しまなみ海道3「魂は燃えているか」(105;最終回)2016年08月06日 08時26分02秒

・・・結局の所、当初の目的は達成されたのか。

元気にはなった。
でもやる気は出ない。
その一因は、直前に見つかった喉の腫瘍にもあった。

これが解決しないと次の手が打てず、最低限切除して、声がまともに出るまでは面接など受けられなかった。
これが書き終わるころには「良性」とわかり一安心はしたが、長らく手術の喉に違和感はあったので就職活動はしていなかった。
(2016/08/06現在、契約写真で仕事していて、ものすごく忙しくてマイチに午前様。折しもの急な夜の暑さで完全にバテバテ。)

それよりも、なんか体が、見た目「おなか以外」(残念)激やせしてきてる気がするのだけど、大丈夫か?体重自体は減ってないけど。

とりあえず、次回は竹原経由で大久野島でウサギ三昧か、しまなみ海道側で自転車借りて安芸灘とびしま海道を走るか。その場合は2泊3日は必要だろうなぁ。
誰かと行ければ良いのだけど。当てはない(^_^;)

ということで、長々と続いたこの話も終わり。
合掌。











・・・そして次はあそこへ!2泊3日のモーレツトレッキングツアー。

しまなみ海道3「魂は燃えているか」(104)2016年08月05日 06時16分48秒

・・・後日談

直前に発覚した喉の腫瘍。
帰ってきた翌週はじめに摘出手術をした。術式そのものは麻酔を含めても数分で終わるものだったが、しばらく刺激物や堅い物が食べられなくなった。さらに最低2週間は通院で様子見。
これを行く前にしてたら、食事が出来ないでえらいことだった。後にしてよかった。まあ、後にしたらしたでおみやげが食べられなくて腐らせてしまったのは残念だったけど。
そうそう、良性腫瘍だったので、一応お知らせを。

手の指のひどいしもやけはほぼ治った。体内部から大量の熱を発生させることと温泉が効いたのだと思う。やはり、しもやけには血流の改善が一番。

また、腰痛も治った。自転車運転は足だけでなく、腕力・背筋を含め意外と全身運動になるから、日頃の上半身運動不足が解消され、腰痛も治ったのだろう。腰は下半身じゃなくて上半身だ(腰から下が下半身)。

・・・

これを書くために調べていると、3/31付けで重井西、因島市民会館(土生港のそれのちょっと北)、向島マリン・ユース・センターの
レンタサイクルターミナルが廃止されてた。後ろ2つは土生港ターミナル、尾道港が近いので別にかまわないと思うけど、重井西は近くに代替場所がないから結構つらいんじゃないかなぁ。まあ、地元の人が片手間にやっているような感じだったから、大変なのかも知れないけど。次回からは、重井西スタートは出来ないということで。

最後に。
今回のお題「しまなみ海道3魂は燃えているか」は元ネタがある。SEGAの名作ゲーム、サクラ大戦の第3弾の題名ね。

終わり・・・じゃなくて、あと1回だけ続く。

しまなみ海道3「魂は燃えているか」(103)2016年07月31日 09時40分35秒

おみやげ続き。

前回書き忘れてたけど、柑橘類のところでは、このジャムも購入。
自作マーマレードがたくさんあるのでまた食べてない。別段甘いもの好きじゃないけど、皮があるから作るという感じ。毎日パンに塗って食べてるけどね。それでも市販品を買うのは、他の味も知っておきたいから。自己流の味は、自分で食べるだけならそれでも良いのだけど、やはり比べておくと良い。市販品と言ってもこういう手作り品だけで、メーカー品は買わないけどね。

・スナック類
これは伯方の塩大三島工場で買ったもの。

海苔の天ぷら。
それに伯方の塩をまぶしているというもの。大手メーカーのポテトチップスのようなきつい塩辛さはない。でもやっぱり猛烈な油物なのでカロリーは気になる(^_^;)。走っている間に食べるのには全く問題ないと思うけど。

