似非しまなみ海道物語(11)2018年05月11日 06時04分54秒

それでは岩城島のGPSログを。
まずは全体図と港の位置関係を。
土生港から真向かいにあるのが去年行った生名島。それを北に迂回して岩城島に行く。そこから島の中の方に坂を登って行って、小漕港からの道と交わるちょっと手前で島中央の方に曲がると積善山に向かう。

これを見ても分かる通り、登山道入り口から小漕港へ行く分かれ道は本当にすぐ近くである。長江港から登山道入り口までが約1キロ。ここもゆるいがほぼ上り坂。
そしてぐねぐねと曲がりながら山頂までのひたすらの坂道を登って行く。GoogleEarthで距離を測ってみると約3.6キロ。港から合わせて5キロもなかったけど、それでもほぼ全体が上り坂だから大変なことには違いない。

で、岩城港への行き道だけど、山途中の分岐を正しく曲がっていれば黄色い線の道、相当短かったことがわかる(黄色線は適当に引いたので正確ではない)。
実際に走った道;西の海岸沿いは最後の峠超え以外はほぼ平坦で走りやすいとはいえ、3倍ほども遠回りだ。これから行く人は間違わないように。

レモンポーク丼の店で小漕港に行くには西・東、どちらを進んだほうがいいか聞いたところ、西=私が来た道の方がいいとのことだった。距離はほぼ同じだけど、東のほうが坂がきつそうだ。GoogleEarthでどアップにして見てもそう思う。

積善山、しんどいけど景色は抜群にいいから、将来また行ってもいいかな。まだ登る体力があるうちに(^_^;)。

最後にいわき島に渡る船でもらった島の地図をば。島の宣伝だからいいよね。

岩城港近くはこんな感じ。ここは道が曲がっていてわかりにくい。

2017新潟/白馬大作戦(8/18の34;最終回)2018年03月21日 10時09分12秒

有磯海SAを出発してあとはひたすら運転するのみ。

呉羽PA。17:47。
私は普段SAにしか止まらないのだけど、今回は例外的にPAにかなり止まってる。疲れていたからか、トイレに行きたかったからかは忘れた。

尼御前SA。18:42。

中に入るとサングラスが売ってたので買うことにした。
実はだいぶ前に尼御前SAだったか南条SAだったかで眼鏡の上につけるタイプのサングラスというかサンシェードを買って愛用していた。メガネタイプではなくメガネの前に付けるもので、バネで跳ね上げることができるのでトンネルの多い北陸道では特に重宝していた。しかし、八国山登山の際に落としてしまったのか見当たらなくなり、代わりになるものを探していた。一応新潟でも普通のサングラスを買ったが、やはり眼鏡の上からかけるとつけ外しが面倒で、でも常時かけているとトンネル内では暗いので難儀していた。それが、ここにあったのはメガネタイプだけど前が跳ね上げられるもの。ベスト。即購入。メガネは福井に限る・・・かな?

ここで、有磯海で買ってあったますの寿しを食べる。ちょっと変わったこういうの。


ますのすしを上から炙ったような感じ。
寿司と呼ぶには酢が弱いような。まあ、そこそこに美味しいけど、くり返し買うほどでもないかな。

19:00の空。まだ明るい。
明るいうちに距離を稼ごう。

刀根PA。20:15。
急にトイレに行きたくなって入った。最近PAでも大きなところが増えてきたけど、ここは昔ながら?のPA。

このあたりから雨が降ってきた。雨が降ると急激に運転しにくくなる。

20:50、北陸道最後のPA神田に到着。
ここはかなりでかいPA。この先はもう京都まで休憩なし。

神田PAを出ればすぐ米原JCTで、その先は名神。やっぱり名神は北陸道に比べ走りにくい。道路が狭く感じられるし、カーブが多い。まあ、日本でも最も古い区間の1つだから仕方ない。

ということで、八方池からの全行程GPS。
このあと京都東まで高速、あとは一般道で家に到着したのが22:15くらい。よく運転しました。

でも実はこれで終わりじゃない。荷物を降ろしてすぐ、今度は実家まで運転する。車を置きに行くためだ。京都に駐車場はないから。

大阪の実家に着いたのが23:45。そこからすぐ最寄りの駅に行ったのだけどもう終電が終わっていて京都には戻れなかった。疲れているなか駅まで歩いたのにまた戻るとは。追い打ちかけるなぁ。翌日は地蔵盆があるから京都に朝から居なきゃいけないのに。

翌早朝に帰り着いたのだけど、まあ、しんどかった。

ということで、10年以上ぶりの長旅行であった。新潟では思いの外いろいろとできなかったし、山は多くが雨だったりで天候には恵まれなかったので、ちょっと疲れが勝ってしまったかな。

あまりに長すぎていろいろあったことだいぶ忘れてる。書き忘れたネタがいろいろあるような気がする。

来年、というか今年も長く行きそうだけど、実はこの5月にも法事で行くのでそんな長くなくてもいいかな、などと思ったりもする。まあ、それはまだ先の話。

その前に「あれ」がまた来る。今年は巡る島の数が半端ないぜ!

