2017新潟/白馬大作戦(8/16の4)2017年11月16日 22時07分26秒

さて話は一気に飛ぶ。

寺泊から家に帰って荷物を載せて、お墓にお参りしてから米山に向かう。米山登山が今日の一大イベント。その後白馬へ向かう。

米山にはいくつもの登山口があるが、今回は柏崎からは最も一般的と思われる大平という所から登ることにする。最初は別の所から登るつもりだったのだけど、、お寺さんにここの方が良いと言われて変更したのだ。

そこまでの道のりについては省略。このGPSログを見てもらえばわかる。
いつもの越の蔵、米山ICをさらに超えてかなり進んでから山側へ入る。米山と言う名前ではあるが、ICとかのある米山と実際の山はかなり離れているのだ。

海沿いの8号線を走って、ここで左折する。
ここさえ間違えなければ、後は1本道。山の方へかなり走る。

問題は。ここまで曇っていながらもなんとか天気は保ってくれていたのに、この手前から雨が降り始めた。すぐに止むかとも思ったらなかなか止まない。

結局、この駐車場に着く直前まで雨が降っていた。
ここが大平登山口の無料駐車場。到着は10:45。家を出たのが9:45くらいだからちょうど1時間、結構かかった。

この建屋が目印。
それでもなんとか雨が止んだので、靴を履き替え、杖を持って出発する。

2018新潟/白馬大作戦(8/13の19)2017年10月22日 07時45分24秒

さて、今日の道のりをGPSログ見ながら確認。まずは行きにカーナビが嘘を教えた道筋を。
50分かかっている。

そしてこちらが帰り。30分。
途中で大きく遠回り、というか全然違う方向に走っていることがわかる。途中で気がついて再設定したからいいものの、そのまま走ってたら正反対ともいえる方向に行くところだった。TOYOTA純正カーナビ by Panasonicは信用出来ん。

さて山の中。
駐車場のあたりがGPSログによると高度60mなので、正味460m強登ったことになる。高低差は白馬八方池/栂池の倍以上。そりゃ大変なわけだ。

そしてなんといっても迷い道。
今回目指した山頂南条八石から帰りに寄ろうとした赤尾八石はなんとこんなに近い、真逆方向にあった。方向音痴にもほどがある。
いやいや、そもそも山頂で見たこれ↓
がでたらめであったことがそもそもの原因だ。

この山は地元の人が大切にし、パンフレット作ったり山小屋があったりするのは良いことだと思うが、初めて来る人もいるのだから、看板をもっと正確にしてほしい。特に、ここから先はどちらに行くという分岐点には是非とももっとわかりやすいものを立ててほしい。

あと、パンフレットに方角と枡形のことを書いて。きっと違う集落だからとかいろいろな因縁があって書いてないんだろうけど、よそから来る人にはそんなことは関係ない。地元だけの山にしたいなら「よそ者入山禁止」と書いて。そうでないなら、せめてパンフレット上だけでもなんとかして。

黄色の線が赤尾八石経由の、本来行こうとしたルート。こんなに短かったのか。それに比べ迷った道の長いこと。
そして赤は、別の登山ルート、のはず。途中に看板があったと書いたところから降りるコース。だから、そこでも降りられんことはなかったのだと思うけど、降りてから駐車場まで歩くのがかなり遠いので、そういう意味でも行かなくて正解。

装備。
今回、水分を多めに持って行ってたのは正解だった。低い山だからこんなに必要だろうかと思ったのだけど、夏だからと思って2本;ヨーグリーナの他水筒も持ってた。
前述の通り、ヨーグリーナは前日にたまたまま丸大で販促していたので買ったものだが、冷凍可能と言うことでむしろ補助水分として凍らして持って行ってた。しかし、実際には糖分と水分が一度にとれ、それでいて甘ったるくないこれは非常に役に立った。1本80数円と安いので、これからも山登りの際には重宝したい。
→今Amazonで調べたら最安でも1本97円だから、特別販売してたのかな。

