夏のとんぼ池公開(3)2017年08月09日 06時01分10秒

今回の公開では、キノコの解説もあった。
「キノコは自然の還元者」。生産者である植物、消費者である動物、動物と植物の間を取り持つのがキノコなどの菌類の役目である。それが重要。命の循環。

で、いろいろと聞いたのだけど、大きなキノコはこれ。
聞くと誰でも知ってそうな有名な物なんだけど、あえて名前は書かない。事情は察するべし。

キノコは、実はこの見えている部分は植物で言うところの「花」で、本体は菌糸で土台となる木の中に根のように糸を張っている。また、傘の上の方はカバーであって、重要なのは傘の下側。ここに法師を出す部分=生殖器がある。
ちなみにキノコは生える木の種類が決まっているのだそうな。だから、似ていても針葉樹か広葉樹かどちらに生えているかで種類が変わる。逆に言えば、キノコが同定出来れば、いくら腐ってボロボロでも、その木がどちらかであるかがわかる。
このキノコは広葉樹にだけ生えるのだろうで、針葉樹に生えるよく似たキノコがあるどうだが、それは日本だけにしかないそうな。これは中国にもある。

さらに、最近のキノコの同定はもう遺伝子レベルで行うのだそうで、ぱっと見で判断はしないのだそうな。これとか松茸・椎茸のようなよほど有名どころ以外は。だから現場で言うのは「こういう属の一種」という感じになるらしい。

縁起が良いキノコだそうで、床の間や玄関に飾ったりすることがあるそうな。そういえば見たことあるなぁ。
触って、願い事しておきました。「(秘密)」。

キノコの季節2017年07月09日 14時47分55秒

京都は祇園祭巡行を前にしていよいよ暑くなってきた。
梅雨の真っ只中にも関わらず梅雨らしい雨は少なく、どちらかという夕立的な雨が多い。結構な雨量になることも多いので要注意である。

そんな状況だと湿気も高く、御苑内はキノコがいっぱい。昨日も行ってみると閑院宮邸跡後を中心にたくさんの、しかも大きなキノコが見られたので紹介。

まず目に付いたのがこれ。

でかい。高さ15センチ、幅は20センチを超えると思う。
食べられると良かったのに(^_^;)園内のキノコは勝手に採ったらだめです。これは堅そうだけど。

別の木の根本にあったもの。こちらも高さ10センチ以上あった。
ふんわりしている感じ。

どアップ。
マシュマロみたい。

こちらはちょっと遠くにあった真っ白な1本。

これは閑院宮邸跡の外、宗像神社の横の入り口の手前にある大きな木の切り株の上にあったもの。
そこそこの大きさのがたくさんあった。シメジ?

これは御苑内ベンチの下に生えていたもの。
御苑南端のベンチの多くの下に生えてた。

他にも園内至る所に大きいのがあった。1周したら目に付くのだけでも相当数あると思う。京都に来るなら、キノコツアーと洒落込むのはどう?

そうそう、ブログの分類上のタグでは「植物」としているけど、生物学的にはキノコは植物ではない。最近は「動物」「植物」「菌類」の3種類と教わっているそうだ。でもそのために新タグを作るのも面倒なのでこのままにしておく。知っててやっているので突っ込まないように。

とりとめもなく2015終わり2015年12月31日 06時44分40秒

ということで、2015年も終わり。
いろいろあったけど、人生と同じで、終わってしまえば全て過去。新しい年;未来に向かって進むしかないと。
きれいな夏みかんがあったので1枚。

阪急京都線は種別が多すぎてよくわからない。通勤特急、特急、快速急行、準急、普通。もう1つあったような。特急は大宮と西院に止まらない急行、快速急行は急行そのもの、準急は高槻~河原町間は各駅停車。素直に昔の「急行」を戻せば良いのに。車種が多いと言うことが問題なのではなく、どれがどこに止まるのかが解らないと言うことで。特に淡路駅にいるとそう思う。
などと、思いながら、快速急行で帰路に付いたのでした。で、「急行じゃん」と思ったわけで。

良い年をお迎えください。

赤い実2015年12月05日 06時49分23秒

秋はいろいろな実を見るのも楽しいもので。

これは植物園の中で見かけたもの。

・・・って、もう冬だけどね。




ネタ切れ。

御苑はキノコ盛り2015年09月12日 08時44分50秒

今、京都御苑の中はキノコ盛り。歩いているとあちこちで見かける。

最近多いのがこれ。シメジ似の群生。よく見ると、木の根っこの継ぎ目みたいなところから生えていることが多い。
今一番多く「見える」のはこれ。





これは木の幹に生えている。サルノコシカケの一種か。

ここには3種も写ってる。かさの大きいの、黄色の、さらに手前、木の幹にもある。

これも最初のシメジ似のやつか。

これは成長の過程がよくわかる。丸っこいので土から出てきて傘が開きながら成長していく。

丸くて白い。きれいな傘。

これも似てるけど傘の色が違う。でも、キノコにはすぐに色が変わるものもあるそうだから、同じ種類かもしれない。根元の部分が似てるし。

あまりにあっちこっちにはえていて、しかも大きなものも多いから、食べられると良いんだけど。食費のためにも。Let'sキノコ狩り in 京都御苑!!引率者求む(^_^;)

