新潟2010;椎谷トンネル2010年08月29日 11時12分29秒

新潟2010;椎谷トンネル
これが、崩れた椎谷岬の下に新しく掘られた椎谷岬トンネル。
2010年1月に開通したばかり。
これをもって、椎谷集落の通行止めも解除された。
地震からすでに3年。復旧とはそれほどかかるものなのだ。

このトンネルは車専用ではなく、広い歩道も付いている。
中はごらんの通り、最新式の設計になっている。
一具乳癰金は数多くのライトがあるが、その先は徐々に減ってくると同時に色も変わる。
写真に入れてないが、非常電話も一定間隔毎に設置されている。

長さは800mくらいだろうか。
コンクリートの壁は、所々地下水と思われるぬれている部分がある。
山の水脈を寸断しているわけで、それゆえに山に与える影響がちょっと心配。

トンネルの中の音場は非常に特異でおもしろい。
それについてはHPにて。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2010/08/29/5312993/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局