2020新潟・白馬(40)2021年03月08日 07時51分23秒

振り返って柏崎方面。
パノラマ写真作成にはMicrosoftのImage Composite Editor(ICE)
というソフトを使っているが、これは縦横混在でもちゃんとつないでくれる。極めて優秀。これを知る前はPhotoShopElementで結合してたけど、今はこれだけ。

この駅に停まる定期列車はこれだけしかない。さっきの列車は上り11:56か。

もちろん無人駅。入場券なしでお邪魔しました。
列車が来たから即撮影ができたのはそのおかげ。

駅を出て、集落内にある「柏崎さけのふるさと公園」
展示館。
来るのは初めてではないけど、ちょっと展示が変わった?昔は2階に上がれたと思うんだけど、今は行けない。2階にあるのは垂直飛び装置?みたいなものとかだったと思うのだけど。
これは2005年の写真。
こんな魚釣りゲームもあった。
子供には大うけ。魚も結構リアル。
なんで今はやってないのかなぁ。まあ、コロナ対策かもしれないけど。

2020新潟・白馬(39)2021年03月07日 08時15分45秒

青海川駅は日本で最も海に近い駅だ。
なぜなら、駅のホームが防波堤になっているくらいだからだ。今の季節はともかく、冬は列車がもろに波をかぶることだろう。下の浜では泳げるのかな?駅から入ることはできない。

そういえば思い出した。うちの家の近くの道路も海際を走るけど、台風などで波が高い時には波をもろにかぶることがある。いきなり横から波をかぶると焦るよ。列車の運転手さんもそうじゃないかな。ちなみに「風が強いと波が高い」わけではない。風が強くても波は穏やかな時もあるし。その逆もある。不思議。波の高さは主に低気圧による海面の上昇が大きいと思うのだけど、どうだろう。

ホームにはこんなものが張ってある。

鯨波は昔も今も特急が止まる駅ではないが、今はこの観光列車が停まるようだ。「越乃Shu*Kura*」。日本酒の列車みたい。でもお酒を列車で飲んだら強く酔いそうだなぁ。

駅から橋を見るとこう見える。

大阪側のトンネルはちょっと変わってる。
手前にあるのはトンネルというより、洞門に近い感じ。奥に見えるトンネルは上下線が別々になってる。もともと単線のところを複線化したからだろう。糸魚川から柏崎までの間の信越本線はトンネルと海岸線の連続の線区である。

2020新潟・白馬(38)2021年03月06日 08時11分58秒

高速道路側の陸橋。
作りは簡単そうだけど、真下から見るとでかい。

降りていくと、駅に電車が入ってくるのが見えたので急ぎ駅に行く。
青海川駅。中越沖地震で建て替えられた新しい駅だ。

来た列車。「乗らないよ」という姿勢をしながら(列車に近づきすぎない)、写真撮影。

青海川駅は両側にトンネルがある。

山~海~山だ。しかもこの駅は日本で一番海に近い駅でもある。その証拠は次回。

2020新潟・白馬(36)2021年03月04日 06時53分04秒

越の蔵は平日ということもあって他にお客はいなかった。
7月のネタでも書いたけど懇意にしていた店員さんが辞めてしまったので、いろんなお酒をおすすめしてもらえないのは残念だけど、ここでしか手に入らないお酒があるので来るのだ。でも、なんかお酒の種類が減っている気がする。それが思い違いでないことは今年になってわかったのだけど、その話は別の機会に。
なので自分で選んで買って帰った、というか送ってもらう手はずをした。

ここまで来たならJRで一番海に近い駅;青海川駅にも行っておきたい。お店の人に行き方聞いて、向かう。

途中に日本海フィッシャーマンズケープというところがある。
失礼承知で言えば、寺泊の縮小版。海産物が買える。以前は米山大黒亭行く時に寄ったのだけど、最近はご無沙汰している。ここのレストランで法事をしたこともあったか。帰りに寄ってみよう。

今日は車は少なめ。
車が多すぎて入れないこともあるのだけど、自転車なら関係ない。が、ここには自転車のトラップがある。駐車場を抜けて坂の上に出られないのだ。駐車場が完全に閉じており、しかも段差が高いので下ろすのも難儀。行き過ぎるときには駐車場に入ってはいけない。

そこを通り越して米山大橋の手前で右折というか坂の下の方へ降りる。
結構きつい坂を降りていく。手前に見える赤い橋が米山大橋。

橋の真下くらいに行くと下に青海川駅が見える。
米山大橋の下は川が流れる谷になっていて谷根(たんね)の集落がある。そこにあるのが青海川駅だ。

古い写真を調べていると、ほぼ同じ画角のものがあった。
昭和27年に撮影されたものらしい。この辺りは昔も今も撮影のポイントということだ。
昭和27年のこの辺りは駅構内を除き単線非電化であったことが分かる。蒸気機関車はD51か。後にこの区間は複線電化される。複線化は昭和42年、電化は44年のようだ。それに合わせて特急電車も走り始めた。ということは私は、記憶は全くないけど単線非電化の時に通っていた可能性がある。ひょっとしたら蒸気機関車にも乗ったのだろうか。写真は見つからないけど。
青海川駅は駅舎も構造も今と全く違う。今の駅舎は中越沖地震で潰れたので建て替えられた物だ。