ということで、長く続いたこのシリーズも終わり。

2017新潟/白馬大作戦(8/18の32)2018年03月16日 07時48分15秒

今年の八方の花の総括を書いてなかった。
栂池は天候不順のため春から秋の花が咲いていたが、ここ八方でも例年には見られない花が残っていて、花を見るという意味では嬉しいけど、やっぱり天候不順はいけないなあと思った次第。一度お盆より前に行ってみたいなぁ。6月とか7月とか。でも遠いんよね。

・・・

と言うことで、八方池までのコースのGPSログ。
第2ケルンのところで道が分かれている。上側が上りの直行コース、下側が下りの自然探求路。
花を見たい人は、この2コースで植生が異なるので、私のように行き帰りで分けて行くのが良い。

八方山荘前からクワッドリフトに乗って降りる。行きに比べれば霧は晴れてきているが、やはり遠方=下界は見えない。

下の駅の横の湿原から見ると山の方の方まで霧が無いように見えるのにね。

続いてアルペンリフト。

ここも行きに比べて霧は薄い。

行きはこのあたりの位置からだとゴンドラ乗り場方向も

リフト乗り場方向も全く見えなかったのだから、晴れてきているとは言えるけど、でも山並みが見えなければ同じ。

ということで、ゴンドラで降りて八方池行きは終わり。
13:17位。
9時ちょうど位にゴンドラに乗ったから、4時間ちょっとの行程で会った。私にしてはゆっくりかな?

さて、ここからいったんホテルに戻って車に荷物載せて、冷蔵庫に入れてた物も取り出してクーラーボックスに詰めて出発。また来年=これを書いている今日現在では今年、お邪魔したいです。

京都への帰路に就く前に、まずは昼食を取らないと。去年食べられなかった「林檎舎」へ向かう。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の28)2018年01月30日 07時37分33秒

栂池自然園内のGPSログを。
こう見ると結構広い範囲を歩いているのがわかる。浮島湿原より先は急な登りになり足場も悪くなるけど、ここに来たら、少なくともこの浮島湿原までは来て欲しいかと。

入り口横の栂池山荘に入る。

すると、今咲いている花の写真があった。
それぞれもアップで撮影したのだけど、それでもわからない花がある。花の同定は難しい。

こんなんもあった。
私はスキーしないからよくわからないけどね。

これがビジターセンター。去年は工事で封鎖されてたけど、今年は入れる。
中は撮影できなかったけど、大幅に変わってた。無料のお茶もあったような気が。

で、このあたりは硬い石が敷き詰められているのだが、杖を突く音が何かおかしい。それで気がついた。「杖の先がない」。
そういえば途中、粘土質の所に突っ込んでなかなか抜けないことがあったのだが、そのときに取れてしまったのではないか。どうしよう?とりあえずなんかテープでも巻いておくか?杖は2本持ってるけど、2本とも、明日も使うしなぁ。

休憩所でソフトクリーム買おうと思った。猿ナシの。でも前のおばはんが後ろに人が居ること全く気にせずやたらだらだら注文するので大分待たされた。挙げ句の果てに売り切れ。ガッテム。

ロープウエイの乗り場に向かう。
行きも書いたけど、その道すがらにも花はある。

白クモマニガナ

これはなんだろう?他の草の種らしき物も付いている。白馬ヒッツキムシ?

