものプチホテル志鷹さんで決定だが、宿泊は10月入ってからなので、第2弾のGoToトラベルが使えるはずだ。で、聞いてみたら、「手続きしているけど今の段階ではうちからGoToトラベル対応できないので楽天トラベル経由で予約してほしい」という返答だったのでそうした。この場合、予約時点で楽天トラベルがGoTo分の割引を入れてくれる。結構大きな額で助かる。なんか現地で使える割引券もくれるらしいが、それはホテルに着いてみなければわからない(予約を入れたのは9月中なので)。

荷物を送る手段、向こうでの交通手段を決めた。車を使わないなら休日に出発する必要も無い(高速道路にはETC休日割引がある)ので、平日出発もありだ。というかその方がすいているだろう。これで日程を再調整した結果が最初に書いた日取りとなった。これで行き帰りは鉄道で確定なので切符を手配。

しかし、白馬に行くとなると、糸魚川から白馬の間は別の交通手段が必要となる。白馬までなら大糸線列車もありだが、ホテルから山の麓までは車が必要だ。ならばレンタカー一択である。

このレンタカーの借り方も一苦労あった。借りるのは糸魚川駅で、となると駅レンタカーか、オリックスレンタカーも近所にあるらしい。しかし、駅レンタカーは空車がないようなのでオリックスで決定。実は私はオリックスの株主なので株主優待で10%引きで借りようかと思っていたのだが(というか、借りられることを電話して確認した)、これも楽天トラベル経由で借りるとさらに安くなることがわかったのでそちらで借りた。

実家からは大型荷物は家財宅急便で送り普通荷物は普通宅急便、京都からは自転車を家財宅急便で、またこちらからも普通宅急便で荷物を送って、すべてが私が新潟に着く日もしくはその翌日に到着するように手配した。面倒だったけど、こういうのは今回だけだからしかたない。

ということで、2回に分けて文章だけで書くほどいろいろ事前準備があったのだけど、ようやく行く当日がやってきた。

2020新潟・白馬(1)2021年01月17日 09時30分00秒

さて、7/25に新潟から帰ってきたわけだが、まだ蔵の中の整理は終わってない。写真でいえば乾板は置いたままだ。逆に、ちょうどこのころから実家の整理も始めていて、そこで使っていた物の一部を新潟で使いたい(京都では使い道はないが、新潟では使えるものがたくさんある)。ということで、9/30からまた2週間近く新潟に行くことにした。

実はこの日取り決定には非常に苦労した。まず8月のお盆は人が多いだろうし、そもそも今年は町内会長なので町内の一大イベントである地蔵盆の段取りがあるため京都にいなければならない。実際にはCOVID-19のために地蔵盆は簡略化し、夜の懇親会は中止にしたのだが、それでも事前準備はいろいろある。
9月の中旬から下順は国勢調査の準備から用紙配布という役目もあった。5年に1度のことだが、町長は調査員の役も担う。幸いなことに今年はCOVID-19こともあって調査用紙の回収作業はない。すべて郵送かインターネット回答だ。しかし、事前準備があるし備品の返却日までには帰ってこなくてはいけない(このあたりのことは臨時公務員扱いで守秘義務があるので書けない)。

さらに、どうせ行くなら白馬も行きたい。白馬なら9月末でも紅葉しているはずなので、一足先に紅葉狩りも出来よう。プチホテル志鷹さんにもそのあたり問い合わせて聞いたりもした。

そういったもろもろの事情を鑑みた結果、9/30~10/15で新潟と白馬に行くことにした。前後の予定から見て、かなりピンポイントの設定であった。

次の問題は交通手段をどうするか。
前のシリーズでも書いたとおり、自家用車は新潟から帰ってすぐ売ってしまった。ならばこの期間レンタカーを借りるかであるが、さすがに2週間借りっぱなしにするとかなりの高額になる。軽でも10万は超える。ならば行って乗捨て、帰りにまた借りるというのはどうかと思ったが、実はこの場合回送料金が非常に高くつく。新潟は遠いのだ。片道だけで7万とかかかるので借りっぱなしより高くなる。で、結局どうしたかというと、向こうでの交通手段を別途用意し、行き帰りは電車ということにした。この交通手段については後述。

さらに問題がある。今回は実家の荷物;特に冷蔵庫とか55型TVとか大型物を送る必要がある。普通の段ボールに入る物は普通の宅急便送ることが出来るが、これらは宅配便では送れない。ならば引っ越し便を使おうかと思って見積もりをとったが、HPでの仮見積もりでは3.5万円くらいなのに、実際に電話がかかってきて送る物と場所を言ったら7万から一番高いところでは14万もかかり、しかも日程が限られるという。これではだめだ。ならば、行きだけでもバンみたいな車を借りて乗捨てるのはやむを得ないか?でも冷蔵庫や大型TVを腰の弱い自分で持ち運ぶのは無理だから人足を考えると、実家・新潟双方で最低2万はかかるだろう。う~ん、どうしよう。

