2020新潟・白馬(7)2021年01月23日 09時21分55秒

とみ家。7月に来たときにはまだ12時になる前に店に入ったので待ち時間もほとんどなしで座れたけど、今回は12時回ってて人が急激に増えて大分待たされた。で頼んだのはこれ。海鮮丼(上)。

アップ。
前回隣の人が頼んでたのを探したんだけど、どうにも見つけられなくて。季節限定物だったのだろうか。まあ、これもおいしかったけどね。やっぱり海鮮物は海沿いで食べるに限る。

おなかを満足させてから自転車屋2軒目へ。
しかし、これも見つからない。そもそもGoogleMapの示した交差点名が現場に行ったら別の場所にあったりしたが、それらしい場所に行っても店がない。かなりぐるぐる回っていたが、とうとう見つけられず。マスクしないであたりを何度もうろうろしている自転車やろう、怪しまれないか心配だった。
家で調べてあったのはこの2軒だが、昨日駅から家までの間のバスの車窓から見つけた1軒がある。これは確実に場所を覚えているのでそこに行く。駅前商店街の中だ。

で、行ったらあった。さすが自分の記憶。
私は今回の自転車の故障はヤマトの輸送が悪いと思っているけど、店の人に状況を話したら、ハンドル曲がるなんて通常あり得ないので、そもそも買った店での組み上げが悪いんじゃない?と言われた。けど京都では全く問題なく乗れていたし、少なくともパンクとかランプの光軸がずれているのとか、写真が回転毎にガタガタするのはヤマトのせいである。買った店に言って修理させたらとも言われたが、わざわざ京都で買ってこちらに運んできたのだから、そんなことは不可能だ。修理費がいくらか聞いたら3000円くらいらしいので、それならやってもらうことにする。領収書でヤマトに請求するだけだ。そうそう、回転毎にガタガタするのはチューブがずれているのだそうな。これは後々に気がついたのだが、タイヤの空気入れ部分のキャップもなくなってる。一体どんな雑な扱いしたんだ?

先に他の修理もあるようで、3時間くらいかかるとのこと。その間どうしよう。駅前に映画館でもあれば良いんだけど、そんなものはここにはない。家に戻るわけにも行かず、喫茶店で3時間も潰せない。ということで、越の蔵まで行ってみようと思い立った。

その前に、珈琲屋でコーヒーを買う。いつものコーヒーNo.1。
コーヒーは自分でも飲むけど、母親の墓前にあげるというのが第一義。このあたりではここのが一番おいしいと思っているのだけど、駅前だから、これからはそうそう買いに来られない。でも今回は図らずも来たので。

イトーヨーカドー丸大のあった場所に行く。閉店したのはおととしだったか。しかし未だに跡地には店が出来てない。

広かった敷地の、ここから見て奥の方にはドラッグストアが出来たようだけど、駅前通りに面したこちら側はまだ何もない。
普通なら駅前のこんな処一等地だろうに、柏崎ではそうはならないのだ。さらに言えば、もっと駅に近い美野屋の跡地ですら未だそのままだ。今の柏崎の繁盛している場所は駅前ではなく国道8号線沿いだ。ここに店が出来る日は来るのだろうか。

新野屋で網代焼きを買う。お米で作った魚の形のおかきにみりんべーすのタレをかけた物、と言えば大体あっていると思う。
昔はこちらに来てお菓子と言えばこれだったんだけど、最近はとんとご無沙汰してた。でもなんか急に食べたくなって。店に入ったら、今は何種類か味が出来ているようだった。それをいくつかと、半端物が安かったのでそれも買う。

駅前へ。
越の蔵の最寄りの駅;鯨波かもしくはその次の駅まで列車で行こうと思ったが、「ない」。13時台は直江津方面行きの列車が全くないのだ。
列車減ってきてると思ってたけど、ここまでないとは。
バス停にも行ってみたけど、バスもない。と言うことで、これはもう歩いて行くしかない。

越後線には、旧来の車両が止まっていた。
やっぱりまだこのタイプも残っているのね。
おっと、寄り道している場合じゃないぜ。

2020新潟・白馬(6)2021年01月22日 07時26分16秒

実は、ここから先は日記を書いたファイルを入れていたHDDが吹っ飛んだため記録がない。写真や動画も入っていたのだが、それらはツールを駆使してなんとかすべて救出できた。しかしhtmlファイルであるところの日記だけはどうやっても見つけられなかった。書いてたPCの中には自動バックアップファイルが残っているかもしれないが、それが確認できるのは次回新潟行ったときである。ということで、これから先は写真と記憶のみによるところとなるので不正確だったり、重要イベントなのに記憶がないということも多いと思う。

