雪中梅2016年03月01日 08時12分47秒

3月の京都は雪で始まった。
朝5時、いつもの朝散歩の時は外気温1度ほどで、ところどころ凍っていた。
その時はまだ暗かったので、明るくなってきた7時にカメラを持って御苑へ撮影へ行った。

そこそこ人がいる。フィギアというかドールを持って撮影している人も居た。私もやろうかなと思いもしたが、なんか刺さるような寒さというか冷たさなので今日は断念。

梅林の様子。積雪量は1~3センチ程度なので大したことはないが、綺麗に薄化粧っしているような感じ。

出水の小川付近。
雪の時は、水があるとその対比が美しい。金沢の兼六園を見るとよく分かる。

花の上にも積雪。白の花では目立たないので、桃色ならこの通り。
梅なのに「桃色」とはこれいかに。ピンクと書くべき?日本語ではやっぱり桃色だよなぁ?薄紅とはちょっと違うし。

川をよく見ると、鳥が遊んでいる。
キセキレイと思われる。お腹が黄色いのが特徴。御苑ではあまり見かけない子だ(御苑で一番多いセキレイはセグロセキレイかハクセキレイ)。しばらくこの場所であっち行ったりこっち行ったりしながら何かをついばんでいた。冷たくないのかな?

一方、梅を見ていると雪が落ちてくるので何かと思ったらこの子の大群が。
目白。この季節、時々梅の花をつつく目白の大群に出会える。今日はあいにくズームできるレンズではなかったのでセキレイも目白も大きく撮影できなかった。残念。

最後に、雪の京都のお約束「白大文字」。
なんか仙洞・大宮御所内にクレーン車が入っているなぁ。今工事中なのは知ってるけど、こんなところにどうやてクレーン入れたんだろう。門はそれほど高くないと思ったのだけど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/03/01/8035062/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局