似非しまなみ海道物語(19)2018年05月26日 06時37分07秒

宿で荷物を降ろし、ちょっとまとめてから着替えを出して温泉へ行く。
とにかく、夕食の前に汗を流し体をほぐして疲れをできるだけ解消しておきたい。気力のあるうちに行かないと、動けなくなりそうだし。

温泉に行くことを宿で言うと、シャンプー・石鹸は貸してくれる。タオルは小さいのは宿に備え付けのを使い、バスタオルは自前のを持っていく。それと、温泉の割引入浴券もくれるが、これは後で宿代に付けられるので注意(400円)。

アクションカメラとコンパクトカメラは持っていくが、一眼レフは持っていかない。温泉にはコインロッカーはあるだろうが、流石に用心のためとそれが必要なほど撮影することもないだろうから。

宿から温泉までは近い。今まで泊まってた三村峠下の「なぎさ」から多々羅温泉まではそこそこあったけど、こちらはその半分もないだろう。ちなみに、「なぎさ」では温泉券は無料でくれる。

途中、野生の藤が満開の場所があった。
大山祇神社の前にはきれいな藤棚がある公園があるのだけど、今年は全く咲いてなかった。

宿からまずは西、海の際まで走り、あとは海岸沿いに直進から右手に向かう。この写真で左奥に見えるのが温泉。

その温泉は、実はいつも行ってる伯方の塩大三島工場のすぐ横;こちらから言うと手前にある。

今まで何度も前を通り過ぎていたが入る機会がなかった。今回初。

こんな建物。
流石に中は撮影できない。結構広いかな。人は多かった。地元の人が多そうだったけど。

温泉の質は、ナトリウム泉。天然かどうかはわからない。特に肌がすべすべになるとかそういうのはない。
でもここの良さは、いろいろな種類があること。特にジェットバス系が数多く、今日のように疲れた筋肉を解すにはちょうどよい。露天風呂もある。

私は基本カラスの行水なのだけど、今回は長風呂した。内湯で温まってからジェットバスでほぐし、露天にもジェットバスがあるので景色見ながらほぐしという感じで。気がついたら50分位経ってた。

上がって、流石に水分抜けすぎたのでアクエリアス飲んで、お土産もあったのでいくつか買いながら体を少し冷やしてから出発した。

買ったお土産はオレンジのゼリーと手袋なんだけど、まだ写真撮ってないので紹介は後日。

外に出たら夕日が沈むところだった。美しい。

こちらはアクションカメラでの撮影。色合いがだいぶ違う。
あぁ、一眼レフ持ってきとけばよかった。と思ったけど、それはしょうがない。ここまでは予測できなかった。

立ち去り難い美しさだったが、流石にお腹が空いてきたので宿に戻る。

似非しまなみ海道物語(18)2018年05月24日 06時11分46秒

16:40、多々羅しまなみ公園を出発。今日の最終目的地である宿を目指す。

振り返って多々羅大橋を撮影。
この橋は色んな角度から撮影できる。

今回の宿は大山祗神社の近く。ということは大三島中央にある三村峠を超える必要がある。曲がる場所を1箇所間違えてちょっと道に迷ったけど三村峠に突入。
この峠は結構長いのでなかなか辛いのだが、積善山を超えた後なら楽勝。前もそんなこと言ってた気がするけど、今回は本当。今までで一番楽に登れた気がする。新しい自転車が調子いいというのもあるけど。自転車によって走行効率というものは大幅に変わる。MY自転車を買うかどうかはずっと課題にしているのだけど、問題は運搬方法がないことなんよね。なにか良い手はないものか。

17:07、「大漁」前。今回はここで食べる時間はない(明日も)。
なんか店の前に大量の車が止まっているので、「まさか閉店!?」と思ったけど、そうではなかった(それは翌日判明)。