・・・10/1・・・

今日の一番優先の仕事は自転車の修理である。とにもかくにも今の状態ではまともに乗ることが出来ない。
前回ハンドルが曲がっていると書いたが、どれくらいかというと
タイヤをまっすぐにするとハンドルがこんなにも斜めになっている状態だ。タイヤそのものも心なしかゆがんでいるように見える。1周するたびにガタガタ揺れるのだから、何か変になっているのはたしかだが、ぱっと見にはどうなっているかわからない。いずれにしても私の技量では直せそうにない。

インターネットで近所の自転車屋を探すが、京都のように1キロ圏内でも数軒ある、というような状況ではない。捜索範囲を10キロにしてようやく1件、駅前まで含めてさらに2件という感じ。どこも東電より先なので一山超えなければならない。

頑張って走り始める。
走ってすぐわかったのは「ここいらの道は自転車が通ることを配慮してない」と言うことだ。歩道がない部分も多いのだが、あっても草ボウボウ、亀裂が入ってボコボコで非常に走りにくい。というか走れない場所も多い。自転車だけじゃなく、歩くだけでも大変だ。これはここいらが基本移動は自動車の社会だからである。

自転車や歩きは夏場はまだ良いが冬場は使えない。私が自転車を買ったのは冬場は来ることがないからであって、冬場も来るなら自動車は手放さなかったか、こちら用に是が非でも買っただろう。都会では老人の運転する自動車が事故を多発して免許強制返還論も出るくらいだが、田舎では自動車がなければ生きていけない。それが厳然たる事実だ。だからそういう論議は人が多く公共交通機関が発達した都会だけでしていただきたい。田舎専用免許を作っても良いと思う。人口何人以下の処でしか乗ったらだめという物。

いきなり話がそれたが、走りにくい道を、走りにくい自転車でなんとか進んでいく。で、1軒目のあたりに到着するが店が見つからない。GoogleMapで探して来たのだが、GoogleMapの情報は意外に古いことがあるので、もう店がないのかもしれない。

ならばと2軒目に向かう。が、もうお昼になので&近所にいたと言うこともあって、とみ家に入ることにした。
自転車だから止める場所には困らない、と言いたいところだけど、いかんせんこのあたりは車社会なのでかえって自転車を止める場所がない。まあ、それでも適当な空いている場所に停めたけど。
店は混んでる。待たされそう。

2020新潟帰省(42)2021年01月15日 08時02分26秒

14時から海に行こうと思ったら雨が降ってきた。
どうせ濡れるんだからと行こうと思ったが、1時間位待って止んだら、と思った。しかしどんどん雨が強くなる。

15:30から海に行く。雨は殆ど止んでる。
海は温かい。波はそんなにないので沖のテトラポットとの間を泳ぐ。
2往復は楽だったんだけど、3往復目になって波が強くなってきた。
ここで中断。もともと今日は明日に疲れを残さないよう5往復はする気なかったけど。

家に帰る。家に入る前に、裏の扉を治す。直すというかコンクリートブロックで補強する。そのうちちゃんと直さんといかんだろうなぁ。

16時。軽食食べて休憩。さっき買った揚げまんじゅう。
昔米山大黒亭にあった揚げまんじゅうに近いけど、ちょっと小さく、あとこちらは甘い中にもわさび風味がある。ちょっとだけわさびが入っているらしい。

ここで使う物も箱に片付けていく。何を置いているか覚えておくために写真も撮影しておく。

夕食は今日もネギトロ丼。
残りご飯でおにぎり作る。明日の運転中食事用。

21:40頃地震があった。

寝たのは22時過ぎくらいか。

2020新潟帰省(41)2021年01月14日 08時25分28秒

帰りにわさび園へ。

わさびソフトが美味しい。
揚げ饅頭も買ったけど今はもう食べられないから帰ってからおやつにでも。

ちゃんとわさび園も見たよ。

家に帰って帰りの準備。重くならないよう小分けする。写真集も見つかったけど、これは重いので次回持ち帰りで。
売りに出したけど、1冊2円にもならなかった。オークションに出したほうが高かったかも。

蔵の最終チェック。



あっ、こんなものも出てきた。
大正時代にあった「歴史写真」という写真雑誌の付録みたい。ポスター?

