2018新潟/白馬大作戦(8/12の3)2017年09月24日 07時44分47秒

上新電機柏崎店へ行く。
PC持ってきたはいいが、さすがにタッチパッドでは操作しきれないのでマウスを買うことにしたのだ。それと扇風機のリモコンの電池も切れていたのでそれも。
買ったマウスはロジクールのM560BK。同社の名器M555の後継として一番近いかもしれない。私にとっては高速ホールは絶対なので他社の選択はない。同社でも高速ホールのない機種は除外。見た目だけならM557が似ているのだけど、高速ホイールがないのでだめだった(これも以前買った)。M705も買ったけどちょっと大きい。まあ、とりあえずはこの旅行中の感触で評価しようかと。

駅前には人が居ないと書いたが、上新前の国道8号線は渋滞するほどの車が居る。要するに、みんな車で道路沿い、郊外の施設に行くようになってしまい、駅前には来なくなったと言うことか。

お昼は盛来軒でラーメン。ここはメニューが多く毎回違うのを頼むだけど、今回は「汁なしそば」(800円)というのを頼んだ。
これは私が汁を飲みきった後の写真ではない。この通り、元から汁がない。実際には底の方にわずかにあるのだが、おそらくそれは麺への味付けのため少し振りかけた物だと思う。
ぱっと見「なんか肉がゴロゴロしてて、肉だけの味だといやだなぁ」と思ったのだけど、意外にもちゃんと味が付いている。汁がないのは良し悪しで、汁がない分おなかが膨らまないから良いというのもあれば、やっぱり汁がないと麺類はちょっと食べにくい、というのもある。全体的な評価は「まあまあ」。

帰り、原発の手前にあるこの施設に寄ってみた。
原発の排水に群がる海生生物の調査を行っているところ、といえば大体あってる。

昔来たときにもらったパンフレットには「原子力発電所」という文言も入っていたのだけど、今は付いてない。福島以降に考慮した?

昔はこんな展示があった。

各種研究結果も公開してる。
排水に群がる魚の映像も見られた。
駅前に出るときには必ず前を通るので気になっては板が、来るのは本当に20年以上ぶり。いや、下手すりゃ35年ぶりくらいか。
建屋も変わってる?
でも残念ながら日曜日は休館だったので見られなかった。次回に是非。

18時前からナルスに買い出し。
実は11日の夜から雨が降り午前中は曇時々小雨だったのだけど、この頃にはもう晴れていた。で、帰ってから例の夕日の撮影に行ったと。

ということで、今日も終わり。夜飲んだビールはこれ。

昨日と同じ物のようだけど、実は裏面が違う。
新潟には柏崎、長岡、小千谷の3大花火大会があるので、それをモチーフにした絵柄かもしれない。

当てはこれ。「もうたま卵」(もうたまらん)という。簡単に書けば味付け卵。
まあ、おいしかったかな。これは中庸な味で、後味噌味と唐辛子をたっぷりきかせた物もあったはず。味噌は食べてみたいけど、辛いのは勘弁。

こうして整理してみると、12日はあまり行動してないように見えるけど、実際には駅前に行ってナルスに行って、夕日も撮影に行って溶け高車では走り回っていた。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の16)2017年09月15日 23時22分51秒

これは丸大近くの珈琲屋。私はいつもここでコーヒーを買っていく。
自分でも飲むけど、母親が好きだったので備えるために。以前は丸大内にも、隣の金子園と一緒に店があったのだけど、今はなくなってしまった。なのでわざわざここまで来ると。ちなみに、ここで売っているビスケットもおいしい。

ってなことで、買い物も終わっていよいよラストスパート、家に向かう。

途中、柏崎刈羽原発の横を走る。
右手に見えているのは東電の見学施設、だったもの。今も見学できるのかは知らない。昔は原子炉内も予約すれば見学できたんだけどなぁ。残念。

その先のトンネルを抜けると視界が開け真ん前に海が見える。
アクションカメラの画像ではそれほどでもないけど、人の目線ではもっと海が見える。ここまで来ると本当にあと少し。

後は海岸沿いをちょっと走るだけ。良い天気で良かった。
そしてようやく田舎の家に到着。16時をちょっと回った頃。予想よりかは早かったかな。この時間ならお寺さんにも今日中に行けそうだ。荷物だけ家に入れてからすぐ行こう。

