似非しまなみ海道物語(1)2018年04月26日 06時02分07秒

ということで、4/13~14の金土でしまなみ海道にまた行って来たのである。
前回行ったのは一昨年。去年は腰を痛めたり親が亡くなったりで行ける状況にはなかった。実は去年腰を痛めてから、腰はもうずっと痛い状況なのだけど、体を動かさないとかえってダメになるので今年こそはと計画した。
前回は3/2~3だった。今年も最初はほぼ同じ時期に計画していたが、宿が取れなかったことと、桜も見たいので4月まで延期した。気温も上がり「やはり4月で良かった」と思ったのだけど、それは後の話。

・・・

しまなみ海道に行くとき使うのは「松山・広島割引きっぷ」。一昨年は電話で予約というか購入できたのだけど、今年は出来なくなっていた。インターネットのみ。電話のe5489って廃止されてたのね。

尾道は広島の途中下車、今治は松山からの途中乗車と松山も広島も行かないのだけど、それでもこの切符の方が安い。新大阪発のが14500円。京都発15000円のもあるが、これにしても京都~新大阪間は+特急券だけでは新幹線に乗れず、乗車券も別に買わなければいけないので無意味。新大阪まで在来線で行けばいいんだけど、そうすると朝30分早く出なければならない。更に重い荷物を持っての乗り換えは面倒なので。

最初に乗るのはのぞみ95号。実はこれは京都から乗ることができるので、先に書いたとおり京都~新大阪間は自由席特急券+乗車券を別途買って乗った。1420円。

新大阪からの指定席は自由席から遠いので、新大阪までは立ち席で。でも荷物だけは座る席の所に置いておく。というか、空いてたら座ろうかなと思ったけど、新大阪までは別の人が座ってた。

京都~新大阪間はほぼ直線なので時速300キロ近く出るのかなと思ったら、以外にも275キロすら出てなかった。これがほぼ最高速度。

これは鳥飼基地の様子。大阪モノレールで言うと、摂津~南摂津の間にある。JR東海の新幹線基地。
殆どがN700系で、少数700系が見える。モノレールから見ていると、時々九州新幹線直通の車両もいたりする。JR東海持ち分ではないはずなので、ここにはJR西日本の車両も停まっているのだろう。

新大阪からは指定席に座る。7:10。

福山で新幹線を降りる。隣の席の人もここ降りたんだけど、合わせてるのかな?わざわざ空いている社内で隣通し座ったし。
18:13。ここからは在来線で尾道に向かう。

尾道到着は8:52。


尾道駅は現在建て替え中
。なので駅舎がない。
おそらくは、JR西日本の豪華列車「トワイライトエキスプレス瑞鳳」の停車駅にもなっているのでそのためでもあろう。

駅前には自転車組立場が出来てた。前は自転車置き場はあったけど、こういうのはなかったような。ということは、自転車を抱えての輪行ウエルカムということだよね?
尾道から自転車で・・・ではなく、まずは前回と同じくバスで因島の土生港(はぶこう)まで行き、そこで自転車を借りる。ということは、今回も出だしはしまなみ海道ではないということである。それも今回の題名に関係しているのだけれど、それだけではない。


2017新潟/白馬大作戦(8/17の29)2018年01月31日 07時46分48秒

ロープウエイを降りてゴンドラ乗り場へ向かう。

その途中、脇に栂の森遊歩道というものがある。
時間も早いことだし、入ってみることにする。15:30前。

こけ。スギゴケの一種だろうか。結構大きい。

イチゴの一種。自然園内で見た物とは実の付き方が全然違うので別種だろう。

木の上の方にあじさいの一種と思われる花がたくさんあった。
でもこれって蔓だよなぁ。あじさいってこういう形態もあるのか?それとも花が似ているだけで別種か。

何かが動いた気がしたので見たら、鳥がいた。
逆光で肉眼ではよく見えなかった。写真でもピントがちょっとずれているのではっきりは見えないが、雀のような色でくちばしはかなりとがっているような。大きさはムクドリくらいか。5秒くらいでどこかに行ってしまった。

カニコウモリ。
葉っぱがかにの甲羅に似ているからこの名があるが、この写真で見るとそれがよくわかる。

何かの実。ぷくぷくしてて艶がある。なんだろう?