ロープウエイ乗り場。

ここにも咲いている花の写真があった。
今のかと思ったら、実は年中のがあった。全部撮影したけど省略。

ロープウエイ乗り場から見る下界方向は晴れている。
山の上の方も晴れて欲しかったなぁ。

2017新潟/白馬大作戦(8/16の19)2017年12月17日 09時33分37秒

ということで、山のGPSログ。
八石山のように迷ってはいないおよそ最短コースだけど、これだけ歩いていることがよく分かる。GoogleEarthは偉大だ。

今回は柏崎にある登山口から米山に登ったけど、どうも隣町の柿崎からのほうが短いコースが有るようだ。
次回、があればそこから行ってみようかな。まあ、登山口までが遠いけど。

16:50に駐車場を出発。っと、その前に今日の宿、プチホテル志鷹さんへ連絡を入れておく。もともとは今日は雨飾山に登って17時過ぎにはホテルに入る予定だったので、大きくずれている。

17:06頃柿崎ICから北陸道へ。糸魚川からは一般道なのでこの高速で時間稼ぎする。

「皆さん安全運転で」。

上越付近での話。追い越し車線出前に1台のトラックがいた。このトラックの動きがどうもおかしい。

遅いのもあるけど、それより、蛇行している。
中央線をまたがったり、逆に中央ガードレールに近づいたりしている。これは居眠り運転しいる可能性が極めて高い。

怖いので走行車線に移動。しかし蛇行を続けている以上、こちらも危ないことには違いない。
中央線をまたいだと思ったら、ガードレールによってを繰り返す。こんなところで事故されたら巻き込まれるのは必至。
困ったことに、この走行車線の前にいる車も早くないのでこちら側から抜くにも距離が稼ぎづらい。

それでもいよいよトラックの動きが怪しくて危険を感じたので、一気に踏み込んで追い抜き、その後すぐトラックの前に=追い越し車線側に入ってさらに加速して切り抜けた。本来よろしくない走行ではあるが、こういう危険な状態であれば致し方ない。

このトラックがこのあとどうなったかは知らないが、居眠り運転は自分だけでなく周りにも多大な迷惑をかけるので運転手にはくれぐれも注意していただきたい。せめて走行車線走って速度下げろ。トラックは図体でかいだけに余計に迷惑。

神経すり減らしたということもあって、その先の名立谷浜SAでちょっと休憩。17:30。

トイレ行ってすぐ出発。
17:55糸魚川IC通過。やっぱり柏崎(米山)からここまで1時間じゃ無理だなぁ。どうも近いという勘違いがあった。

此処から先は一般道。最初のうちは走りやすい。18:10頃から雨が降ってきた。

糸魚川から白馬までの道のりは、姫川に沿って行くことになる。
姫川は何度も反乱している川で、道路も何度も被害にあっている。そういうこともあってか、川沿いの谷の斜面に洞門と言う物が作られている。簡単に書けば半分トンネル。
普通のトンネルに比べ明るい分走りやすいのだけど、とにかくこの区間が長い。糸魚川から白馬まで約50キロのうち、感覚的には半分が洞門またはトンネルな感じ。しかもこのあたりはトンネル内での上り下りや急カーブが結構多いので注意が必要だ。まして、山登りのあと疲れがピークに達している今は余計に。

雲が低く垂れ込めている。さすがに山の中。
糸魚川はほぼ海岸沿いの海抜0m近くだけど、白馬は実に800mほどもある。711米峰より高く登るのだ。天候も変わるはずである。

ということで、さすがに夏場でも暗くなってきて少々運転がつらくなってきた18:55、ようやくホテルに到着。
いやぁ、さすがに疲れた。

本当は温泉に行きたかったのだけど、予定より大分遅く到着してしまったので、部屋に荷物だけ置いて急ぎ食事へ向かう。

2017新潟/白馬大作戦(8/16の4)2017年11月16日 22時07分26秒

さて話は一気に飛ぶ。

寺泊から家に帰って荷物を載せて、お墓にお参りしてから米山に向かう。米山登山が今日の一大イベント。その後白馬へ向かう。

米山にはいくつもの登山口があるが、今回は柏崎からは最も一般的と思われる大平という所から登ることにする。最初は別の所から登るつもりだったのだけど、、お寺さんにここの方が良いと言われて変更したのだ。

そこまでの道のりについては省略。このGPSログを見てもらえばわかる。
いつもの越の蔵、米山ICをさらに超えてかなり進んでから山側へ入る。米山と言う名前ではあるが、ICとかのある米山と実際の山はかなり離れているのだ。