先に引っ越し屋について今回学んだ教訓を書いておくと、こうである。
・インターネット見積もりは嘘っぱちなので(「価格何円~」の「~」が曲者)、絶対にそこから契約しない(必ず電話で見積取り直す)
・(大きさは関係なく)少数荷物移動では引越便はどうやっても個別配送より安くならない。
引越便の長距離では翌日配送は無理。他の引越しと合せ技するときは日にちも限定される(というか合せ技したがる)。
・比較サイトに登録すると、しばらく電話ラッシュになるので注意。あれこれ有料・抱き合わせ無料サービスも言ってくるので不要ならちゃんと断ろう。

悩みに悩んでいると、ヤマトに「らくらく家財宅急便」というのがあるのを知った。正確には宅急便のヤマトの子会社なのだが(だからヤマトのカードでの支払いは出来ない)、荷物1つ1つでの支払いになるが合計でも料金も比較的安し、日にちも自由だ。家まで取りに来てくれるし、向こうでも設置まではしてくれる。ということで、荷物はこれで送ることに決定。まあ、これについては後で事件が起こるのだが、それについてはまた後で。

今後基本は車なし移動になると思うので、今回送る荷物は基本的には新潟に置きっぱなしにすることになる。もう今までのような車に頼った大型物毎回移動は出来ない。往復するものは鞄に入れて移動する。多少重くても。その経験が今後のための目安になる。

なんかえらく長くなったので、もう1回文章だけの回が続く。

謹賀新年2021年01月03日 09時57分45秒

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

元旦はまずは護王神社さんへお詣りに行った。猪で有名な所。

そしたらちょうど猪がお詣りしてた。
去年は豚インフルエンザ拡大防止のために来なかったけど、今年は来た。この子たちは小さい頃から見ているが、大きくそして賢くなったもんだ。

次に下鴨神社さんへ。
今年は出店が全く出てなかった。人出はやはり少なめ。

例年ある甘酒の提供もなかった。残念だけど仕方ないか。代わりに朱印の記帳場が出てた。

水占いのある社の方に行ったら、水桶の中の水が凍ってた。
京都は朝から冷え込んでたからなぁ。

境内にある休憩所;申屋でお雑煮をいただこうかと思ったが、10時からでまだ時間があるので先に上賀茂神社さんへ。
ここはそこそこ人出があった。

本殿前に飾られている縁起物の宝船。
1年間飾られる。

ここでは例年通り厄除け大根と
みたらし団子
の提供があったが、どちらも持ち帰り専用になっていた。それはいいんだけど、この気温だと家に帰るまでに冷えるので、温め直してもおいしいかなぁとは、少し心配になった。

上賀茂神社さんの前は11月に行ったときと大分様子が変わっていた。加茂川にかかる橋の右手たもとにあった土産物屋?がなくなって道路が拡張工事していたし、焼き餅屋の前には新しい鳥居が出来ていた。
年末に渡り初めがあった、とニュースに出ていたのはこれか。

下鴨神社さんに戻って申屋でお雑煮をいただく。
京都の伝統的なお雑煮で、白味噌に丸餅1つだけというシンプルな物。でもおいしい。正月限定。

最後に出町商店街を通って帰ったけど、元旦はお店がほとんど休みで人もまばらだった。
だからこういう撮影が出来た。

家に帰ってから、昼食にさっきの厄除け大根とみたらし団子をいただいた。
どちらもレンジで温めたらおいしくいただけた。みたらし団子のケースは溶けちゃったけどね。

そんな元旦だった。

2020京都の紅葉履歴(14)2020年12月25日 08時08分24秒

今度は日付戻って12月12日。

12月に入っても御苑内の紅葉はまだそこそこ残ってた。特に南側。

日当たりさえよければ、11月中よりきれいに見える。

散った落ち葉も美しい。

大文字周りも色づいてる。この日は曇りだったので色がよく見えないけど。

最初の方で紹介した御苑北西門の大銀杏周り、銀杏は大分散ったけど楓はまだきれい。
もう1週間いけるかな・・・と書いてたのだけど、その後見に行けなかったので未確認。

2020京都の紅葉履歴(13)2020年12月22日 07時14分47秒

その他の紅葉。

御苑内の楓はいろんな場所にあるので、歩き回って見ると良い。
御苑は外周4キロあるので歩くと時間がかかる。貸し自転車で回るのがよいかと。近所のホテルで貸しているところもある。