駆け足新潟帰省(13)2017年07月16日 06時34分20秒

法要の後のおとぎは今までは柏崎駅に比較的近いお店を使っていたが、今回は初めて刈羽村にある荒木屋さんを使ってみた。お寺さんからの紹介。

お寺までバスで迎えに来てくれる。このあたりのお店では大体そういうのがある。

料理のコースは7000円。おこわのお土産付き。お酒は別。
こちらは最初に出ている物。

食べかけで申し訳ないが、これが終わり頃。途中でいろいろと出てくる。

見てもわかるとおり、料理の量は半端ない。当然食べきるはずもなく、折り詰めに入れて持って帰ることになる。
なんでこんなに多いかというと、このあたりの法要では一家で1人参加が普通で、料理は家に持って帰ることを前提にしているから。家に料理を持って帰って家族みんなで食べ、「今日は誰が来てて、どういう法要だった」という話をするのだそうな。だから、7000円というのは1人分と言うより複数人分といえる。

私ももちろん持って帰った。自分の分を始め周りの人の分ももらったのでかなり多かった。それを京都まで持って帰って、その後1週間以上分の食料になった、と言うのは秘密ではない。ちょっと腐らせてしまったのが残念。

そうそう、これも書いておくべきか。
お一方が自家用車で来られているのにお酒をたくさん飲まれていたので「どうしよう」「大丈夫か?」と思っていたら、代行運転を頼まれてた。最初に言っといて!これもこのあたりじゃ普通らしい。覚えておこう。私も駅前で飲むことがあればこの手を使おう。

店の作りはシンプル。ちょっとわかりにくいかも。
料理屋と言うより仕出し屋+宿泊のようだ。
柏崎原発のところで曲がって峠を下りてちょっとの所。
お店がある刈羽村は柏崎原発で潤った村。「畳1枚200万円」というネタがあるらしいが、詳しいことは知らない。交付金をもらってすぐに使ってしまう市町村もある中、ここは堅実に貯めているらしい。将来交付金がなくなることを見越して。隣村なのになかなか来る機会が無くほとんど知らない。今度ちょっと村内を散策してみるかな。

駆け足新潟帰省(8)2017年07月04日 07時39分38秒

鶏白レバー焼き?絶妙の柔らかさだった。
ここまででもうおなかいっぱいで、味がわからなくなってきてたのが残念。おいしい物は味わうためのよくかんで食べるから、少量でも満足感が大きいが、さらにここでは量もあったので余計。お昼のラーメンが多すぎたというのもある。ここに来る日はお昼を抜いても良いくらい。

最後は鶏すだちそば。
もうおなかはいっぱいだったけど、すだちの爽やかさで食べ切れた。

そうそう、車で行ってたのでお酒は全く飲んでないのだけど、代わりに村上紅茶というのを頼んだ。紅茶とあるけど、ジャワティーに近い感じで、とても飲みやすかった。2杯も頼んだ。なぜか写真を撮り忘れてた。

2時間半ほどだったか、とても楽しくおいしい会食だった。ここを選んでくれた親戚に感謝。
これだけの味、量でこの価格は非常に安いと言える。1人5000円かかってない。超おすすめ。また行ってみたいけど、1人で行くには量が多いかなぁ。

場所は駅前から歩いて10分位か、連れて行ってもらったので場所ははっきりしないのだけど、美濃屋の裏の方。
その美野屋と言えば衝撃の事実があったのだけど、それは別のネタで。

駆け足新潟帰省(7)2017年07月03日 06時08分52秒

焼き物は鮎とヤングコーンの炭焼き。
何でも鮎は2時間かけて焼き上げたのだそうな。下ごしらえで1時間、お客の注文があってから1時間。遠赤外線でじっくり温めながら水分を抜き最後に外をちょっとカリッとさせた、という感じ。とにかく鮎の持つ味が完璧に引き出されている感じ。モツの香ばしさも素晴らしかった。柔らかさも絶妙。他の鮎の姿焼きとは全く違う。養殖物らしいけど、そんな引け目は全くない。これは素晴らしい1品。

ヤングコーンは、その名の通りトウモロコシの実の若いものだけど、実というか種というか、普通食べるつぶつぶの部分だけでなく芯まで食べられる。というか、今回はそれが主。
初めて食べたけどおいしいねぇ。店で売ってても良いと思うけど、この芯の中まで火を通すのは難しいのかも知れない。