これは2005年の写真。地震前。
駅舎の位置が違うことがわかる。昭和27年ともちょっと違う気がする。定点観測写真は、時間を十分に取れると変遷が見えて面白くなる。

2020新潟・白馬(33)2021年02月28日 09時07分46秒

10/6。

朝からすごい海の荒れよう。
この荒れ方は動画で見ないと迫力が伝わらないなぁ。当日facebookに送ったけど、ごく一部の人しか見てもらってないのは残念。

パノラマで。
もう波がどっぱんどっぱんで。
さて今日はどうしよう。

っとその前に。これがとうとう全部たまった。
先日行った、柏崎駅前通りにある「コーヒーNo.1」のポイント券。1冊ためると300円だったか割引に使える。毎年1回から多くても2回くらいしか行けないからなかなかたまらなくて、7年かけてようやく。有効期限がなくてよかった。使えるのはいつだろう?

さて今日はどうしよう。
考えた結果、越の蔵に行くことにした。先にGPSログを出しておくと、こんな行程になった。
途中どこかでお昼にしよう。先日歩いた時に見た、鯨波近くにある「夕海」でもいいかも。

海岸沿いの道は、今日は風が強くて怖いので内陸を行くことにする。
9時半ごろ出発。

礼拝駅。9:54。

西山ふるさと公苑。10:23。
ここで、いつものようにコーヒーを飲んで再出発。トイレにも行って。実は9月ごろから下のほうのちょっと調子が悪くてトイレが近い。本気で病院行かなくちゃいけないかもしれない。今なら時間はたっぷりあるのだけど、お金はない。そこが困りどころ。

2020新潟・白馬(16)2021年02月02日 07時26分39秒

帰り道。
舞待夢から比較的近くの石地駅に寄る。
昨日鯨波駅に寄ったので、今回こちらにいる間に行けるだけの駅に行ってみようかと。

鯨波は信越本線の駅だけど、こちらは越後線の駅。だから余計に本数が少ない。
柏崎方面は9時の次は13時って4時間に1本!?昔はここも複線電化しようかという議論があったほど客が多かったはずなんだけどなぁ。終電も20時台か、駅前で呑んで帰るのにもつらい時間。だから家呑みするしかない。

線路。
敷地的には余裕で複線化できる。と言うか、この辺りはその準備されてたのかも。そんな感じ。

礼拝はうちの最寄り駅になる。3キロ以上離れてるけど。
小木ノ城には行ったことないなぁ。いずれ行ってみよう。自転車で越後線巡りというのも良いかも。

今日は列車には乗らないけど乗車駅証明書だけもらっておく。
今度は西山ふるさと公園に向かう。116号線、内陸の道で。

2020新潟・白馬(12)2021年01月28日 06時56分31秒

柏崎駅到着。15:56。
この車両はE128系。128と聞いて2の7乗とぱっとわかってしまうのが「古い」コンピューター屋の定め。わざわざ「古い」と書いたのは、最近のJava屋さんには2進数とか16進数とかがわからん人もいるから。ビット対応って話をして理解されなかった時が悲しかった。アセンブラするならこれらは必須だったからなぁ。

乗車駅証明書から精算機で精算券を購入。
190円か。1駅なのに結構するなぁ。まあ、京都市営地下鉄より安いけど。

駅にあった観光マップ。今回歩いた範囲が全部載ってる。

自転車の受け取りは17時頃なので、まだ1時間近く時間がある。駅前通りを歩いているとこういう場所があった。
COMTY、無料の休憩所というか図書室(ただし本はなし)という感じの場所。勉強している高校生らしき若者が多かった。入り口には体温を測る機械があって、アウトだと多分警告されるんだろうね。

自転車屋に行ったら直ってた。2800円くらいだったか。領収書はもらっておく。後でヤマトに請求するために。

直った自転車は実に快適。ハンドルはもちろんまっすぐだし、前輪がガタガタすることもないし、なんかアシスト力もアップしたような。

椎谷に向けて帰る。途中鯖石川のところで17時半前。もうこんなに暗い。多分、家に着く頃には真っ暗だろう。2日連続で夜間走行になるとは。
この川の畔には田中角栄に書いた石碑があるんだけど、写真撮るの忘れた。

夕食はどうしたんだっけ。忘れた。日記が復活できたら追記しよう。

お風呂は、一番大きな鍋2つにお湯沸かして風呂桶に溜めて入りましたとさ。当然時間はかかるし、そもそも台所とお風呂は離れているから煮えた鍋を持って移動するのは危なかった。これを毎日やるとなると大変すぎる。どうしよう?

