似非しまなみ海道物語(17)2018年05月22日 23時01分06秒

多々羅しまなみ公園に到着。16:13。港から1:45くらいかかったか。
ここは道の駅である。と同時にレンタサイクルのターミナルでもある。そこで自転車の不具合を報告、交換してもらった。今度はベルトドライブではなく普通のギアの。残念ながら、しまなみ海道のレンタサイクルには全体的に調整不足の自転車が多いが、それでもすぐに交換してくれるとか、途中で故障したときのための交換車が常に走っているとか、サポートが素晴らしいのも、ここが安心して走れる所以である。

建物の裏手からは多々羅大橋がきれいに見える。

ここの最大の目的は、柑橘類を買うこと。こんなふうにトレイに入れられて大量に売られている。
生産者によって並べられているので、同じ種類もいくつもあったりする。同じ種類のでも大きさや形が異なったりするので、複数買うこともある。ジャムとか他の物も売ってるけど、今回は柑橘類のみ。好きな不知火(でこぽん)を中心に結構買って、宅配してもらう。それがここで買う理由。持って帰れないからね。先に買った芋けんぴと飴も一緒に入れてもらった。

隣には土産物屋もある。そこでまた別の飴とこのコーヒーを買った。
「いよかんコーヒー」とな。何でもいよかんのエキスが入っているらしい。物珍しさに負けてかったのだけど・・・。

ごくごく・・・
うわぁまずい。これは本当にまずい。こんなん作っちゃだめ。なんていうか、コーヒーのコクとまずさを履き違えているような感じ。このサイズのコーヒーなのに飲みきれなかった。
ゲテモノ飲料を探している人にだけお勧め(^_^;)。

ここも景色が美しくて去りがたいが、出発する。

しようと思ったら、どうにも自転車のサドルが低すぎるので器具を借りて調整。ロードバイクの中には器具がないと調整できないものもあるのだ。また、ギアに油も挿す。実はちょっと高級ギアオイルも持ってきていたのだ。先の自転車はベルトなので使えなかったが、今度はOK。ちょっと挿すだけで格段に走行効率が上がる。長距離では僅かな効率向上が大きな差になることもあるのだ。

しかし、走ってから気がついたのだけど、この自転車、常時軽くブレーキが掛かっているような感じがある。もっと早くに気がつけば交換してもらったのだけど、仕方ない。このあとはもう今治まで自転車交換のタイミングはない。

今回の宿は峠を超えて向こう側、大山祗神社のすぐ近くにある。ということは、峠を超える必要があるということだ。力を振り絞って走る。

超特急;天橋立&伊根旅行(3)2017年12月13日 07時33分34秒

陸に戻って、今度はその伊根の集落に入る。

湾だよね。伊根湾。

狭いとは言った(聞いてた)けど、現在は道路も走っている。幅は5m近くあるのでそれほど狭くない。椎谷と大差ない。
椎谷も昔、少なくとも昭和初期までは今よりもっと道路は狭かったが、道路に面した家の一部を供出して広げた経緯があると聞いた。実際、うちの家の玄関の内部構造を見ると当時の名残がある。だから、別にここに限ったことじゃなくて、昔は田舎に行けばみんなそうだったと言うことだ。まあ、それと家の1階が船着き場になっていることは別だけど。一応ここは国の重要伝統的建造物群保存地域らしいけど、海側はともかく、道路側は古いたたずまいではない

あっ、なんか魚干してある。最初カワハギかと思ったけど、違うみたい。なんだろね。

伊根集落での最初の目的地はここ。
酒井酒造と言って、江戸時代から続く造り酒屋だそうな。天皇陛下も買いに来たとか、NHKのドラマの題材になったとかいろいろあるらしい。

店内では試飲もさせてくれる。手前に見えている袋は甘酒。古代米を使った物らしく、赤っぽい色をしている。
買ったけどまだ飲んでない。

また、お酒は何種類かあったけど、「伊根満開」というのを買った。これも古代米を使っているらしく深紅で、風味はワインに似てる。
これは大好きな味。時々飲んでる。まだ瓶の写真は撮ってないので、そのうちに。隣のミクちゃんはコップね(^_^)

工場というか酒蔵は道路挟んで真向かいにある。
入り口からちょっとのぞいたらタンクがあった。さすがにもう木の樽とかは使ってないようだったけど、比較的小さな樽が並んでて、手作り感があった。

お酒を買ってから、また集落を歩く。例の1階の船着き場はこんな感じ。

もっと寄ってみる。
大体、背の低いのが江戸からある古い物だそうな。ここはどうだろう?