おみやげに良いと思うのは、こういう表記があるから。

こちらも同じ場所で購入。これは去年も買って紹介したので詳細は省略。
比較的安い割に枚数が多いのでお買い得。

・甘いもの
こちらは瀬戸田の梅花堂で買ったケーキ。

地元のレモンを使っているのが特徴。

一人しかいないのに6個入りを買ってしまった。
バラ売りもしているんだけどね、つい。

こんなの。
甘さは控えめかな。レモンも「言われれば風味はあるけど」という程度で表立ってはいなかったと思う。

今回のおみやげの評価は総じて正当ではない。なぜなら、前にも書いたとおり帰って直後に喉の腫瘍手術をして2週間おかゆ以外食べられなかったから。これらのものもその間(適切な場所ではあるが)放置されてたから、風味が落ちるのも当然。次回はちゃんとすぐに食べてみたい。

のり天に至っては、食べきったのは昨日(7/30)だからね(^_^;)。賞味期限なんて言葉、うちにはありません。「食べられれば」OK。期限切れかどうかは胃腸が判断する。下れば「切れてた」。一昨日も期限切れに当たって少々「あれ」だったけど、それはまた別の話。

総じて、今回は土産物は少なかったかな。少なくとも手持ちで持って帰ったものは。

そういえば、旅先ではパンフレットをたくさんもらって帰るのが常だけど、今回は少なかった。そもそもパンフレットがあるような場所にあまり寄らなかったというのもあるけど、3回目なので取るべきものがあまりないとか、インターネットで得られるというのもある。
現場の情報が何よりも重要かつ正確なんだけどね。

しまなみ海道3「魂は燃えているか」(102)2016年07月30日 20時34分00秒

・・・おみやげ編・・・

・玉木商店の手羽先
買って2日経って、しかも冷蔵庫にも入れた後での味の評価なので正当ではないかもしれないが、肉自体はとびきり美味しいというほどではない。でも味付けは良い。

骨も含んでかなり大きめ。

ケンタッキーのようなぶよぶよでスパイスでごまかしたようなものとは違う。骨は硬いので、食べるのはちょっと苦労するかな。食べごたえはあると思う。質実剛健という言葉がぴったり。
なので、高くはないかと。

これも食べきる前にのどの手術をしたので、さらに2週間以上冷蔵庫で眠ることになった。その後でも焼けばおいしかったと書いておこう。
次回は、少なくとも少しはその場で食べてみたい。

・柑橘類
いろいろ買ったけど、イチオシは「しらぬい」。これはおいしい。酸味と甘さのバランスが絶妙。
「デコポンじゃないの?」と言われるかもしれないけど、前にも書いたとおり、「デコポン」は農協の登録商標。なので、農協経由でない販売時は使えない。一般名称が不知火。

「はるか」。皮は黄色だけど酸っぱくはない。
なんかしわしわに見えるかもしれないけど、買った直後は水分も豊富でまんまるだった。水分が抜けやすいのかもしれない。

こちらは伊予柑。
これも美味しい。

金柑も買った。
これだけで200円だから安い。もちろん無農薬。

はちみつ漬けにできれば良いあったが、今ははちみつ買う余裕なんてないので砂糖酢漬けにした。
実は7月末現在すでに出来上がっているのだけど、まだ食べてない。どんなふうになっているか。

これは柑橘系を買ったのと同じ所にあった「ジャム」。
皮が入っているのがマーマレード、果肉だけなのがジャム。・・・だと思ってるんだけど正解かな?1つだけやたら安いなあと思ったらジャムだったと。
甘みがかなりきついかな。パンに塗って食べてるけど、紅茶に入れるのもいいかも。そんな感じ。

・・・しばらく間が空いた理由・・・

ここは写真がたくさんいるとわかっていたのだけど、その写真を編集する時間が全然取れなくて今日までかかってしまった。というのも、最近仕事が異常に忙しくて。連続ほぼ午前様。