南の端中央くらいにある大きな楓。この木も毎年きれいに色づく。

その分人がよく居るので人の姿を入れずに写すのは難しい。三脚立てて居座る連中も多いので。ここも三脚禁止にしてほしい。

九条池の紅葉。架かる橋の上、南向いて左手が見所。

閑院宮邸跡。
ここにも楓があるし、ツタもあるし、この屋敷横の大きな木も黄色くなる。屋敷裏手の楓はもう枯れてた一方、この写真の右手の楓はまだ青かった。それが赤くなるとケヤキの床に映ってきれいに写せるんだけど、今年は写せなかった。

閑院宮邸跡の前にある宗像神社の前には猫がいつも居る。

あぁ。猫飼いたい。会話するため猫の鳴き声の練習してる。にゃ~。

前に紹介の銀杏並木。
前の6日前だけど、まだちょっと青さが残ってる。ベストな見頃を見極めるのは難しい。色づきと葉の量と。

ということで、紅葉の履歴を遡ってみるのはおしまい。今度は12月に入ってからの様子へ。

2020京都の紅葉履歴(12)2020年12月21日 07時17分39秒

さらに遡って11月13日。

御苑の紅葉。これは中立売休憩所前の1本。毎年この木の色づきを紅葉の時期の判定に見ている。
今年は無職で家に引きこもっていたので変化に気がつくのが遅れたけど。

紅葉は葉の裏側から、通した光を見るのが美しい、と言われる。
表から見るよりきれいだけど、透過光が本当にきれいに見える木は少ない。

ツタの葉も赤くなる。御苑内にも何カ所か見える場所があるけど、多くは高い場所なので、人目によく見える場所は少ない、かも。

御苑西北門外にある大銀杏とその手前の数本は毎年彩りがきれい。赤と茶色と黄色。

御苑、一番北中央にある祐の井の所の大銀杏。もう黄色くなってた。

ところが、その真横の大銀杏はまだ青い。
ほぼ隣通しで日当たりもそんなに違わないのにこの差はどこから来るのだろうねぇ。

2020京都の紅葉履歴(10)2020年12月18日 07時04分54秒

本殿横から。
この角度から撮るなら本当は朝早くの方が良い。ここは1日中、日差しの角度によって見え方が変わる。

「京都映画誕生の碑」というのがあった。
来歴は横の看板に書いてある。100年前・・・とあるが、そういえばうちの田舎の蔵の中にも100年くらい前の、動画じゃないけど幻燈機のガラス乾板;スライドみたいなのがあったなぁ。次回持って帰るか。

日当たりが良くない場所にはまだまだ葉が青い部分もあった。

お堂横にある窓に紅葉が映り込んでる。
これも気がついている人は少なかったような。近づいて見ている人も居たけど、これはちょっと離れて見た方がいいよ。

ここの楓には色違いもあって、コントラストが楽しい。
左側は黄色目、右は赤目だけど、その赤味にもグラデーションがある。それが同時に楽しめるのはこの角度。

2020京都の紅葉履歴(9)2020年12月16日 07時12分47秒

さらに遡って11月19日。この日は真如堂に行った。

っとその前に、御苑内の閑院宮邸跡の北側にある銀杏並木。
毎年ここはきれいに色づく。今年もきれいだった。もう2~3日前が一番きれいだったのかな。

ということで、真如堂。毎年道に迷うんだけど、今年は初めて一発で行けた。手前にはきつい坂があるのだけど、電動自転車のパワー炸裂でなんとか。
今年は人出が多いのか少ないのかわからない感じで、予想よりかは多く、平日の割には人は居ると思った。一応ほとんどの人はマスクしているが、学生っぽいのを中心にうかつなやつが時々いる。感染者を増やしているのはこういう連中に違いない、と思う。普通マスクが出来ない?フェースマスクをしなさい。

色づきはきれい。

手水には花が、「活けられている」?「水面に映る紅葉と水輪と光と影のコントラストをお楽しみください」。
ここに花があることに気がついている人は少なかったみたい。去年もあったので、多分毎年恒例。

2020京都の紅葉履歴(8)2020年12月14日 07時08分16秒

こちらの木も茶色に紅葉している。
セコイヤ系の木だったと思う。

植物園南東にも池があり、その脇に大銀杏がある。
こちらはまだ葉が残っていた。輝いて見える。

でも下は銀杏の葉っぱの絨毯で覆われている。
あと1日から数日で終わりかな。

池の畔にある大きなフウの木。
この木も紅葉すれば真っ赤になるのだけど、去年に続いて今年も紅葉してなかった。猛暑のせいかなぁ。

池の畔にある楓。水気があると紅葉は美しくなる。

コスモスは正面日愚痴の脇の他、この池の南、噴水の横にも植わっている。
もう盛りは過ぎている感じ。ど真ん中をドローン飛ばして見たい。

(C)おたくら編集局