2017新潟/白馬大作戦(8/16の3)2017年11月15日 07時53分30秒

寺泊はアメ横に戻る。ところで何でアメ横って言うんだろう?「アメリカ横町?」全然アメリカの雰囲気はないけど。

他のお店も開き始めた。これは例のスズキ自動車のやってる土産物屋。
大昔に何か買ったことがあるような。今の土産物はほとんどが地元産ではなく赤の国製のが幅をきかせているのだろうけど、昭和40年代までは、うちの集落の中でもお店でお土産を作って売ってた。実はうちも店をやってたのだけど、祖父が海で拾ってきた貝殻など使って綺麗な人形を作ってた。まさにmade in 現地であり、それこそ現地土産だった。今も1体くらいは残っているかも知れない。

山六水産はかにがメインかな。

そして角上も8時になってようやく開店。とりあえず、買いたかったのはこれ。
銀鮭の切り身。他の店でも同じようなのは売ってるけど、なぜかここのが一番おいしい。真空パックしてくれてると日持ちしてありがたいんだけどなぁ。うちでは冷凍しているけど、やっぱり冷凍すると味が落ちるんよね。

筋子。これも買った。
一人ではなかなか食べきらないから冷凍したけど、冷凍すると多分身ははじけてしまう。やっぱり一人もんは効率が悪い。

岩牡蠣。食べたいなぁ。
昔は家の前の海のテトラポットにもたくさん付いていたんだけど、今はもう居ないかな。

甘エビ。ここのは大きいけど、味は同じ。
これは今回は買ってない。

このほか、今日の昼食にすべきネギトロの巻き寿司も買った。ここではいわゆるパックの寿司も売ってるんだけど、何せネタが良いだけに、都会で買うパック寿司とは全く違う。しかも安い。これも人数が居れば大きいの買いたいんだけどなぁ。
今回買った物は、あとで紹介。

というところで、寺泊での購入も終わったので、いったん家に帰る。

2017新潟/白馬大作戦(8/16の1)2017年11月09日 06時22分14秒

16日。
今日は白馬へ移動する。しかしその前に新潟でもやることがてんこ盛り。忙しくなりそう。

ちょうど6時頃の海岸線。雲は多いがなんとか天気は保っている。

米山もよく見える。
実は今日はこの米山に登る予定である。いつもこちら側から見上げるばかりだったが、初めて登りに行く。果たしてどんな山なのか。

最初は白馬、と言うか小谷村の雨飾山に登る予定だった。ホテルにもそう伝えていたのだけど、調べてみるとどうも予想していたより時間がかかりそうなのでこちらに変更したのだ。

今日の最初の仕事は送り火。
海岸にお線香とろうそくを立ててご先祖様の霊をお送りする。この辺りはそういう風習。
昔はお供え物も流したそうなんだけど、今は環境保護の観点からそれは行わない。

朝食のあと今度は寺泊に行く。
1泊2日くらいでは寺泊に来るのも難しいが、この日数あれば来ないわけには行かない。

一番の目的は、角上魚類の銀鮭の切り身が欲しいから。
銀鮭の切り身はここのが一番おいしい。ここ寺泊の中にはたくさんのお店があるけど、1店だけ選べと言われた、間違いなくここをおすすめする。品数、価格、味どれをとっても一番。

HPで調べてみると、お盆期間はいつもより朝早く開店しているようなので、こちらもあとの予定を考えてそれに合わせていくことにする。

さすがに朝早いので駐車場は停め放題。
いつも駐車場に入るだけでも一苦労なのにね。私はバック駐車が苦手だから狭い車間に停めるのはさらに。

ところが、到着してみると、準備はしているもののまだ開いてない。あとでわかったのだけど、お盆特別開店は昨日までで、今日からは通常に戻っていた。なんてこったい。

とはいえまた家に帰って往復するには遠いし、買わないというのももったいない。と言うことで、開店まで待つことにした。

この地図を見るのは初めてかも。周りにいくつか観光ポイントがあるなぁ。いずれ行ってみよう。

しかたないので、開いている店で浜焼きを食べる。
ここに来たらこれを食べないわけには行かない。しかし、朝食直後なのでおなかはあまりすいてない。なので、イカ焼きの一番小さいのにした。それでもこのサイズ。

