お盆新潟・白馬2019(46)2020年02月06日 06時15分49秒

とん入上人さんが作ってくれた石段で上がる。が、ここも草が結構ぼうぼうだ。石段が見えない。

とん入上人入滅の場所は、集落が見渡せる絶好の撮影ポイントなのだが、ここも草が多くて近づけない。

そういえば石段でお堂に行くのは久しぶり。最近は車で行くことが多いから。いや去年も来たかな?

今年ここの御本尊の御開帳がある。
住職一代に1回限りで35年ぶりらしい。年齢的には前のも見られたはずだけど、当時は全然興味がなかった、というか知らなかった。残念ながらGWでもお盆でもないから、別途来ないといかんなぁ。開白法要(「かいびゃく」とは始まりの意味ね。「てんちかいびゃく」という言葉で使う「開闢」とは漢字は違うけど意味はほぼ同じ)は火曜日か。流石にそれは無理だから金曜日休んで金~日で行くかなぁ。

お隣の香取神社へもお参り。

お堂の駐車場横から米山撮影。今日は本当に綺麗。

下に降りる。前にも書いたけど、今はここの集落は限界集落に近い。バスも1日これだけしか来ない。
昔は1時間に1本はあったんだけどなぁ。老人の免許返納議論があるけど、ここでは車は必須。そういう話は公共交通機関の発達している都会限定でやってくれ。

家に帰ってきたら11時前。汗だく。
ここしばらくの新潟は涼しくない。台風からの風によるフェーン現象か。気温だけなら京都より暑いかも。今日も37度とか言ってる。ただし、乾燥しているので気温に反して過ごしやすい。市内放送では熱中症に気を付けてと言ってるけど、うちはエアコンないからなぁ。

GPSの地図を調べる。あれ、SDカードのスロットの蓋が開いてる。
閉めて起動したら地図が戻った。日本地図はSDカードに入れてるから、それが読めなかったためにこうなってたようだ。1つ勉強、というか経験。

お寺さんが棚参りに来られるのを待つ。
そう言えば、白玉団子作ってない。待っている間に作る。

お盆新潟・白馬2019(45)2020年02月05日 06時54分44秒

だいぶ間があいちゃったけど、再開。
・・・
今度は不動堂から山道を通って観音堂へ行こうとする。

が、入ってすぐのところで草ボウボウ。

しかし思い切って突っ切るとしばらくは行けた。
でも竹も生え放題で進むのが大変。

しかしあるところから先、余りの草の量に進めなくなり断念。半分くらい来た所か、分かれ道があった場所。
昔は誰かが手入れされていたが、もう居ないのかもしれない。ここ数年で使われなくなった田んぼや畑も増えてきてる。