とんぼ池2015(4)2015年08月11日 06時40分17秒

今度は見かけた植物。

まずは池全景。一番奥から入り口方向。蓮の葉が茂っている。

1輪だけ咲いていた蓮の花。きれいな色合いだねぇ。

入口入って右手にあるのはクサギ。花が満開で甘い香りを漂わせている。

なんとかミョウガだったと思う。花は真っ白で丸っこい。

これが実になると群青色になって艶が出てくる。
数珠の実にも似ているけど、大きさは違い、こちらは直径5ミリほど。

ゆりの一種ではないかと思われる花の実。残念ながら花はもうない。

何かの実。うりに似ているけど、長さは3センチほどしかない。風船とか提灯とかに似てるかな。

がまの穂。3本ほどあった。そういえば、がまの花は見たことがないかな。


新潟・白馬2014(34)2014年11月01日 08時50分53秒

またきのこ見つけた。きのこ図鑑も欲しいなぁ。いや、持ってるか。今度同定してみよう。
花よりずっと同定は難しそうだけど。

白山女郎花(ハクサンオミナエシ)。
この頃には、傘をさしてもびしょ濡れ状態だった&手がふさがっていると危ないので、
歩いてない時はささない状態。それ程に大雨だった。
カメラは雨がっぱの中。写真を取る時だけ傘をさしてカメラを出して撮影。
でもそんな状況だからそれほど撮影はできないし、したとしても時間はできるだけ短くしないといけないからじっくり構えていられず、このようにほとんどピンボケ。

遠くの山肌には雪渓が見える。霞んでるけどわずかに。
そういえば、今年は栂の木の実がない。毎年この辺りにはあるのだが。これはまたくまが出てきやすいんじゃないだろうか。

写真にはっきり映るほどの雨2。

こんな状況で急いで入り口に向かっているが、靴は完全に底が外れてしまった。
現地では写真が取れなかったので家で撮影したもの。

幸い、このトレッキングシューズは底が外れてもまだ上の部分に底があったので何とか歩くことはできた。でも、底が分厚い分、外れると両足の高さが違うことになり非常に歩きにくい。
ホテルに着くまで、いや、車には替えの靴があるのでそこまでなんとかこの上の底が保ってほしい。完全に穴が空くともう山道は歩けない。

2014/11/12補足
靴底が完全にはがれたのは自然園を出てからだった。でも、このときにほとんどはがれ賭だったのは事実。

新潟・白馬2014(32)2014年10月30日 06時58分08秒

展望湿原から展望台までの間は林間コースになるためか日頃から湿気ていることが多く、きのこも多い。

見つけたきのこ各種。



赤いのが多かったような。
違うのもあるけど。

これは変わった形のもの。ガーデンイールのような感じ。

木のうろの中にあったもの。なんか美味しそう。
それにしてもみんなボケてるなぁ。90mmはピントが合えば非常に切れが良い絵が得られるが、合う範囲が非常に狭いので難しい。こういう、歩きながら、見つけたら手持ちですぐ撮るようなところでは、もう少し被写界深度が浅く、写しやすいレンズのほうがいいかもしれない。軽ければなおよし。来年までに考えてみるかなぁ。経済的には厳しいけど、こういうものは一期一会だから、逃したら再撮影できないから。

キュウリ2014年07月14日 07時02分30秒

今年はプランターにキュウリも植えた。初めてなのでうまくいくか心配だったが、うまく成長し、実がなった。

キュウリは花が咲くときにはもう小さな実が出来ているのね。

うちのキュウリはスナックキュウリという種類らしく、あまり大きくはならない。この写真で15センチくらいか。真ん中が一番大きくてその裏に隠れているのも近いサイズ。上にも大きくなりかけのがあった。

ところが、下2つは実が成長したのに、上のはその後縮んででしまった。
1つまたは2つの実を成長させるのに注力するためにこうするのだろう。しばらく花が咲かなかったが、この2本を収穫したら、新しい花が咲き始めた。肥料を大量に与えたら全部大きくなるのかもしれないけど、味がおかしくなるからね。

この2本はすでに収穫し、この写真のはもう食べた。収穫してすぐは水気も少なめで青臭さも少なく、なかなかおいしかった。少し塩を振って食べると甘さも感じる。一部はピクルスにしてる。

下の1本、左に少し写っている1本、別のプランターでもう1本が現在収穫済み。どうやって食べようかな。

呉~松山~しまなみ海道~尾道旅行(47)2014年06月18日 07時17分50秒

次は光明寺。

光明寺には、建屋からちょっと離れた場所に「幡龍の松」(ばんりゅうのまつ)というのがある。市の天然記念物だそうで、横に非常に長く張り出した幹が特徴である。距離が取れないということもあるが、超広角レンズを持ってしても入りきらない。
最初から狙ってこういう形にしたのか、たまたま横に伸び始めたのでそのままにしてたらこうなったのか。不思議なもんである。

尾道の街には、今回主に巡る七ケ寺だけでなく多くお寺社がある(実は光明寺も七ヶ寺には入ってない)。おそらく、面積比で言えば京都より多いのではなかろうか。ちょっと歩けば寺社がある感じ。
後述のスタンプ帳では多くの寺社で押す場所がある。スタンプ帳にある寺社は特徴があるところなので、時間が許す限りめぐると面白い。
(C)おたくら編集局