超特急;天橋立&伊根旅行(2)2017年12月12日 07時33分53秒

次は伊根に向かう。
この日は前日から朝早くまで雨だったが、なんとか上がり、バスに乗っている間とか途中何度か雨に降られながらであった。この伊根への移動途中も少し雨が降った。でも日も射してきて、虹が見えた。

この虹、よく見ると2重に掛かってる。
左手の濃いのと、右手の薄いの。この写真ではよく見えないかもしれないけど、現地ではもっとはっきり見えていた。私の他にも気がついている人がいたので、気のせいではない。

虹の袂がはっきり見える。そこに船で行ってみたい。
虹の袂には宝が埋まっているんだっけ?この場合海中になっちゃうけど。

伊根ではまずこの遊覧船に乗り、海側からその集落を見るらしい。

が、集落よりこちらの方が目に付いた、と言うかすごかった。
トンビの大群が船を取り囲んでいるのだ。
どうも船から投げられる餌を狙っているらしい。かっぱえびせんみたいなのを投げてた(売られている)。

これが伊根の集落。元々ここは陸地が非常に少なくてかつては道路が通ってなかったらしく、船が唯一の交通手段だった。そのため、家の1階部分が船の格納場所になっており、2階に人が住んでいるという構造になっている。
この距離だとよく見えないけどね。

写真にはうまく写せなかったけど、顔をかすめて飛ぶこともあるので、あまり顔を出していると危ない。
指を噛まれた人もいたそうで、餌は持ったらすぐに海に投げた方が良い。
とにかく動きが早いので写真はかなり取ったのだけど、ドアップでピントも合って撮影できているものはなかった。これが一番くらい。動画撮影するべきだったか。

少し近づいたか。

1階に船が入っているのが見える。
でもねぇ、はっきり書いてしまうと、この遊覧船に、家の集落を見るために乗るのはあまり意味が無いように思う。これ以上は近づかないのでよく見えないからだ。これはトンビ遊覧船である。今回は町内旅行で行ったから、ここだけでいくらするのかわからない。

とにかくすごいトンビの数。
これは見る価値ある。

船着き場近くの山はまだらだが色づいてた。
多分人口植樹じゃないね。自然は豊かそう。

超特急;天橋立&伊根旅行(1)2017年12月11日 06時46分40秒

11月末に天橋立と伊根というところに日帰り旅行に行ってきた。その時の様子を駆け足で紹介する。

で、いきなり天橋立は傘松公園というところに行く。麓の駐車場で車を止めてこのケーブルカーで山上へ。

4分ほどだったか。

下側と上側では色合いが違うのね。

紅葉もきれいだった。いや、この紅葉を出したいがために、京都市内の紅葉の話を終えた今、わざと出したという話でもある。

ケーブルカー降りてすぐのところに展望所がある。
そしてこれが天橋立。
実は人生初。来る機会がなくて。

そしてこれが股のぞきというやつ。股の下から除くと天空に橋がかかっているようにみえる、からその名がある。
こういうとき、ロングスカートはだめなので、女性の方はパンツかかなりのミニスカートでどうぞ(^_^;)

そこにある土産物屋の2階から見るとこんな感じ。
右手の出っ張ったところが展望所、ではなくて、左手にある。

さっきのバスが停まっている場所の前にあったこれ。
最初落ち葉がなんかまとめられているなあと思ったら、上から見るとこんな感じにしてあった。この手前に脚立が置いてあってその上から撮影したのだけど、結構不安定で怖かった。

実は、さっきの展望所は新しく作られたもので、旧来の展望所は脇にある階段を180段ほど登った先にあるらしい。
せっかくなので行ってみることにした。雨上がりな上に落ち葉があるので滑らないよう気をつけながら登る。

おぉ、こっちのほうが視野が開けるではないか。

パノラマにするとこう。右手の紅葉も見えてなお美しい。

股のぞきはこう。
この後ろに土産物屋があるのだけど、閑散としてた。昔はここしかなかったので儲かっていただろうに、下のが出来てからは来る人はぐっと減っただろう。しかし、眺望はこっちの方が圧倒的に良いので、来ることを強くお勧めする。

