マーマレード作り20182018年05月23日 05時49分50秒

今年はしまなみ海道に行けた。行くと必ず大量の柑橘類を買う。で、全部を一人で食べきれないので一部はマーマレードにする。それが出来るのも、しまなみ海道で売られている柑橘類が基本無農薬だからである。

今年使ったのはこういう種類。

これは不知火(デコポンは登録商標)。

これはレモンのように見えるけど違う。グレープフルーツに近い味かな。苦味はないけど。

これはレモン。無農薬だから安心。
このレモンは酸味を付けるために入れたけど、他の量に対して少なすぎた。出来上がったものは全く酸味を感じない。この量なら最低2個は必要か。

それらの皮を剥いて、肉厚の皮は裏側の白い部分をスプーンでこそげ取って短冊状に切る。1mmとか細かく切るように書いてあるHPもあるが、私は皮の感じを残したいので1センチ幅くらい。

身は別途取って皮を向いておく。取れない種類はそのまま。
皮と身で約1.2キロもある。
写真には撮ってなかったけど、種は別途取って茶こし袋に入れていっそに煮る。そうするととろみが出るそうな。

ちなみに、皮を入れるのがマーマレードで、入れないのがジャム。

こちらは使う砂糖。700gだとこれくらいの量になる。
一気に食べたら寝込みそうな量。

まずは皮だけ圧力鍋に入れて低圧で煮る。
これで一気に皮を柔らかくする。

次に身を入れて更に圧力をかけて煮る。

圧力が抜けたら、砂糖を20分毎、3回に分けて入れていく。
これで60分。

後はかき混ぜながら水分が飛んでとろみが適当になるまで弱火で煮詰める。
冷えると粘度が高くなるので、ちょっと柔らかめと思うくらいでいい。砂糖入れはじめから2時間は必要だと思う。

ちょうどよい粘度になったら、別途煮沸洗浄(沸騰したお湯の中で10分)した瓶入れていく。
入れたら逆さまにする。それは、蓋を熱消毒するため。もっとも、蓋も一緒に煮沸消毒してあるんだけどね。

ここまでで実に6時間かかった。マーマレード作りはきらいじゃないけど、時間がかかるのは辛いかな。特に今の私は腰が非常に悪いので。

冷えたら正立させて、外に付いたジャムを洗い流して常温で暗所に保管。
今回は11本できた。多分来年までは余裕で持つ。まだ他のもあるので。

今年はちょっととろみが足りない&皮の苦味が強いのに甘さが強すぎる感じ。煮詰めが少ない分色は鮮やかだけどね。

まだ柑橘類はたくさんあるから、もう1セットくらい作れそう。万が一食べ切るようなことがあったら作ろうかな。
人にあげてもいいのだけど、あげる人いないし、それ以上に瓶が貴重なので食べ終わったら瓶を返してくれる、もしくは代わりの瓶をくれる人でないとね。

そういうことで、たまには料理らしい料理もする私であった。

似非しまなみ海道物語(10)2018年05月10日 05時53分07秒

これがリモーネプラザという所らしい。
その中にあるレモンハートというお店が目的地。入って右手ね。

そしてこれがレモンポーク丼630円。
簡単に書けば御飯の上にキャベツ、ベーコンのような豚肉、さらにその上に目玉焼きを載せた丼。
味付けにレモンと醤油がかかっている。美味しいよ。これでこの値段なら文句のつけようがない。

食後に中の売店でお土産を買う。いわぎ物産センター売店。あぁ「いわき」じゃなくて「いわぎ」だったのね。
岩城島といえば芋けんぴ。これは外せない。
しまなみ海道のあちこちで売っているから何度も買っているが、初めてその原産地に来たわけだ。いや、来たかったというべき。写真はだいぶ食べてから思い出して撮影したので少ないが、元々は袋いっぱい入っている。これで360円とお買い得。美味しい。今まで食べた芋けんぴの中では一番。

もう1つ買ったのがこれ。
ちゃんと地元産。
酸っぱさと甘さが絶妙。酸味のほうが強い。310円。これは初めて見た。ここでしか売ってないのかも。超オススメ。

再び小漕港へ向けて走る。
途中にあった源平の、これは桃?