大山祗神社。

広々とした境内。
お参りしようと思ったが、どうも社殿前の扉が閉まっているような気がしたのでここで引き返した(写真をアップにするとわかる)。でも翌朝見た感じで行くと、開いてたのかもしれない。

すぐ横に見える山は鷲ヶ頭山(わしがとうさん)か安神山。岩がゴツゴツしてる。
少なくとのこの面には道路はなさそう。登れるみたいなので、いつか挑戦するのもいいかもしれない。でもそのときはもう1日必要かなか。

そして今日の宿に到着。17:15。「紺玉」(こんたま)。
予定通りの到着。

結局しまなみ公園から35分。やはり早い。

到着すると、私が中に入る前に宿の奥さんが出迎えてくれた。鋭い感(^_^;)今日の泊まりは私一人かな?

マーマレード作り20182018年05月23日 05時49分50秒

今年はしまなみ海道に行けた。行くと必ず大量の柑橘類を買う。で、全部を一人で食べきれないので一部はマーマレードにする。それが出来るのも、しまなみ海道で売られている柑橘類が基本無農薬だからである。

今年使ったのはこういう種類。

これは不知火(デコポンは登録商標)。

これはレモンのように見えるけど違う。グレープフルーツに近い味かな。苦味はないけど。

これはレモン。無農薬だから安心。
このレモンは酸味を付けるために入れたけど、他の量に対して少なすぎた。出来上がったものは全く酸味を感じない。この量なら最低2個は必要か。

それらの皮を剥いて、肉厚の皮は裏側の白い部分をスプーンでこそげ取って短冊状に切る。1mmとか細かく切るように書いてあるHPもあるが、私は皮の感じを残したいので1センチ幅くらい。

身は別途取って皮を向いておく。取れない種類はそのまま。
皮と身で約1.2キロもある。
写真には撮ってなかったけど、種は別途取って茶こし袋に入れていっそに煮る。そうするととろみが出るそうな。

ちなみに、皮を入れるのがマーマレードで、入れないのがジャム。

こちらは使う砂糖。700gだとこれくらいの量になる。
一気に食べたら寝込みそうな量。

まずは皮だけ圧力鍋に入れて低圧で煮る。
これで一気に皮を柔らかくする。

次に身を入れて更に圧力をかけて煮る。

圧力が抜けたら、砂糖を20分毎、3回に分けて入れていく。
これで60分。

後はかき混ぜながら水分が飛んでとろみが適当になるまで弱火で煮詰める。
冷えると粘度が高くなるので、ちょっと柔らかめと思うくらいでいい。砂糖入れはじめから2時間は必要だと思う。

ちょうどよい粘度になったら、別途煮沸洗浄(沸騰したお湯の中で10分)した瓶入れていく。
入れたら逆さまにする。それは、蓋を熱消毒するため。もっとも、蓋も一緒に煮沸消毒してあるんだけどね。

ここまでで実に6時間かかった。マーマレード作りはきらいじゃないけど、時間がかかるのは辛いかな。特に今の私は腰が非常に悪いので。

冷えたら正立させて、外に付いたジャムを洗い流して常温で暗所に保管。
今回は11本できた。多分来年までは余裕で持つ。まだ他のもあるので。

今年はちょっととろみが足りない&皮の苦味が強いのに甘さが強すぎる感じ。煮詰めが少ない分色は鮮やかだけどね。

まだ柑橘類はたくさんあるから、もう1セットくらい作れそう。万が一食べ切るようなことがあったら作ろうかな。
人にあげてもいいのだけど、あげる人いないし、それ以上に瓶が貴重なので食べ終わったら瓶を返してくれる、もしくは代わりの瓶をくれる人でないとね。

