今は亡き鉄道(11)2020年07月13日 06時29分00秒

今度は超古い写真を。
JR東海道線の京都~高槻間にある山崎駅は、特急列車の通過が多く、線路幅が広くカーブになっているため列車がきれいに撮影出来るスポットとして地元では有名な場所だ。
今はもうその特急自体が減ってしまったが、昔は半日居れば特急、急行が何十本と撮影できた。

ボンネット雷鳥。485系かな。側面のJNRが懐かしい。
小学生の頃はこの横のマークがJNRの記号化したものだなんて知らなくて、逆向きに書いてたなぁ。

583系雷鳥。
583系というのは昼夜兼用の特急車両で、昼は座席、夜は寝台車になった。現在はこれの後継車両はないはず。一度だけ乗ったことがあるような気もするけど、少なくとも新潟に行く北越では使われてなかったので記憶にない。いや、後に急行きたぐにで使われてたと思うから、それで乗ったかも。

こちらはショートノーズ型485系。

これを撮影したのはまだ小学生の頃で、当時は時刻表を見て通過列車を確認するなどということを知らなかったので、特急は毎時走っている雷鳥しか撮影できなかった。当時この間を走っていた特急・急行は北陸本線系だけでも他に北越、白鳥、つるぎ、越後、きたぐに、ゆのくに、他に東海道系の寝台列車他本当に多数あったのに。残念なことよ。

今は亡き鉄道(10)2020年07月10日 10時12分27秒

中央線関係の車両をいくつか。
これはミニエコーという車両。
ローカル線用の電車だそうな。塩尻駅で撮影したのだと思う。今はもうない。

E257系のあずさ。
現在あずさは別系統の車両に変わっているはずなのでこれも今はない。

383系しなの。
撮影場所は覚えてないのだけど、大阪駅か、もしくは大阪行のはず。383系しなの自体は今もあるけど、大阪発着は廃止された。たしかに、名古屋~大阪間は新幹線に乗ったほうが圧倒的に早いからねぇ。京都までの途中停車駅で降りるなら別だけど。

おまけ。大糸線南小谷~糸魚川間の風景。
手前のブレが疾走感を醸し出している。これで円形がもっとピントが合ってれば言うこと無し。田んぼの中を走る単線非電化、まっすぐの線路。いいねぇ。

今は亡き鉄道(9)2020年07月09日 05時57分33秒

直江津駅での駅弁内。
今もやっているのかなぁ。北陸沿線は米と魚が美味しいところなので、駅弁も美味しいのが多かった。駅弁そのものが数が減ってきている昨今だが、この地方のものはぜひ生き残ってほしい。
そうそう、奥に見える車両はほくほく線のものね。普通車両を写した写真はこれ1枚しかない。偶然の撮影。

ここで買ったのはこれ。

おいしそう。

ついでに北陸・信越本線で買えた駅弁をいくつか紹介。
越後湯沢・石打駅と書いてあるけど、私はそこには行ったことはないので本線上でも買えたはず。

これは以前紹介した峠の釜めしの包み紙。

敦賀駅のかにすし。

富山の「源」は「ますの寿司」で有名なお店。

でも、他にも色々と売っている。この「ぶりのすし」はマスの代わりにブリと株を入れたものといえば見た目はあっっているが、味の方向性はだいぶ違う。

普通の駅弁も売っている。

どれも皆美味しかった。今はもう列車に殆ど乗らないから買う機会もない。駅弁のためだけじゃなく、富山は行きたいんだけどね。

これらに比べ、都会の駅弁は値段は高い上に美味しくないので最近は殆ど姿を消したのではなかろうか。京都駅の萩の家なんてその最たるものだったが。今、駅弁のないところで弁当が必要ならコンビニ弁当。旅情的には味も素っ気もないけどね。駅前もしくは駅ナカのコンビニなら、ご当地弁当作って欲しいと思ったり。

今は亡き鉄道(8)2020年07月07日 06時03分20秒

JR富山駅。これも今はない。

越中八尾行き。風の盆で有名な場所。
そのときには非常に混むのだけど、平時はがらがら。

「しらさぎ」。米原・名古屋~富山間を走っていた。
3+5両編成のように見える。
今も列車自体は残っているけど金沢までに短縮されている。

それに並ぶ北越号。

それに並ぶサンダーバード号。
こういった光景も今はもう見られない。というか、北陸本線系では複数の特急が並ぶ姿はもう見られないのかも。あっ、金沢ではあり得るか。

「ホリデーライナー金沢」。金沢~富山間で走っていた。
もちろん今はない。この区間はあいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道という2会社に分かれてしまったため、直接の代替列車もないようだ。金沢と富山の間って一体な気もするから、合わせればよかったのに。なんで利用者のこと考えずに利権で県別に分割なんぞするかなぁ。何でも新幹線至上主義はやめるべきだと思うのだが。えちごトキめき鉄道も合わせてこの区間で特急を走らせるとか、自由競争すれば良いのに。