海向こうに生口島が見える。海が青く海岸もきれい。

お土産はとりあえず袋に入れてもらってこんな感じでハンドルに掛ける。
本当はもっと買いたかったんだけど、これ以上増えると持って帰るのが大変だから。お土産のことは毎回課題になっているが、まだ未だいい解決策がない。自分の自転車ならかごとか付けるんだけど。とりあえず今日の宿で少しリュックを片付けて入れられるようにしないと。

こういう海岸沿いの道を走っていく。
走ってみたいでしょ?さあ、アタナも来年はご一緒に(^_^;)

そして先の曲がる場所をちゃんと曲がって小漕港へ。ちょうど14時。

船は14:30なので、ちょっと時間がある。遠回りをしたけど時間は予定通り。

2017新潟/白馬大作戦(8/18の34;最終回)2018年03月21日 10時09分12秒

有磯海SAを出発してあとはひたすら運転するのみ。

呉羽PA。17:47。
私は普段SAにしか止まらないのだけど、今回は例外的にPAにかなり止まってる。疲れていたからか、トイレに行きたかったからかは忘れた。

尼御前SA。18:42。

中に入るとサングラスが売ってたので買うことにした。
実はだいぶ前に尼御前SAだったか南条SAだったかで眼鏡の上につけるタイプのサングラスというかサンシェードを買って愛用していた。メガネタイプではなくメガネの前に付けるもので、バネで跳ね上げることができるのでトンネルの多い北陸道では特に重宝していた。しかし、八国山登山の際に落としてしまったのか見当たらなくなり、代わりになるものを探していた。一応新潟でも普通のサングラスを買ったが、やはり眼鏡の上からかけるとつけ外しが面倒で、でも常時かけているとトンネル内では暗いので難儀していた。それが、ここにあったのはメガネタイプだけど前が跳ね上げられるもの。ベスト。即購入。メガネは福井に限る・・・かな?

ここで、有磯海で買ってあったますの寿しを食べる。ちょっと変わったこういうの。


ますのすしを上から炙ったような感じ。
寿司と呼ぶには酢が弱いような。まあ、そこそこに美味しいけど、くり返し買うほどでもないかな。

19:00の空。まだ明るい。
明るいうちに距離を稼ごう。

刀根PA。20:15。
急にトイレに行きたくなって入った。最近PAでも大きなところが増えてきたけど、ここは昔ながら?のPA。

このあたりから雨が降ってきた。雨が降ると急激に運転しにくくなる。

20:50、北陸道最後のPA神田に到着。
ここはかなりでかいPA。この先はもう京都まで休憩なし。

神田PAを出ればすぐ米原JCTで、その先は名神。やっぱり名神は北陸道に比べ走りにくい。道路が狭く感じられるし、カーブが多い。まあ、日本でも最も古い区間の1つだから仕方ない。

ということで、八方池からの全行程GPS。
このあと京都東まで高速、あとは一般道で家に到着したのが22:15くらい。よく運転しました。

でも実はこれで終わりじゃない。荷物を降ろしてすぐ、今度は実家まで運転する。車を置きに行くためだ。京都に駐車場はないから。

大阪の実家に着いたのが23:45。そこからすぐ最寄りの駅に行ったのだけどもう終電が終わっていて京都には戻れなかった。疲れているなか駅まで歩いたのにまた戻るとは。追い打ちかけるなぁ。翌日は地蔵盆があるから京都に朝から居なきゃいけないのに。

翌早朝に帰り着いたのだけど、まあ、しんどかった。

ということで、10年以上ぶりの長旅行であった。新潟では思いの外いろいろとできなかったし、山は多くが雨だったりで天候には恵まれなかったので、ちょっと疲れが勝ってしまったかな。

あまりに長すぎていろいろあったことだいぶ忘れてる。書き忘れたネタがいろいろあるような気がする。

来年、というか今年も長く行きそうだけど、実はこの5月にも法事で行くのでそんな長くなくてもいいかな、などと思ったりもする。まあ、それはまだ先の話。

その前に「あれ」がまた来る。今年は巡る島の数が半端ないぜ!

