出町商店街食べ歩きツアー夏編(5)2018年07月10日 06時14分28秒

次に行ったのは時計・宝石・眼鏡屋。枡形商店街の中央付近にある。
もちろんここでも食材の提供は無かったけど、技術の話を色々聞いた。時計修理の技術はちょっと驚くほどのものだった。あんな小さなものを店で加工できるのね。
それと、眼鏡の良し悪しについても話があった。表記上同じ度数でも見え方は違う。今度作るときはここでお願いしてみようかな。眼鏡市場の倍ほどしそうだけど、作っても使えない眼鏡だと結局作り直しになるので同じだ。ここは一発良い物を。
それにしても、店内にいた蝶の幼虫は一体何?一応本物のようだったけど、冷房の効いた店内でちゃんと成長するのかな?

最後に行ったのは漬物屋。枡形商店街日側入り口よりちょっと北に行ったところ。
ここは前回も来た。

坪庭がきれい。
実はうちにも灯籠とつくばいがあるのだけど、つくばいは完全に埋もれてしまっているからなぁ。再生しようかなぁ。

お店は同じだけど、漬物は季節物が結構あるので内容は違う。
4種類。このうち右にある長瓜のが美味しかったので購入。手前の山芋のわさび風味はわさびがちょっときつくて私には合わなかった。わさびが好きな人にはいいだろうけど。

ということで、4回目にしてとうとう重複が出てしまったが、それでも全体的には新しいところが多くて、また出町商店街の新たな一面を見ることができて非常に良かった。次回も見過ごさないようにしなければ。基本的には地元の人に知ってもらうためのイベントなのでインターネットなどでの告知はしてないそうだから、時々ここに来て案内を見るしかない。地震以降通勤で通るようになったから見る機会は増えたけど、注意しておこう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/07/08/8911609/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局