しばらく更新できません2021年05月03日 06時38分44秒

まだしばらく更新できません。
通信機器の問題です。

よろしくお願いします。

しばらく更新できません2021年04月27日 08時10分21秒

忙しすぎてしばらく更新できません。
あしからずご了承ください。
5月に入ればなんとかなるかと。

2020新潟・白馬(61)2021年04月25日 06時42分59秒

夕方。今日も夕日は見えない。

でも夕日に照らされた米山から焼山の姿がとても美しい。
神々さも感じて、言葉を失いしばらく眺めてた。

上のはα6000のパノラマ撮影だったけど、こちらは普通撮影の合成によるパノラマ。
こっちのほうが解像度は高いけど、明るさは上の方が良いかな。

夕食には、西山ふるさと公苑でかった野菜を使う。

無料でもらえたのはこれ。さつまいもの蔓だっけ?


ナスとピーマンは野菜炒めに、蔓はきんぴらにして食べましたとさ。
京都での食事は同じものの繰り返しでマンネリ化してる(加えて、時間がかからないように作り置きが多い)けど、新潟では食材がいいから毎回それなりに作るので彩りがある(これでも)。運動もできるし、ここにいると健康になる。

お酒はこれ。

デザートはこれ西山ふるさと公苑の手前にあるケーキ屋で。
ちょっと高い目だけど、美味しかった。

2020新潟・白馬(60)2021年04月24日 09時32分36秒

家に帰って更に発掘。
これは「生花五ヶ条」。

生花の池坊の何か。
もっと長い生花について書かれたものがあって、その最後にこれが書かれていた。お寺さんの奥さんは池坊の先生なので聞いてみると、現在でもほぼ同じものが配られているとか。最後に書かれているのは一番偉い人(?)。2代前の人と言われたか。
うちの祖父母が生花やってたみたいで、2人分=2冊あった。

こちらは徴兵検査通達書。
いわゆる赤紙ではな区、徴兵前の検査に来い、というものだと思う。昭和2年だから、まだ世情は緊迫してない時期だろう。
この頃はまだ柏崎市はなく、刈羽郡だった。

検査を受ける際の心得というのもあった。
「頭髪はなるべく短くし理髪し、・・・前日必ず入浴身体を清潔にし、特に耳腔、腋の下、肛門、陰部を拭浄すること」って、そんなところまで検査するの?いや~ん♡
最後の方には「伝染病に罹り治療したる者および流行地を経過したるものはその旨着後直ちに市町村長に届け出ること」と書いてある。今なら全員アウト?

これは「大概順」というもの。
旗本・御家人の役職を、ある時点での序列どおりに列挙したものらしい。かなり長い書面だった。残念ながらちょっと保存状態が悪くくっついてしまっているページも多かったので全ては読めなかった。このページには「御大老」「御老中」「所司代」などが見える。最初、大名行列の順番かと思ったけど、調べたら違った。これは二位鋳型においてきたので、次回行ったら一応持って帰ろう。

謎のヘラみたいなもの。
お好み焼きのコテでもないしなんだろうと思ったら、昔はどこの家にも囲炉裏や火鉢があったはずだが、その灰を掃除するときに使うものだそうな。今となってはその用途では使いみちはないので、やっぱりお好み焼きに使う?でもそのためにはちょっと小さいけど。

2020新潟・白馬(59)2021年04月22日 07時21分01秒

走っていると、何やら飛び立つ気配が。
ぱっとそちらの方にカメラを向けるが小さすぎて映るかどうか。拡大したら・・・誰だろう?

葉っぱの上にはスイッチョン。
秋は緑から茶色になるのか。

道路にまたカマキリが。コカマキリ。でもカマキリはピントが合わない。胴体に合えば顔がボケ、顔に合えば胴体がボケる。

ならばと、2枚合わせて合成してみたんだけどどうだろう?
こういうときのカマキリはあまり動かないから、ピント度微妙にずらして撮影する、フォーカスブラケットがあれば、と思う。Panaのカメラにはあるだけど、SONYやNikonにはないんよね。Panaのカメラには思う所あるので私が買うことはないんだけど。ソフト面でデザインダサいし、仕様腐ってるし。

ウンカがいた。稲の害虫。
セミの仲間だけど、彩りはこの種類のほうが鮮やか。

田んぼは刈り取りが終わり、すすきの穂先が広がり始める季節。
この時期に来るのは初めてだけど、昼間は暑いのにこの風景なのでちょっと違和感。温暖化の影響?