ということで、長く続いたこのシリーズも終わり。

2017新潟/白馬大作戦(8/18の2)2018年02月09日 07時43分16秒

7:30になったので朝食へ。
ここが食堂の入り口ね。
実は裏口もあって、私は大帝そちらから入るのだけど、今日はこっちから。

やっぱり朝はおかゆさんかな。

それでもパンとフレークも食べたけどね。

サラダ。
普段の朝食はパン1枚+卵焼きくらいだから、こういう所とか、バイキング朝食のホテルとか行くとついつい食べ過ぎてしまう。でも山登りをするのだもの、良いよね。

最後は紅茶で締め。
ごちそうさま。

そうそう、おかゆに乗せていた高菜漬けは販売もされているので買った。800円だったかな。冷凍されていたので保冷袋に入れて、なんとか京都まで持って帰った。諸般の事情でまだ食べてないけど。1つだけ書いておくと、袋は完全には密閉されてないので融けてくると汁が出てくる。要注意。

テーブルの上にも花が飾られていた。桔梗。
やっぱり京都より少し遅いかな。うちもテーブルの上に花を飾るような素敵な食卓にしたいねぇ。最近はPCかTV前で食べることがほとんどだから食卓の上は物置になってしまっているけど(^_^;)

2017新潟/白馬大作戦(8/17の35)2018年02月07日 06時11分01秒

今日のお酒は昨日の残りでドイツワイン、ラインヘッセン。
2700円。日本酒は今日は出さない。

さてこれが今日のメイン。信州プレミアム牛、サーロインステーキ。
いつものお肉ではなく特別の物だ。数年前から+2700円で数段上のお肉に変更できます、と(エレベーターの中に)書いてあって気になっていたのだが、それをようやく頼むことが出来た。

エレベーターの中のはこれ。
光ってるし、上の方の説明書きが切れちゃってるけどね。

好みで塩やわさびを付ける。

そのお味だが、昨日の=普通に出される肉に比べとても柔らかく上品な味がする。日頃はあまり牛肉を食べない私でも明らかな差がわかる。肉に甘みがあり、特にわさびペーストを付けるとそれが一層増す。個人的には塩より好みだった。

量も一回り大きくなる分多くなる。正直、今の私の胃にはちょっと多い位。この2/3位でも良いかな。値段も2/3ならなお良し(^_^;)

毎食というわけにはいかないけど、2泊なら1日はこれにしても良いかな。お勧め。

デザートはチーズケーキと紅茶。
昨日は撮影し忘れたけど、今日はバッチリ。

今日もとても堪能いたしました。ごちそうさまでした。

さて、昨日は私1人だけだったけど、今日は複数のグループがいる。
一人で黙々と速く食べる人が居れば、家族で話しながらの人たちもいる。で、とあるグループ;おそらくは中学生か高校生の一群の話。
食事の後、話もせずひたすらスマホ画面を見てる。こんな所来て、こんなおいしいもの食べた後なのに、それってどうなの?と思った。
何のために一緒にここに来てるの?食事について話すなり、今日合った出来事について話すなり、みんなで顔併せて話すことあるだろう?それが全員狭い画面を凝視し続ける姿は異様だ。まさにスマホ中毒。
たまにカップルでもスマホ見続けているの見かけるけど、もし私の相手がそんなんだったら、速攻別れる。気持ち悪いし、精神的にどこかおかしいとしか思えないもの。