今は亡き鉄道(7)2020年07月05日 06時27分19秒

スーパー雷鳥。
サンダーバードが走るようになって、最速の富山行きがサンダーバード、早い金沢行きがスーパー雷鳥、その他が雷鳥になったような。

先頭車は485系の改修車。でもプレートは国鉄時代のままだったけど。

先頭車は、展望車ではないけど広い窓で前がよく見えるようになっていた。
もっとも、乗ったときは夜間だったので景色は余り見えなかったけど。確か、先に紹介の糸魚川からの北越の次に乗り継いだんだと思う。行きは富山乗り継ぎのほうが良いのだけど帰りは逆に金沢乗り継ぎのほうが安くなったから。

最近はあまり残ってないと思うけど、JR西日本では先頭車だけ改修した特急がいくつか走っていた。これは381系くろしおの改修車。
スーパーくろしおかな。スーパーが付くものは京都発だった。

側面にはパンダのイラストが。
白浜アドベンチャーワールドだったっけ、あそこも今は賑わっていると言うかもう開園して40年は経つ老舗だけど、開業したての頃は人も少なくていつ閉園するかわからないという感じだった。開園早々に行ってイルカショーを見たのが思い出。

一方こちらはオリジナルボンネット型485系。臨時新潟発の雷鳥。ヘッドマークすらなくて臨時になってる。
ここまでオリジナルの車両の写真は私も殆ど持ってない。2005年当時、もう貴重な車両だったのだろう。

あまりに臨時過ぎて、
なんと手書きだし、
行先表示に至っては
ってな状況だった。貴重な上にも貴重な写真?

国鉄色特急も過去の思い出。

今は亡き鉄道(6)2020年07月03日 06時24分45秒

糸魚川駅で大糸線から北陸本線への乗り換えで待っている時、トワイライトエクスプレスが通り過ぎていった。
この後トワイライトエクスプレスは廃止になったので、後にも先にも、トワイライトエクスプレスを撮影できたのはこの1回のみとなった。予約率が高く値段も高かったので無理だったけど、一度は乗ってみたかったかな。

事前に知っていれば準備もしておけたものを、いきなりだったのであまりうまく撮れなかったけど、なんとか数枚写せた。
当時のカメラはNikon D50で連射がないのでこれが限界。

糸魚川駅にはディーゼル機関車の車庫がある。
昔は蒸気機関車を格納していたんじゃないのかな、という感じ。冬場の雪よけじゃないかな。

糸魚川を通過する681系。サンダーバードじゃなくてはくたかのJR車両かな。新潟行き雷鳥にサンダーバード車両はないし。

こっちは停車するはくたか;ほくほく線車両。

で、これに乗って帰った。
北陸本線は特急は昔はいろんな特急があって面白い路線だったのだけど、今は金沢以東直江津というか上越妙高までが全廃されたので寂しい路線になってしまった。古き良き思い出。

今はもうこれもないんよね。JRでは。

今は亡き鉄道(5)2020年07月01日 06時44分34秒

大糸線の写真が他にも出てきた。
2006年撮影。

ほんでもってこちらは2007年撮影。開通50周年。


実はこういう2両編成だった。
大糸線はいろんな塗装があったのね。

路線は単線。

糸魚川駅でサンダーバードと並ぶ姿。
大糸線は今もJRだけど、本線の方は新幹線開業とともにえちごトキめき鉄道になってしまって特急が全廃されたから二度とありえない光景。新幹線開業は時間短縮にはなるけど、鉄道旅としての面白さは減る。時代の流れだからやむを得ないけど残念。

今は亡き鉄道(4)2020年06月29日 05時32分15秒

白馬行く時に見かけた列車をば。

富山地方鉄道(略称地鉄)富山駅にて。旧京阪3000系特急車両が使われていた。
2002年の話ね。

この頃はヘッドマークもご覧のとおり色々あったのだけど、今はどうなんだろう。

地鉄は一部区間がJRと並走している。たまたま旧3000系が走ってきたので撮影できた。
ちらっと見える車内の椅子はオリジナルのままみたい。

E351系スーパーあずさ。2004年白馬駅にて。

今はもう別の車両になっているらしい。この車両はとにかく車内がちゃちだったのを覚えている。JR東日本は新技術をどんどん使うため、あまり長く使わないで更新していく方針らしい。それは良いけど、せめて車内はもう少しちゃちさをなくしてよ。特急なんだし。現行車両はどうか知らないけど。