こちらは赤い小さな実。梅仁丹みたい。

ここも水芭蕉が多いのだけど、その実はかじられたものが多い。
ずっと前にここでこれをかじっているネズミを見たことがある。もう一度会いたいのでここに来ているのだけど、2度目の邂逅はまだ成されていない。

ロープウエイはこの遊歩道の真上を通過する。
手を振ったけど見えたかなぁ。ゴンドラ部の下にも何やら絵が描いてある。でも、それが見えるのはここに居る人くらいと思う。ということは、この季節ではほとんど居ないと。

エゾアジサイ。園内で見たのは真っ白な花のノリウツギだったけど、こちらは水色の花。
どんどん奥に進む。

超特急;天橋立&伊根旅行(1)2017年12月11日 06時46分40秒

11月末に天橋立と伊根というところに日帰り旅行に行ってきた。その時の様子を駆け足で紹介する。

で、いきなり天橋立は傘松公園というところに行く。麓の駐車場で車を止めてこのケーブルカーで山上へ。

4分ほどだったか。

下側と上側では色合いが違うのね。

紅葉もきれいだった。いや、この紅葉を出したいがために、京都市内の紅葉の話を終えた今、わざと出したという話でもある。

ケーブルカー降りてすぐのところに展望所がある。
そしてこれが天橋立。
実は人生初。来る機会がなくて。

そしてこれが股のぞきというやつ。股の下から除くと天空に橋がかかっているようにみえる、からその名がある。
こういうとき、ロングスカートはだめなので、女性の方はパンツかかなりのミニスカートでどうぞ(^_^;)

そこにある土産物屋の2階から見るとこんな感じ。
右手の出っ張ったところが展望所、ではなくて、左手にある。

さっきのバスが停まっている場所の前にあったこれ。
最初落ち葉がなんかまとめられているなあと思ったら、上から見るとこんな感じにしてあった。この手前に脚立が置いてあってその上から撮影したのだけど、結構不安定で怖かった。

実は、さっきの展望所は新しく作られたもので、旧来の展望所は脇にある階段を180段ほど登った先にあるらしい。
せっかくなので行ってみることにした。雨上がりな上に落ち葉があるので滑らないよう気をつけながら登る。

おぉ、こっちのほうが視野が開けるではないか。

パノラマにするとこう。右手の紅葉も見えてなお美しい。

股のぞきはこう。
この後ろに土産物屋があるのだけど、閑散としてた。昔はここしかなかったので儲かっていただろうに、下のが出来てからは来る人はぐっと減っただろう。しかし、眺望はこっちの方が圧倒的に良いので、来ることを強くお勧めする。

行きはケーブルカーを使ったが、帰りはリフトを使うことにした。
ケーブルカーは15分間隔だけど、こちらは随時だ。こういう両方がある場所って時々ある。高尾山もそうだった。ここにはこの景色があるので行きはケーブル、下りはリフトがお勧め。


駆け足新潟帰省(14;最終回)2017年07月20日 05時26分05秒

会食の後はいったんバスで家に戻り、そこで帰り支度をして親戚を車で長岡まで送る。最初の予定では時間に余裕があるはずだったが、結局はギリギリ。高速道路では余りおすすめ出来ない速度で走行したけど長岡IC降りてからはまた渋滞で、結局電車の時間ギリギリになってしまった。今度からは、長岡行きについてはよく考えなければならない。というか、会食の切り上げ時間を考えるべきか。

で、自分はといえば、そこから上越妙高まで行かなくてはならない。高速道路で上越ICまで一気に走る。

レンタカーなのでガソリン満タン返ししなきゃ行けないが、ここで問題が。ICから駅までの間、ICに近い付近にはガソリンスタンドが何軒かあったのだけど、教えてもらってた一番近い場所まで我慢してた。で、一番近いところに着いたと思ったら、なんと工事で閉店中。結局その後駅までもうスタンドはなかった。

レンタカー屋でそのことを話すと、通常現金精算にすると市場価格の倍以上の値段で計算されるのだが、その半額にしてもらえた。もう他の所行ってる時間も無いし、これはこちらの落ち度と言われても困るし、良かった。