糖分・塩分も塩キャラメルというのを持って行ってたがこれにも助けられた。本当に、糖分がなくなると体が動かなくなってくる。こまめに食べてたのでなんとかなった。
残念ながら袋の写真を撮り忘れたのだが、森永の多分これ。飴じゃなくてキャラメルなのがみそ。こちらも超おすすめ。
どちらも丸大で見つけてかっておいたのだけど、その後近所の店で探しても見つけられないのが残念。なんにしても、低い山でも山登り、水分と糖分の補給は極めて重要と思い知った。

靴は去年白馬用に買って、でもつま先が痛くて1回だけ使っただけでお蔵入りにしてたもの。さすがにスニーカーではつらいと思ったので。雨上がりでもあるし。つま先に当たるということは靴の中で前方にずれているということだから横=幅方向をキツキツにすればよい。ということでぞうきんを足に巻いて履いていたのだが、これはなかなか良い方策だった。しかし、やはり一時しのぎでつま先の痛みを完全には防げない。来年までには新しいのを買おう。絶対。

雨具も新調して持って行ってたのだけど、これは使わないで済んだ。これについては後日使う羽目になったのでそこで。

後これは書いておかなければならないのだけど、ここで痛くなった腰、その後なぜか非常にすっきり、痛みがなくなった。
思うに、腰痛の一因は背中が曲がっていて腰に変な力のかかり方しているからではないかと思う。それがここで全身動かしてほぐれ、修正されたためよくなったのではないかと。
この後少なくとも1ヶ月は腰痛知らずで過ごせた。その後また痛んだのだけど。やっぱり時々山登りせんといかんかなぁ。

この翌日からしばらく体中が筋肉痛で痛くて、「こりゃ、白馬で登りの無理かも!?」と思ったくらい。まあ、それも4日ほどで動けるほどなったのだけど、やっぱり回復は遅い。歳だねぇ。

あぁ、そういえば、途中でトトロの絵を見たんだけど、あれに出てくるのは「しちこくやま」で確か漢字は「七刻山」ではなかったかと。まあいいんだけど。

そんな感じの八石山、自動車と言い歩きと言い、迷いに迷った1日だった。
結果的に腰痛も治って良い面もあったけど、やっぱり道に迷って遭難を覚悟したことは精神的に非常によろしくなかった。いくらネタになってもね。

湿気が多くて息苦しい、階段続きで登るの大変ということもあったし、景色もいうほどよくは見えないし、正直あまりおすすめはできないかな。地元はともかくよそからわざわざ行って登る意味はないかと。きつい言い方だけど。

「ここが良いところだ」とか反論がある方はどうぞ。ちゃんと証拠も示してね。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の21)2017年09月21日 07時54分07秒

ということで、8/11の移動GPSログ。
まずは全体。
結構な距離。ちょうど500キロは延べ走行距離ではなくて端から端まで。日頃は車に乗らないのにいきなりこの距離だからね。疲れて当然。

家から京都東経由で神田PAまで。
神田って結構滋賀県北部にあったのね。

尼御前SA。外に出ているのが分かる。

最後米山ICから雪割草の湯まで。
真ん中くらいで大きく迂回しているのが柏崎原発。

他の細かい所は省略。希望があればだすけど。
今回の旅行ではGPSに助けられて所もあるのだけど、そういう面白いところはこれから。

というところで、初日は終わり。

博多総合車両所見学(38)2017年03月21日 06時08分37秒

博多駅に向かって歩いている途中でバスが来たので乗り込む。駅までの距離は結構あった。歩いてたら間に合わなかったかも。助かった。
たぶん巡回バス、100円。

ということで、街めぐりGPS。
博多駅から南西の住吉神社に行って、そこから北の櫛田神社へ。櫛田神社から駅まで直線に歩ければ近そうだけど、このルート通りの道路沿いに歩くと結構ある。

