新潟・白馬2018(1)2018年08月28日 06時11分55秒

ということで、8/10~19に渡って新潟及び白馬に行ってきたのである。最初に新潟に行ってお盆の行事を行い、帰りに白馬に寄るというコースだ。

これは毎年のことで、特に去年からは新潟にいる時間をぐっと増やしているのだが、今年はその新潟でもかなり多くのことをやってきた。

「10日間で5つの山を登り、4日泳いだ」と書けばその無茶ぶりがわかるかも知れない。10日だけど、往復に2日かかるし大雨で1日つぶれた。なら計算が合わないと思うかも知れない。甘い。山に登ってから泳いだ日もあるのだ。トライアスロンのようだ(^_^;)・・・ってほどきついものではないけど。
新しい店の発掘、本当に命がけの登坂もあった。極めて充実した休みだった。あまりに充実しすぎてて、帰ってきてからの反動がきつい。気合は抜けて、体だるいし、京都はクソ蒸し暑くてしんどい。

ということで、その10日間を3000枚以上の中からよりすぐった写真で紹介したいと思う。

・・・8/10・・・

出発は8/10金曜日。平日である。平日ではあるが、私が行っている会社ではこの日からお盆休みに入った。

なら、10日はゆっくり荷物準備して土曜日の11日(山の日)から出発しても良さそうなものだが、そうはしなかった。
それは、今年の高速道路の休日割引が11日(土)ではなく10日だからである。お盆の集中を避けるためにそうしたらしい。だからこの恩恵を受けるには10日出発が好ましい。

なので、前日9日の内に実家に行って車に乗って京都まで移動、夜中はコインパーキングに泊めて早朝から荷物詰め込んで出発した。
今回は布団一式も持って行くため荷物の量が半端ない。トランクはもちろん、後部座席もいっぱいだった。車の一人旅だからこそ出来る荒業である。

出発は早くしなければならない。なぜなら、10日は五十日で週末、さらにお盆前という混雑要因オンバレードだからである。
実際には6時半過ぎに出発。京都市内はすんなり通り抜けられたが、京都東ICを入ったらすぐ渋滞になった。ちょうど7時位。
まあ、ここはいつも渋滞ではある。合流部が狭すぎるのだ。なんとかして拡張してほしい。

その後北陸道最初のPA「神田」までは、途中何度か渋滞表示が出てちょっと車が詰まったこともあったけど、比較的すんなり行けた。
8時過ぎ到着。

実家からぴったり130キロ。
京都からは約90キロで1時間半。平均時速はちょうど60キロか。良い滑り出しである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/08/25/8949588/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局