蔵から着物も3着ほど取り出して、蔵を閉める。
これで今回の蔵調査は終了。明日は帰る。

2020新潟帰省(38)2021年01月11日 20時08分18秒

お昼食べてから資料持ってお寺さんへ。が、いらっしゃらなかった。

14時半から海へ。海岸は人が多いので、今日は外洋をのテトラポットまで5往復した。波と海流があるので、海岸に比べやはり泳ぎにくい。距離は短いけど。

家に帰ってきたら15:40。1時間ちょっとということは、昨日より少し早い。距離相応。ただ、使った体力は同じくらいに感じたが。

16時半から再びお寺さんへ。
とうもろこしを頂いたので食べたら、ものすごく甘かった。スイートコーン?

で、お寺さんと一緒にいくつかの文章を読んだのだけど、色々知ることが出来た。しかし、ある程度椎谷藩の歴史を知らないと書かれていることの意味がわからなかったりする。なんで信州に椎谷藩の領地があるのか、など。全部読めたらすごいことになりそう。「柏崎県」「椎谷県」とか廃藩置県の変遷がわかったのも面白かった。

西南の役の資料もあった。「明治十年西南の役に徴募巡査として九州地方守備行きし時所持セシ記念手帳」とあった。椎谷からはうちのご先祖を含め100人弱出兵してたみたい。全員の氏名もあった。当時の椎谷町の人口もわかったのだけど、1613人が250戸にいたそうな。なら100人行くのもありかなと。鹿児島からかなり遠い新潟からも行ってたとは。今は集落全体で100人弱だから、当時がいかに多かったかがわかる。

18時半過ぎ帰宅。
きれいな空。

家に帰ってからご飯宅準備。30分はかかる。
メニューはネギとろ丼。ナルスで買った生昆布も入れた。美味しい。やっぱり漁港近くは良いなぁ。ビールは西山ビール。デザートは柿ケーキ。

今日は比較的雲が少ないけど、彗星は見えない。でも月はちょっと見える。星も撮影。
何度やってもピンぼけになる。星撮影は難しい。α6000でもNikon
でも成功したことが殆どない。知り合いに星撮影がうまい人がいるんだけど、コツ教えてほしいなあ。
このときバザーで買った1000円の三脚を初めて使う。まあまあの使い勝手か。しっかりした作りだ。これは新潟置き。

21時半くらいに寝る。新潟では早寝。

2020新潟帰省(37)2021年01月10日 07時49分59秒

紅葉シリーズとか古いものシリーズが続いたので実に一ヶ月以上ぶりの続き。これもちゃんと終えておこうと。
・・・
寺泊にあった自動販売機。
ピカチュウ。こんなのもあるのね。そういえば先日AmazonPrimeで「名探偵ピカチュウ」見たけど、なかなか面白かった。私自身はポケモンにはほとんど思い入れはないんだけど、こういうのがあると思わず買ってしまいそうになる。出てくる商品もポケモン仕様だと良いのにね。

そのまま西山ふるさと公苑へ。ナビに従ったら、海沿いの402号線ではなく内陸の161号線を走らされた。まあ、161号線のほうが直線なので早いけど、景色はいまいちなんよね。

西山ふるさと公苑では野菜を買う。今朝はきゅうり・ナス・ピーマンのセットとピーマンのみのがあったのでそれを。
その後、前にあるにしざわ酒店でエチゴビール3本セットも買う。これは京都行き。多分。

家に帰り着いたら10時半くらいだったか。
窓を開けると海風がとても涼しい。

蔵の中のゴミを店へ移動。これで蔵の中の今回掘り出したゴミはすべて取り出した。捨てるのは次回以降だけど。
で、ついでに古着が入ったような風呂敷を開けてびっくり。なんと古い書面が大量に出てきた。先日出てきたものよりずっと多く、かつ椎谷にとっては価値が高いかもしれない。椎谷の最後の藩主の写真とか
(この写真だけは他のと分けて別の箱に大切に入ってた)、その人からもらった年賀状、江戸から明治の相続、職業、石高=家禄とかもあった。家禄なんて極秘資料なんじゃないかと思う。
あまりの内容に驚きつつ、写真を取る。開くと崩壊しそうなものを除き、ほぼ全て。多ページ者は全部写してられないので表紙だけ。