祇園祭はサイズ変換だけで出せるから楽だったんだけどね。

しまなみ海道3「魂は燃えているか」(101)2016年07月26日 06時08分20秒

PCに頼らないSDコピーも考えないといけない。
PCはIdeaPad S9eクラスでも重いし場所をとる。

こういうものがあった。
TAXAN MeoBankSD HS ワイヤレスSDカードリーダー&WiFiルーター&モバイルバッテリー MBSD-HS-03/MG
6100円
これを買うかどうかは次回までの宿題。これならたった100g+ポータブルHDDの重量で済む。

でも少なくともこの機種はバッテリー回りに致命的な設計ミスがあり(過充電防止機能がない)、私のように使う頻度がまれで、放電したまま放置または充電したまま数時間放置してしまうこともある人間が使うとすぐ電池が壊れる可能性がある。電池無しでも良いから廉価機種が出ると良いのに。電源は外部USBバッテリーがあるから。
Amazonの在庫を見ていると減っていたし、発売から1年半ほど経っているので、近日新機種が出るのかも知れない・・・と思ったけど、今のところその発表はない。

SDカードはもう1枚買うべきだろう。1日中のコピーは不要にするべき。1日SD3枚の2日で6枚必要。すでに2枚あるのであと4枚。1枚1300円なので4枚で5200円だから、こちらの方が安いか。比べるまでもなく遙かに軽いし場所も取らない。

もちろんこれはすぐでなくて良い。8時間以上連続撮影するような機会は、しまなみ海道以外あり得ないから。新潟行や白馬行きでも8時間連続にはならないし。

・・・とか言いながら、もうすでに32GB4枚を追加購入済み。+2枚で新潟行きに望んだが、2泊3日で足りなかったから。列車内からも撮影すると8時間はかかる。6枚体勢の真価は白馬行きで試される予定。

しまなみ海道3「魂は燃えているか」(100)2016年07月25日 06時14分19秒

・・・帰ってきてすぐ買ったもの・・・

ブレ除去ソフトについては前述の通り。しかし、やはり根本的な対策が必要だが、どうすればいいかは思いつかず。
とりあえず1つ、カメラの自転車への固定具を買った。

MINOURA カメラマウント VC100-M ル・コード Mサイズ φ28-35mm対応
    1573円(税込み)

今回はミニ三脚をハンドルの軸の部分に紐やベルトで無理やりつけたが、やはり強い振動が加わると大きく揺れてしまったし、方向がずれてしまった。ここは専用道具で固定した方がいい。なんで行く前にこの事に気が付かなかったのかと思う。

これと、ハンドルとの間にオーディオ用防振ゲルシート+フェルトを挟んで(写真も丸い部分)防振対策してみたところ、僅かにましになったような気がする。あり・なしで比較まではしないので、感覚的な感じで。固定軸がしっかりしたことによる効果か。

ただ、かなりきつく締め込んだつもりでも急にするっと回転してしまうことがある。ハンドル側に滑り止めシートなどを貼り付けておいた方が止さそうだが、レンタルではそうもいかんしなぁ。

ただ、今回は軸にカメラを付けたのでハンドル操作による画角の左右揺れは最小角度で済んだが、このマウンターはハンドル途中につけるタイプなので左右揺れが「理屈上」大きくなる。

さらに、ハンドルに対して角度を付けられない=ハンドルの角度がカメラの角度になってしまうため、ハンドルが斜めだとカメラも斜めになってしまう。これが最大の欠点。世の中、ハンドルが横に完全に真っ直ぐなものは殆ど無い=全てのハンドルは上下の角度を持って曲がっている、と思われるので、この問題は必ず出る。うちの自転車でもほんのわずか傾いてしまう。カメラ上に水平儀を付けているので解る。

これに対しては、
    HAKUBA 自由雲台 BH-1
    954円(税込み)
で対策。ボールをねじ止めする雲台。付けるとこんな感じになる

持っている三脚の中にもこれと同じ構造で水平を出す物があるが、それは外れないので、別途購入。もっと高いのもあるけどこれで十分。出来は良い。ただ、どきどきねじを締め直さないと緩んできて、急に首が折れることがある。

