超特急;天橋立&伊根旅行(3)2017年12月13日 07時33分34秒

陸に戻って、今度はその伊根の集落に入る。

湾だよね。伊根湾。

狭いとは言った(聞いてた)けど、現在は道路も走っている。幅は5m近くあるのでそれほど狭くない。椎谷と大差ない。
椎谷も昔、少なくとも昭和初期までは今よりもっと道路は狭かったが、道路に面した家の一部を供出して広げた経緯があると聞いた。実際、うちの家の玄関の内部構造を見ると当時の名残がある。だから、別にここに限ったことじゃなくて、昔は田舎に行けばみんなそうだったと言うことだ。まあ、それと家の1階が船着き場になっていることは別だけど。一応ここは国の重要伝統的建造物群保存地域らしいけど、海側はともかく、道路側は古いたたずまいではない

あっ、なんか魚干してある。最初カワハギかと思ったけど、違うみたい。なんだろね。

伊根集落での最初の目的地はここ。
酒井酒造と言って、江戸時代から続く造り酒屋だそうな。天皇陛下も買いに来たとか、NHKのドラマの題材になったとかいろいろあるらしい。

店内では試飲もさせてくれる。手前に見えている袋は甘酒。古代米を使った物らしく、赤っぽい色をしている。
買ったけどまだ飲んでない。

また、お酒は何種類かあったけど、「伊根満開」というのを買った。これも古代米を使っているらしく深紅で、風味はワインに似てる。
これは大好きな味。時々飲んでる。まだ瓶の写真は撮ってないので、そのうちに。隣のミクちゃんはコップね(^_^)

工場というか酒蔵は道路挟んで真向かいにある。
入り口からちょっとのぞいたらタンクがあった。さすがにもう木の樽とかは使ってないようだったけど、比較的小さな樽が並んでて、手作り感があった。

お酒を買ってから、また集落を歩く。例の1階の船着き場はこんな感じ。

もっと寄ってみる。
大体、背の低いのが江戸からある古い物だそうな。ここはどうだろう?

別の場所にあったこれは、鯨を捕った船らしい。
この大きさだから、小型の鯨かな。ここで解体したんだそうな。地図には書いてあったけど、この場所には一切の案内がない。と言うか、集落内にはほとんど案内板がないので、どこに何があるか、ここがなんなのかがさっぱりわからない。一応端っこまで歩いたつもりだけど、どれだけの所廻れたんだか。

後これ。
集落内にはたくさんの蔵があるのだけど、その壁にはいろいろな絵や文字が描かれている。鏝絵(こてえ)と言うそうな。私が見つけられたのは6種類(同じ文字の所もあるから、場所としては6カ所以上)だけど、他にもあったのかな?

というところで、集落内散策終わり。これで今日の予定は終わりだけど、ちょっと時間が早いのでもう1カ所寄るそうな。

超特急;天橋立&伊根旅行(2)2017年12月12日 07時33分53秒

次は伊根に向かう。
この日は前日から朝早くまで雨だったが、なんとか上がり、バスに乗っている間とか途中何度か雨に降られながらであった。この伊根への移動途中も少し雨が降った。でも日も射してきて、虹が見えた。

この虹、よく見ると2重に掛かってる。
左手の濃いのと、右手の薄いの。この写真ではよく見えないかもしれないけど、現地ではもっとはっきり見えていた。私の他にも気がついている人がいたので、気のせいではない。

虹の袂がはっきり見える。そこに船で行ってみたい。
虹の袂には宝が埋まっているんだっけ?この場合海中になっちゃうけど。

伊根ではまずこの遊覧船に乗り、海側からその集落を見るらしい。

が、集落よりこちらの方が目に付いた、と言うかすごかった。
トンビの大群が船を取り囲んでいるのだ。
どうも船から投げられる餌を狙っているらしい。かっぱえびせんみたいなのを投げてた(売られている)。

これが伊根の集落。元々ここは陸地が非常に少なくてかつては道路が通ってなかったらしく、船が唯一の交通手段だった。そのため、家の1階部分が船の格納場所になっており、2階に人が住んでいるという構造になっている。
この距離だとよく見えないけどね。

写真にはうまく写せなかったけど、顔をかすめて飛ぶこともあるので、あまり顔を出していると危ない。
指を噛まれた人もいたそうで、餌は持ったらすぐに海に投げた方が良い。
とにかく動きが早いので写真はかなり取ったのだけど、ドアップでピントも合って撮影できているものはなかった。これが一番くらい。動画撮影するべきだったか。

少し近づいたか。

1階に船が入っているのが見える。
でもねぇ、はっきり書いてしまうと、この遊覧船に、家の集落を見るために乗るのはあまり意味が無いように思う。これ以上は近づかないのでよく見えないからだ。これはトンビ遊覧船である。今回は町内旅行で行ったから、ここだけでいくらするのかわからない。