2021京都桜(19)2021年04月21日 06時49分30秒

一方18日の堀川。
ここも八重が中心で、10日に来たときにすで紅色のが満開に近かったけど、18日にはもう散り加減だった。だから全体的にはこんな感じ。

でもところどころまだ花が残っていて、その下は桜色の絨毯が敷き詰められていた。

まだ散って時間が経ってないのか色がくすんでない。

このあたりはまだ花も残っているほう。

ごく一部、まだ満開と言っていい場所もあった。

八重は花が重いから下向きになるので、下から見えるここは八重に最適な場所とも言える。

桜絨毯ドアップ。

ここには動画がアップできないのであれだが、川は桜の花びらがずっと流れ続けていた。まるで動画でリピートしているように。

2021京都桜(18)2021年04月20日 07時20分08秒

4/18の京都御苑の桜。
出水の小川の八重は、先週末はまだ五分咲きだったのがもう満開を過ぎてた。
せっかく在宅勤務しているのだから、週の途中に見に来るべきだったか。


八重は花が重いから下向きになるので、見上げるのも良い。
花の中心が赤くなってきたら終りが近づいている。


花がたくさん落ちていたので、きれいなのをひろて帰って鍋にしましたとさ。
桜鍋・・・嘘。仏壇に飾らせてもらいましたとさ。オオシマザクラなら食べられるのかな?

出水の小川一番南の桜も満開を過ぎてしまった。

御苑内では山吹も終わりかけで、今はツツジが満開。
どんだけ早いんだよってな感じ。

2021京都桜・・・じゃないけど(17)2021年04月19日 07時23分13秒

京都は金曜日の夜から土曜日まる1日雨だったけど、日曜日は時々晴れた。雨も降ったけど。

で、桜はどうかと御苑に行った。

桜の様子は後にして、まずはこれ。

御苑内には、知る人ぞ知る、自生の藤がある。
かなり高い位置にあるので気が付かない人も多いけど、地面に落ちる花びらで、花が終わってから気がついたりする。

去年は見逃したのだけど、今年は「早め」なことも考慮して毎週見に行ってたら、満開に会えた。

花の数は多いのだけど、なにせ垂直広がってるので気が付きにくいのだ。
藤は棚にされることが多いので、青空と藤というのもなかなか珍しい組み合わせでは。

場所?近衛邸跡後ろ。

一方、その近衛邸の枝垂れ桜の下ではこの端が満開。
きんぽうげ。

たんぽぽもたくさん咲いてる。、

ヒメジョオン。
よく見かけるけど、外来の雑草で、繁殖力が強く都心部ならまだしも山の中とかに入ると在来種の生息に影響を及ぼすので危ない種らしい。食べる方法でも見つかればいい?

桜の様子は、明日。一応まだあるよ。

2020新潟・白馬(58)2021年04月18日 07時44分27秒

山を超えて西山ふるさと公苑へ。
またぞろここでコーヒー飲んで野菜も買う。なんか芋のつるとかいうものが無料であったのでもらう。

キク科の花。

桜が咲いてる。
これは寒桜じゃないので狂い咲き。たしかに今は5月頃の気温に似てるかも。

またカマキリがいた。

鋭い眼光。
やっぱりどの方向から見ても睨まれているように見えるなぁ。

道路に落ちていたこれ。
あけびだ。完熟すると紫色になってこのようにパカッと裂ける。中身は綺麗サッパリ食べられている。カラスにでもやられたか。
このあたりになっているということだが、この後上を見ながら走ったが、見つけられなかった。


2020新潟・白馬(57)2021年04月17日 07時12分10秒

もう一度GPSログを。
今度は、東電を抜けて大湊に入ったところから山側へ入る。

上の方を見るとなにかの実が・・・。

苦労して採ってみたらこれだった。多分あけびだ。
これが大きいのか小さいのかはわからないけど、完熟すると実が裂けるそうだから、まだ少し早いということか。しばらく放置しておこう。

きのこ。食べられるかな?

ヌメッとした感じのもあった。

これは花だと思うのだけど、とても小さくて変わった形。
小さな赤い葉っぱみたいだけど、雄しべがあるから花だとわかる。

白馬でも見たことがあるような花。

あざみの一種と思われる。

小さな、桜に似た花。
雑草の中にも美しい花は多い。

(C)おたくら編集局