養父-222011年12月12日 10時46分40秒

天滝;下を望む
今度は天滝を、今立っている所から下を望んだ図。

結構高い位置に居る(来ることが出来る)ことが解る。
滝の、2/3と前に書いたような気がするが、半分くらいの高さかもしれない。

まあ、どこからどこまでを持って「落差」というのか解らないのだが。

滑りやすい石ではないが、そこがつるつるの靴では無理ではないかと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2011/12/12/6240891/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局