2018祇園祭後祭宵山(3)2018年07月23日 06時17分25秒

鯉山。
人手が比較的少ない後祭において、鯉山だけはいつも満員で入るのに時間がかかる。今年はそれでも列は短かったので入ればよかったんだけど、このときはまだ夕食も食べてなかったので通り過ぎてしまった。

鯉山も縁起は登竜門に由来する。なので出世にご利益があるのだけど、世の中そんなに出生したい人が溢れているのかなぁ。また、ここはそれほどご利益が高いということか。

橋弁慶山。

ここは2階建てで1階に胴回り、2階に御神体の展示がある。

名前からも分かる通り、ここは五条大橋での牛若丸と弁慶の戦いに由来している。橋の欄干があり、鎧武者が居て御神体が2人というところは先の浄妙山に似ている。浄妙山は2体共鎧姿なのが違うけど。

ちなみに牛若丸と弁慶の五条大橋での戦いは史実ではないようだ。室町時代に成立した「義経記」に基づくらしいけど、そもそも祇園祭の縁起は別に史実に基づく必要はないし、むしろそういうのは少ないので問題はない。当時の古今東西の物語を題材にしているというのは、今で言うならミーハーな選択であったとも言えなくはない。今ならAKB48で御神体が48体並ぶとか言うのができるのかも。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2022)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/07/23/8923824/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局