上越妙高駅では時間的余裕があった。おなかいっぱいだ食べるものは折り詰めでたくさん守ってきているのでお弁当などは買わない。昨日買ったパンもまだあるし。


金沢までは新幹線。

途中で確認出来た最高時速はこれ。

金沢からはサンダーバート。乗り継ぎ時間が10分もないので急ぐ。せめて15分くらいあってほしい。

京都に着いたら22時過ぎ。これが最終かと思ったら、まだもう1本後があるのか。覚えておこう。

京都駅に降りると、何やら線路に人が。落とし物でも捜しているのだろうか、しばらくうろうろしてはった。

ホームには瑞風の看板が。昨日から走り始めたのよね。
いつか乗れる日が来ると良いのだけど。せめて写真は撮りたいなぁ。

ということで、忙しい1泊2日の新潟帰省であった。
次回はお盆。初盆になるので、ちょいと気合いを入れて行こうかと。
おしまい。

合掌。

駆け足新潟帰省(3)2017年06月26日 06時37分12秒

サンダーバードではほとんど寝てたので写真なし。今回は荷物も多くアクションカメラも付けてなかった。

金沢で新幹線に乗り換え。乗り換えは時間8分くらい。短いのは良いことだけど、その間に階段降りて登ってさせるのでちょっと遠い。15分くらいあると気も楽なのだが。

新幹線。富山近くは曇り。

こちらの座席はガラガラ。

糸魚川近くにある大きな工場。フォッサマグナの場所。
GoogleMapから見るに、デンカのセメント工場か?

糸魚川と言えば、前回来てから今日までの間に大きな災害があった。車内から海側を見ると、焼け焦げたような跡はなかったが、建物がない区画があった。そもそも新幹線が出来たとはいえ駅前は閑散としていたのだが、これが元で駅前が一層寂れることがないようにあってほしい。1日も早い復元、いや再開発をお祈りする。

上越妙高駅。夏場は登山の口になるのかも知れないけど、この季節はガラガラ。

在来線、というかえちごトキめき鉄道上越妙高駅。
よく見ると単線だ。「信越本線は複線だったはずだが、払い下げ時に単線にしたのか?」と思ったけど、よく考えるとこのあたりは元信越本線ではないか。いや、調べてみたら、元もここは信越本線。私が知っている=乗ったことがあるのは直江津から先だけだった。日本海縦貫線の部分は複線だったが、それ以外は単線もあったのか。本線でも(本線で単線なのは高山本線とか他にもある。本線と線路の単復は関係ない)。

レンタカーの借りる場所を探すが見当たらない。というかなんか駅前の風景が違う。探している間に見つけたのが予告編で出したこれ。
特急しらゆき、新潟行き。柏崎も停まる。この特急が走るようになったとはいえ、柏崎は北陸新幹線のここと上越新幹線の長岡に挟まれた陸の孤島になったのは否めない。いつかは乗ることがあるだろうか。

それはそうとしてレンタカーを探す。
あっ、逆方向だ。10ヶ月ぶりくらいに来たのだけど、それくらいで方向を忘れるかなぁ。我ながら情けないことで。

予定より30分も遅れてレンタカーを借りて出発。

駆け足新潟帰省(2)2017年06月24日 07時21分41秒

書いたはずなんだけどなぜ消えてたので書き直し。
・・・

サンダーバードを待っているといろいろ列車がやってくる。
これは智頭急行のHOT7000系「スーパーはくと」。
親戚がいるうちに鳥取も遊びに行きたいけど、なかなか行けないなぁ。

これは普通車両。

JR貨物のEF210。

下りのサンダーバード。
サンダーバードは金沢方面が1号車なので、多分それが上り。なので大阪方面行きが下り。
手前に見えるのは新快速車両だけど、これは普通。

などと言っているうちに乗るサンダーバードが来た。

新型車両。いや、新型じゃなくて更新車両。



駆け足新潟帰省(1)2017年06月21日 22時26分04秒

先の6/17~18で新潟に帰省していた。実は5月はじめに親が亡くなって、その四十九日の法要を菩提寺のある田舎で執り行うためである。

17日の京都は快晴。朝6時40分頃の京都タワー。真っ青な空に塔が映える。

京都駅は140年か。現在の駅舎は4代目らしい。3代目は見たことあるはずだけど、覚えてないなぁ。
実を言うと、風水というか陰陽道的には今の駅舎はよろしくないらしい。前面が鏡のようになっていて良い気を反射してしまっているとか。さりとて別に事故が多い駅ではなく、観光客も増えているから大丈夫なのかな?