だし巻き卵。
だし巻き卵と言えば京都が本場だから気合いを入れて食べる。京都の裸足を十分混ぜてふんわり焼くのだけど、こちらのは薄焼きを折りたたんでその中に出汁を包み込む感じ。出汁の味付けは塩辛さ中心か。これはこれでいいと思うけど。

駆け足新潟帰省(6)2017年07月02日 07時25分32秒

さて、夕食の料理。特にコースとか頼んでないようなので、このお任せ料理を中心に適当に頼むと言うことになった。
私はお任せ5品にする。

これは突き出し。

注文があってから料理を始めるので、全体的に出てくるのは遅め。おなかが非常にすいている人が居る場合はそのあたりを考慮する必要がある。多分早めに出てくるようなものもあろうけど、焼き魚系と肉は遅いらしい。

酢の物。さざえ、なまこ、おくら、土佐酢ジュレ。
「ジュレ」はゼリーのことらしい。フランス語読み?
なまこって、久しぶりに食べた気がする。ここで話題になったのだけど、新潟ではなまこはよく食べるけど、東京ではほとんど食べないらしい。

あと、穴子と言えば関西では開いて蒲焼きにするのが一般的だけど、新潟では串に刺して浜焼きにするのが普通らしい。私の親の世代はこれが大好物で、寺泊に行ったら何本も買っていた。私は食べたことないのだけど、今度行ったら買ってみよう。

揚げ物。黒鯛、トウモロコシ、空豆のみぞれあんかけ。
素材、料理方法どちらも良い。

野菜サラダ。

お造り。活け締め石鯛、コウイカ、それに鰹のたたきもある。
醤油が無いと思ったけど、どうも手前にある塩で食べろと言うことらしい。でもやっぱり刺身は醤油が良いなあと思った。今メニューを見直したら「小豆島の醤油と書いある」のだけど、出し忘れ?

駆け足新潟帰省(5)2017年07月01日 06時37分42秒

ラーメン食べ終わって12:45。そこから長岡駅まで親戚を迎えに行く。
椎谷に寄っている時間はなさそうなので柏崎ICから高速道路に乗って一気に長岡駅に向かう。
想像より距離があった。GoogleEarth上で計測すると約35キロ。実際には、高速道路は早いのだが長岡ICから駅までが遠い。距離は6キロだが、とにかく混雑している。土曜日の真っ昼間に、何かのイベントがあるわけでもあるのにこの混み方は何だろう。このあたりは田中角栄のお膝元だけに道は決して狭くないのだが、それでもこうとは、慢性的な渋滞なのだろう。裏道を研究した方が良いかもしれない。それほど来る機会はないだろうけど。

結局13:30位に長岡駅に到着。明日も来るのだが、時間的余裕は見ておいた方が良さそうだ。
ちょっと離れた場所の駐車場に止めて迎えに行く。駅前に駐車場はそこそこあるようだが、場所はわかりにくい。

実は、麻婆ラーメンが多すぎたのかおなかが危ない状態だったが、こちらもなんとか間に合った(^_^;)

で、ここから親戚と椎谷に移動、近所に世代交代の挨拶と、お寺さんにも行って明日の法要のお願いをする。手土産多めに買って行っといて良かった。

夜には親戚と会食の予定で、それまでの時間どうしようかと思ってたけど、結局ちょうど良い時間になった。

行く店はここ。今回は親戚に全部お任せしたのでどういうお店か知らない。

駆け足新潟帰省(4)2017年06月27日 06時55分00秒

上越妙高駅でレンタカーを借りる。今回は多人数乗せる予定なので8人乗りを借りていた。ホンダのステップワゴン。
走りは悪くないが、高速道路を走っているとやたら左右に振られた。それほど風もなかったのに。車高が高いからだろうか。

一般道で上越ICまで行き、そこから北陸道へ。去年はGPSが無茶苦茶でどえらく迷ったが、今年はGPSには頼らずに教えてもらったとおりに走ったらすんなり行けた。

米山ICで降りてまずは越の蔵へ。何かお酒の種類が少ない?この時期に来るのは初めてだけど、そういう季節なのかも知れない。純日本酒とお米のワインを1本買う。

その後柏崎駅前のイトーヨーカドー丸大へ。今夜は親戚と会食、明日の昼は法要の後のおとぎがあるので、食事が必要なのは明日の朝のみ。それと、ここにしかない衣料品も買う。いや、同種の物は他でもいくらでも売っているのだけど、ここのが一番質が良いので。