アクションカメラも乗せると全体でこんな感じ。
だいぶ背が高くなる。

あとは左右画角を何とか出来れば良いのにね。
数万円も出せるなら電動スタビライザーと言う物もあるのだが、今の私には無理。なんか安くて出来ないかなぁ。

しまなみ海道3「魂は燃えているか」(99)2016年07月23日 07時36分11秒

・・・必要だったもの・・・

・サングラス
過去2回は曇だったので必要なかったが、今回は晴れたので必要だと思った。
海沿いが長いので、その照り返しを考えても必須かと。
ついでに言うと、カメラに対しても同じことが言え、レンズフードとか、PLフィルタをつけていたほうがいいかと。

・首後ろの擦れ対策
今回はマフラーを持っていってたのでこれで対策してたが、カメラのストラップが首の後で擦れてかなり痛くなる。
今回のマフラーは生地的にも良かったのだが、タオルなら柔らかい生地を選ばないと。マフラーはずれる時もあるので完全ではなかった。首周りの保護は、日焼けも含めて考えなければならないかもしれない。

場所折しもタオルの町今治を通るのだから、そこで買うのも良かったかもしれない。というか、今治においては、首を守るようなものを開発して欲しいかと。ふわっと首に巻けるもの。

もしくは、カメラを運ぶ別の手段を考えるか。カメラ重量による首への負担は相当に大きいし。一眼レフは重いからなぁ。軽量カメラにするというのは経済的に却下。
すぐに取り出せてかつ楽な方法なにかないか。

・薄手袋
手袋自体は必須だが、気温が上がってくると防寒手袋は流石に暑くなるので軍手も持って行ったほうがいいだろう。指が出るいわゆるサイクリンググローブがあればいいのかもしれないけど、まあ、今回の手袋と軍手で十分かな。

・胃薬
これは念のため。何があるか解らない。宿で胃薬を頼むのはためらわれるのよね。そこの食事でおなか壊したように思われると恐縮なので。

しまなみ海道3「魂は燃えているか」(98)2016年07月21日 06時06分04秒

・・・地図
地図は基本的に去年・一昨年現場でもらった「しまなみ海道サイクリングマップ」を使っている。
左が去年までの、右が今回の。しかしこちらのは前述の通り地図が立体的になった反面小さくなったので見やすくない。

これが今回の。
縦は2つ折り。各橋での出入り口の写真がある(上の写真では切れているけどこの右側にある)のはわかりやすいかも。

こちらが去年までの。
縦がこのサイズで横長。巻物みたいといえばいいか。

これにGoogleMapや各種情報サイトで得た地図を印刷して持って行ってた。ファイルに入れ、その時必要な物だけ四折りにして胸ではないポケットに入れてた。胸ポケットは、去年2度も謎の紛失をしたので。

その地図の印刷時、うちではプリンターインク節約のためInksaver6というソフトを入れているのだが、これで節約すると地図は非常に見にくくなる。25%も節約すると、細かいところがほとんど見えなくなる。印刷したつもりで現場で見たら読めないってな事になるので注意。
どの程度までなら大丈夫かは試してないけど、節約しないで印刷するとくっきりなので、「地図は節約無し」で決まりではないかと思った。しまなみ海道途中では細かい地図はあまり必要ないけど、今治とか市街地はね。

Q.スマホの音声ナビは使わないのですか?
A.「迷うのも旅」だから・・・というのは言い訳で、スマホを持つ経済的余裕はないから。本体買うのも通信費も。いや実際、迷ったことでいい場所に出会うことも多いので、自転車くらいなら「これでいいのだ」(C)バカボンのパパ。

しまなみ海道3「魂は燃えているか」(97)2016年07月20日 06時32分49秒

・・・モバイルバッテリー・・・
モバイルバッテリー Anker PowerCore 10400
1999円(税込。購入当時)


アクションカメラのバッテリーが、今回の走行では全く保たないので購入。今回買ったアクションカメラはUSBからの給電中も録画できるので、こういう手が使える。

結果から言えば、1日8時間連続撮影しても半分も減らないので容量は十分。使用量目盛りがあるのだけど、3日間1日8時間使って4目盛りの内3目盛り分使う感じ。2日くらいなら余裕で無充電で行ける。