そしてこのルートのちょうど中心辺りに例の2丁目がある。11月8日に陥没したところ。

実は櫛田神社から出て右回りで帰るか左回りで行くか悩んだ。結局左手に行ったのだけど、右回りに歩いていたら2丁目の上を歩いてた。今見ると左手の方が遠回りなんだけど、それで良かったかと。

先の道路工事はそれまで他の路線とつながってなかった地下鉄路線を博多まで延伸する工事だったらしい。この2丁目もその工事。ということは、私が歩いてたときに落ちてたっておかしくないわけで、そう思うと怖い。こんな町中の陥没で怪我人が一人も居なかったのはまさに奇跡。

そして博多駅へ。大きいなぁ。
バスはこの左手前に停まる。駅舎までは結構歩くし、駅舎に入ってからも階段(エスカレーター)のつながりが解らなくて、どうやったら酒豪、じゃない、集合場所に行けるのか解らない。

迷って歩き回っている間にこんな物の前に。
ラブ・ライブ?見てないから解らない。プリクラ?知らなくても気になるものは全て撮影(^_^;)その割には肝心な物撮り忘れてるんだけどね。

そこからさらに迷って、結局先の案内所に行って聞いて何とか解った。バスで帰って時間的余裕があればこそ迷えるわけで、歩いてたらギリギリで目一杯焦ってただろう。
もうだいぶ人が集まっている。

集合場所横にこの店が。博多駅には500系TYPE EVAの店がいくつかあるようだ。

入ってみたけど、私はそこまでEVAに思い入れがあるわけではないので、ありきたりの物を、高い値段で買う事はなかった。

さらに横にはプリクラも。
一人でプリクラは撮れんなぁ(^_^;)。でも「日本でここだけ」なら写しておくべきだったか?

博多総合車両所見学(32)2017年03月15日 06時42分12秒

それでは基地内のGPSログを。

長さを取るため横にしたので南北方向はちょっとずれてるけど、こんな配置。
縮尺から見ると解るとおり、車両基地は1キロほどの長さがある。駐車場には入れないので、回れるのは南半分。それでもそこを3回くらい歩いてるから、1.5キロ+横幅位歩いてる。

行きの列車は駐車場のど真ん中を抜けて基地まで入っているのがわかる。
博多南駅は車両基地の一番北端にある感じ。

正確に南北を合わせるとこう。

会場案内図も同じ方向にするとこう。
今回はこれだけ。

京都大雪(おまけ);大宮・仙洞御所2017年02月11日 07時09分00秒

そういえば、大宮・仙洞御所のGPSログを載せるの忘れてたので公開。

こんな感じのコースを45分で回るということで。たぶん藤や紅葉の時期だともっと掛かるんだろうね。次回は是非その頃に。

ちなみに、今日2/11建国記念日の京都も雪。御苑あたりでは3センチくらい積もってそう。うちのあたりでもうっすら積もってるから。、火曜日にまた腰を痛めて今日はまだ痛みがあるので撮影には行けないけど。残念。

白馬2016(123)2017年02月09日 16時58分51秒

椎谷に着いたのは17時ちょっと前。17時には出なきゃいけないので、
結局、椎谷にいられたのは10分ほど。お寺さんも行けなかったし、お墓だけ寄って、後はまた西山ICから高速道路を大急ぎで帰る。

本当はここに寄りたかったんだけどなぁ。
鯨波にある「越の蔵」。日本酒を買うならここ。これは7月に行ったときの写真を。

ここには冷温室がある。

中には多数の地酒が。毎年言っては新しい酒を買って帰るのが楽しみ。
毎年結構買ってるけど、どんどん新しいのが出てくるので飲みきることはない。


今年の目玉はこれ。ここで越乃寒梅見るのは初めて。もちろん買って帰った。
越乃寒梅、関西とかで買うと1万円超えるんだろうけど、ここではこの値段であり、これが正当な価格。出荷本数が少ないからと、買って帰る手間や交通費を考えればそんな値段になるのか。私のこの1本も交通費を考えれば3万円か掛かってる。いやまあ、これだけ買いに新潟まで来てるわけじゃないけど。
業者の人もたくさん買って帰るので、いっぱいあるように見えるけど、長くは並んでないらしい。良い時期に来たと言うことか。

