お盆新潟・白馬2019(15)2019年11月15日 06時02分02秒

あじさいの一緒。

長細い花が鈴なりの草。
こっちのほうがまだ見やすいかな。
花カメラが欲しい。

バッタが居た。
こんな大きな草の葉の付け根。
これもまだ咲いてない。今の時期まだつぼみということは咲くのは秋かな?

花は少ないと書いたけど、まあそこそこは咲いてる。でも角田山や白馬の山々に比べると、面で咲いていることはないので少なく感じる。

9合目に到着。9:45頃。登り始めて1時間ちょっと。

ここは少し平らな広場があって、端にお堂があった。

鵜川神社というそうな。
扉は閉まっていてお参りできなかった。

裏手にはゆりが咲いていた。
この裏手に来る白倉コースという登山コースがあるそうだが、今は工事中で通行止めになっている。「平成31年12月28日まで」と書いてあったけど、「令和」だよね。とか突っ込んでおく。

山頂ヘはここからもう少し登らなくてはならない。
向かうはこちら。

お盆新潟・白馬2019(14)2019年11月14日 05時59分36秒

「鬼殺しの清水」という看板があった。
このお地蔵さんの右手に階段があって、下ると泉が湧いているようだった。
が、今階段を下って登ってをすると足に来そうなので行くのは断念。下りに余力があればということで。

土の坂道が続く。階段よりこちらのほうが登りやすい。

さっきとは反対側が開けた。
こちらは何もないなぁ。

白いすみれ。

これも白い花だけどすみれじゃない。

黄色い小さな花が鈴なりに咲きそう。
これは弥彦山にもあった。

黒姫山もよく整備された山だ。登山道脇にはところどころお地蔵さんがいらっしゃったり、看板が掲げられていたりする。
特に合目の看板は見やすいので、今どこまで来ているかがわかりやすい。

今度はカエルが居た。
山の中って意外とカエルが多い。どこに登っても必ず居るような気がする。こんな色のカエルだって見逃さない。

これはまだつぼみ。

黄緑の花を咲かせている。ピンぼけでちょっとわかりにくいけど。

小さな紫の花。
こういう小さな花にはピントが合いにくい。こういうときはAFではなくMFで合わせたいんだけど、山の登りはα6000一択状態なのでMFはほぼ無理(出来るけど実用的でない)。やっぱり小型軽量のマクロ専用カメラがほしい。大きさ的にはGoPro Heroに超マクロモードとか着くとありがたいんだけど、レンズの特性からして難しいだろうけど。

それにしてもアブが多い。途中ずっとまとわれ、一度噛まれ掛けた。
後で腕が痛かったのだけど、噛まれたのかも。

お盆新潟・白馬2019(13)2019年11月13日 07時01分32秒

数分登ると横手が開けて峰が見えた。
結構急な斜面で、鋭い谷の筋が見える。

この山は花はそう多くない。
葛の花。椎谷にもたくさん生えている。今が花の盛り。
葛湯とかにするあの粉は、どこから採るんだろう?根っこ?

なんか変わった形の実があった。
何かの形に似ているって・・・「いや~ん♡」(^_^;)

ヨツバヒヨドリか。

オトギリソウの一種と思う。

これは変わった形の花なんだけど、一体どこに付いているのかがわからない。
写真をアップにしても宙に浮いているように見えるんだけど。

紫蘇の一種か。

あっ、葉っぱの影にトカゲ発見。
日向ぼっこしてたのか。私の目はごまかせん。こういうの見つけるのは超得意。

お盆新潟・白馬2019(6)2019年11月04日 06時39分28秒

8/11。
朝一から昨日見た蓮の池へ行く。

蓮は朝によく咲いている。
まだ6:45くらいだが、他にも人がいる。少しだけど。

パノラマで。

で、ドローンを飛ばす。
まずは池の端から端まで。

たくさん咲いているのに、意外に花は上空からだとよく見えない。
蓮は上より横から見るほうが美しいとわかる。

戻ってきた。

少し高度を下げると少し見えるようになる。
あまり下げるとプロペラからの気流で花に影響が出るのでこのくらいまで。やっぱりズームがほしいと思う。でも蓮はやはり真横のほうが良いような。
それと、MavicAIRの絵は記憶色ではないのでちょっとくすんで見える。実物より少し鈍いような。光の加減かも知れないけど。