肉厚もこの通り。
関西の縁日で売っているような冷凍で薄いのにかみ切れない、ゴムで出来てるんじゃないかと思うようなイカとは全く違う。今度はおなかすかせて他のも食べたい。と言うか、何人かで行って少しずつ分け合うのが良いかも。

魚屋群の中にぽつんとある自動車屋。
「鈴木」なのにダイハツディーラーとはこれ如何に。それが言いたいがために撮影(^_^;)

2017新潟/白馬大作戦(8/15の5)2017年11月03日 13時23分59秒

次に向かったのは西山ふるさと公苑=田中角栄記念館。

ここは道の駅でもある。国道116号線沿い。ちょっと離れてるけど。不求庵も116号線沿いだから、そこから長岡方面にちょっと行った場所。
ここの給茶機にはコーヒーがある。初めて見た。普通はお茶と白湯だけだからね。「特筆すべき」。

ちょうど押し花の展示をやってた。一番気に入ったのはこちらの作品。
綺麗でかわいい。こういうのは家に飾りたいねぇ。

地元の小学生が作ったと思う柏崎の案内図。
地元を知るのは良いことです。旧藩毎の区分けとそれぞれの歴史なんか書くとさらに深まると思う。市並みに椎谷はかつて椎谷藩という独立した藩で、その昔は柏崎より石高的に柏崎より上だったんじゃなかろうか。馬市もあったことだし。

それはそうと、ここ西山ふるさと公園は田中角栄ゆかりの地なので、彼の成した偉業の1つである中国との国交正常化に関する展示もある。
で、折しも中国の怪しい食べ物も売ってていくつか買ったのだけど、まだ食べてないので写真を撮ってない。それについてはまた後日。

これもふるさと公苑の中にある庭。西遊記をモチーフにした像や彫り物がたくさんある。

後ろの石も中国産で、中国風庭なのだけど、この写真の肝はそこではなく、ライトの上の雀。
丸い屋根の上にうまく乗っている。まだ若い鳥かな。

駐車場の脇にあるこのお店は酒屋さん。「にしざわ酒店」。
このあたりで越後ビールや西山コシヒカリビールを売っている唯一のお店であり、西山ビールの醸造元でもある。


以前はナルスの中に売り場があった。でも何かがあっていったん休止したんだけど、売ってないと免許取り上げられるのでここで再開したらしい。「何か」については忘れてしまった。中越沖地震の後もやってたからそれじゃ無いと思うのだけど。

何にせよ、おいしいビールなのでナルスで買えなくなって以降大変悲しい思いをしていただけに、見つけて良かった。全国発送もしてくれるけど、ここはやはり行って買おうと。

今回買ったのはまだ1本しか飲んでないけど、おいしかった。次回買いに行けるのは早くても来年5月だから、我慢しながら飲まなきゃ。

2017新潟/白馬大作戦(8/15の4)2017年11月02日 07時46分01秒

探索の後、「吉屋菓子店」へ行く。10:40。
ナルスの近くにあるお菓子屋さん。少なくとも25年はやってるはず。

まだお土産を買うには早いのだけど、途中でこれを食べたくなって。
「貞心尼だんご」。貞心尼とは良寛禅師の晩年の弟子、と言うか、心の恋人と言うべき人。昔は「不求庵」(ふぐあん)という名前だったんだけど、変更された。「不求庵」というのは貞心尼が過ごした庵で由緒ある名前なんだけど、知らない人にはわかりにくかったのかなぁ。

中身はおこわだんご。小豆を入れた、多分醤油を少し入れたおこわご飯であんを包んである。
これがまた適度な塩味と甘さがあってとてもおいしい。しかもそう高くない。780円(税込み)。この辺りでは一番のおすすめ。
この6個入りのしかないんだけど、私みたいな一人もんには2個くらいで売ってくれるとありがたい。言えば作ってくれるのかなぁ。夕方に行くと売り切れていることもあるので、確実に買うためには電話を入れておくといい。