それにしても、今回徹底的に全てを開けて調べたから発見できたけど、そうでなかったら、外見の見た目でそのまま捨ててたかもしれない。いや、ひょっとしたら、今まで捨てたものの中にもそういうものが混じっていたかも。まあ、大きなものはないはずだけど。

13時になったけどお昼。さっき買ったお寿司。ちょっと張り込んで中トロ、大トロも入っているやつ。これで1300円だから京都では考えられん。
あっ、持っている間にずれてしまった。パックずしあるある。

イカの刺身も。
美味しい。美味しいイカは甘くて舌の上で溶ける。ねぎとろとは夜にネギトロ丼にしよう。

1/22021年01月06日 07時22分05秒

1/2は大阪は箕面に、初詣を兼ねて親戚の家にあいさつに行った。最初は行こうかどうか迷って、一度は行かないと言ったのだけど、いい天気だし、混雑する場所でもないので。
電車は京都線も宝塚線もすいていた。立つ人はほとんどいない感じ。

箕面滝道、スパーガーデンのちょっと先にある橋本亭。
去年は工事中だったけど、今年は完成していた。ただ、きれいになりすぎて風格はなくなった感じ。1階は喫茶店のようだった。今回は入らなかったけど、コロナが収まったらいずれまた。

最初に行ったのは箕面滝道の龍安寺さん。
人出は、例年の2日と大差ない気はする。もともとそんなに多くはない。ただ、お堂の中には1組位ずつ入るので、ちょっとだけ列が出来ていた。下のお堂も上の本堂も。

次に滝まで行った。滝道には結構人がいる。しかも困ったことにマスクをしてない連中が結構な割合でいる。感覚的ではあるが、およそ1割くらい。中には4人で誰もマスクしてない高校生らしき連中もいた。大阪で発症者数が多いのはこれのせいなんじゃないかと思ったりもした。まあ滝道なので、人と離れている間は外しててもいいとは思うが、一時的に外しているのではなく、まったく持ってないようなのも半分はいた感じ。自分は関係ないとか思ってるんじゃないか?自分勝手というか愚かしいにもほどがある。

箕面川は一昨年だったかの台風での被害の倒木がまだそのままになっている。
滝道も工事中で迂回してくれと書いてあったが、実際には迂回する必要はなかった。正月だけ開けているのかも。

滝まで来ている人も結構いる。
ここも例年通りの人出な感じ。

そういえば、滝の右上にこんな物がある。
巨大なスズメバチの巣だ。少なくとも去年もあったのだったが、今年も健在であった。この位置は雨が当たりにくいのか、そもそもスズメバチのすは雨風に強いのか。はたまた、今も使われていて補修され続けているのか。これに気がついている人はどれくらい居るのかな?上の写真でも見えるよ。

ちょうどお昼なので、横のお店で売っていたこのハンバーガーを頼むことにした。
頼まれてから作るということで5分ほどかかると言われたが、問題なし。
バンズもいい味出しているし、具もいい。量もそこそこあるけど、味より質で満足する。これはお買い得。

滝道を下って西光寺さんへ。
ここの人出も少なかった。

後は親戚の家で22時過ぎまで居たのだけど、このいい天気にここなら出かけてよかったと思う。マスクは当然、携帯用アルコールも持ち、もちろん他の人との間は距離を取る。細心の注意の上に、人が多くなさそうな場所に行く。それが一番。

謹賀新年2021年01月03日 09時57分45秒

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

元旦はまずは護王神社さんへお詣りに行った。猪で有名な所。

そしたらちょうど猪がお詣りしてた。
去年は豚インフルエンザ拡大防止のために来なかったけど、今年は来た。この子たちは小さい頃から見ているが、大きくそして賢くなったもんだ。

次に下鴨神社さんへ。
今年は出店が全く出てなかった。人出はやはり少なめ。

例年ある甘酒の提供もなかった。残念だけど仕方ないか。代わりに朱印の記帳場が出てた。

水占いのある社の方に行ったら、水桶の中の水が凍ってた。
京都は朝から冷え込んでたからなぁ。

境内にある休憩所;申屋でお雑煮をいただこうかと思ったが、10時からでまだ時間があるので先に上賀茂神社さんへ。
ここはそこそこ人出があった。

本殿前に飾られている縁起物の宝船。
1年間飾られる。

ここでは例年通り厄除け大根と
みたらし団子
の提供があったが、どちらも持ち帰り専用になっていた。それはいいんだけど、この気温だと家に帰るまでに冷えるので、温め直してもおいしいかなぁとは、少し心配になった。

