2020新潟・白馬(21)2021年02月09日 08時05分43秒

あと見つけたのは古いはがき。こんなのとか、

こんなの。
逓信省発行。2枚目のものは実は2種類あるそうで、この写真のは一番右の市庁府県名が2列目の郡区町村字丁目番地に対し少し上に上がっているが、同じ高さのもあるらしく、それのほうが高い。

2階に上がると何らがごそごそと音がする。見てみるとなんとへびがいた。
頭の形から見て毒蛇ではなさそう。蔵にいる「かもしれない」ネズミでも狙っているのであろうか。なら、益獣だ。しばらくすると下のほうに降りて行った。シャイ。

夕方になって、そういえば今日は全然自転車に乗ってないと思って、もう暗いけど少し走りに行くことにした。
雪割草の里温泉の前の海岸から。ここにはテトラポットがほとんどないので夕日がきれいに見える。

さらに走って石地海釣り公園のところ。
ところが海釣り公園はもう廃園になっていた。沖まで出ていた桟橋もところどころ崩れたのかつながってない。今撤去作業中だそうな。

残る桟橋と夕日の1枚。

そしてさらにちょっと走ってUターン。夕日がきれい。
夕日から前に伸びるレイライン?がきれいに見える夕日は実はなかなか見られない。

これが私のTB1e号。
黒に見えるけど黒じゃなくて濃いグレー。

帰り道、あるところに赤丸ポストがあった。
全国に残るこれを写していきたいとひそかに思っている私としては、これは見逃せない。実はこの撮影がこのポストの最後の姿になったと知るのは後日のことである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2021/02/06/9344622/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局