食事中写真撮るのもあまり褒められた行為じゃないけど、でもそれだけこの料理は記録しておきたいと思ういるし、舌全部で味わうし、料理だけじゃなくてテーブルの上の花、爪楊枝立ての鶴の折り紙、壁に掛けられた陶器など、ここという場所と食事と時間を感じたいと思う。そうでなくちゃここに来た意味が無い。旅行したとき、食事時くらいスマホ手放そうよ、そうすりゃ、いろいろと見えてくるものがあるよ、と言いたい。

・・・

食事の後はもうぐったりで、21時には寝てた。今日はもちろん、昨日の米山の疲れも出てきたか。温泉は言ってもさすがに疲れは取りきれない。歳だねぇ。

というところで、長かった17日がようやく終わり。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の34)2018年02月06日 08時19分44秒

ホテルに戻ってちょっとして食堂へ。18:30過ぎ。
今日も一杯歩いたからおなかペコペコ。

まずは生ハム。
京都のシャラモンさんとかで出てくるのはとても薄くスライスされた物だけど、こちらは分厚い。シャラモンさんのは味がかなり濃い上に堅いので、多分この厚さに切ると食べられない。その「生ハム」はごく一般的な「ハム」のイメージから遠いけど、こちらのは一般的な「ハム」を生にした感じがする。どちらがおいしいと言うことでは無くて、料理法の違い。

スープはクラムチャウダー。2枚貝のスープね。

お次はサーモンとチーズのソテー、チリソース。
今日のメニューも書いてもらったから間違いなし。チリソースだけど、そんなに辛くはないので、辛いのが苦手な人でも大丈夫。

おそばと野菜のサラダ。信州だからそばは外せないという所か。
手打ちですよね?

写真撮りながらで忙しくしているように思われるかも知れないけど、私は基本食事は遅いのでそうでもない。ここまでですでに40分近く経過している。おいしい食事は堪能しなくちゃもったいない。

縁起物食べ物あれこれ2018年01月12日 07時41分04秒

初詣。今年の正月は京都で3カ所、大阪で2カ所行った。多いようだけど、毎年のこと。

そのいくつかでは縁起物の振る舞いがあった。それを紹介。

これは上賀茂神社の大根煮。
500円。

ぜんざい(350円)もあるけど、毎年こちらをいただいてる。寒い中なので温まってありがたい。

同じ上賀茂神社でこちらはみたらし団子。
1本100円。

みたらし団子と言えば、歌「団子三兄弟」がヒットしたせいで1櫛3個と思っている人も多いかも知れないけど、実は4つが本来の数。
そして、ここ上賀茂神社のみたらし団子そこが元祖。境内を流れる御手洗川に浮かぶ泡から発想されたのがこの団子であり、だからこそ「御手洗団子」→「みたらし団子」である。
・・・
場所変わってこちらは下鴨神社の甘酒。
200円。
ボーイスカウトの少年たちが給仕をしている。結構濃厚、これも暖かくて温まる一品。

実は今年下鴨神社には2回行ってる。最初は元旦に行ったけど、余りの人出で社殿前には行けずこれだけいただいて帰った。3日にも行って、そのときはもうそれほどの人出ではなかったので参拝し、帰りにまたこれをいただいた。いや、何杯飲んでもおいしいと思う味だね、これは。

こちらは境内にある茶店の雑煮。店の名前は「さるや」だったかな?
700円。

清く正しい京風雑煮なので、白味噌仕立てで中には丸餅が1つ入っている。
この写真ではよくわからないと思うけど。
白味噌は甘めではあるけど、でもちゃんと塩気もある。とてもおいしい。

うちでも毎年雑煮は作る。鰹だしに大根と、今年はにんじんも入れたけど、味噌ではない。お餅は角のを別に焼いて後で入れる。実は関東風らしい。母親の作ってたのを見よう見まねで作ってる。生きている内に作る方を教わっとけば良かったねぇ。