この店はまたモンブランもおいしい。普通のとコーヒーのと2種類あり、これはコーヒー。
330円。これもおすすめ。
普通のモンブランとはかなり違う食感だけど、おいしい。
でもいつも思うのだけど、形といい色といい「あれ」に似ている気がして(^_^;)。
でも中身は白。
普通の白は外もそんなことないんだけど。

レシートには11:48と印刷されているんだけど、写真は10:40だった。どっちが正解?多分写真の方があっているんだと思うけど。

新潟県柏崎市西山町黒部1058-3
(有)吉屋
0257-48-2050

2017新潟/白馬大作戦(8/14の4)2017年10月27日 07時47分12秒

柏崎の法務局は(正確には法務局の柏崎支部)は市役所からJRの線路を挟んで向かい側的な場所にある。
カーナビで行こうと思ったら、出てこない。仕方ないので住所から近そうな場所を選んで設定するが、これまた迷いまくる。
結局あったのはこんな場所。左のがそう。
で、担当窓口の前まで行って手持ち資料を開いた瞬間、地番が理解できてしまった。うちの家には庭に小屋が建っているのだが、それに別地番が着いており、建屋はまた別の、地番じゃなくて区分け?になっているのだ。住宅の土地、小屋の土地、住宅の登記、小屋の登記で計4つあるのはそういう意味だった。
何か唐突にわかってしまったが、念のため聞いてみると正解だった。
ということで、ここでは何もせずに帰る。

でもすんなり家に帰ったわけではない。

次は親戚の家に行く。このあたりでは、お盆の間に親戚の家に線香とろうそく、それにお土産を持って行く風習があるのだ。今年は親が亡くなったので私が後を継いで行う必要は無いと言えば無いのだけど、見よう見まねでやってみた。この風習については、今度またお寺さんに聞いてみるか。

その次は米山の「越の蔵」まで行ってお酒を買う。この先ここまでいつ来られるかわからないから行ける日に行こうと。16:40ちょっと前。
ここについてはもう何度も紹介しているので細かくは書かないけど、行く度に大体1万円分くらい買う。いつもは配送で、今回は持って帰れんこともないけど帰るのは先だし、面倒なので送ってもらうことにした。
これくらい買うと、私の飲み方では大体1年は保つ。今年はちょっとペースが早いから早めになくなるかも知れないけど。

帰り、鯨波の所の交差点。こんな物がある。
道路をまたぐ地下道の入り口なのだが、地名「鯨波」にちなんでこんな形になっている。これ、上の部分から一定時間事に潮を拭くような仕掛けがある。この写真を撮る直前にも拭いてたのだけど間に合わなかった。

・・・

今度こそ家に帰り、海に入ることにする。もう17:30回っているけど、今の季節まだ明るいし、人も少ないので泳ぎやすいだろう。場所は例の中央海岸で・・・と思ったけど、その手前の場所にした。

ここの泳ぐのは10年ぶり位ではなかろうか。本当に久しぶり。
時間が時間だけにさすがに人は少ない。沖にテトラポットがあるので、浜からそこまで泳いでた。久しぶりの水泳だけど、まあ、なんとかなる。しかし、何往復めだったか、泳いでいる最中に突然右手に猛烈な痛みを感じた。痛みと言うよりしびれに近い。

クラゲだ。しかもこの痛みはミズクラゲとかあんどんクラゲの類いではない。かなりきつい毒の物だ。

しびれる手をなんとか我慢して動かして浜まで到着、砂でこすって針を抜く。そして急ぎ家に帰る。

これがその刺され跡。
ミミズ腫れになっている。、猛烈に刺されまくっているのがわかる。腕が動かないほどのしびれではないが、動かしにくい。相当にきついクラゲだったようだ。姿は全く見えなかったが。たまにいるのだ、このあたりには。カツオノエボシとかいうやつだろうか。いや、あれは相当にきついらしいからそうではないだろうが、なんにせよかなりの物だ。