GPSはeTre30xを持って行ってたが、軌跡は出るが地図が出ない。
地図データが消えてしまった?PCの中にはバックアップがあったはずなのでまた入れなきゃ。

仕方なく戻って、普通の道で観音堂へ。ここがその入り口の山門。

お盆新潟・白馬2019(44)2020年01月25日 06時52分47秒

9時過ぎから不動堂と観音堂へ行く。棚参りに来られるのは昼前後のはずなのでまだ時間はあるから。

不動堂。

お堂の横手から滝へ行こうと思ったら、蜘蛛の巣がすごくて行けそうにない。でもお堂の横に竹箒があったので払いながら進み、到着。

大黒アゲハだろうか、大きくて黒く、白い文様が入っているアゲハチョウがたくさん居る。

それより二回り小さなのも。
前にも書いたけど、このあたりはの蝶の種類が多いし、その分布は京都市内・北大阪とは大きく違う。

お盆新潟・白馬2019(43)2020年01月24日 05時53分20秒

8/14。

山風は1凍えるほど涼しい。が、それも6時には止んでしまう感じ。

体が痛い。今日になって痛みが出ると言うことは年取ったと言うこと?昨日は痛くなかったのに。

5時過ぎに起きた。朝焼けが綺麗なので、浜に撮影へ。米山が非常に綺麗に見える。背景の山も。
佐渡の方は少しけぶってる。

夕日が丘公園にドローン飛ばしに行く。
きれい。

こんな朝から泳いでいると思われる連中がいる。泳いでいるというより騒いでいるというべきか。声が非常にうるさい。

ところで、夕陽丘公園へ行く道は先が通行止めになっているのでそれほど多くの車が来るわけではない。しかし、観音堂へ上る車も来るし、バスの転回場もあるからこんな馬鹿な停め方をしてはいけない。
道路の片側車線塞いで縦列駐車してやがる。

後でドローンで上空から見たら横並びにしてやがる。
誰も見てなきゃ何しても良いと思っているのは大馬鹿の証拠。人間の本性はこういう所に現れる。

ドローンは電池切れで撤収。やっぱりズームが欲しいなぁ。

帰ってから朝食。

もう1つのドローン;Telloで屋根裏撮影を試みる。
が、どうにも不安定でだめ。本体の回転が止まらない。キャリブレーション、ファームアップデートしてもだめ。一度天井に激突して落ちてきた。それでも壊れないのがTelloの良いところだけど、やっぱりおもちゃドローンではこの程度か。
あまりに不安定でぶれまくりなので写真はなし。本体が回転する原因は京都帰ってからわかったんだけど、何だっけ、忘れた。

2階は7時半を越えると部屋の中でも汗をかくほど暑い。

今日は棚参りなのでお出かけはしない。

カレーの残りを冷蔵庫に入れておこうと思って鍋の蓋を開けてびっくり。発酵してる。ボコボコと泡吹いてる。
嫌な匂いはしないので腐敗ではなく発酵だと思うけど、いずれにせよ食べる気にはならないので廃棄。昨日の夜食べたとき電子レンジで必要な分だけ温めたため鍋に火を通してなかった。今日のお昼どうしよう?

夏場とはいえ、1日半でこうなるか!?「らき☆すた」(アニメ)の話の中でこなたが作ったカレーが翌朝には腐ったという話があったけど、それを地で行った。せっかくおいしく出来てたのに残念(^_^;)いや、それもあるんだけど、新潟では基本ゴミは捨てにくいからこんな生っぽいのを大量に捨てるのはつらい。容量的に冷蔵庫にも入れてられないし、庭に放置しておくか。誰かが食べるかもしれない。そういえばずいぶんと昔も同じようく腐ったカレーを庭に捨てたら翌日にはきれいになくなってたなぁ。誰が食べたんだろう?

お盆新潟・白馬2019(42)2020年01月23日 06時21分21秒

靴擦れはこんなになってた。
シャワー浴びるがしみて痛い。この先白馬の山も登らないといけないのに、これで行けるだろうか!?

もう14時前?
お昼はカレーで。美味しく出来てる。新潟は食材が安くて助かる。

昨日より気温は低め。じゃなくて今日はかなり;すごく風が強い。だから涼しく感じる。やはり台風の影響。

迎え火のために料理を作る。16時。ご飯は直前に炊くので、お味噌汁を先行。

海へ。今日は波が高い。沖のテトラポットまで行くのにえらく時間が掛かった。なので1往復だけにした。

今日の夕日。

片割れ時。

19時頃から迎え火に行く。
ちょっと霞が掛かっていて月が絵に描いたようで美しい。ほぼ満月。手持ちの撮影でもクレーターがはっきり見える。旧暦のお盆は絶対に満月じゃなかったかなぁ。
この時間にはもう来ている人は居ない。
昔は薄暗くなってから出かけたもんだけど、最近の人は昼間に来るのかなぁ。
遠い親戚のお墓に行こうとするが、道があやふやでちょっと迷った。
これ位時間に墓場を一人で歩くのはちょっと雰囲気ある。いくらヘッドライトを付けてても。

