2020新潟・白馬(61)2021年04月25日 06時42分59秒

夕方。今日も夕日は見えない。

でも夕日に照らされた米山から焼山の姿がとても美しい。
神々さも感じて、言葉を失いしばらく眺めてた。

上のはα6000のパノラマ撮影だったけど、こちらは普通撮影の合成によるパノラマ。
こっちのほうが解像度は高いけど、明るさは上の方が良いかな。

夕食には、西山ふるさと公苑でかった野菜を使う。

無料でもらえたのはこれ。さつまいもの蔓だっけ?


ナスとピーマンは野菜炒めに、蔓はきんぴらにして食べましたとさ。
京都での食事は同じものの繰り返しでマンネリ化してる(加えて、時間がかからないように作り置きが多い)けど、新潟では食材がいいから毎回それなりに作るので彩りがある(これでも)。運動もできるし、ここにいると健康になる。

お酒はこれ。

デザートはこれ西山ふるさと公苑の手前にあるケーキ屋で。
ちょっと高い目だけど、美味しかった。

2020新潟・白馬(60)2021年04月24日 09時32分36秒

家に帰って更に発掘。
これは「生花五ヶ条」。

生花の池坊の何か。
もっと長い生花について書かれたものがあって、その最後にこれが書かれていた。お寺さんの奥さんは池坊の先生なので聞いてみると、現在でもほぼ同じものが配られているとか。最後に書かれているのは一番偉い人(?)。2代前の人と言われたか。
うちの祖父母が生花やってたみたいで、2人分=2冊あった。

こちらは徴兵検査通達書。
いわゆる赤紙ではな区、徴兵前の検査に来い、というものだと思う。昭和2年だから、まだ世情は緊迫してない時期だろう。
この頃はまだ柏崎市はなく、刈羽郡だった。

検査を受ける際の心得というのもあった。
「頭髪はなるべく短くし理髪し、・・・前日必ず入浴身体を清潔にし、特に耳腔、腋の下、肛門、陰部を拭浄すること」って、そんなところまで検査するの?いや~ん♡
最後の方には「伝染病に罹り治療したる者および流行地を経過したるものはその旨着後直ちに市町村長に届け出ること」と書いてある。今なら全員アウト?

これは「大概順」というもの。
旗本・御家人の役職を、ある時点での序列どおりに列挙したものらしい。かなり長い書面だった。残念ながらちょっと保存状態が悪くくっついてしまっているページも多かったので全ては読めなかった。このページには「御大老」「御老中」「所司代」などが見える。最初、大名行列の順番かと思ったけど、調べたら違った。これは二位鋳型においてきたので、次回行ったら一応持って帰ろう。

謎のヘラみたいなもの。
お好み焼きのコテでもないしなんだろうと思ったら、昔はどこの家にも囲炉裏や火鉢があったはずだが、その灰を掃除するときに使うものだそうな。今となってはその用途では使いみちはないので、やっぱりお好み焼きに使う?でもそのためにはちょっと小さいけど。

2020新潟・白馬(59)2021年04月22日 07時21分01秒

走っていると、何やら飛び立つ気配が。
ぱっとそちらの方にカメラを向けるが小さすぎて映るかどうか。拡大したら・・・誰だろう?

葉っぱの上にはスイッチョン。
秋は緑から茶色になるのか。

道路にまたカマキリが。コカマキリ。でもカマキリはピントが合わない。胴体に合えば顔がボケ、顔に合えば胴体がボケる。

ならばと、2枚合わせて合成してみたんだけどどうだろう?
こういうときのカマキリはあまり動かないから、ピント度微妙にずらして撮影する、フォーカスブラケットがあれば、と思う。Panaのカメラにはあるだけど、SONYやNikonにはないんよね。Panaのカメラには思う所あるので私が買うことはないんだけど。ソフト面でデザインダサいし、仕様腐ってるし。

ウンカがいた。稲の害虫。
セミの仲間だけど、彩りはこの種類のほうが鮮やか。

田んぼは刈り取りが終わり、すすきの穂先が広がり始める季節。
この時期に来るのは初めてだけど、昼間は暑いのにこの風景なのでちょっと違和感。温暖化の影響?