別の場所にあったこれは、鯨を捕った船らしい。
この大きさだから、小型の鯨かな。ここで解体したんだそうな。地図には書いてあったけど、この場所には一切の案内がない。と言うか、集落内にはほとんど案内板がないので、どこに何があるか、ここがなんなのかがさっぱりわからない。一応端っこまで歩いたつもりだけど、どれだけの所廻れたんだか。

後これ。
集落内にはたくさんの蔵があるのだけど、その壁にはいろいろな絵や文字が描かれている。鏝絵(こてえ)と言うそうな。私が見つけられたのは6種類(同じ文字の所もあるから、場所としては6カ所以上)だけど、他にもあったのかな?

というところで、集落内散策終わり。これで今日の予定は終わりだけど、ちょっと時間が早いのでもう1カ所寄るそうな。

2017新潟/白馬大作戦(8/14の5)2017年10月29日 08時21分18秒

今日の夕日。18時過ぎ。
雲は多いがきれい。

腕はさらに腫れてきた。
明日には薬局へ行く。

そういえば、今日はアブにも刺された。アブは刺すと言うより噛むか。噛まれたら痛いし、結構血が出るんよね。多分血が固まらないようにする成分を注入されているのだと思う。柏崎はうちの辺りだけでなく草のあるところには結構居るので注意。

今日のビールはこれ。新潟限定品。
やっぱり新潟限定ビールはおいしい。新潟県民は舌が肥えてて生半可な物では受け付けてもらえないからか。味に妥協は不要。

20時半頃、星を撮影に行く。でもあまり見えない。

明るくすると、一応これだけ写っているのがわかる。
今日雲があるのは確かだけど、やっぱり昔に比べたら見える数は減った。久しぶりに天の川見たかったんだけどなぁ。

一方で、原発はかくのごとく明るい。
警備のためだろうし、最近あのキチガイ国家が騒いでいる現状ではその手を緩めるわけにも行かないだろうけど、ちょっと無駄(明るすぎる)な気もする。それが抑止力になるのか。

なんか「どんどん」と言う音が聞こえてきたので歩いてみると、盆踊りやってた。
昔はこの集落でも立派な祭りがあったようだけど、最近はこれが精一杯という観じ。それでも10年ほど前はお盆に帰ってきて家族の子供達がそこそこ居たんだけど、今はその姿もほとんどなさそうだなぁ。途絶えさせてほしくないけど、限界集落の、これが実情。

と言うことで、14日は終わり。

2018新潟/白馬大作戦(8/13の19)2017年10月22日 07時45分24秒

さて、今日の道のりをGPSログ見ながら確認。まずは行きにカーナビが嘘を教えた道筋を。
50分かかっている。

そしてこちらが帰り。30分。
途中で大きく遠回り、というか全然違う方向に走っていることがわかる。途中で気がついて再設定したからいいものの、そのまま走ってたら正反対ともいえる方向に行くところだった。TOYOTA純正カーナビ by Panasonicは信用出来ん。

さて山の中。
駐車場のあたりがGPSログによると高度60mなので、正味460m強登ったことになる。高低差は白馬八方池/栂池の倍以上。そりゃ大変なわけだ。

そしてなんといっても迷い道。
今回目指した山頂南条八石から帰りに寄ろうとした赤尾八石はなんとこんなに近い、真逆方向にあった。方向音痴にもほどがある。
いやいや、そもそも山頂で見たこれ↓
がでたらめであったことがそもそもの原因だ。

この山は地元の人が大切にし、パンフレット作ったり山小屋があったりするのは良いことだと思うが、初めて来る人もいるのだから、看板をもっと正確にしてほしい。特に、ここから先はどちらに行くという分岐点には是非とももっとわかりやすいものを立ててほしい。