2020新潟・白馬(11)2021年01月27日 07時24分35秒

駅の前に地図があったので、現在位置と越の蔵の位置を確認。
現在地は一番右手。それに対し越の蔵は米山ICと青海川駅の途中と考えればいいから、ええと、まだ5キロ近くあるのか!現在15:30。これは時間内に歩いていくのは無理だ。ということでここで歩くのは断念。

ここから列車に乗って柏崎に戻ることにする。
駅はやっぱり無人だった。

幸いなことに列車は15:43にある。それに乗ろう。

まず、改札横にある発券機でこれをもらう。
2枚発見して1枚は記念に(以下略・・・って略してない^_^;)。

ワンマンカーのようだが、乗り方は・・・
進行方向先頭の車両から、ドアの横にあるボタンを押してドアを開いて乗るらしい。降りる方も書いてあるが、柏崎駅は有人駅なので多分全部のドアが開いてきっぷも駅の改札で回収なので、普通に降りればいいはず。
京都市内に住んでいると、無人駅やワンマンカーは路面電車にあるけど、ボタンを開けてドアを開けるというのはないからね。「列車が来たのに扉が開かねぇ!」と騒がないように予習が必要である(^_^;)

鯨波ホームから大阪、というか直江津方面。

柏崎方面。

大阪方面行きが来た。大阪というか直江津行?

撮影しまくったり、ホームに生えてた葛の葉っぱを鳴らしたりして待ってたら、柏崎方面行が来た。
相当足に来てたから乗れてよかった。

2020新潟・白馬(10)2021年01月26日 08時05分15秒

あっ蝶がいた。シジミチョウ。

御野立岬。番神堂から1キロほど先に歩いたところだろうか。駐車場があって、そこ横手から土手を上がっていくとある。

休憩所。

名前の由来が看板に書いてあった。
椎谷の絶景坂と同じで、明治天皇が北陸巡幸の際に命名されたらしい。その横にある「かしわざき岬めぐり」というのが気になるなぁ。どこだろう。行ってみたい。

さっきの休憩所から少し先の下、海に近い所に展望所がある。

ここから鯨波海岸が一望できる。素晴らしい景色だ。
ここに来るのは初めてかもしれない。手前は何度となく走っているのに。

そこから海側には降りられないので、横手に降りて駐車場に戻ることになる。というか、多分駐車場からはこちらが正規のルート。
中央奥上に見えている屋根がさっきいた場所。

更に歩みをすすめる。今度はカマキリがいた。
今回の新潟ではとにかく数多くのかつ多種のカマキリを見た。しかも路上で。なんだろう、産卵前に餌や伴侶を求めての移動の季節だったのだろうか。

そして鯨波駅に到着。
駅はもっと海沿いにあると思ってた。
柏崎の1つ大阪寄りの駅だ。もちろん特急では通過の駅なのでここに来るのは全くの初めて。なれば中を見学せざるを得ない。

2020新潟・白馬(4)2021年01月20日 07時47分30秒

上越妙高で乗り換え。
特急しらゆきはここから柏崎まで直通するが、直江津まではえちごときめき鉄道なので、一旦駅を出てその上越妙高駅から入る。今時手動というか人力改札である。


ここもあまり時間がない。途中駅だし。
列車は4両編成。前から4号車で先頭2両が自由席。
距離も短いのでここは自由席で。今までで一番人が多い。
この列車に乗るのは初めて。北陸新幹線で乗ってきたことはあるけど、糸魚川か上越妙高でレンタカー借りてたからね。

車両はJR東日本E653系。一応北越の後継のような列車だが、485系ではない。座席はここまでの列車に比べ少し狭い。乗り心地は悪くない。485系よりかはいい。なんかシートも車内の作りもそこはかとなくチャチだけど。それがJR東日本のポリシー?

ほぼ10月だけど日差しはまだ夏。あたっていると手が痛い。
新井、上越妙高、高田、直江津、柿崎、柏崎に停車。
途中、犀潟駅か直江津駅でほくほく線の列車とすれ違う。

途中ちょっと見えたこの車両は・・・
後で調べたら「雪月花」という観光列車らしい。新幹線が出来て切り離された路線には基本的には特急は走ってないと思ってたので、この車両は何だと思ったのだが、そういう物だった。

11:16柏崎到着。

しらゆきを見送る。

越後線ホームにも車両がある。越後線といえば古い車両だと思ってたけど、知らない間に新しくなってたんだ。

列車でここまで来るのも久しぶり。

柏崎ではバス乗り換え。ここも時間的余裕がない。6分ほど。

バスで椎谷へ。30年以上ぶりではなかろうか。
なんか途中の経路も変わって刈羽村の中を大きく回るようになってる。

予定時刻より少し遅れて到着。12:10.元々時刻表が間違っているのかも。途中混むことはないので遅延の原因は考えられない。
450円。バス代は安くなった?
京都の家を出てから6時間経ってない。さすがに早い。今回は荷物が多すぎてあれだけど、これで荷物も少なかった非常に楽だ。金銭面での苦労がなければしょっちゅう来たいところ。
(C)おたくら編集局