そういうことで、たまには料理らしい料理もする私であった。

似非しまなみ海道物語(17)2018年05月22日 23時01分06秒

多々羅しまなみ公園に到着。16:13。港から1:45くらいかかったか。
ここは道の駅である。と同時にレンタサイクルのターミナルでもある。そこで自転車の不具合を報告、交換してもらった。今度はベルトドライブではなく普通のギアの。残念ながら、しまなみ海道のレンタサイクルには全体的に調整不足の自転車が多いが、それでもすぐに交換してくれるとか、途中で故障したときのための交換車が常に走っているとか、サポートが素晴らしいのも、ここが安心して走れる所以である。

建物の裏手からは多々羅大橋がきれいに見える。

ここの最大の目的は、柑橘類を買うこと。こんなふうにトレイに入れられて大量に売られている。
生産者によって並べられているので、同じ種類もいくつもあったりする。同じ種類のでも大きさや形が異なったりするので、複数買うこともある。ジャムとか他の物も売ってるけど、今回は柑橘類のみ。好きな不知火(でこぽん)を中心に結構買って、宅配してもらう。それがここで買う理由。持って帰れないからね。先に買った芋けんぴと飴も一緒に入れてもらった。

隣には土産物屋もある。そこでまた別の飴とこのコーヒーを買った。
「いよかんコーヒー」とな。何でもいよかんのエキスが入っているらしい。物珍しさに負けてかったのだけど・・・。

ごくごく・・・
うわぁまずい。これは本当にまずい。こんなん作っちゃだめ。なんていうか、コーヒーのコクとまずさを履き違えているような感じ。このサイズのコーヒーなのに飲みきれなかった。
ゲテモノ飲料を探している人にだけお勧め(^_^;)。

ここも景色が美しくて去りがたいが、出発する。

しようと思ったら、どうにも自転車のサドルが低すぎるので器具を借りて調整。ロードバイクの中には器具がないと調整できないものもあるのだ。また、ギアに油も挿す。実はちょっと高級ギアオイルも持ってきていたのだ。先の自転車はベルトなので使えなかったが、今度はOK。ちょっと挿すだけで格段に走行効率が上がる。長距離では僅かな効率向上が大きな差になることもあるのだ。

しかし、走ってから気がついたのだけど、この自転車、常時軽くブレーキが掛かっているような感じがある。もっと早くに気がつけば交換してもらったのだけど、仕方ない。このあとはもう今治まで自転車交換のタイミングはない。

今回の宿は峠を超えて向こう側、大山祗神社のすぐ近くにある。ということは、峠を超える必要があるということだ。力を振り絞って走る。

似非しまなみ海道物語(16)2018年05月19日 07時26分02秒

多々羅大橋から海を見る。
島が多いのがわかるし、よく見ると潮流が早いのもわかる。海というより殆ど川に近い流れ方だ。

橋の支柱の1つ。

その下にはこの看板がある。これだけではなんのことだかわからない。

「手をたたくと不思議な事が起こる」と書いてある。

そこには拍子木もあるので打つとよく分かる。
2本の支柱の間で音が反響し続けて音が登っていく感じがする。録音もしてあるのだけど、ここにはアップできないのが残念。うちの近所の相国寺にもあるそうな。一度行ってみたい。