2020新潟・白馬(58)2021年04月18日 07時44分27秒

山を超えて西山ふるさと公苑へ。
またぞろここでコーヒー飲んで野菜も買う。なんか芋のつるとかいうものが無料であったのでもらう。

キク科の花。

桜が咲いてる。
これは寒桜じゃないので狂い咲き。たしかに今は5月頃の気温に似てるかも。

またカマキリがいた。

鋭い眼光。
やっぱりどの方向から見ても睨まれているように見えるなぁ。

道路に落ちていたこれ。
あけびだ。完熟すると紫色になってこのようにパカッと裂ける。中身は綺麗サッパリ食べられている。カラスにでもやられたか。
このあたりになっているということだが、この後上を見ながら走ったが、見つけられなかった。


2020新潟・白馬(57)2021年04月17日 07時12分10秒

もう一度GPSログを。
今度は、東電を抜けて大湊に入ったところから山側へ入る。

上の方を見るとなにかの実が・・・。

苦労して採ってみたらこれだった。多分あけびだ。
これが大きいのか小さいのかはわからないけど、完熟すると実が裂けるそうだから、まだ少し早いということか。しばらく放置しておこう。

きのこ。食べられるかな?

ヌメッとした感じのもあった。

これは花だと思うのだけど、とても小さくて変わった形。
小さな赤い葉っぱみたいだけど、雄しべがあるから花だとわかる。

白馬でも見たことがあるような花。

あざみの一種と思われる。

小さな、桜に似た花。
雑草の中にも美しい花は多い。

2020新潟・白馬(56)2021年04月16日 07時53分07秒

まずはこの日の走行ログ。
万華はこのあたり。

で、帰り、ちょっと道をそれてみた。
前から気になっていた、荒浜にある防風林の中の道に入る。GPSログでいうと左手の緑の中に入っていくところ。

防風林の中に歩道があって、散歩道になってる。
写真には撮り忘れたけど、ところどころ休憩所もある。


そのまま抜けると、荒浜の海沿いの道に出る。



この道が良いのは、空いているのと道がきれいなこと。
道路沿いの歩道はガタガタでとても走りにくいが、この道は広くなめらかで、しかも人も車も殆どいないので飛ばせる。少し遠回りになるけど、走っていて気持ちいい道だから、これからはこちらを通ることにしよう。もう少し町中に近いところまあればよかったんだけどなぁ。