この店ではこのほかにぜんざいなどもあったと思う。

御神酒はいただける神社、お寺はいくつかあるけど、境内で他の物をいただけるのは少ないかな。

ということで、いただきたい方は来年にチャレンジ。
多分元旦から3日くらいまではいただけるのではなかろうか。

実は京都では先の1/8にも泉涌寺泉山七福神巡りで9ヶ寺(7福神+番外2カ所)も行ったのだけど、そこでもいくつかのお寺で食べ物をいただいた。上記はお寺の物ではなく氏子とか青年会の奉仕だったけど、こちらはお寺そのもののだった。人が多くてちょっと良い写真がないので多分公開はしないけど、気になる人はどうぞ。七福神めぐりは毎年成人の日だけ。新成人の人は何やらいただけるよう。最寄り駅は京阪およびJRの東福寺。

初ぼたん鍋2018年01月11日 07時53分48秒

これがなんだかわかるだろうか。
牡丹の花、というかバラの花のようにも見えるこれが「ボタン」=イノシシの肉。
ということで、多分初めてぼたん鍋を食べた。名前も納得した。

野菜もたっぷり入れる。


イノシシ肉は煮れば煮るほど柔らかくなると言われたが、実際にはそんなに柔らかくなかった。さりとて豚とは違う風味と食感。
もちろん牛とは違っていて、独特。
なるほど、これがイノシシか、と思いつつ食べてた。おいしい?かな。

先日紹介の出町柳商店街の中にはイノシシ肉を扱っている店がある。ということは、自分の家で食べられないことはないのだけど、さすがに1人では食べようという気にはならない。

これは2017年の忘年会での一コマ。高校の同級生の。卒業してすでに30年以上。数年に一度泊まりがけで忘年会をする。今年は11月に1人欠けちゃって非常に残念だったけど、昔話で夜中まで盛り上がって楽しいひとときだった。

今回はみんなの写真をたくさん撮った。亡くなった友人の写真を持って行こうとしたのだけど、一番会う機会が多かった私ですら最も最近のが4年前のしかなかった。その前はもう10年以上前の物だけ。いつでも会えると思っていると意外と写真は撮ってないものなのだ。でもいつ何時どうなるかわからない。今回のことで痛感したので撮影しまくったのだ。これからは毎年、機会がある毎に撮ることだろう。送別のためではない。今回は高校の卒業アルバムも持っていったのだけど、それで盛り上がれた。何年かあとに、今日の写真で盛り上がれれば良い。そんなことも思う会だった。やっぱり年取ったなぁ。

行ったのは、大阪府は能勢町にある「能勢温泉」。
最寄りの駅は能勢電の山下駅で、そこから送迎バスも出てるけど結構遠いので行くのはちょっと大変。

でも天然温泉だし、なかなか良かった。露天風呂もあるよ。
1泊2食、3人部屋で1人14000円ちょっと(ぼたん鍋上コース)。安いのか高いのかはちょっとわからない。白馬のプチホテル志鷹さんが1泊2食で12000円しないことを考えたらちょっと高くは感じるけど、温泉地で年末とかだともっと高いこともあるらしいから、比較的良心的なんじゃないかな。

もともとはかんぽの宿だったのが廃業になって、それを民間が受け皿になって継続されているのだそうな。地元の就業先確保も考えて。

また行っても良いかな。

ところで、館内ではいろんな場所でテントウムシを見た。


テントウムシは成虫で越冬するけど、普通は木の葉の裏などに固まっていることが多い。それで寒さをしのいでいるのだけど、ここでは建物の中に入ってきて越冬しているみたい。ほとんど動かない。

階段のど真ん中にいて、哀れお星様になった子もいたので、行く人は出来れば足下にちょっと注意して欲しかったり。難しいけどね。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の1)2017年12月27日 22時19分21秒