その後、お昼を食べることにする。向かったのは「盛来軒」。このあたりではちょっと名の通った中華料理店、というかラーメン屋だ。
大体12時半。

メニューは多い。どれにしようか迷うが、麻婆ラーメンという物にしてみた。

これがその麻婆ラーメン。
すんごく具だくさん。麻婆部分も手抜きがない。豆腐、挽肉、ニラがたくさん入っている。

中に面が埋もれてる。
ここの面は平たい目。いわゆるラーメンの麺と言うよりきしめんに近い感じ。
味も良く、780円でこのボリュームはお買い得。しかしいかんせん、今の私の胃には多すぎる。私も昔ほどは食べないからね。しかも、今夜は会食だから、あんまり昼間に量を食べるべきではなかった、都、夜の席で思ったのだが、それはこの時点はわからなかったこと。

外に出てみると、何やら道が1車線塞がれて鉢植えか何かを売っている。
昨日までえんま市というのをやっていたようだ。これはその名残というか、植木市は今日までやっているようだ。

えんま市というのは、柏崎の最大の縁日というでも言おうか、昔から続くものらしい。ここに紹介がある。名前は知っていたが、まだ言ったことはない。この植木市を見るのも初めて。6月にここに来る機会はこれから先もほとんど無いと思うが、一度くらい見てみたい。

バスも昨日までは迂回していた様子。
でもまあ、えんま市やってたら今日みたいにすいすい走ってというわけにもいかんだったろうから、ギリギリセーフで良かったと言うべきか。

12:45。
この後、13:20に長岡駅まで親戚を迎えに行く必要がある。長岡駅に自動車で行くのは初めて。距離感がつかめないが、40分足らずで行けるかどうか。

サロン・ド・ロワイアル2017年05月19日 06時45分46秒

先日、親戚に頼まれて「サロン・ド・ロワイアル」という店のチョコレートを買いに行った。
店は京都市役所の西隣にあるらしい。Googleマップで調べていって見るが店が見当たらない。うろうろしていると、ガードマンの人が「何をお探しですか?」と聞いてきたので店の名前を言うと、ここです、といわれたのがここ。

いわゆる京都のウナギの寝床の敷地で、非常に奥まっている上に表に看板が出ていない(出ているとしても目立たない)ので全くわからなかった。
「案内のために立たれているんですか?」と聞いてみると、それもあるけど路上駐車があってそれを取り締まるためらしい。前の道路は広くないから、止めると確かに大迷惑だ。最初に書いておくけど、ここに来るのに車で来たらだめ。

これが入り口。
店内車写真撮りにくかったのでなし。

喫茶店もやっているみたい。しかし、コーヒーが1000円からって、高いなぁ。私には縁遠い。

で、頼まれて買ったのがこのチョコレート。親戚に買ったのはこの倍以上大きな箱(1250円くらい)だけど、これは540円の。
店で試食はしたけどこの箱はまだ開けてないので、物の写真はなし。3~4種類の味があるけど、抹茶とかいろいろな物でコーティングされたチョコと思えばあってる。個人的には、チョコレートはストレートが一番と思っているので、いまいちだけど、有名なのかな?

店の場所は京都市役所西隣のホテルのさらに西、高瀬川のほとり。

この船のある場所の、道路挟んで西隣ちょっと南くらい。
地下鉄なら京都市役所前駅の一番西の出口上がって少しかな。興味のある方は、「歩いて」どうぞ。

白馬2016(123)2017年02月09日 16時58分51秒

椎谷に着いたのは17時ちょっと前。17時には出なきゃいけないので、
結局、椎谷にいられたのは10分ほど。お寺さんも行けなかったし、お墓だけ寄って、後はまた西山ICから高速道路を大急ぎで帰る。