とにかくすごいトンビの数。
これは見る価値ある。

船着き場近くの山はまだらだが色づいてた。
多分人口植樹じゃないね。自然は豊かそう。

超特急;天橋立&伊根旅行(1)2017年12月11日 06時46分40秒

11月末に天橋立と伊根というところに日帰り旅行に行ってきた。その時の様子を駆け足で紹介する。

で、いきなり天橋立は傘松公園というところに行く。麓の駐車場で車を止めてこのケーブルカーで山上へ。

4分ほどだったか。

下側と上側では色合いが違うのね。

紅葉もきれいだった。いや、この紅葉を出したいがために、京都市内の紅葉の話を終えた今、わざと出したという話でもある。

ケーブルカー降りてすぐのところに展望所がある。
そしてこれが天橋立。
実は人生初。来る機会がなくて。

そしてこれが股のぞきというやつ。股の下から除くと天空に橋がかかっているようにみえる、からその名がある。
こういうとき、ロングスカートはだめなので、女性の方はパンツかかなりのミニスカートでどうぞ(^_^;)

そこにある土産物屋の2階から見るとこんな感じ。
右手の出っ張ったところが展望所、ではなくて、左手にある。

さっきのバスが停まっている場所の前にあったこれ。
最初落ち葉がなんかまとめられているなあと思ったら、上から見るとこんな感じにしてあった。この手前に脚立が置いてあってその上から撮影したのだけど、結構不安定で怖かった。

実は、さっきの展望所は新しく作られたもので、旧来の展望所は脇にある階段を180段ほど登った先にあるらしい。
せっかくなので行ってみることにした。雨上がりな上に落ち葉があるので滑らないよう気をつけながら登る。

おぉ、こっちのほうが視野が開けるではないか。

パノラマにするとこう。右手の紅葉も見えてなお美しい。

股のぞきはこう。
この後ろに土産物屋があるのだけど、閑散としてた。昔はここしかなかったので儲かっていただろうに、下のが出来てからは来る人はぐっと減っただろう。しかし、眺望はこっちの方が圧倒的に良いので、来ることを強くお勧めする。

行きはケーブルカーを使ったが、帰りはリフトを使うことにした。
ケーブルカーは15分間隔だけど、こちらは随時だ。こういう両方がある場所って時々ある。高尾山もそうだった。ここにはこの景色があるので行きはケーブル、下りはリフトがお勧め。


2018新潟/白馬大作戦(8/11の21)2017年09月21日 07時54分07秒

ということで、8/11の移動GPSログ。
まずは全体。
結構な距離。ちょうど500キロは延べ走行距離ではなくて端から端まで。日頃は車に乗らないのにいきなりこの距離だからね。疲れて当然。

家から京都東経由で神田PAまで。
神田って結構滋賀県北部にあったのね。

尼御前SA。外に出ているのが分かる。

最後米山ICから雪割草の湯まで。
真ん中くらいで大きく迂回しているのが柏崎原発。

他の細かい所は省略。希望があればだすけど。
今回の旅行ではGPSに助けられて所もあるのだけど、そういう面白いところはこれから。

というところで、初日は終わり。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の16)2017年09月15日 23時22分51秒

これは丸大近くの珈琲屋。私はいつもここでコーヒーを買っていく。
自分でも飲むけど、母親が好きだったので備えるために。以前は丸大内にも、隣の金子園と一緒に店があったのだけど、今はなくなってしまった。なのでわざわざここまで来ると。ちなみに、ここで売っているビスケットもおいしい。

ってなことで、買い物も終わっていよいよラストスパート、家に向かう。

途中、柏崎刈羽原発の横を走る。
右手に見えているのは東電の見学施設、だったもの。今も見学できるのかは知らない。昔は原子炉内も予約すれば見学できたんだけどなぁ。残念。

その先のトンネルを抜けると視界が開け真ん前に海が見える。
アクションカメラの画像ではそれほどでもないけど、人の目線ではもっと海が見える。ここまで来ると本当にあと少し。

後は海岸沿いをちょっと走るだけ。良い天気で良かった。
そしてようやく田舎の家に到着。16時をちょっと回った頃。予想よりかは早かったかな。この時間ならお寺さんにも今日中に行けそうだ。荷物だけ家に入れてからすぐ行こう。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の15)2017年09月14日 21時51分11秒

米山ICを降りて駅前のスーパー;丸大を目指す。
出てすぐの交差点を右折。

でも駅前に行くなら次のICの柏崎ICで降りた方が良さそうなもんだが、ちょっと地酒屋の「越の蔵」に寄ろうかという思いもあったし、柏崎ICは実は気前から大分離れているので、それならここで降りて景色の良い道を走った方が良い。

以前なら食事で米山大黒亭に行くために、という理由もあったのだが、今はもうないしなぁ。そういえば、もう建屋も解体されたと聞いたが、どうなんだろう。確認してない。

米山大橋と風車。
ここは橋に風よけフェンスがつけられている。その昔、下から吹き上げる海風に車が横転した事故があったからだそうな。鉄道で言うところの餘部鉄橋の事故と同じような感じ。

そして道路は海の近くを通る。この景色が見られるから、高速道路よりこちらの方が好き。

その「越の蔵」。買ったとして配送してもらうか自分で持って帰るか、いろいろ感考えたけど、今日は寄るのは止めておこう。
すんなり入れたら行こうかと思ってたけど、さすが休日、対向車が多くてなかなか右折できそうにないし。