そう言えば、今年は夏虫が少ない気がする。鳴き声が単調、というか面白い声の子が居ない。昨日は山で「自分はここに居るぞ」と鳴いている子が居たけど。

写真調べてたら、D7500の全ての写真の右上にゴミが付いてるのが判明。レンズを交換しても付いているから、これはCMOS上に付いている。自分で取るか、サービスセンターに持って行くか・・・と思いつつこれを書いている今も行けてない。腰痛めてから重い一眼レフは持てないから。クリーニングキットは持ってるんだけど、さすがにCMOS上を触るのは怖いんよね。

ということで、8/13は終わり

お盆新潟・白馬2019(41)2020年01月22日 06時29分13秒

頂上はもういったし、欲しいのはとあるお土産だけなので、それさえここにあれば良い。

探したら駐車場横の土産物屋にもあったので買う。これ。
去年表参道から弥彦山に登ったとき、ロープウエイ乗り場横の土産物屋で見つけた。これがおいしいんだ。やみつきで我慢しないと一気に食べきってしまう。今年は買えないかと思ったけど、買えて良かった。

これ買った後に自動販売機でアクエリアス買ったら出てこない。もちろん店の人に言って出してもらったけど。

ちょっと引かれたので「コシヒカリアイス」というのを食べる。
米粒が入っている。これ結構美味しい食感。300円。

・・・

スカイラインを下る。ところが、GoPro Hero7で録画ボタン押すの忘れてほとんど録画無し。他のアクションカメラは外部USB給電すると自動的に録画が始まるけどHEROは録画待機になるだけ。
覚えておかないと。

寺泊でお昼にお寿司でも買おうかと思ったけど、すごい人で駐車場も満杯なので中止。

家に帰って・・・通り過ぎて薬屋に行く。
薬付き絆創膏があったので買う。ついでにクイックルワイパーのような物を。床を拭き掃除するため。腰を曲げてふくのもつらいので。

薬屋の駐車場から出ようとして前に進んだらガクンと行って進まない。縁石がある。真ん前に道路があるから進もうとしてた。バックして出口に行かなきゃ。
やっぱり、日常生活に支障が出るほど記憶や判断がおかしい。隠れ脳梗塞発見後経過観察しているけど、やばいかも。
自分が死ぬだけなら良いけど、周りに迷惑を掛けたらいかん。

お盆新潟・白馬2019(40)2020年01月21日 06時12分50秒

しばらく間が開いたので何を書いてたか忘れちゃった。

・・・
せっかくなので帰りに弥彦山スカイラインを走ることにする。
昔は有料だったが今は無料。頂上の駐車場で停車。ここも無料。
この左手の斜面を上がった先がケーブルカー乗り場。駐車場は、その裏側一段下がったところにある。
観光パノラマタワーがひときわ高く見える。

こういう場所。

ここまで車で来てロープウエイに乗る人は居ないだろうけど、奥の院に行くならなんとかこの斜面を登るしかない。ところがそのためにはこの斜面を登っている箱みたいなのに乗るしかない。

クライミングカーというらしい。

無料じゃない。この価格。結構高いなぁ。

ここだけの話だけど、実は駐車場の端っこ、上の写真で言うと左手ちょっと先に階段がある。ここ、道路右手。
時間があって、費用を抑えたい人はこちらからどうぞ。

お盆新潟・白馬2019(39)2020年01月09日 06時11分23秒

ホタルブクロ。
これも八方の定番の花。

葉っぱの裏に居たセミ。
種類はわからない。
こちらは木の幹に居た子。同じ種類だと思う。
羽と体の色から熊とか油とかツクツクでないのはわかるけど、誰だろう。ミンミン?ヒグラシかも。