南小谷~糸魚川間を走る普通気動車キハ52 100番代。2005年。今は別の車両になっているらしい。
大糸線は白馬の少し北にある南小谷まではJR東日本管轄の電化区間で特急も走っているが、その先の糸魚川まではJR西日本管轄の非電化区間である。この区間は1~2度ほどしか乗ったことなかったが、姫川沿い狭いトンネルとかなかなか趣のある、鉄道好きには面白い路線であった。
この根知駅はこの南小谷~糸魚川間で唯一のすれ違い駅。だからこの撮影が出来た。他は完全な単線。
1日100人程度しか乗らない路線だし、JR西日本の中では他の線区とつながってない飛び地的路線だし、いつ廃止されてもおかしくないから、そうなる前にまた乗っておきたいなぁ。

EF66電気機関車。2002年東京駅にて。長野新幹線に乗る時に見かけたんだと思う。
電気機関車でブルーリボン賞をとったのはこれだけなんだそうで。確かに、これの前の形式FE65までに比べ前面が大きく変わったこの形式はかっこよかった。この32番はもう廃車になっているはず。

おまけ。おぎのやの釜飯弁当。のはず。
今もあるのかなぁ。入れ物が陶器で、昔、食べた後これにお米入れて薪で焚いて食べたことがある。新潟で、庭に穴掘って、そこに落ち葉とは入れて自分で炊いたの。美味しかったなぁ。

今は亡き鉄道(3)2020年06月27日 07時09分25秒

今は亡き列車;新潟行きの途中で見た編の続き。

これは485系、しかもボンネットでの雷鳥号。臨時の新潟発大阪行き行きだったはず。2006年(以降の写真すべて)。
485形といえば下の写真にもあるようなショートノーズよりボンネットのほうがかっこよかったなぁ。いわゆるこだま型。そう書いて分かる人は50歳以上の人だけになるのだろうか。

柏崎駅での雷鳥。485系ショートノーズ型というか貫通型。
雷鳥は、最初は大阪~金沢・富山で運行されて、後に大阪~新潟の北越が廃止(金沢~新潟に変更)になった後は新潟行きも出来た。しかしそれも後にGWやお盆だけの臨時列車になって、やがて廃止された。なので、雷鳥の新潟行き写真は珍しいと言える。

485系3000番台による北越。
塗装も違うが座席も更新されていた。貫通扉は廃止された。しかし、連結器付近;給茶機とかトイレはそのままで、足回りもそのままなので速度とか乗り心地は変わらなかったんよね。

北越急行の「はくたか」。681系でサンダーバードと色違い。
一時期は国内在来線最高速度の160キロで走っていた。サンダーバードは後に683系になったけど、それは160キロ運転できない廉価版だったはず。160キロ運転が可能なのは681系だけだったので「はくたか」はこれしかなかった。JR線上は金沢~直江津までだったので一度の乗る機会はなかった。残念。

富山駅で見かけた観光列車。たぶんこれ
気動車かな。この時稲妻がバシバシ走るようなどえらい大雨が降ってきて列車が大幅に遅れた。到着した特急(北越)車内も大量の水が入っていた。
この列車は2007年に廃車になっているからその直前に撮影したものと言える。当然乗ったことはない。観光列車って実は今まで一度も乗ったことないんよね。一度乗ってみたい。

今は亡き鉄道(2)2020年06月25日 05時22分32秒

今度は新幹線編。

初代新幹線0系。2002年撮影。場所は不明だけど山陽新幹線区内であることだけは確か。いや、京都かな?
私の子供の頃は新幹線といえばこれしかなかったけどね。よく絵にも書いたもんだ。描きやすい、親しみやすい形だった。

100系のJR西日本での後期塗装。2006年撮影。
0系や100系が東海道で走っている時分には新幹線に乗る機会は殆どなかった。新潟行くのには使わないからね。だから車内の思い出はない。それが残念。

500系。2002年だから多分デビューして間もない頃だと思う。
デビュー前の試運転も見たことあるけど、かっこよかったねぇ。九州出張時はわざわざこれを選んだりもしてた。今も走っているけどもう16両編成ではないしブレーキや電装系が変わったので300キロ運転も出来ない。

上越新幹線の200系。2002年撮影。
後期塗装か。パット見は0系とそっくりだけど窓の形など実は微妙に違う。初めて白馬に行ったのは東京出張の帰りに寄ったのだけど、そこで長野新幹線に乗った。その時ホームで見たんだと思う。多分乗ったことは一度もないかと。

昔は鉄道車両は長く使われたから長く見る=思い入れも強くなるのが多かったけど、最近は更新が早いからすぐになくなってしまうこともある。車両はあっても列車がなくなるということもしばしば。だから、写真は大切。
(C)おたくら編集局