そして駅前へ。お盆だというのにこの様子。人がいない。
いや本当に柏崎駅前は寂れてる。昔はそれなりに人もいたし、少なくともお盆の時は歩いている人も多かったのだが。

新潟での第一目標地点;イトーヨーカドー丸大 柏崎店に到着。15時ちょっと前。
ここで数日分の自分の食材とお盆のお膳の材料などを買う。御仏膳はほとんど自分出る来るからね。後他の物も買ったのだけど、それについては書こうかどうか思案中。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の14)2017年09月12日 07時14分08秒

春日山トンネルを抜けるとすぐ上越IC。北陸新幹線で行く場合の上越妙高駅はここから大分内陸になる。

これは北越急行ほくほく線の高架。直江津まで来た証拠?
北越急行は、北陸新幹線が金沢まで開通して特急「はくたか」がなくなったが、超快速を走らせて頑張っている。もう少し頑張って、ほくほく線と旧在来線を結んで金沢もしくは富山まで、できれば和倉温泉までの特急を、特急という名前がだめなら超快速のままでもいいから高速列車は知らせたらどうかなぁ。何か法律か契約で切り離された旧在来線では優等列車を走らせちゃ行けないようだけど、そんなの自由競争に反するよなぁ。というか、在来線沿い軽視。速度ではなく観光列車ならどうだ?海沿いで景色はいいし、米所・酒所、海の幸、山の幸もあるから行けると思うのだけど。

この下の印が高架の位置。
上は米山IC。

柿崎。正面に見えるのが米山。
(検閲により削除)。ふっふっふ。それは後のお楽しみ。

いよいよ海が近づいてきた。この景色が見えたら米山ICはすぐ。

ここはICをSAが併設されているが、IC側へ行く。

料金は京都東から6760円。
やっぱり列車に比べるとずっと安い。ガソリン代を考えても1万円。その分自分への負担は半端ないけどね。寝られないし。

ここ通過が14:40位。家から尼御前までのアクションカメラ撮影がなぜかほとんど失敗しているのではっきりはしないが、家を出たのがおおよそ7:15なので所要時間は7時間25分。でもここから椎谷まではまだまだ距離はあるから、やっぱり8時間以上はかかるか。4時間くらいになればもっとしょっちゅう来れるんだけどなぁ。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の13)2017年09月11日 06時22分19秒

23:花立トンネル 920m。

24:薬師トンネル 1400m。

25:正善寺トンネル 870m。

そして最後26番目は春日山トンネル 1020m。
クレヨンしんちゃん戦国大合戦で春日の城があった場所・・・ではなくて、上杉謙信の居城春日山城があった場所。上杉謙信巡りも一度してみたいなぁ。せっかく近いんだから。

こうして全26本のトンネルを越えたわけだが、その総延長は43.6キロ、区間長は約96キロだから、実に45%がトンネル区間。いかに多いかがわかる。

後は出口まで一気に走り抜けるだけ。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の12)2017年09月10日 08時00分37秒

一度書いたのに消えてしまい、再度書いたのにアップを拒絶され、3度目の書き込み。内容はどんどんしょぼくなっているような。ASAHI-NETのブログシステムには複数のタブで別の記事を参照しながら書き込んでいるとアップしたものを落とすというバグがある。?別途アップした写真だけは残っているから、文章側のシステムの問題。これで何度消されたことやら。全内容を移行できるなら、他のシステムに乗り換えたい。ぐったり。

・・・

22番の名立トンネルを抜けるとすぐ名立谷浜SAである。

14時ちょうどくらい。想像より早く着いたか。これなら今日中にお寺さんへも行けそう。

裏手からは海が少し見える。

そしてその右奥手には柏崎原発らしき姿が。いよいよここまで来た。

建屋の横にはまたツバメがいた。
まだ子供の毛が残っている。

ここでの休憩は20分ほど。後は一気に最後の米山ICまで走る。もう50キロないはず。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の11)2017年09月09日 06時38分39秒

トンネルはまだまだ続く。

16:太平寺トンネル 1220m。

17:能生トンネル 2990m。

そういえば古い北陸道のガイドマップを見つけた。スタンプから見て1992年の物のようだ。この時点ではすでに全通しているが、この朝日~上越間は2車線=片側1車線の対面通行になっている。
未開通の頃の地図もあれば良かったのだけど、現在の所見つけられず。今実家で発見した古い資料を整理しているから見つかるかも。いや、北陸のこの地図はたくさんあったから、中を見ずに捨てたのもあるからなぁ。惜しいことをした。

18:山王トンネル 2220m

19:筒石トンネル 2030m

20:徳合トンネル 1180m

21:名立大町トンネル 800m

名立谷浜SAが近い。
ここも休憩必須。やっぱり疲れているからね。

22:名立トンネル 1400m

ここは2階建てトンネル、に近い。
ここは最後に対面通行が解消された区間じゃなかったかなぁ。

そして名立谷浜SAへ。
(C)おたくら編集局