撮影していると珍しく越後線の電車が来た。
1時間どころか数時間に1本しかないから出会えるとラッキー。西山発6:48柏崎行きかな?
越後線もその昔は複線電化してという話もあったのだけど、最近はこの体たらく。だから余計に車が必要になるのよね、このあたりでは。廃線になる前に乗りに行っとかなきゃいかんかなぁ。

GW新潟2019(38)2019年10月20日 06時19分13秒

結局10時半に出発。お墓寄ってから勝山城跡というところに行く。
去年あった桜もどきの花をまた見ようと思ったからだ。

駐車場は広くないけど、来る人もめったにいないので問題ない。
駐車場横から登る。

ツツジが少しだけ咲いてた。
観音堂で咲いていたのはちょっと普通のと色が違って、京都府立植物園にもあるあの種類だと思うのだけど、これは普通の。

これはなんだろう。キンポウゲとは多分違う。

これは角田山でも見た花。
ただし、ここのはもう枯れかけてた。

桜もどきはこの辺りの場所でこんな葉っぱだと思ったんだけど、花が違う。

満開になるとさらにぜんぜん違う。

結局去年あった桜もどきの花↓は咲いてなかった。
まだなのかもう散ったのかわからない。普通の桜の花びらは少し落ちてたけど。

八方にも咲いているイワカガミ。
高山植物がなんでこんな所に、と思うけどそもそも生育範囲が広いみたい。葉っぱが鏡のように輝くからこの名があるらしい。たしかに葉っぱには光沢がある。

これも角田山にあった花。

山頂まであと少し。

そして山頂に到着。
写真撮りながらゆっくり歩いても10分ほど。

GW新潟2019(37)2019年10月19日 07時50分08秒

観音堂には大きなクスノキがある。樹齢800年を超える。
その横に建屋があるのだけど、それを下の駐車場側から見ると赤紫の花が見えた。

なんだろうと思ってアップにしたらツツジだった。
5m位の落差があるかな。

他近くにあった花。キンポウゲ。

これは地面にへばりつくように咲いている小さな花。
蘭みたい。

たんぽぽ。これもニホンタンポポ。
やっぱりこの辺りはニホンタンポポの生息地。

たんぽぽを英語で言うと「ダンデライオン」。「なんでライオン?」と思うけど、「dande+lion」で成り立っている単語ではない。単なる固有名詞。
日本ファルコムの最新作「Ys9」で主人公アドルが隠れ家とする酒場の名前も「ダンデライオン」。たんぽぽの種が風にのって旅立っていくという意味から。ちなみに私は1周目Normalでクリア済み(現在Hardで2周目中)。今度の話は冒険譚とはちょっと違う。アクション性がかなり強く、Ysフェルガナと双璧をなすほど難しい、というかイライラするところもある。最期の迷宮なんてちょっとリアルすぎて高所恐怖症の私にはかなり辛かった。まあ、このシリーズが好きだからやるけどね。次はYs5のリメイクじゃないかと思ってるんだけど、どうだろう。

GW新潟2019(33)2019年10月15日 06時06分07秒

ネタが少ないので花の写真など。
これは庭にあった花。
始めて見た気がする。すずらんに近い種類かな?

池に浮かんだ八重桜の花びら。
桜は散ってなお美しい。この池もきれいにして魚でも飼いたいところだけど、世話が出来ないからなぁ。今はカエルのすみか。大昔ここには池があって、山からの湧水できれいで水が絶えることもなかったのだけど、山肌の崩れ防止工事をしてから枯れてしまった。今はビニールシートを埋め込んであるんじゃなかったかなぁ。それからは雨水だけでなんとか枯れずにいるみたい。

「ダイコンソウ」。
「いちめんなのはな」という詩があったと思うけど、こちらは一面には咲かないけど、この季節あちこちで咲いている。なぜか道路沿いが多い。

葉っぱの裏にウンカが居た。
ウンカはセミの仲間。口が細い管になっていて、植物の汁を吸う。だから害虫。今年は九州・四国でウンカが大発生して被害が出ているそうだ。

全然変わってこちらはiPad mini5での写真。
iPad mini5の写真は、色合いは悪くないけど、全体的に作り物っぽい。コンパクトデジカメと同じように画素合成を行っているようで、公称のピクセル数より実解像度が低い。また、なんかやたら光の線が入るのがおかしい。この写真では右上に盛大に入っている。正直あまり好みの画作りではない。買って最初の内は喜んで撮影してたんだけど、最近は他にカメラを持ってないときにだけ使ってる感じ。プリ撮影も合わせて簡易動画で記録されるなど、本体上で見ると面白い効果もあるのだけど。