あと、パンフレットに方角と枡形のことを書いて。きっと違う集落だからとかいろいろな因縁があって書いてないんだろうけど、よそから来る人にはそんなことは関係ない。地元だけの山にしたいなら「よそ者入山禁止」と書いて。そうでないなら、せめてパンフレット上だけでもなんとかして。

黄色の線が赤尾八石経由の、本来行こうとしたルート。こんなに短かったのか。それに比べ迷った道の長いこと。
そして赤は、別の登山ルート、のはず。途中に看板があったと書いたところから降りるコース。だから、そこでも降りられんことはなかったのだと思うけど、降りてから駐車場まで歩くのがかなり遠いので、そういう意味でも行かなくて正解。

装備。
今回、水分を多めに持って行ってたのは正解だった。低い山だからこんなに必要だろうかと思ったのだけど、夏だからと思って2本;ヨーグリーナの他水筒も持ってた。
前述の通り、ヨーグリーナは前日にたまたまま丸大で販促していたので買ったものだが、冷凍可能と言うことでむしろ補助水分として凍らして持って行ってた。しかし、実際には糖分と水分が一度にとれ、それでいて甘ったるくないこれは非常に役に立った。1本80数円と安いので、これからも山登りの際には重宝したい。
→今Amazonで調べたら最安でも1本97円だから、特別販売してたのかな。

糖分・塩分も塩キャラメルというのを持って行ってたがこれにも助けられた。本当に、糖分がなくなると体が動かなくなってくる。こまめに食べてたのでなんとかなった。
残念ながら袋の写真を撮り忘れたのだが、森永の多分これ。飴じゃなくてキャラメルなのがみそ。こちらも超おすすめ。
どちらも丸大で見つけてかっておいたのだけど、その後近所の店で探しても見つけられないのが残念。なんにしても、低い山でも山登り、水分と糖分の補給は極めて重要と思い知った。

靴は去年白馬用に買って、でもつま先が痛くて1回だけ使っただけでお蔵入りにしてたもの。さすがにスニーカーではつらいと思ったので。雨上がりでもあるし。つま先に当たるということは靴の中で前方にずれているということだから横=幅方向をキツキツにすればよい。ということでぞうきんを足に巻いて履いていたのだが、これはなかなか良い方策だった。しかし、やはり一時しのぎでつま先の痛みを完全には防げない。来年までには新しいのを買おう。絶対。

雨具も新調して持って行ってたのだけど、これは使わないで済んだ。これについては後日使う羽目になったのでそこで。

後これは書いておかなければならないのだけど、ここで痛くなった腰、その後なぜか非常にすっきり、痛みがなくなった。
思うに、腰痛の一因は背中が曲がっていて腰に変な力のかかり方しているからではないかと思う。それがここで全身動かしてほぐれ、修正されたためよくなったのではないかと。
この後少なくとも1ヶ月は腰痛知らずで過ごせた。その後また痛んだのだけど。やっぱり時々山登りせんといかんかなぁ。

この翌日からしばらく体中が筋肉痛で痛くて、「こりゃ、白馬で登りの無理かも!?」と思ったくらい。まあ、それも4日ほどで動けるほどなったのだけど、やっぱり回復は遅い。歳だねぇ。

あぁ、そういえば、途中でトトロの絵を見たんだけど、あれに出てくるのは「しちこくやま」で確か漢字は「七刻山」ではなかったかと。まあいいんだけど。

そんな感じの八石山、自動車と言い歩きと言い、迷いに迷った1日だった。
結果的に腰痛も治って良い面もあったけど、やっぱり道に迷って遭難を覚悟したことは精神的に非常によろしくなかった。いくらネタになってもね。

湿気が多くて息苦しい、階段続きで登るの大変ということもあったし、景色もいうほどよくは見えないし、正直あまりおすすめはできないかな。地元はともかくよそからわざわざ行って登る意味はないかと。きつい言い方だけど。

「ここが良いところだ」とか反論がある方はどうぞ。ちゃんと証拠も示してね。

2018新潟/白馬大作戦(8/13の17)2017年10月20日 07時50分39秒

セリ系の花?