海沿いの8号線を走って、ここで左折する。
ここさえ間違えなければ、後は1本道。山の方へかなり走る。

問題は。ここまで曇っていながらもなんとか天気は保ってくれていたのに、この手前から雨が降り始めた。すぐに止むかとも思ったらなかなか止まない。

結局、この駐車場に着く直前まで雨が降っていた。
ここが大平登山口の無料駐車場。到着は10:45。家を出たのが9:45くらいだからちょうど1時間、結構かかった。

この建屋が目印。
それでもなんとか雨が止んだので、靴を履き替え、杖を持って出発する。

2018新潟/白馬大作戦(8/13の19)2017年10月22日 07時45分24秒

さて、今日の道のりをGPSログ見ながら確認。まずは行きにカーナビが嘘を教えた道筋を。
50分かかっている。

そしてこちらが帰り。30分。
途中で大きく遠回り、というか全然違う方向に走っていることがわかる。途中で気がついて再設定したからいいものの、そのまま走ってたら正反対ともいえる方向に行くところだった。TOYOTA純正カーナビ by Panasonicは信用出来ん。

さて山の中。
駐車場のあたりがGPSログによると高度60mなので、正味460m強登ったことになる。高低差は白馬八方池/栂池の倍以上。そりゃ大変なわけだ。

そしてなんといっても迷い道。
今回目指した山頂南条八石から帰りに寄ろうとした赤尾八石はなんとこんなに近い、真逆方向にあった。方向音痴にもほどがある。
いやいや、そもそも山頂で見たこれ↓
がでたらめであったことがそもそもの原因だ。

この山は地元の人が大切にし、パンフレット作ったり山小屋があったりするのは良いことだと思うが、初めて来る人もいるのだから、看板をもっと正確にしてほしい。特に、ここから先はどちらに行くという分岐点には是非とももっとわかりやすいものを立ててほしい。

あと、パンフレットに方角と枡形のことを書いて。きっと違う集落だからとかいろいろな因縁があって書いてないんだろうけど、よそから来る人にはそんなことは関係ない。地元だけの山にしたいなら「よそ者入山禁止」と書いて。そうでないなら、せめてパンフレット上だけでもなんとかして。

黄色の線が赤尾八石経由の、本来行こうとしたルート。こんなに短かったのか。それに比べ迷った道の長いこと。
そして赤は、別の登山ルート、のはず。途中に看板があったと書いたところから降りるコース。だから、そこでも降りられんことはなかったのだと思うけど、降りてから駐車場まで歩くのがかなり遠いので、そういう意味でも行かなくて正解。

装備。
今回、水分を多めに持って行ってたのは正解だった。低い山だからこんなに必要だろうかと思ったのだけど、夏だからと思って2本;ヨーグリーナの他水筒も持ってた。
前述の通り、ヨーグリーナは前日にたまたまま丸大で販促していたので買ったものだが、冷凍可能と言うことでむしろ補助水分として凍らして持って行ってた。しかし、実際には糖分と水分が一度にとれ、それでいて甘ったるくないこれは非常に役に立った。1本80数円と安いので、これからも山登りの際には重宝したい。
→今Amazonで調べたら最安でも1本97円だから、特別販売してたのかな。

糖分・塩分も塩キャラメルというのを持って行ってたがこれにも助けられた。本当に、糖分がなくなると体が動かなくなってくる。こまめに食べてたのでなんとかなった。
残念ながら袋の写真を撮り忘れたのだが、森永の多分これ。飴じゃなくてキャラメルなのがみそ。こちらも超おすすめ。
どちらも丸大で見つけてかっておいたのだけど、その後近所の店で探しても見つけられないのが残念。なんにしても、低い山でも山登り、水分と糖分の補給は極めて重要と思い知った。

靴は去年白馬用に買って、でもつま先が痛くて1回だけ使っただけでお蔵入りにしてたもの。さすがにスニーカーではつらいと思ったので。雨上がりでもあるし。つま先に当たるということは靴の中で前方にずれているということだから横=幅方向をキツキツにすればよい。ということでぞうきんを足に巻いて履いていたのだが、これはなかなか良い方策だった。しかし、やはり一時しのぎでつま先の痛みを完全には防げない。来年までには新しいのを買おう。絶対。

雨具も新調して持って行ってたのだけど、これは使わないで済んだ。これについては後日使う羽目になったのでそこで。

後これは書いておかなければならないのだけど、ここで痛くなった腰、その後なぜか非常にすっきり、痛みがなくなった。
思うに、腰痛の一因は背中が曲がっていて腰に変な力のかかり方しているからではないかと思う。それがここで全身動かしてほぐれ、修正されたためよくなったのではないかと。
この後少なくとも1ヶ月は腰痛知らずで過ごせた。その後また痛んだのだけど。やっぱり時々山登りせんといかんかなぁ。

この翌日からしばらく体中が筋肉痛で痛くて、「こりゃ、白馬で登りの無理かも!?」と思ったくらい。まあ、それも4日ほどで動けるほどなったのだけど、やっぱり回復は遅い。歳だねぇ。

