皆既月食2011年12月11日 08時40分23秒

皆既月食
昨日は皆既月食だった。

21:45からかけ始めたが、最初は雲が厚くて見られなかった。
しかししばらくすると雲は去り、晴天、絶好の観測日和になった。
もっとも、その分放射冷却で寒かったが。

写真は、皆既状態になった後のもの。
皆既状態になっても、月は地球からの照り返しでわずかに赤く光る。
露出時間が8秒もあるとこれだけ明るく写るが、
しかし、普段は月の明かりで見えないはずの周りの小さな星が見えているので「それなりに暗い」ことは解る。

残念ながら写真はちょっとぶれている。
8秒といえども地球の自転の影響は避けられない。

また、もう少し大きく撮影したかったが、200mmをもってしてもこれが限界。これ以上の望遠は普通には使うことはないし、高いので買えない。

そういえば、西の空にも小さいけど明るく光る星が見えた。
後で調べたら木星だった。
こちらはかろうじて丸く写るだけ。月の大きさがよくわかる。

ウサギも何か神妙は面持ちをしていた。
そういう天体現象。

新潟2011-9;土星型太陽2011年09月01日 05時55分42秒

土星型太陽
初日の夕日。

雲をかぶっていて、ちょうど土星のよう。

冬の星空2010年12月17日 13時11分24秒

冬の星空
昨日の夜は、結構晴れていたので、ふたご座流星群を見に行った。
結果から言えば、全く見えなかったのだが、
写真は撮った。

夜空を写真で撮ると、肉眼では見えない欲しも浮かび上がってくる。
これはISO800で5秒露出。
月も出ていたので、これ以上長くすると明るくなりすぎてしまう。

写真は、写したままではない。
オリオン座とか、大きく見える星は拡大してみた。

オリオン座(英語では「ライオン」と聞こえる)は冬の星座の代名詞だが、
やはりすぐに見つけられる。
ふたご座はその左隣。

間に流星みたいな線があるけど、これは飛行機。
光の点滅が1秒1回なので、5秒露出ではこんな感じに映る。
以前、新潟の写真で紹介したのと同じ。
ここに流星が入ってくれると良かったんだけどねぇ。

新潟2010;星空-32010年08月26日 21時20分06秒

新潟2010;星空-3
天の川の写真。

上下中央よりやや下、白く雲がかかったように見えるのが天の川。
肉眼の方がもっとはっきり見える。

露光30秒だとこのように屋根が明るく写ってしまうほど、
ここ新潟でも地表が明るくなってしまった。
昔はもっとはっきり見えたのに。
一番の光源は原発。星を見るには最大の敵。
地元には必要悪なんだけどね。

新潟2010;星空-22010年08月25日 23時05分43秒

新潟2010;星空-2
今度は西の水平線近く。
薄明るく見えるが、これは夕暮れ時だからではない。
地平近くに明るい物体が多いためである。
肉眼では真っ暗に近いが、
30秒も露光すると、これくらいに明るく写ってしまう。
明るい物は、左手が原発、右手が船である。

それはそうと、中央で海に光の筋を照らしているのは月ではなくて
惑星。一番明るいのが金星、その左上が火星、右上が土星。
他にも明るい星が写っているが、どの星座のものなのか不明。
右手上のは北斗七星の一部だと思うけど、
あまりに多くて(^_^;)

よく見ると、左手中央よりやや下に光の筋がある。
小さな流れ星かも知れない。

新潟2010;星空-12010年08月24日 21時07分40秒

新潟2010;星空-1
星空の写真、その1。

さすがに星空は圧縮ノイズが入ると困るのでRAW撮影したけど、
(ここに上げているのはJPEGだけど)、30秒露光では
そもそもノイズが入ってしまう。まあ、星との区別は付くけど。

肉眼で見てもそうだけど、写真で見ても京都とは桁違いに星が多い。

画面下部の線は、たまたま通った飛行機。
点滅しているライトがこのように写った。

よく見ると、光の筋は3本ある。左右のツバサと垂直尾翼だろうか。
その左右も後と赤と色が違うようだ。
点が22個あるから、視野外に出てしまった時間も考えると、
点滅周期は約1秒と言うところか。
(C)おたくら編集局