ひなたぼっこするトカゲ。夏場でもひなたぼっこが必要なのね。

何か玉のような花。変わった花びらの付き方してる。いや、そもそもこれ花びらなんだろうか。

帰りはアブは居なかったが、蚊が半端なく増えている。登山口近くの湿気の場所では前が見にくくなるほど。マジで。やっぱり夏の新潟山登りには虫除けスプレーが必須。

っという間に登山道入り口に帰り着いた。

そして駐車場。
まるで草むらの中に突っ込んでいるように見える。

前から見るとこんな感じ。
10:30。約3時間で往復したことになる。これくらいの登山が一番楽。6時間を超えるようなのはさすがに疲れるからね。

しかし、靴脱いだら靴づれがすごいことに。これは薬+絆創膏が必要

さて、この後何処へ行くか。それはもちろんスカイライン全線走破と、その途中で買えなかったお土産を買いに山頂の土産物屋へも行きたい。

お盆新潟・白馬2019(38)2020年01月08日 06時20分22秒

緑のアジサイ。
アジサイは元々緑色だったらしいから、これはより原種に近いのかもしれない。

水芭蕉。登りにあった場所。登りには見えなかったのだが、下りだとはっきり見える。

別の蝶が居た。
太陽光で羽が透けて見える。羽がちょっと欠けているか?

行きにあった横断歩道。この狭い隙間から道路に出る。
車で来たら、こんなところにいきなり横断歩道があり、人が立ってたらたら驚くだろうなぁ。白い服着て手招きでもしたら「あれ」と間違えられる?

また別の蝶が。

こちらはまた別の種類。

ここにもいた。正面で羽が見えないけど。

この山は蝶が多いのかもしれない。いや、新潟の山は何処も多い気がするけど。

それにしても、靴づれがひどくて痛い。分厚い靴下+登山靴でなぜ靴擦れする?痛くても折りきるしかない。

お盆新潟・白馬2019(37)2020年01月07日 06時32分51秒

ロープウエイ乗り場まで降りて、そこでポカリとお土産買おう・・・と思ったけど、今度はお金を忘れていることに気がつく。
お金は全て車の中に起きっぱなし。お土産はともかく塩分+糖分の補給が出来ないのはつらい。でも仕方ない。
でもこれで土産物屋まで行く行かないの悩みはなくなって即帰ることにした。
 それにしても最近は本当に記憶力が全然だめ必ず何かが抜ける。日常生活にも支障が出るほど。「困る」どころじゃない。どうしよう。

9時20分には下り始める。
カメラは登りは軽いα、下りはD7500。

またアサギマダラが居た。
行きに綺麗に撮影出来なかったから、D7500の10倍レンズでしっかり撮影。

こっちにも。

アサギマダラって、やっぱり胴体というかおなかがないよなぁ。

下りは海に落ちるように見える。
弥彦山も結構海ちょっかりで生えている山のようだ。ちょっかり山では鹿児島の開聞岳も登ったなぁ。もう20年も前だけど。

登りに書いた峠を攻める車の轍。
こういうのが多くのカーブに刻まれている。他人には迷惑かけるなよ。

これもスイッチョンの幼生かな?
そういえば、大阪は箕面の滝道には昆虫館というものがあって、子供の頃は時々行ってた。当時は入館料10円だったか。その後改築されて今の建家になってからはそんな居やすくないけど、1回行ったことがある。1/3にはその前を通って滝道にあるお寺に初詣に行ったのだけど、そのときこの前で「昆虫なんて全滅すれば良いのに」と言ってる女がいた。はっきり言うが、地球にとって滅ぶべきは人間であって昆虫ではない。加えて言えば、昆虫が死滅したら人間は生きていけない。地球全体の生態系循環の中では人間は単なる浪費者で居なくなっても何の問題もないが、昆虫は必要な要素だからだ。虫が嫌いなどと行っている人間は、前世で悪行なして虫地獄にでも落とされたんじゃないかと思う。いや本当に。異形のものを見ると恐れるのは仕方ないとは言え、ここまで言う奴はそれこそ精神が病んでいるので、滅ぶべきはおまえだ!と言ってやりたかった。結婚相手というか付き合う相手として選ぶべきでない。そうか、付き合えるかどうかを見極めるには昆虫館に連れて行けば良いのかも。ふむふむ。

(C)おたくら編集局