渡りきって振り返って1枚。

大三島側では八重桜がたくさん咲いていた。

ここでは女性チャリダーと出会ったが、撮影していた。
まあ、写したくなるわな。そういうときは譲り合い。

多々羅しまなみ公園まであと少し。
ここでは柑橘類を買うのが第一目的だけど、今回は「自転車交換」も重要だ。

似非しまなみ海道物語(15)2018年05月17日 06時12分49秒

多々羅大橋が眼前に見える。
この橋はしまなみ海道の中でも一番美しいと思う。でもなんか構造的には変わっているらしい。

橋脚の真下に何やら紫色の花が咲いていた。
色合いはフジに似ているが、これは蔓ではなく木だ。

アップにするとこんなの。
これは桐の花。京都では見たことないが、しまなみ海道ではこことか来島海峡大橋から見えるの島にも咲いていた。

あえて逆光・フレアを出して撮影。
私は写真がうまくないし、あんまり狙って撮影はできないけどこういうのはできる。

そういえば、ここまで1人もサイクリストと合っていない。積善山で1人会ったけど、その後の岩城島内、生口島ここまでの間1人もいなかった。たしかに正規のしまなみ海道ルートからは外れているし、今日は平日だけど、こんなに少ないものかなぁ。これまでの中で多分一番少ない。やっぱり、例の事件のせいだろうか。私の横を通り過ぎた車がちょっと行ったところで停まる、ということが、パトカーを含め何度かあった。怪しんでいるのかもしれないけど、こんな真っ昼間、大きな道路沿い、目立つ色のリュックで走るなんてことないと思うよ、犯人なら。ましてやあんな山登ることなんて絶対ないはず(山の上でもあった)。今回ちょっと不快に思った点。

橋をくぐって反対側から。
そう、橋への入り口は、橋を一旦くぐり抜けてだいぶ走ったところにあるのだ。

その途中にレモンがたくさんなっている場所がある。レモンと橋。
ここいらは国内でも有数のレモン産地だ。

ようやく橋へ向かう入口に到着。ここからしばらく坂。そこにこんなのがあった。
多分、柑橘類を売っているのだと思う。奥に写っているのが販売者。欲しいけど、ここで買うと持って帰れない。ここに来たら柑橘類は必ず、しかも大量に買うが、それは送ってくれる場所に限る。そしてそれはこの橋を渡りきったところにあるのでここはぐっと我慢。

レモンの碑の前から橋を望む。

どんどん近づく、けど遠い。坂が辛い。
でも、積善山登りきったあとなら、すべての坂は軽いもんよ、と言いたいところだけど、ここは途中で歩いてしまった。

また土手に何やら花がたくさん咲いている。

これはなんだろう。マメ科のような感じだけど。

そして多々羅大橋のたもとに到着。太陽を背にした橋が美しい。
15:35。洲江港からちょうど1時間。北回りだと倍はかかるんじゃないかな。

似非しまなみ海道物語(13)2018年05月15日 05時50分31秒

間違って先に14出したっちゃ。こちらが前の話。

・・・

到着した船はすぐに次の乗客を乗せて戻っていく。

岩城島の方を望む。中央に見えるのが出港した港。

生口島は南の海岸沿いをひたすら走る。港からは左手。
ここを走るのは初めて。

これが例のバス食堂。
すごく入ってみたい、という気にはならなかった。まあ機会があれば行ってみよう。

実は港からずっとトイレに行きたかったのだけど、見つからない。バス食堂の横に簡易トイレがあったのだけど食べもしないのに使うのはちょっと気が引けたので使わなかった。
こりゃひょっとしたら多々羅しまなみ公園まで行けないかも、と思ってたら、こんな場所にあった。
廃校のようで、そこにトイレがあった。多分学校のじゃなくて後から作られたものだとは思う。でも助かった。
少子化で学校がどんどん減ってる。京都市内でも2~3校が統合して1校になるのはザラだし、椎谷のような田舎では廃校になる。子供が減る国は滅ぶしかない。東京にだけ人がいてもしょうがないんだよ。むしろ、東京圏の税金を上げて、地方は減らしたらどうだ。少々ではなく大きく120:80くらいで。そうしたらお役人が大好きな税収もぐっと増えるし地方に住む人・企業が増えるかも。そして地元にお年寄りに子供の世話をしてもらう施設を作る。そうすればいろいろと丸く収まるような気がするんだけど。
口先だけで何もできてないABEとか、口を開けば下品さが露呈するASOとか、国会を空転させて喜んでいる野党なんか一掃して、真実国を導ける政治家に出てきてほしい。