明けて17日。
今朝は晴れてくれている。今日は栂池に行く予定だが、このまま晴れていてほしい。
7:30すぎに朝食へ。

今日、というか昨夜は私1人だけだったらしい。私が泊まる時はそういうことがよくある。時期外れに来ているということだ。

ということで、朝食は普通なら別の場所にあるおやゆとかパンとかを取りに行くのだけど、今日は真横に置いてもらった。

オムライス。いや、ライスじゃないか「オムレツ」。
今ふと思ったんだけど、「レツ」というのは「包む」という意味かな?「カツレツ」もカツを包んだものだし。

朝にお粥を食べるというのは胃に優しくて良い。ここには付け合せ(?)に鮭のほぐしたもの、蕗味噌、高菜の漬物(?)、梅干しのねったものなのがある。いつもどれを取ろうか迷うんよね。なので、このようにみんな入れてしまうと。

おかゆさんも食べるけど、パンも美味しいので食べたい。でも多すぎて食べきれない。なのでお昼ごはん代わりにいただくと。
パンも自家製ですよね?

いつもながら感心するのは。こういう活けられている花。

器はおじいさんが創られたものだったか。結構すごい人らしいのだけど詳しくはお聞きしてない。

ということで、満たされた朝食を取って気力充実で、行くとしますか、今日の冒険(^_^;)へ。

・・・ところで・・・
実は1週間前から突発性難聴になってしまい、現在集中治療中です。なので、書き溜めてた先週分は出せたのですが、今週はちょっと気力が落ちてなかなか書けません。ということで、間隔が開くかもしれないですが、ご容赦を。
だいぶ良くなってきて入るのですが、あと少し。
万が一突発性難聴になったら、「早期治療開始が鍵」な病気なので、素早く病院へ行かれますように。絶対に発症から1週間以内!

2017新潟/白馬大作戦(8/16の20)2017年12月25日 06時57分56秒

夕食。19:12。もともとの予定では18時にはホテルに入る予定だったので1時間以上も遅れている。申し訳ない。

もうお腹はペコペコなので、がっつきそう。

前菜は「信州サーモンと小海老野菜のマリネ」。
信州サーモンと言っているということは、姫川を遡ってきた鮭を使っているということだろうか。

スープはミネストローネ。
コーンスープならインスタントがあるけど、ミネストローネは見かけたことがない。レトルトならあるかな?だから、飲むことはめったにない。1年でここだけ。シャラモンさんはワンプレート以外ではめったにスープは出さないけど、だいたい玉ねぎかコーンのソープだからね。

スズキのソテー、バルサミコソースがけ。
白馬は山の中だけど、糸魚川までは50キロしか離れてないので魚はと新鮮なものが来るのだ。

お酒はいつものドイツワインと、今回は越の蔵で買ってきた「田友」という日本酒も飲ませてもらった。
ここの料理は洋風なのでやはりワインのほうが合うかな。

海藻と野菜のサラダ。

牛フィレ肉のステーキ、グレービーソース。
グレービーって何かと思ったら、「肉を煮焼きするときに出る汁」のことらしい。それに塩・コショウ、それにおそらく赤ワインなども合わせてソースにしたものだと思う。

で、本当はこの後にりんごのケーキ、ヨーグルトソースがけと紅茶が出たのだけど、なんと写真を撮り忘れてた。今になって気がついた。
きっと疲れが出て、美味しいものを食べたいという欲求が勝ってしまったのだろう。残念。
これは去年のほぼ同じケーキの写真。ソースが違うけどね。
いつものごとく、美味で堪能させていただいた。疲れた体に染み渡る。

今回は料理の名前が完璧である。毎年はうろ覚えなのに。これは私の脳みそが優秀になった・・・のではなく、いつもここを読んでくださっているホテルの方が気を利かせてメニューを書いてくださったから。
本当にありがとうございます。にも関わらず写真を忘れるなんて。すみません。

料理を堪能したあと、ホテル内のお風呂に入って、早々に寝てしまった。ということで、長かった16日はようやく終わり。おやすみなさい。
(C)おたくら編集局