出力口は2つあるので同時に2台に電源供給できる。
今は使いみちはないけど、そういう機器が増えても大丈夫だと。

手提げ袋があるのもなにげに良くて、その袋に入れてハンドルにぶら下げられる。

ただ、いかんせん重い(カメラ本体より数倍重い)のと、大容量故に充電にも時間がかかるのだけが注意か。3目盛り分使うと、普通のUSB充電器では12時間はかかる。もう少し少量で軽量のものの方が良いかもしれない。

2日程度なら、これの半分の容量でも無充電で十分いけそうだし。ただし、容量半分=価格半分にはならないのだが。

前回・今回で自転車長距離走行を少しでも楽に、また楽しくできるものは揃ったと思う。

ということは、やっぱり、せっかくだから、また行くのではないかと。
来年かどうかはわからないけど。毎年恒例にしてもいいけどね。白馬のように(白馬はちょっと遠い=高いので、隔年になることもあるけど)。




しまなみ海道3「魂は燃えているか」(96)2016年07月19日 07時39分24秒

・・・アクションカメラ
Flylinktech SD58
7800円(税込。購入当時)


カメラと書いてはあるけど、事実上超小型のビデオ。
なので常時録画が基本。
いわゆるドライブレコーダーのように、振動を検知して録画を開始することもできるらしいが、自転車では当然使えない。振動だらけだから。

・思ってた以上に小型軽量で持ち運びは楽
コンパクトデジカメのさらに半分くらいの大きさ。厚みはあるけど。軽い。

・液晶画面
この機種は同種のカメラがだいたい1.5インチ液晶なのに対し2インチのを積んでいるのがウリ。
確かに2インチ液晶は見やすいと思うけど、撮影中は見られないので大きさのメリットはそれほど感じない。せいぜい最初の画角確認だけ。
さらにこれがものすごく傷つきやすい。なのでフィルタは必須。専用品はないので、PC用とかを切って貼り付けた。

・電池は2個付属している
嬉しい誤算。
1個で、満充電から約1時間撮影可能だが、1日8時間撮影には全く通用せず。この機種はUSBから給電しながら撮影可能なのでモバイルバッテリーを繋いで対応した。

購入したのは 明日紹介するAnker PowerCore 10400 (10400mAh 2ポート モバイルバッテリー)。
8時間連続撮影しても半分も使われない余裕。ちょっとオーバースペックだったかも知れないが、どれくらいの容量が必要か解らなかったし、購入時に安かったので。

なお、USB給電する場合は防水ケースに入れることは出来ない。ベルトにつけるためのフォルダーに三脚用ネジ穴もあるのでこれで固定して、USBケーブルをつなぐ。

・USBから外部給電を開始すると自動的に録画が開始される。これが実に勝手が良い。
側面の上端子がUSB。その右側がSDカードスロット。

これが何故良いかというと、停車時にはボタン押して電源OFF→バッテリー外す→カメラを外す(盗まれたら困るから、自転車から離れるときは当然こうする)で、戻ってきたらカメラを付ける→バッテリーを接続するだけで録画が開始されるため、ボタン操作が不要になるからだ。
このカメラ、電源ONまでのボタン押し時間が10秒ほどもかかる上に、録画入るためにはモードボタンで切り替えてOKを押すという操作が必要で、しかもこの時は液晶画面を見ていないと操作できないので至極面倒なのだ。これが省けるこの仕様は実に良い。

・操作性は良くない。
ボタンは4つあるけど、それがわかりにくい。メニュー上左右があるのにキーはないとか、録画も一発ボタンでは出来ないなど問題がある。電源挿したら録画が始まるのがせめてもの救い。
防水ケースに入れても操作できるようになっている=防水ケース側にもボタン押下機構を付ける必要があるのでボタンを増やせないという事情はあろうが、なんとかして欲しかったところ。こういう時は、無線操作できればと思う。いや、アプリ入れたらWiFi経由でできるのかもしれないけど面倒なので、赤外線リモコンが欲しい。

