初ドローン撮影2018年08月29日 06時02分10秒

ドローンを買った。
DJIのTelloという機種。小型の、いわゆるトイドローンというもの。親戚が新潟に持ってきて操縦させてもらったら楽しくて。その親戚が持っているのは上位機種だけど、いきなりそんなん買ってもなんだし、まずは練習用にと思って。

ところが、ドローンは飛行禁止になっている場所が非常に多い。いろいろあったせいでそうなってしまったのだ。特に京都市内はほぼ全面禁止。なので、家の中で飛ばすしかなく、とはいえ、家の中は狭すぎてなかなか飛ばせないでいた。

そんな中、ベランダに咲いている朝顔を撮影しようとしたらこのように、
柱の陰になってしまいうまく撮影できなかった。

そこで「これはドローンの活躍の場じゃねぇ?」と思って飛ばして撮影したのがこちら。
Telloはカメラの画角を変更できないので対象物の真ん前に持っていく必要があるのだが、これは軽量で風の影響を受けやすく、またうちの気体はキャリブレーションがちょっとおかしくて安定飛行してくれないのでなかなか難しい。でもなんとか1枚撮れた。

画質は良いとは言えないけど、悪くもない。それより普通では撮影できない画角で撮れるほうがずっと重要。

もう「だいぶ」練習し、キャリブレーションも直して活躍させたい。旅行先にも持って行きたいからね。

コメント

_ いなかじまん ― 2018年08月29日 07時54分00秒

ドローン・・・山で飛ばせるかお尋ねになったのはこういう訳ですね。
これからは山に行くときの荷物がさらに増えるわけですね、

昔ラジコン電動カー(速いやつ)をもっていました、その当時空物の操作は4ch以上で高価、墜落破損はつきものでしたが、ドローンはどうなのでしょうか?
技術の進歩で操作しやすく壊れにくくなってますか?
楽しそうでうらやましいです。

_ LeDA ― 2018年08月30日 06時21分42秒

そうです、これが理由です。
荷物が増えるので、代わりにカメラの小型化を画策しています。一眼レフ、重いのは仕方ないとしてかさばるので。
ドローンの操作は想像よりかは簡単ではありましたが、それでもこのクラスのものは姿勢の自動制御が簡易なので、思いのとおりに動かすには相当の訓練が必要です。というか、細かい操作は無理です。もうすでに何回も激突・墜落させてます。幸いな事に壊れてはいませんが(プロペラやガードが飛んでいくのはしょっちゅう)。
なのでいきなり上位機種が欲しくなっています(^_^;)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/08/28/8952178/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局