写真の時刻とGPSログの時刻が微妙に合わない(たぶんカメラの時刻がずれていた)ので推測も含むが、
16:50 椎谷発
18:00 上越妙高着
距離 72km
これだけ見るとさほど早く見えないけど、実測はなぁ(^_^;)。来年は絶対にアクションカメラの電池を確認してから来よう。うん。

高速道路はほぼ120~140キロで巡行。糸魚川から西山往復とも。絶対間に合わないかと思ったが、なんと上越妙高駅に17:55に到着。
ある意味奇跡的。

最寄りの高速道路は上信越自動車道、上越高田IC。駅まで距離にして僅か3キロ、でも記録上は22分もかかってる。
最後、GPSが上越出口で降りて一般道を走る道でなく上越自動車道に回って最寄りICまで行く経路を出した時は「またこのくそナビが!」と罵ったけど、結局ここに関してはこれが正しかった。

しかし、今回のナビは出だしからしてずれていて正しい道路がわからず迷ってしまったし、白馬周辺ではとにかく国道に行かせようとする=地道を知らなさすぎるのでかなり遠回りさせられ、椎谷付近でも無茶苦茶(=遠回り)なルート選択だった。

また高速道路内では細かく教えてくれるのに一般道でのナビが遅すぎるとか(300m先なんて、田舎道では一瞬)問題が多かった。7月に借りたFitのナビはナビそのものより操作性が最悪だったので苛立ったが、今回のは操作性は良かったのに賢くないのが難点だった。

駅最寄りの高速出口から駅までの間は近いが、ガソリンスタンドがない。急いでたし、ガソリンは入れられず帰り着いた。

距離精算でもいいと言ったが、「8000円超えるよ」と言われ、まだ時間もあるのでガソリンスタンド教えてもらって最寄りのGSに行くことにした。入れたら3700円ほど。ガソリンは入れて帰るべし。
これでIC、GS、駅の位置関係はわかったので今後はそれで。

今回の車はVitsだったか。足回りは悪く無い。踏めばエンジンは回る。高速安定性も良い。しかし力はない。390キロ走って30リットルなのでリッター10キロ強。山道が多かったのと高速道路でぶん回したことを思えば燃費は悪くないのかも。最後メーターがEmptyに近かったので、「帰りつけるやろか?」と思ったけど。

入れ終わって帰ってきたらこの時間。
ガソリン代考えたら、ハイブリッド車にした方が安くなるのかなぁ。

駅前の上杉謙信公像。

駅のホール。

駅周辺図、と書いてあるけど、ほとんど駅だけの図。
レンタカーは、この新幹線と書いてある場所の下にある。

周辺の観光地。いずれ行ってみたい。

ホールのど真ん中に荷物を置いておく。
いや、放置していたわけじゃなくて写真撮ってた。端っこに置くよりど真ん中の方が目立ってかえって安全。

なんか祭りもあるみたい。
毎回違うのれん(?)が掛けられているような。結構いろいろある様子。

駅のコンコースもガラガラ。

新幹線改札前にある土産物屋。
ここにはおみやげもあるけどお弁当もある。日本酒も数は多くないが売ってる。今回はもう夕食も買ってあるので何も買わず。
18:20くらいか。列車は18:35だからちょっとあるなぁ。これなら新潟の土産物屋くらい寄れただろうか。などと考えられるのはこの時だからこそ。走っている間は本当に焦っていたので。

ということで、長く続いたこのシリーズもようやく次回最終回。思い出したら過去のネタにも追記するかも知れないけど。

白馬2016(121)2017年02月07日 08時36分40秒

ロープウエイからゴンドラの間の道脇にはこういうのがある。
ここは今の時期人はほとんど入らない。でも以前水芭蕉の実を食べるネズミにあったのはここ。行ってみたいんだけど、今日は時間がない。