しかし、薬がない。虫刺されの薬があれば良かったのだが、虫除けしか持ってきてなかった。今日はもう車の運転はしたくないという過去の腕ではしにくいのでやむを得ず放置。明日買いに行こう。

2017新潟/白馬大作戦(8/14の3)2017年10月26日 07時42分46秒

誰も指摘してくれなかったので、今ごろになって気づいたのだけど
2018年じゃないよね。2017年だ。ということで、過去分は気が向けば直していくけど、とりあえず、8/14分から。

・・・

まずはお昼。盛来軒に行っても良いけど連続するのもあれなので別の店を探してみる。昔は米山大黒亭とか、迷えば丸大4階のレストランフロアとか決まった場所があったのだけど、今はそういうのがない。盛来軒は久しぶりに見つけた店。他も良いところ探さんとなぁ。

ということで、適当に車で走って刈羽町内に見つけたのがこの店。「四季彩」。
がらがら。

夏限定メニューの定食もあったようだけど、頼んだのはとろろそば。まあ、無難なところで。
味はまあ、特筆すべきものはないかと。まずくもないけど。
「四季彩」と言えば、昔京都の家の近くに同名の天ぷら店があってとてもおいしくて、良く行っていた。しかし、あるときご主人が怪我をされてそのまま閉店になってしまった。極めて残念だった。その後居酒屋が出来たがそれも2年ほどでなくなって今は仕出し弁当屋になっている。一般売りはしてないようなので、全く縁が無くなった。

・・・

お昼を食べた後まずは市役所に向かう。目的は農地・山林の場所を知ること。
窓が見えないし、立体駐車場かと思った。でもこれが市役所。もう少しわかりやすくしてくれても良いのに。

相続において、田舎に土地があることが判明し、その地番はわかったのだが、それがどこにあるのかさっぱりわからない。農地用の地番は住宅用のそれとは異なり、実際の所、地元でももうその名で調べてもわからなくなってる。

実は全国の農地は「全国農地ナビ」と言うので検索が可能になっている、と教えてもらった。
それで調べてみたのだが、どうにも検索エンジンがちゃちで100%一致しないと見つからないとか逆に、候補出しすぎてどこかわからないとかあって、はっきり言ってほとんどわからなかった。そこで、市役所の担当部署に連絡して、このお盆の間に行くので、教えて欲しいと言ってあったのだ。

柏崎市役所に行くのも初めてだったが、これはナビで無事到着。

農地担当の部署に行って地番が該当する場所の航空写真を見せてもらった。今はこういうのは航空写真で管理されているのだ。
プリンターでの印刷物を見せてくれたのだけど、それ自体はもらえなかった。さらに写真を写すことも不可だというので、仕方なく手書きで写した。できるだけ綺麗に写したつもりだけど、多分後から見たらほとんどわからないと思う。本人確認してくれたら良いのに。

地番はたくさんあったけど、実際には細かく分けられているだけで、場所的には数カ所にまとまっていた。家の裏山の一部、お墓の前の他、どうも昔棚田があった場所もあるみたい。わかる場所で行けそうな場所は明日現地へ行ってみようと思う。

調べてみると、一部該当しない地番があった。聞くとそれらは山林らしい。そういや、区分にそう書いてある。農地ナビでわかるのはあくまで農地だけで、山林はわからないのだ。行った部署も農地担当なので山林はわからないのだが、ありがたいことに山林担当の部署に行って調べてくれた。

で、山林も全てわかったのだけど、これまた農地以上にへんぴな場所、と言うかその名の通り山の中なので行けそうな場所はほとんど無い。大昔、それこそ40年ほど前に一度だけ山の中に連れて行ってもらった記憶がある。雪割草があったり、野ウサギの糞があったりした。そのころは集落内も人がまだ多くて山も手入れされていたが、今はもう人も減って手入れされていないので行き着けないだろう。こちらも手写しした。

あと、相続が確定したら申請しなきゃいけないとか、売るとか貸すとかする場合は斡旋してくれるとかいろいろわかった。とにかくへんぴな場所なので普通では絶対に売れない。完全に塩漬けの土地になるわけだが、地元で使う人がいれば貸すなり売るなり出来れば良い。

