しまなみ海道リターンズ(41)2015年06月14日 06時05分09秒

伯方島へ。
そう言えば、「伯方の塩」というけど、見学した工場は大三島にある。でも発祥の地はここらしく、今でも小さな工場はあるみたい。見学は出来ないけど。

元々の予定ではこの伯方島をぐるっと1周するつもりだった。しかし、今の足とおしりの状況から行ってそれはほぼ無理と思われた。

一方、伯方島内には特に見たいところもないので、すんなり大島へと渡る伯方・大島大橋へ向かう。いや本当は伯方島の南西側においしいらしい塩ラーメン屋と喫茶店があるらしく行きたかったのだが、無理そう。やはりしまなみ海道は伊達じゃない。また、温泉は行って1泊したくらいでは体の疲れや痛みは取れない。島をゆっくり巡りたいなら、それなりの訓練をしてから行く必要がありそうだ。まあ、車で行けば楽だろうけど。

で、伯方島に入ったのだけど、ここでいきなり道を間違える。橋を降りて曲がる方向を真逆に来たらしい。何かおかしいので気がついた。紙の地図と周りの景色、GPSの地図で何とか気がついて戻る。一瞬このまま先に進んで島を1周するのはどうかとも思ったけど、そんなことしてたら、時間までに終点に戻り付けなかっただろう。

自転車を進め本来の道に戻ったと思われたところで地図をまた見ようと思った。が「ない」。胸ポケットに入れていたはずなのに、そして飛んでいった気配は全くなかったのに「ない」。どうやって出たのかは解らないが、落としてしまったようだ。これで伯方島の観光情報は全くなくなってしまった。

サイクリングマップだけが頼りなので、余計に道の駅「伯方S・Cパーク マリンオアシスはかた」に向かうしかなくなった。それは伯方・大島大橋のすぐ手前にある。

ここには前回も停まっていて、柑橘類を買ったり、塩アイスを食べたりした。芋けんぴを買ったのもここ。塩アイスは工場で食べてしまった以上、他では食べられない。やはり別格。

今日はだいたい晴れてはいるが、風はきつい。ここでは数グループの自転車野郎共を見た。また女性の一人も居た。でもスカートにストッキングでは風にあおられるだろうし力が抜けて大変だろうに、と思った(ストッキングは踏ん張っても足底が滑ってしまうので力が抜けてしまうから)。まあ、街道全てを走る気はないんだろうけど。

ここで昼食。「しらす丼」。しらす魚をご飯にのせただけの物。760円。塩ラーメンでも良かったんだけど、何となくラーメンよりこちらの方が気になったので。
大きな皿のようなどんぶりで出てきたのだけど、これがまた見かけ倒しでものすごく浅い。なので量も多くない。自転車乗っている最中なのでこれくらいでも良いかもしれないけど、ちょっとなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2015/06/14/7668505/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局