この山は花が多くないので、見つけたら即撮影。そう思っていた。
しかし、これから先はもう大急ぎで帰るしかない。そのためには首からカメラを掛けている状態では無理。カメラは揺れるしそれになんと言って重い。このときほど一眼レフカメラの重さを感じたことはない。帰ったらミラーレス一眼を調べようと思った。そうでなくても山小屋の所からここまでの間はきつい坂が多いので余計。

と言うことでここでカメラをしまい込んだ。先のヒモ場の直前で。

15:27。さっきの場所から10分で戻れたか。体感的には30分くらいかかった気がしてたが。
左に書かれている沿革を読むと、どうもこの辺りの地主が「中村」性のようだ。多分さっきの石にあった名前は地主が、自分の土地であることを示すために置いた物なのだろう。

水だけ飲んで先に進む。
そうそう、その水について書いておこう・・・と思ったのだけど、困ったことに、その名前を忘れてしまった。スキャンもしてない。
新製品で、ヨーグルト風味でほんのり甘みがある物。

あっ、レシートから分かった「ヨーグリーナ」だ。1本86円だった=安い。
これはとても良い。とにかく甘みが適度で飲みやすい。冷凍も出来るので前日から冷凍庫に入れておいて持って行ってた。途中でちょうど良く溶けてペース配分も出来た。山登りに超おすすめ。

追記:なぜか実家で見つけたので写真をアップ。


さらに道を戻る。さっき本体が見つけられなかったネムノキだ。

結構上の方に咲いてたか。逆向きに歩いて気がついた。
カメラはしまい込んでたけど、さすがにこれを撮り逃すのはもったいないので引っ張り出して撮影。

でさらに進むとこれがあった。これもまたカメラを引っ張り出して撮影。
なんだろう?キノコの表面にカビが生えている?今アップしてみたらわずかにピンボケしていて細かいところが見えない。残念。
なんか左下にも小さなきのこみたいな物がある。何だろうね。

行きにあった急な下りを逆に=登ってようやく山小屋の所まで到着。
16:02。ここを出発してから2時間で戻ってきたことになる。

ここまで来てようやくほっとした。いや、本当に本当に一安心した。
とりあえず腰の調子もなんとか保ちそう。でも腰に加え膝がかなりやばい。というか、全身が痛くなってきた。大丈夫だろうか。

ヨーグリーナを飲みきって急ぎ先を急ぐ。ここで終わりではない。

2017新潟/白馬大作戦(8/12の3)2017年09月24日 07時44分47秒

上新電機柏崎店へ行く。
PC持ってきたはいいが、さすがにタッチパッドでは操作しきれないのでマウスを買うことにしたのだ。それと扇風機のリモコンの電池も切れていたのでそれも。
買ったマウスはロジクールのM560BK。同社の名器M555の後継として一番近いかもしれない。私にとっては高速ホールは絶対なので他社の選択はない。同社でも高速ホールのない機種は除外。見た目だけならM557が似ているのだけど、高速ホイールがないのでだめだった(これも以前買った)。M705も買ったけどちょっと大きい。まあ、とりあえずはこの旅行中の感触で評価しようかと。

駅前には人が居ないと書いたが、上新前の国道8号線は渋滞するほどの車が居る。要するに、みんな車で道路沿い、郊外の施設に行くようになってしまい、駅前には来なくなったと言うことか。

お昼は盛来軒でラーメン。ここはメニューが多く毎回違うのを頼むだけど、今回は「汁なしそば」(800円)というのを頼んだ。
これは私が汁を飲みきった後の写真ではない。この通り、元から汁がない。実際には底の方にわずかにあるのだが、おそらくそれは麺への味付けのため少し振りかけた物だと思う。
ぱっと見「なんか肉がゴロゴロしてて、肉だけの味だといやだなぁ」と思ったのだけど、意外にもちゃんと味が付いている。汁がないのは良し悪しで、汁がない分おなかが膨らまないから良いというのもあれば、やっぱり汁がないと麺類はちょっと食べにくい、というのもある。全体的な評価は「まあまあ」。

帰り、原発の手前にあるこの施設に寄ってみた。
原発の排水に群がる海生生物の調査を行っているところ、といえば大体あってる。

昔来たときにもらったパンフレットには「原子力発電所」という文言も入っていたのだけど、今は付いてない。福島以降に考慮した?