あぁ、そういえば、途中でトトロの絵を見たんだけど、あれに出てくるのは「しちこくやま」で確か漢字は「七刻山」ではなかったかと。まあいいんだけど。

そんな感じの八石山、自動車と言い歩きと言い、迷いに迷った1日だった。
結果的に腰痛も治って良い面もあったけど、やっぱり道に迷って遭難を覚悟したことは精神的に非常によろしくなかった。いくらネタになってもね。

湿気が多くて息苦しい、階段続きで登るの大変ということもあったし、景色もいうほどよくは見えないし、正直あまりおすすめはできないかな。地元はともかくよそからわざわざ行って登る意味はないかと。きつい言い方だけど。

「ここが良いところだ」とか反論がある方はどうぞ。ちゃんと証拠も示してね。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の21)2017年09月21日 07時54分07秒

ということで、8/11の移動GPSログ。
まずは全体。
結構な距離。ちょうど500キロは延べ走行距離ではなくて端から端まで。日頃は車に乗らないのにいきなりこの距離だからね。疲れて当然。

家から京都東経由で神田PAまで。
神田って結構滋賀県北部にあったのね。

尼御前SA。外に出ているのが分かる。

最後米山ICから雪割草の湯まで。
真ん中くらいで大きく迂回しているのが柏崎原発。

他の細かい所は省略。希望があればだすけど。
今回の旅行ではGPSに助けられて所もあるのだけど、そういう面白いところはこれから。

というところで、初日は終わり。

博多総合車両所見学(38)2017年03月21日 06時08分37秒

博多駅に向かって歩いている途中でバスが来たので乗り込む。駅までの距離は結構あった。歩いてたら間に合わなかったかも。助かった。
たぶん巡回バス、100円。

ということで、街めぐりGPS。
博多駅から南西の住吉神社に行って、そこから北の櫛田神社へ。櫛田神社から駅まで直線に歩ければ近そうだけど、このルート通りの道路沿いに歩くと結構ある。

そしてこのルートのちょうど中心辺りに例の2丁目がある。11月8日に陥没したところ。

実は櫛田神社から出て右回りで帰るか左回りで行くか悩んだ。結局左手に行ったのだけど、右回りに歩いていたら2丁目の上を歩いてた。今見ると左手の方が遠回りなんだけど、それで良かったかと。

先の道路工事はそれまで他の路線とつながってなかった地下鉄路線を博多まで延伸する工事だったらしい。この2丁目もその工事。ということは、私が歩いてたときに落ちてたっておかしくないわけで、そう思うと怖い。こんな町中の陥没で怪我人が一人も居なかったのはまさに奇跡。

そして博多駅へ。大きいなぁ。
バスはこの左手前に停まる。駅舎までは結構歩くし、駅舎に入ってからも階段(エスカレーター)のつながりが解らなくて、どうやったら酒豪、じゃない、集合場所に行けるのか解らない。

迷って歩き回っている間にこんな物の前に。
ラブ・ライブ?見てないから解らない。プリクラ?知らなくても気になるものは全て撮影(^_^;)その割には肝心な物撮り忘れてるんだけどね。

そこからさらに迷って、結局先の案内所に行って聞いて何とか解った。バスで帰って時間的余裕があればこそ迷えるわけで、歩いてたらギリギリで目一杯焦ってただろう。
もうだいぶ人が集まっている。

集合場所横にこの店が。博多駅には500系TYPE EVAの店がいくつかあるようだ。

入ってみたけど、私はそこまでEVAに思い入れがあるわけではないので、ありきたりの物を、高い値段で買う事はなかった。

さらに横にはプリクラも。
一人でプリクラは撮れんなぁ(^_^;)。でも「日本でここだけ」なら写しておくべきだったか?

博多総合車両所見学(32)2017年03月15日 06時42分12秒

それでは基地内のGPSログを。

長さを取るため横にしたので南北方向はちょっとずれてるけど、こんな配置。
縮尺から見ると解るとおり、車両基地は1キロほどの長さがある。駐車場には入れないので、回れるのは南半分。それでもそこを3回くらい歩いてるから、1.5キロ+横幅位歩いてる。

行きの列車は駐車場のど真ん中を抜けて基地まで入っているのがわかる。
博多南駅は車両基地の一番北端にある感じ。

正確に南北を合わせるとこう。

会場案内図も同じ方向にするとこう。
今回はこれだけ。
(C)おたくら編集局