似非しまなみ海道物語(14)2018年05月14日 06時13分19秒

しまなみ海道沿いはキジがとても多い。でも、鳴き声はよく聞くが、姿はごくごくまれにしか見られない。このときも鳴き声がしたので見ると一瞬姿が見えた。
わかるかなぁ、木の陰にオスが1羽いる。別の場所で目の前を横切る姿も見たのだけど、それがアクションカメラに写っているかどうか。長い録画の中からその一瞬を探すのは至難の業。せめてその日時をメモしておけばよかった。

高速を降りるあたりにあった看板。
自転車は、生口島は基本北回りだけど高速道路は山の中腹を走り、出口は南側にある。

南はほとんど海岸沿いの平坦な道。
なんか前方にお堂が見える。11面観音堂という所だと思うが、多分入れなかった。

なんか海に突き出した橋の半分のようなものを発見。15:10。
GPSログから察するに尾道産業(株)瀬戸田工場らしい。船の備品を作っているようだ。
地図で見るとこれと前のお堂の位置関係がおかしいように思うかもしれないけど、これは振り返って撮影したから。

眼前に多々羅大橋が見えてきた。あと少し。空と海との間にある橋が美しい。
でも、多々羅大橋へ向かう坂の入り口はまだ遠かった。

似非しまなみ海道物語(12)2018年05月12日 06時43分49秒

港の横を見ると大きなタンカーが見える。

なんの船だろう。なんか甲板を折り曲げて開けているような気がする。

対岸に見えるあの船が多分連絡船。

来た。ここも上島町のフェリーなので例の割引券が効く。

壁には絵が、2階には何やら飾り付けが。
桜まつりの飾りのよう。

これ。
15日までが祭りの期間のようだけど、8日にイベントが有った様子。でもなんにもなかったけどね。山の上も港も。

船のトイレ。岩城島は愛媛県だけど、生口島は広島県だからやっぱりこれ?

女性の方はこれ。カープ女子?

スタッフのはレモン。

錨があった。
大きいのか小さいのかわからない。

14:30に出発して生口島は洲ノ江港到着は14:35。5分の船旅。
船を利用するといろいろ行き方に幅が広がるから、どんどん使っていこうと思う。せっかく割引もしてくれることだしね。それは今回の旅行でも遺憾なく発揮されることとなるのだが、それは翌日の話。

似非しまなみ海道物語(11)2018年05月11日 06時04分54秒

それでは岩城島のGPSログを。
まずは全体図と港の位置関係を。
土生港から真向かいにあるのが去年行った生名島。それを北に迂回して岩城島に行く。そこから島の中の方に坂を登って行って、小漕港からの道と交わるちょっと手前で島中央の方に曲がると積善山に向かう。

これを見ても分かる通り、登山道入り口から小漕港へ行く分かれ道は本当にすぐ近くである。長江港から登山道入り口までが約1キロ。ここもゆるいがほぼ上り坂。
そしてぐねぐねと曲がりながら山頂までのひたすらの坂道を登って行く。GoogleEarthで距離を測ってみると約3.6キロ。港から合わせて5キロもなかったけど、それでもほぼ全体が上り坂だから大変なことには違いない。

で、岩城港への行き道だけど、山途中の分岐を正しく曲がっていれば黄色い線の道、相当短かったことがわかる(黄色線は適当に引いたので正確ではない)。
実際に走った道;西の海岸沿いは最後の峠超え以外はほぼ平坦で走りやすいとはいえ、3倍ほども遠回りだ。これから行く人は間違わないように。

レモンポーク丼の店で小漕港に行くには西・東、どちらを進んだほうがいいか聞いたところ、西=私が来た道の方がいいとのことだった。距離はほぼ同じだけど、東のほうが坂がきつそうだ。GoogleEarthでどアップにして見てもそう思う。

積善山、しんどいけど景色は抜群にいいから、将来また行ってもいいかな。まだ登る体力があるうちに(^_^;)。

最後にいわき島に渡る船でもらった島の地図をば。島の宣伝だからいいよね。

岩城港近くはこんな感じ。ここは道が曲がっていてわかりにくい。

(C)おたくら編集局