昔はこんな展示があった。

各種研究結果も公開してる。
排水に群がる魚の映像も見られた。
駅前に出るときには必ず前を通るので気になっては板が、来るのは本当に20年以上ぶり。いや、下手すりゃ35年ぶりくらいか。
建屋も変わってる?
でも残念ながら日曜日は休館だったので見られなかった。次回に是非。

18時前からナルスに買い出し。
実は11日の夜から雨が降り午前中は曇時々小雨だったのだけど、この頃にはもう晴れていた。で、帰ってから例の夕日の撮影に行ったと。

ということで、今日も終わり。夜飲んだビールはこれ。

昨日と同じ物のようだけど、実は裏面が違う。
新潟には柏崎、長岡、小千谷の3大花火大会があるので、それをモチーフにした絵柄かもしれない。

当てはこれ。「もうたま卵」(もうたまらん)という。簡単に書けば味付け卵。
まあ、おいしかったかな。これは中庸な味で、後味噌味と唐辛子をたっぷりきかせた物もあったはず。味噌は食べてみたいけど、辛いのは勘弁。

こうして整理してみると、12日はあまり行動してないように見えるけど、実際には駅前に行ってナルスに行って、夕日も撮影に行って溶け高車では走り回っていた。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の20)2017年09月20日 07時54分33秒

家に帰ってようやく人心地。19:30。
今日はガスは使えないけど、電子レンジは使えるのでこれで。あと、お昼のますのすしの残りも。

ビイルは地元限定のこれ。誤字じゃないよ。
今回は初めて新潟行きにパソコンを持ってきた。アクションカメラの画像のバックアップ用。
使っているアクションカメラは32GB SDカード1枚で4時間録画できる。それを7枚持っているけど、1日12時間録画するには最低3枚、余裕を見れば(運転中は交換できないから休憩ごとに交換で)4~5枚必要。そうなると2日まるごとは録画できないことになるのでバックアップが必須だったのだ。
ただし、ここには通信環境はないのでメイルとかは一切できない。そう、この新潟・白馬期間は一切外界との通信できない・しない。そういう時期を年に一度は持つのが私流。スマホ中毒みたいな妙な病気にはならない。

明日からも出てくるけど、新潟は意外と限定ビールが多い。地ビール第1号が新潟だったことと関係あるかもしれない。酒所はビールどころでもあるのか。

ってな訳で、大疲れの1日目が終わる。
なはずなんだが、疲れすぎるとよく寝られない体質なんだよね。
何は今日は新潟にしてはやけに蒸し暑いし。窓を開けても風が通らない。ふとんも、掛け布団が冬用しかない。明日、タオルケット買ってこよう。

ウサギを食べた話2017年09月13日 07時52分47秒

新潟ネタはちょっとお休みして「ウサギを食べた」話をば。

とは言っても本物ではなくてこれ。
かわいいおまんじゅう。食べるのがもったいないくらい。

先日京都府庁で会った「府庁マルシェ」というところで買った、和菓子セット。京都の老舗の和菓子屋さんがこしらえたお試しセットみたいな物。
ウサギまんじゅう、笹麩まんじゅう、黒糖わらび餅、餡入りわらび餅、と書いてある。

ウサギまんじゅうこそちょっといろいろ入っているけど、他は天然系だけ。

味はどれもおいしかった。やっぱり和菓子はこれくらいの味でなくては。
実は、満中陰の香典返しにお菓子を送った(送ってもらった)のだけど、これがまたものすごくまずくて、みなさんに怒られるんじゃないかと思ったほど。それなりの店の物だと思うのだけど(任せたので詳しくは知らない)、それは本当にだめだった。お詫びにこれを送りたいと思った。日持ちしないから無理だけどね。
2017/09/17追記:わかった。金沢の(資)村上製菓所というところの。

ちなみに値段は500円。まさしくお試し価格でお買い得。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の4)2017年09月02日 08時20分18秒

ということで、有磯海到着(^_^;)。

途中はひたすら運転だから書くことは少ない。
11日は全体的には曇りがちでそれほど暑くなくまぶしくなく運転しやすかった。とはいえサングラスは必須だったけど。特に尼御前からしばらくはほぼ快晴だった。その先徐々に雲が増えた感じ。
尼御前SA近くの徳光PA付近。快晴に近い晴れ。