0番ホームに行くとこの看板?が。
そういえば、豪華列車トワイライトエキスプレス「瑞風」がそろそろ走るのか。と思ったら、今日17日からではないか。

ホームにはすでに乗降口の印が付けられていた。

乗るのは難しいかも知れないけど、車両位見たいね。

特急しらゆき2017年06月20日 22時27分07秒

土日は分けあって新潟に帰ってたのだけど、そのときのネタを・・・出したいのだけど、今ものすごく疲れが出てて、ネタはしばらく出せそうにないのでちょっとだけ先行で。

これは「特急しらゆき」。上越妙高発新潟行。
北陸新幹線が出来たせいで富山~新潟間を走る特急がなくなってどえらく不便してたのだけど、上越妙高~新潟間にこんな列車が走るようなっていたとは。今調べたら、この区間の北陸新幹線開業日から走ってたのね。
いや、特急3本も乗り継いで柏崎まで行く気はないけど(=上越妙高でレンタカー借りる)、あればあったで2本の新幹線に挟まれることになってしまった柏崎には良いことだろうけど。

この後、柏崎駅で新潟からこの列車に乗ってくる人を迎えることになったのだけど、それはこれを写したときにはわからなかったこと。縁は異なもの味なもの。

・・・

ということで、その疲れが今どどっと出ていて体が大変なので、しばらくネタが書けないかもしれません。あしからずご了承を。やっぱり年だなぁ(^_^;)。

新潟帰省2016(4)2017年04月08日 08時05分28秒

前にも白馬編で出したような気がするけど、上越妙高駅。

さすがに新しい駅だけあってきれい。
別に人がいなくなるまでじっと待っていたわけじゃなくて、そもそも人が少ない。お盆には混むのかなぁ。

改札前にあった上杉謙信の春日城のジオラマと甲冑。
春日城と言えばクレヨンしんちゃん戦国大合戦の春日の城を思い出してしまう。あれはほぼ平城だったけど、こちらは山城?いや、やっぱり似てる?

在来線、じゃなくて分離経営になった越後ときめき鉄道は真横にある。上越妙高駅は新幹線開業と同時にできた駅だ。
元々は脇野田駅というのが近くにあったのを移設して駅名を変えたらしい。だから、古いGPSは上越妙高駅では出てこない。

こちらがその越後ときめき鉄道の駅。「えちごトキめき」か。
並行在来線は分離されたあげくに特急など優等列車の走行が禁じられている気がする(分離経営ではない「ほくほく線」などは可能。だから快速がある)。別会社になったのなら、大いに競争すべきだと思うのだけど。在来線にも快速とか特急走らせば良いのに。

駅ホールにある大垂れ幕。7月にはこんな祭りがあるらしい。
京都あたりでは蓮は6月かな?ちょっと遅め。その内行ってみたい。

新潟帰省2016(3)2017年03月31日 06時38分17秒

最近の新幹線はAEDまで標準装備。公衆電話があるのがありがたい。
その横に洗面台があって、なんか雑然としているけどね。10:48。

新幹線は普通車で。2:3列。
さすがに新しい車両はきれい。

車内販売。時間が短いからあまり買い食いしている暇はない。



在来線津幡付近。新幹線の駅はない。
こういう風景好きだなぁ。


滑川付近。ここも新幹線の駅はない。

ってな訳であっという間に上越妙高に到着。
12:01。

去年は1つ手前の糸魚川駅で降りたけど、今年はこちらで。糸魚川でレンタカーを借りようとしたら空きがないと言うことで、こちらにしてみた。上越妙高ってもっと内陸にあると思ってたら、直江津よりちょっとだけ内陸側にあるだけだった。白馬に行くなら糸魚川の方がいいけど、新潟ならこっちの方が早い。

(C)おたくら編集局