あちこちにサンタのひげがある。1mは優に超えていると思う。

ゴンドラまでの道。

ゴンドラの駅。このあたりはまだ雲が多い。
ここが1582m。最高地点から4百数十メートル下がったことになる。


中間駅、白樺駅。952m。



下の駅;栂池高原駅到着。839m。

14:16。

と言うところで、今回のGPSログ。

GoogleMapでは自然園内の状況ははっきりしないので、名称を入れた場所はパンフレットなどから見ての推測位置。
でも、GoogleMapで目一杯アップにしてみるとなかなかに面白い。木道とか尾根道とか見えるからね。

さて問題はここから。実はこの後新潟は椎谷まで行かなければならない。7月の新潟行で忘れてきた物があるからだ。時間があればお寺さんにも寄りたいし、おみやげも買いたい。
しかして上越妙高駅からの電車は18:35だから、レンタカーを返す時間も考えれば、ここから椎谷経由で上越妙高までを実に4時間足らずで走行しなければならない。その中で、ここから糸魚川だけで1時間は掛かる。果たして、それは可能なのか!?


白馬2016(83)2016年12月11日 06時55分45秒

サラダは、あれっ、今日はそばじゃなかったかな。

メインは鴨肉だっただろうか。美味しいものを食べているときにいちいち覚えてられない。というか物覚えが非常に悪いのであしからず。

最後はデザート。チョコレートケーキと紅茶。
ワインはまだ1/3くらい残っているか。持って帰る。ちゃんとそれを見越して簡易クーラーボックスは持ってきてる。毎回のことだからね。
大変美味しゅうございました。合掌。

ということで、今日後半のルート。
岩岳はホテルからそう遠くはない。むしろゴンドラのほうが長いような感じ。
倉下の湯はちょうど中間くらいか。
話からは省いたんだけど、今日も岩岳周りや志鷹周りで迷ってる。下か周りは近道があったはずだと思って。自分の勘で走ると間違える。旅行は好きだけど極度の方向音痴(^_^;)。迷っていい場所を発見することもあるけど、大概は時間の無駄遣い。なんとか迷わなくなる方法はないものか。

白馬2016(68)2016年11月25日 05時42分32秒

このあとエスカルプラザで土産物を買う。トマトとかトマトとかトマトとか。なんかいろいろな色のトマトがあったので思わず買ってしまった。でも写真に残してたのはこれだけだった。

橙色。
この他に赤はもちろん、黄色、紫に近いものなど、まさに「色々」あった。ミニトマトは痛みが早いのであまりたくさん買っても独り身では食べきれない。この半分で100円のがあればいいのに。それか、違う種類の詰め合わせとか。

もう1つ買ったのがこの桃。「おどろき」という種類らしいけど、むしろ驚くのはこの価格かもしれない。
日頃桃は食べてないから相場は知らないけど、安いんじゃなかろうか。しかも安かろうまずかろうじゃなくて、大変美味しかった。これは大当たり。

アップ。あぁ「桃尻」というのはこういうことなのね、と妙に納得してしまった1枚。(*^_^*)

あともう1つ。この本も買った。本というか厚めの冊子というべきか。
基本的には植物園内の本なのでそこにある花しか書いてない。また、植物園にある花もすべてを網羅してない。500円ではしかたないのか。そうそう、写真は例の石原さんのじゃないのでアップでとてもわかりやすい(^_^;)ぜひとも増補改訂版を作って欲しい。

ということで、ここまでの経路。ゴンドラが約2キロなので、全行程の距離はそこから推して知るべし。
ゴンドラ上駅から小遠見までが片道2キロちょっとというところか。
標高は小遠見山が2007m、ゴンドラ上駅が1515m、エスカルプラザが820m。2キロで500m登るから250‰。普通鉄道では絶対不可能な勾配。標高自体は八方や栂池のほうが高いけど、高低差はここが一番なのかな?栂池のほうが上かもしれないけど、その計算は後で。
(C)おたくら編集局