有磯海直前。

有磯海SA到着は12:35過ぎ。1:20ほどで到着したことになる。この間122キロ。平均時速にすると91.5キロか。これが本来のペース。予想より遅いなぁ(^_^;)

ここもそこそこ混んでいる。整理員がいるので駐車が楽。

ここではまず何を置いても昼食。富山に来たなら「ますのすし」。ますのすしと言えば「」だけど、高速道路ではなぜか売ってない。JRとの契約でもあるのだろうか?(駅弁として超有名だから)。

代わりと言ってはなんだけど買ったのはこれ。
竹勘」というところの。他にもいろいろあったけど、何かここも老舗っぽいので。

とにかく外は暑いし人が多いので車の中で食べることにした。
ちょっと足下が出まいので座席を後ろにずらした。これが後でちょっと問題を起こすのだけど、それは別の話。

作りは源のと同じ。まあ、「ますのすし」と冠する商品は、私の食べたものでは、全て同じ意匠である。
いただきます。

身は薄めで全体に軟らかいめ。
味はあっさり系。「ますのすし食べた!」という感じにはちょっと足りないかも。これはこれでおいしいけどね。

原材料はほぼ同じ(こちらにだけはいっているのは酵素)で、1食あたりの栄養成分を見ると、
      源   竹勘
エネルギー 668  642 KCal
タンパク質 25.2   32.3g
脂質    7.6   5.4g
炭水化物  124.3 115.9g
ナトリウム 2156  882mg
と、結構差がある。大きさはほぼ同じだと思うのに。
塩味が効いてて脂ものっているから食べた感が強いのかも知れない。
塩分を気にする人は源のはきついかもね。

歳を取って最近は食も量が減ってきたので1食では食べきらない。少し残して夜回し。一応お寿司だからそれくらいは常温でも保つ、はず。

食後すぐ出発は眠たくなったりして危ないから、ちょっと休憩。外を歩く。

松葉牡丹2017年08月11日 05時58分56秒

お土産を買いに近所の「虎屋」に行った。その筋では有名な老舗の和菓子屋さんである。

で、お土産はようかんを買ったのだけど、店頭にあった季節の和菓子がおいしそうだったので自分用に買うことにした。

店頭にあったのはお菓子が見える状態だったけど、買うとこのような箱に入れてくれた
わかるかなぁ、シールの一番端が折り返してあり、剥がしやすくなっている。こんな所にまで気を配っていると言うことにちょっと感動した。

中はこう。きっと2個買いだと左右に入るのだろう。

で、この和菓子の名前が「松葉牡丹」。
きんとん。

本物の松葉ボタンはこう↓
だから大分違う気がするのだけど、緑が葉っぱ、赤いの1つ1つが1つの花、ということかも知れない。

「和菓子は銘柄を聴き、目で鑑賞し、香りを楽しみ、楊枝で切り、味わう」という五感の総合芸術なのだそうだ。銘柄と目に関してはいたく同意。香りについては、これについて言えば、それほど感じなかった。そもそも私の鼻はそれほど効く方ではないのだけど、わずかに抹茶の香りがしたくらい。楊枝で切り、と言うのはその切る感覚を楽しめ、ということだろうけど、これは切っていると途中で何か突っかかる感じがあった。切ってみるとこうだった。
そう、中のあんこのさらにその中にもう1つ入っていたのだ。外側から抹茶きんとん、その内側に小豆と抹茶の混ぜた物、そのさらに奥に小豆だけで固めたようかんみたいな物が入っていたのだ。これが味の繊細な違いとともに、切る感覚の違いを演出していたのである。
「味わう」に関しては言うまでもないだろうけど、その3種の餡(かよ羊羹)とゼリー部の味の違い、餡は和山盆を使った涼しい、でもちょっと強い甘さ。これは抹茶が良くあうと思う。虎屋には喫茶コーナーもあるけど、そちらでならそういう出し方されるんじゃないかなぁ。

この「松葉牡丹」は8/1~15の限定発売。虎屋にはこのように期間限定のお菓子が時々出るので、時折行ってみると良いかも。基本的に1期間2種類出すそうな。

ということで、久々に豪華な気分に浸ったのであった。値段は450円(税別)。1個でこんなにするお菓子食べるのは数年に一度しかないから、私にとっては極めて重大なごちそう。

合掌。
(C)おたくら編集局