そもそもなぜこんな土地を持っていたかと言うことも、実は後日わかったのだけど、それはまた別の機会に。全部が全部、買ったというわけではなさそうだ。

農地・山林はこれでわかったけど、実はまだ宅地でわからないものがある。それは法務局に行く必要がある。
それについては次回。

2017新潟/白馬大作戦(8/12の3)2017年09月24日 07時44分47秒

上新電機柏崎店へ行く。
PC持ってきたはいいが、さすがにタッチパッドでは操作しきれないのでマウスを買うことにしたのだ。それと扇風機のリモコンの電池も切れていたのでそれも。
買ったマウスはロジクールのM560BK。同社の名器M555の後継として一番近いかもしれない。私にとっては高速ホールは絶対なので他社の選択はない。同社でも高速ホールのない機種は除外。見た目だけならM557が似ているのだけど、高速ホイールがないのでだめだった(これも以前買った)。M705も買ったけどちょっと大きい。まあ、とりあえずはこの旅行中の感触で評価しようかと。

駅前には人が居ないと書いたが、上新前の国道8号線は渋滞するほどの車が居る。要するに、みんな車で道路沿い、郊外の施設に行くようになってしまい、駅前には来なくなったと言うことか。

お昼は盛来軒でラーメン。ここはメニューが多く毎回違うのを頼むだけど、今回は「汁なしそば」(800円)というのを頼んだ。
これは私が汁を飲みきった後の写真ではない。この通り、元から汁がない。実際には底の方にわずかにあるのだが、おそらくそれは麺への味付けのため少し振りかけた物だと思う。
ぱっと見「なんか肉がゴロゴロしてて、肉だけの味だといやだなぁ」と思ったのだけど、意外にもちゃんと味が付いている。汁がないのは良し悪しで、汁がない分おなかが膨らまないから良いというのもあれば、やっぱり汁がないと麺類はちょっと食べにくい、というのもある。全体的な評価は「まあまあ」。

帰り、原発の手前にあるこの施設に寄ってみた。
原発の排水に群がる海生生物の調査を行っているところ、といえば大体あってる。

昔来たときにもらったパンフレットには「原子力発電所」という文言も入っていたのだけど、今は付いてない。福島以降に考慮した?

昔はこんな展示があった。

各種研究結果も公開してる。
排水に群がる魚の映像も見られた。
駅前に出るときには必ず前を通るので気になっては板が、来るのは本当に20年以上ぶり。いや、下手すりゃ35年ぶりくらいか。
建屋も変わってる?
でも残念ながら日曜日は休館だったので見られなかった。次回に是非。

18時前からナルスに買い出し。
実は11日の夜から雨が降り午前中は曇時々小雨だったのだけど、この頃にはもう晴れていた。で、帰ってから例の夕日の撮影に行ったと。

ということで、今日も終わり。夜飲んだビールはこれ。

昨日と同じ物のようだけど、実は裏面が違う。
新潟には柏崎、長岡、小千谷の3大花火大会があるので、それをモチーフにした絵柄かもしれない。

当てはこれ。「もうたま卵」(もうたまらん)という。簡単に書けば味付け卵。
まあ、おいしかったかな。これは中庸な味で、後味噌味と唐辛子をたっぷりきかせた物もあったはず。味噌は食べてみたいけど、辛いのは勘弁。

こうして整理してみると、12日はあまり行動してないように見えるけど、実際には駅前に行ってナルスに行って、夕日も撮影に行って溶け高車では走り回っていた。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の16)2017年09月15日 23時22分51秒

これは丸大近くの珈琲屋。私はいつもここでコーヒーを買っていく。
自分でも飲むけど、母親が好きだったので備えるために。以前は丸大内にも、隣の金子園と一緒に店があったのだけど、今はなくなってしまった。なのでわざわざここまで来ると。ちなみに、ここで売っているビスケットもおいしい。

ってなことで、買い物も終わっていよいよラストスパート、家に向かう。

途中、柏崎刈羽原発の横を走る。
右手に見えているのは東電の見学施設、だったもの。今も見学できるのかは知らない。昔は原子炉内も予約すれば見学できたんだけどなぁ。残念。

