新潟・白馬2018(2)2018年08月30日 06時26分05秒

唐突だが、次の停車は尼御前SA。9:45くらい。

前回はこの直前で姑息な石川県警にパクられたので、今回は80キロ制限の区間では速度超過しないよう徹底的に速度調整した。またぞろ居たし、付け狙われたりもしたがやり過ごした。そんなガソリンの無駄遣いしている暇があったら、本当の速度違反を捕まえるための努力をしろ。150キロを超えて走っているような奴らを何度も見たぞ。

途中しばらく雨が降ってた。福井県下かな。霧が出ている場所もあった。そういう区間が80キロ制限なのは納得行くけど、運転しやすい場所を速度違反取締のためだけに制限するのは許せん。


ここまでの走行距離はちょうど260キロ。神田からここまで130キロか。

ここに来たら当然外に出て海辺へ行く。
手前の柵のある部分は地面が陥没している。もう数年このままだ。徐々に凹みが増しているような。気のせいかも知れないけど。

雲はあるけど、良い青空だ。

波は日本海としては普通。

よく見ると、崖が崩れている。以前はこの崖の下まで行くことが出来たのだが、今は進入禁止になってる。
昨年なくなった友人と新潟行ったときに、ここで撮影したのを思い出した。合掌。

波が激しい場所だし、別の場所では倒木もあったので、台風の後遺症かも知れない。

このあたりは自衛隊の小松空港が近いため、時々戦闘機が飛ぶのを見ることがある。
戦闘機は独特の轟音と三角の機影ですぐわかる。走行中の車の中からでもわかるほどの音だ。車輪が出ているので着陸態勢であろう。この日は何機も飛んでいた。何かあったのか?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/08/28/8951639/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局