2020新潟・白馬(57)2021年04月09日 08時06分33秒

10/10。
午前中何してたかは不明。
お昼、前回駅前まで出た途中に見かけた店に行くことにした。

今日は曇っているけど山はよく見えている。
米山から奥の焼山まで山並みが連なってる。

行ったのはこの店。
「万華」。場所は松波町のとみ屋より荒浜寄り。

メニュー。
コスパセットというのが良かったんだけど、この日は平日ではなかったのでこれはやってなかった。なので確かエビチリ定食と、一品で焼餃子を頼んだ。

こんな感じ。

エビチリは、美味しいんだけど私には辛すぎた。
左のは豚の角煮、ではなくて新潟名物車麩。よく似てるよなぁ。

餃子はかなり大きい。
正直、定食に加えこれ食べたら多すぎた。新潟の食堂はみんな量が多目なので、少食の人は気をつけたよう。

全体的に、味はまあまあ。これは!というのはないけど「まあ中華料理ってこんなのよね」という感じ。

店は繁盛してた。コロナの時期にこんなに入れていいの?とも思ったけど、回転は早いから大丈夫かな?風の強い地域だし。

最近京都で良い中華料理屋を見つけたんだけど、そこと比べるとちょっと落ちるけど、新潟で和食系以外を食べたいと思ったときには1つの選択肢になるかな。

2020新潟・白馬(56)2021年04月07日 07時10分46秒

17:11。海に行ったら夕焼けがきれいだった。
なんか右側に噴出してるみたい。

D7500で撮影してるんだけど、どうにも色合いがおかしくなる。

これはマシだけど、それでも暗いところが青みがかっている。

これがわかりやすいかな。空が青すぎる。肉眼ではこんなに青く見えない。

これなんてもうむちゃくちゃ。
Nikonの一眼レフは、D90まではまともだったけどD7100以降色合いがおかしくなって、D7500ではもうAutoは全く使い物にならない。私はPでパラメーターを変更して撮影しているが、ここまでむちゃくちゃにされるともうどうしようもない。サービスにも持ち込んだけどこれが今のNikonの標準なのだそうな。レンズの資産があるからNikon買い続けてたけど、次回はもうない。D7100はシャッターが切れなかったり記録抜けがあったりな散々な不良品だったし(しかしサービスに持ち込んでも再現しないと突っぱねられる)、D7500はこの有様だし。

水平線に浮かぶ雲。
惜しいけど、これも海が青みががってる。

一方これはα6000での撮影。色合いが全く違うのがよく分かる。
αも色を誇張しすぎるきらいはあるけど、D7500ほど無茶苦茶にはしない。いや、αのセンダンツツジの紅葉を青にしたか。カメラにとって赤色ってそんなに難しい色なの?そうであったとしても赤い絵の中に暗い部分があったら青にするって、どういうアルゴリズム?理解できん。

夕食。お供はこれ。
ふりかけの「ゆかり」味の酎ハイ。たしかにそんな味だったけど、ふりかけよりかは味は抑え気味で美味しかった。

夕食はこれ。
ありあわせ感が強いけど、そもそも店で売ってる食材がいいので、妙とでの食事より格段に豪勢というか栄養ありそう。

2020新潟・白馬(55)2021年04月06日 07時35分37秒

おおはしからの帰り道。
これは柏崎市の新庁舎。駅前、北東方向、ホテルα1の斜め前といえば良いのか。
このときはまだ移転してなかったけど、現在は、一部業務がこちらに移ったはず。

東京電力柏崎原発のサービスホールにも寄ってみた。
ここ数年、来るたびにしまってて、中に入るのは久しぶり。

間違いなくここいらで「人の立ち入れる」一番高い建物だから周りがよく見える。

立ち入れない一番高いものは発電塔ね。

ここは原発の展示施設だ。このような内部構造の他に、
原発関連の展示がある。原子炉の模型とか、福島の現状も展示してある。前に来たときより展示がかなり拡充されている。そうか、前入ったのは東日本大震災よりも前のことか。

原発反対信者の人は、反対とお題目のように唱えるのもいいけど、一応ちゃんとした知識は持っていなさい。いきなり停止させると「あえて」(←これ重要)これを受け入れた自治体、そこに住む人にどのような影響があるのかも考えなさい。オール電化住宅に住んでいるのに原発反対などと言ってる人間は恥を知りなさい。日本政府は、さっさと国の威信をかけて原発に変わる新しい、地球環境に優しい発電方法を開発するために国家プロジェクトを開始しなさい。
根っこと現状と未来を正しく把握・思考して進んでほしい。

2020新潟・白馬(54)2021年04月05日 08時16分44秒

お昼。柏崎駅前まで行く。
家から15キロくらいだろうか、食前のいい運動。半袖半ズボンで行ったんだけど、じっとしてるとちょっと肌寒い。けど、走っている間は暑い。

まずは新野屋で網代焼などを買う。

割れ物が安いしお得。

昼食はおおはしで。
今日は開いててよかった。不定休だからなぁここは。

今日も焼き魚定食を。

ここの焼き魚は毎回違うから、何が出てくるか楽しみ。
えぇと、これは何だっけ?日記が吹っ飛んだのでわからない。


けっこういかつい顔で、体型からして海底にいる魚っぽい。

私は魚の食べ方については自信があって、食べられるところはすべて食べつくすほうだけど(猫跨ぎといわれる)、さすがにこの魚は骨が硬かった。
お吸い物でも作るなら、この骨から良い出汁が取れるのかもしれないけどね。今度骨が余ったら持って帰れるようにタッパでも持っていくか?
美味しかった。合掌。

(C)おたくら編集局