その先のトンネルを抜けると視界が開け真ん前に海が見える。
アクションカメラの画像ではそれほどでもないけど、人の目線ではもっと海が見える。ここまで来ると本当にあと少し。

後は海岸沿いをちょっと走るだけ。良い天気で良かった。
そしてようやく田舎の家に到着。16時をちょっと回った頃。予想よりかは早かったかな。この時間ならお寺さんにも今日中に行けそうだ。荷物だけ家に入れてからすぐ行こう。

駆け足新潟帰省(13)2017年07月16日 06時34分20秒

法要の後のおとぎは今までは柏崎駅に比較的近いお店を使っていたが、今回は初めて刈羽村にある荒木屋さんを使ってみた。お寺さんからの紹介。

お寺までバスで迎えに来てくれる。このあたりのお店では大体そういうのがある。

料理のコースは7000円。おこわのお土産付き。お酒は別。
こちらは最初に出ている物。

食べかけで申し訳ないが、これが終わり頃。途中でいろいろと出てくる。

見てもわかるとおり、料理の量は半端ない。当然食べきるはずもなく、折り詰めに入れて持って帰ることになる。
なんでこんなに多いかというと、このあたりの法要では一家で1人参加が普通で、料理は家に持って帰ることを前提にしているから。家に料理を持って帰って家族みんなで食べ、「今日は誰が来てて、どういう法要だった」という話をするのだそうな。だから、7000円というのは1人分と言うより複数人分といえる。

私ももちろん持って帰った。自分の分を始め周りの人の分ももらったのでかなり多かった。それを京都まで持って帰って、その後1週間以上分の食料になった、と言うのは秘密ではない。ちょっと腐らせてしまったのが残念。

そうそう、これも書いておくべきか。
お一方が自家用車で来られているのにお酒をたくさん飲まれていたので「どうしよう」「大丈夫か?」と思っていたら、代行運転を頼まれてた。最初に言っといて!これもこのあたりじゃ普通らしい。覚えておこう。私も駅前で飲むことがあればこの手を使おう。

店の作りはシンプル。ちょっとわかりにくいかも。
料理屋と言うより仕出し屋+宿泊のようだ。
柏崎原発のところで曲がって峠を下りてちょっとの所。
お店がある刈羽村は柏崎原発で潤った村。「畳1枚200万円」というネタがあるらしいが、詳しいことは知らない。交付金をもらってすぐに使ってしまう市町村もある中、ここは堅実に貯めているらしい。将来交付金がなくなることを見越して。隣村なのになかなか来る機会が無くほとんど知らない。今度ちょっと村内を散策してみるかな。

駆け足新潟帰省(8)2017年07月04日 07時39分38秒

鶏白レバー焼き?絶妙の柔らかさだった。
ここまででもうおなかいっぱいで、味がわからなくなってきてたのが残念。おいしい物は味わうためのよくかんで食べるから、少量でも満足感が大きいが、さらにここでは量もあったので余計。お昼のラーメンが多すぎたというのもある。ここに来る日はお昼を抜いても良いくらい。

最後は鶏すだちそば。
もうおなかはいっぱいだったけど、すだちの爽やかさで食べ切れた。

そうそう、車で行ってたのでお酒は全く飲んでないのだけど、代わりに村上紅茶というのを頼んだ。紅茶とあるけど、ジャワティーに近い感じで、とても飲みやすかった。2杯も頼んだ。なぜか写真を撮り忘れてた。

2時間半ほどだったか、とても楽しくおいしい会食だった。ここを選んでくれた親戚に感謝。
これだけの味、量でこの価格は非常に安いと言える。1人5000円かかってない。超おすすめ。また行ってみたいけど、1人で行くには量が多いかなぁ。

場所は駅前から歩いて10分位か、連れて行ってもらったので場所ははっきりしないのだけど、美濃屋の裏の方。
その美野屋と言えば衝撃の事実があったのだけど、それは別のネタで。
(C)おたくら編集局