上賀茂神社さんの前は11月に行ったときと大分様子が変わっていた。加茂川にかかる橋の右手たもとにあった土産物屋?がなくなって道路が拡張工事していたし、焼き餅屋の前には新しい鳥居が出来ていた。
年末に渡り初めがあった、とニュースに出ていたのはこれか。

下鴨神社さんに戻って申屋でお雑煮をいただく。
京都の伝統的なお雑煮で、白味噌に丸餅1つだけというシンプルな物。でもおいしい。正月限定。

最後に出町商店街を通って帰ったけど、元旦はお店がほとんど休みで人もまばらだった。
だからこういう撮影が出来た。

家に帰ってから、昼食にさっきの厄除け大根とみたらし団子をいただいた。
どちらもレンジで温めたらおいしくいただけた。みたらし団子のケースは溶けちゃったけどね。

そんな元旦だった。

2020新潟帰省(36)2020年12月06日 10時29分41秒

・・・7/23・・・

3時頃目が覚めたら大雨だった。
朝には小雨になっていた。そんな中、ゴミ袋最後6袋を出す。

雨は上がって晴れてきた。7時半から寺泊へ。角上魚類は8時から開いているようなので。今日から連休なので人手が多くなるかもしれないし、海産物は基本朝には上がっているので行くなら朝が一番。

石地のところでマリンバイクをつないだ車が車道にはみ出て並んでいるのが極めて邪魔。警察に通報したろか。

休みになるとバイクが多くなる。ここあたりに来るバイク乗りはみんな頭がおかしいのかうるさい。頭というか耳がおかしいじゃないのかと思う。マフラー交換したバイクに乗るヤツは終身刑、そもそもうるさいバイクは製造・輸入を禁止にするべき。ついでにいうと、ライトがついてない自転車を売るのも法律で禁じてほしい。

などと考えているうちに寺泊到着。

まずは今日の昼に食べるお寿司を買う。パックずしだけど10巻1300円で大トロ、中トロも入っている。
この値段でこの品揃えは京都では絶対無理。これを知っているから、京都のあの店とかの寿司なんぞちゃんちゃらおかしくて食べてられないのである。

あとは、いつもの銀鮭とか、干物も買う。
イカの刺身、
ねぎとろも。

その後、浜焼きを食べるけど、その前に去年からできた番屋汁(200円)
と蒸しガキ(300円)
を食べる。
牡蠣の殻がとても大きいけど、身はちょっと小ぶりか。味はとびきりではないけどまあまあ。昔は海に行けばテトラポットは岩礁になんぼでも居たのだけど、今は居ないなぁ。

何故か角上の浜焼きにはイカがなかったので別の店でイカ焼きを買う。450円の。


身の厚みは5ミリ位か。
毎度書いてるけど、京都あたりの屋台のゴムイカとは根本的に違う。
身は厚くても柔らかく、味が濃い。あぁ、イカづくり食べに行きたい。

2020新潟帰省(34)2020年12月04日 11時26分30秒

焼き魚定食、煮魚定食に刺身定食がそれぞれ1320円。
どれも捨てがたいが、焼き魚&刺身定食が1980円なのでそれにする。
両方の実力を図れる。焼き魚は25分ほどかかるらしいが、急がないのでOK。

突き出し。

漬物。

刺し身。1種類;鯛系と思われる魚はまるごと1尾だった。

他2種類。その内1つはとても甘く絶品だった。

焼き魚はニシンまるごと1匹。
ニシンの焼き物って初めて食べる。にしんそばで甘煮の身欠きにしんとか、数の子で卵食べることはあっても成魚まるごとというのは機会がなかった。

その身は鮎に似たような柔らかい白身で、骨は多いが細くそのまま食べられる。
卵はとても大きかった。鱈の子にも似ているが、ずっと硬い。
1尾でものすごく食べごたえがある。
これは超お買得。また次回来よう。ただし、魚は毎回違うようなので、またニシンにあたるかどうかはわからない。
(C)おたくら編集局