・時計はバックアップされない
電池を交換すると初期化される。内蔵電池交換時は外部から給電しておいたほうが良い。内蔵電池は入れた状態で外部電源で動かしておけば、外部電源を外した時もバックアップされるので大丈夫。撮影前に、日付のチェックは必須かと。1日目は気づかなくて日付がおかしい。残念。

・SDカードは付属していない
1920*1080の30fpsで約15分で2GB。最大32GBのカードまで対応のようだけど、その容量では4時間連続撮影可能。1日8時間撮影するとなると、2枚でギリギリ、余裕を見れば3枚欲しいところ(もしくは32GB*2+8GB)。
今回はTranscend microSDHCカード 32GB Class10 TS32GUSDHC10E を購入したが、全く問題なかった。
これ2枚+PCへのバックアップで2日間乗り切ったと。
(ちなみに、2016/07/19現在+2枚の4枚で2日はバックアップ無しで行けるようになった。さらに+2枚発注して3日体勢へ増強中。)

・日本語
取説にも日本語文面があるし、本体も日本語表示に出来る。しかし、いかんせん情報が少なすぎる。これは日本語だけの問題じゃなくてすべての言語で共通で、設定についての説明が全くない。なので、いろいろ設定して確かめるしかない。解ったのは以下のとおり。

Seamless
1動画ファイルのおおよその時間。この時間で分割される。OFFにすると4GBになる。分割時には音が出るので一応わかる。
4GBはWindowsNTのFATで扱える最大サイズである。符号なし32ビットの最大数と言うべきか。プログラムの中にはこのサイズでは扱えない物も存在するので要注意。Adobe Premiere 64bit版では問題ない。

PowerSave
液晶画面を消すまでの時間(本体の自動OFFではない)。OKを押したら解除されるが、その時の押下は無視されるので注意。録画スタートなら2回押す必要あり。DelayShutDownは意味不明。

なお、Languageで本体表示が「日本語」に設定できるが、誤訳が多く意味がわからないので、英語のままが良いと思う。

・画質
最高画質では精細感はあるし、悪くはない。というか、想像よりずっと綺麗だった。CMOSにありがちなローリングシャッターもほとんど見受けられない。しかし、色合いでは青が強い。他の色は普通なのに。広画角ゆえに魚眼的歪はあるけど、気になるほどではない。また、レンズは価格なりに貧相なので、太陽に向かうと、盛大にフレアが入る。

・手ぶれ補正(Anti-Shake)
一応手ブレ補正機能があるが、ONにしても効果は感じなかった。自転車の揺れには効かないのかもしれない。

・三脚に付けるネジ穴は防水ケースとベルト付け用フォルダーにある。
というか、それにしかない。先も書いたとおり、USB給電するなら防水ケースは使えないので、長時間録画では使えない。なので無理やりミニ三脚を使って固定したが、ブレと安定性で十分ではない。
後日車載でも使ってみたが、車載での一時利用では完全固定できない。「固定」に関しては今後も検討が必要である。

・その他付属品
防水ケースを始め、各種取付具が多数付属しているが、どれがどれだかわかりにくい。取説に組み合わせ写真があるので、それで判断するしかないのだが、いかんせんその写真が小さすぎて見難い。

総じて、価格を考えればとても良く出来ていると思う。
青色をなんとかして欲しいのと、ブレ防止を本体でもう少しなんとかしてくれれば言うことなし。

GPSと合わせて経路確認&時間確認には使える。今回も一部なかなか良い映像が撮れてた。

そうそう、製品の箱がなにげに良い、と言うことも書いておこう。
この手の製品って、箱が貧相でつぶれていることも多いだけに、
これはちょっとびっくり。この箱は捨てないかな。

しかし、これはこのカメラだけの問題じゃないけど、アクションカメラ画像は揺れるので、前述の通り、後処理で揺れを軽減するソフトを買った。
けど、完璧に補正するのは無理。揺れ(基本的に上下の移動)はともかく、視点の移動(ハンドルの左右揺れに伴う映像の移動)はどうしようもない。これに関しては、次回までに少し対策を考えようと思う。

編集後の動画はYouTubeにアップしたので、ご覧あれ。全て音声は無し。

3月2日

3月3日
(C)おたくら編集局