本当はここに寄りたかったんだけどなぁ。
鯨波にある「越の蔵」。日本酒を買うならここ。これは7月に行ったときの写真を。

ここには冷温室がある。

中には多数の地酒が。毎年言っては新しい酒を買って帰るのが楽しみ。
毎年結構買ってるけど、どんどん新しいのが出てくるので飲みきることはない。


今年の目玉はこれ。ここで越乃寒梅見るのは初めて。もちろん買って帰った。
越乃寒梅、関西とかで買うと1万円超えるんだろうけど、ここではこの値段であり、これが正当な価格。出荷本数が少ないからと、買って帰る手間や交通費を考えればそんな値段になるのか。私のこの1本も交通費を考えれば3万円か掛かってる。いやまあ、これだけ買いに新潟まで来てるわけじゃないけど。
業者の人もたくさん買って帰るので、いっぱいあるように見えるけど、長くは並んでないらしい。良い時期に来たと言うことか。

写真の時刻とGPSログの時刻が微妙に合わない(たぶんカメラの時刻がずれていた)ので推測も含むが、
16:50 椎谷発
18:00 上越妙高着
距離 72km
これだけ見るとさほど早く見えないけど、実測はなぁ(^_^;)。来年は絶対にアクションカメラの電池を確認してから来よう。うん。

高速道路はほぼ120~140キロで巡行。糸魚川から西山往復とも。絶対間に合わないかと思ったが、なんと上越妙高駅に17:55に到着。
ある意味奇跡的。

最寄りの高速道路は上信越自動車道、上越高田IC。駅まで距離にして僅か3キロ、でも記録上は22分もかかってる。
最後、GPSが上越出口で降りて一般道を走る道でなく上越自動車道に回って最寄りICまで行く経路を出した時は「またこのくそナビが!」と罵ったけど、結局ここに関してはこれが正しかった。

しかし、今回のナビは出だしからしてずれていて正しい道路がわからず迷ってしまったし、白馬周辺ではとにかく国道に行かせようとする=地道を知らなさすぎるのでかなり遠回りさせられ、椎谷付近でも無茶苦茶(=遠回り)なルート選択だった。

また高速道路内では細かく教えてくれるのに一般道でのナビが遅すぎるとか(300m先なんて、田舎道では一瞬)問題が多かった。7月に借りたFitのナビはナビそのものより操作性が最悪だったので苛立ったが、今回のは操作性は良かったのに賢くないのが難点だった。

駅最寄りの高速出口から駅までの間は近いが、ガソリンスタンドがない。急いでたし、ガソリンは入れられず帰り着いた。

距離精算でもいいと言ったが、「8000円超えるよ」と言われ、まだ時間もあるのでガソリンスタンド教えてもらって最寄りのGSに行くことにした。入れたら3700円ほど。ガソリンは入れて帰るべし。
これでIC、GS、駅の位置関係はわかったので今後はそれで。

今回の車はVitsだったか。足回りは悪く無い。踏めばエンジンは回る。高速安定性も良い。しかし力はない。390キロ走って30リットルなのでリッター10キロ強。山道が多かったのと高速道路でぶん回したことを思えば燃費は悪くないのかも。最後メーターがEmptyに近かったので、「帰りつけるやろか?」と思ったけど。

入れ終わって帰ってきたらこの時間。
ガソリン代考えたら、ハイブリッド車にした方が安くなるのかなぁ。

駅前の上杉謙信公像。

駅のホール。

駅周辺図、と書いてあるけど、ほとんど駅だけの図。
レンタカーは、この新幹線と書いてある場所の下にある。

周辺の観光地。いずれ行ってみたい。

ホールのど真ん中に荷物を置いておく。
いや、放置していたわけじゃなくて写真撮ってた。端っこに置くよりど真ん中の方が目立ってかえって安全。

なんか祭りもあるみたい。
毎回違うのれん(?)が掛けられているような。結構いろいろある様子。

駅のコンコースもガラガラ。

新幹線改札前にある土産物屋。
ここにはおみやげもあるけどお弁当もある。日本酒も数は多くないが売ってる。今回はもう夕食も買ってあるので何も買わず。
18:20くらいか。列車は18:35だからちょっとあるなぁ。これなら新潟の土産物屋くらい寄れただろうか。などと考えられるのはこの時だからこそ。走っている間は本当に焦っていたので。

ということで、長く続いたこのシリーズもようやく次回最終回。思い出したら過去のネタにも追記するかも知れないけど。
(C)おたくら編集局