GW新潟2019(25)2019年10月07日 07時32分40秒

終わりかけの線香花火のような花。
D7500だけどピンぼけ。

行きにも見た筒状の花。
ランに似た花。

ちっこい白い花。
個人的用語の利用方法としては、「小さい」>「ちっこい」の大きさ順。

せりに似ているけど違う、小さな白い花の集合。

砂防ダムまで戻ってきた。後少し。
そういえば、途中濡れている所もあり滑る。今の山靴は滑りすぎる。去年登った白馬乗鞍でも滑ったし。沢登り用の靴を買おうか。

ということで、駐車場まで帰り着いた。10:30。
駐車場の脇に咲いてた花。変わった形。
葉っぱからするとしそ系だろうか。
3時間で往復したことになる。登りの最初は体調が悪くて苦しかったけど、後はすんなり行けたか。

帰り着いたときには、駐車場にも車が多く停まっており、なんか警備員らしき人まで居た。GWの真っ只中だからか?

ということで、経路のGPSログ。まずは角田山の位置。
椎谷から駐車場までが約40キロ。寺泊はちょうど真ん中になるのか。
「時速50キロで1時間走れば50キロ移動できる」((C)のんのんびより)のお土地柄なので遠いようで、向こうでの感覚的にはそれほど距離は感じない。関西圏で40キロと言うと京都~大阪間だから結構遠いけどね。

登山道。
トイレが有る駐車場は道路からすぐだからわかるとして、そこから公民館までは、曲がるところを間違えると迷って戻ってしまうので要注意。
山は一気に登った後平らに近くなるのがわかる。

ドローンで見えた田んぼとかはこの方向。

ということで、ひょっとしたらもう二度と行かないかもしれない角田山であった。

GW新潟2019(24)2019年10月06日 07時41分06秒

最初に見た白い花は、山頂付近まであちこちに咲いていた。
これは陽の光がきれいに入っていたので撮影。

一方、こんな花もあって、両者は似ているけど違う種類である。
葉っぱを見ると一目瞭然だけど、花だけを見ると、似てなくもない。もちろん写真でじっくり見えれば違いはわかるけど、歩きながらの記憶ではね。

これはしそ系か。

青色が鮮やかなこんな花もあった。
初めて見る。とある場所に1箇所だけに少し群生していた。

こちらは咲いているリンドウ。
栂池自然園で見られるフデリンドウそっくり。

これも、とある場所1箇所だけ群生していた。最初は1輪づつしかなかったのがあるところで一面にあったので驚いた。
他の草の下なので気が付かない人が多いと思うけどね。

GW新潟2019(23)2019年10月05日 06時57分56秒

さて、登る途中の桜はあっても高い位置なのでパット見目に入らないが、この山頂付近にはまだ満開に近い木がたくさんあった。
ドローン飛ばしてたのが15分、あとちょっとだけ周りを撮影してとっとと下山した。機嫌が悪くなったので。居たのは20分くらいか。

行きには気が付かなかった花。小さいピンク色。

山頂近くにこの小屋があるんだけど、なんの小屋だからはわからない。
冬の緊急避難用か何かの資材置きか。そんなに古いものではなさそう。

登りはほぼα6000のみだったが、下りはα6000にはマクロレンズを装着、D7500は常時掛けていた。下りなら重いカメラもそれほど苦にならない。これくらいの山なら(白馬乗鞍のように下りの方がきつい山だとだめだけど)。同じものを移してもだいぶ感じが違うし、αはピンぼけすることが多々あるからその保障も兼ねて。

行きには上からしか撮影できなかった花をなんとか下から。

気配を感じたので見ると、この子が居た。
顔つきはヒヨドリにも似ているけど、お腹周りが違うか。

下を見るとこの子が。
トカゲが日向ぼっこしている。こういう姿はよく見かける。変温動物の性。
(C)おたくら編集局