行きはケーブルカーを使ったが、帰りはリフトを使うことにした。
ケーブルカーは15分間隔だけど、こちらは随時だ。こういう両方がある場所って時々ある。高尾山もそうだった。ここにはこの景色があるので行きはケーブル、下りはリフトがお勧め。


2017京都の紅葉(最終回)2017年12月10日 09時35分35秒

昨日12/9に、京都家庭裁判所の庭の見学会があった。年に一度、しかもたった2時間だけの公開である。毎年いつになるか直前までわからないので、11月末頃からこまめにチェックして見逃さないようにしてた。

ここでは裁判所内も許可された場所、さらに方向で撮影できる。
庭に面した部屋。

敷地内には川があって、その両岸に楓が植えられている。
もともとは三井家の別邸か、それに隣接する施設だったはず。普通の裁判所にこんなものは作らない。

もう1階上から。

これが法廷。
ここはこの向きしか撮影したらいけない。でも、椅子のところに行って、法服を着ることもできた。自分1人では着た姿を写せないのが残念。

その後庭に出てみる。

紅葉はきれいなんだけど、まだ青い葉も見られる。
一方で枯れている葉、散ってしまった葉も多くて、ここもばらつきが多い。

川沿い。
なんか黒いものが写ってるけど、これはカラス。移している瞬間に降りてきた。水浴びをしてたみたい。今気がついて、また残念ながらこの角度で撮影したのが1枚だけだったので仕方ない。

ここは背の高い木も多いので、上一面紅葉という場所もある。日差しを受けると美しい。

こちらが隣接する旧三井家別邸。
入ることはできるけど有料。別邸側からは裁判所の紅葉はあまり見えないそうな。

今年の京都市内の紅葉は、全体的には予想よりいい色づきで嬉しかったが、例年遅めに紅葉する場所はあまり良くなかったのは残念。来年こそはみんなきれいになってほしいなぁ。

おまけ。五山は右大文字の紅葉。

ということで、今年の京都の紅葉めぐりはこれでおしまい。

続2017京都府立植物園の紅葉状況2017年12月05日 07時45分04秒

12/3の府立植物園の様子。
正門横にあるドウダンツツジが綺麗に紅葉して出迎えてくれる。
ここから温室に向かって右手の銀杏が前回は綺麗だったが、この日はもう散っていた。

これが前回まだ紅葉してなかった楓(ふう)の木。見事に色づいてる。バラ園~噴水から北へ行ったところにある。

とても大きな木なので、普通のレンズじゃ離れないと全景は写らない。
気候が良いともっと真っ赤になるのだけど、今年はこんな感じ。あと1週間は保たないかな。

池を挟んで手前にある楓(かえで)もまだ色がある。

所変わって中央の広場の横にあった黄色になった木。

その横にある大きな木は茶色く紅葉する。枯れているわけではない。

(園内にある)半木神社近くの池の畔の楓はもうほとんど終わり。ごく一部残っているだけ。

ということで、植物園の紅葉は大方終わり。楓の木は見ておく価値はあるけどね。

おまけ。正門前のクリスマスツリー。
生花で作られているのがさすが植物園。

紅葉話はあと1回はあるよ。

2017下鴨神社の紅葉2017年12月04日 06時13分37秒

12/2の下鴨神社の紅葉の様子。
下鴨神社は京都市内では一番紅葉が遅い。例年12月に入ってからが見頃になる。その理由は境内を流れる御手洗川の水温が高いからではないか(湯気立ってるし、触るとわかる)と思っているのだが、果たしてどうか。

ということで、今年の紅葉状態はどうか見に行った。
まずは写真数枚。

真っ赤じゃなくて黄色っぽい。

毎年境内で一番きれいな鳥居横の木は今年も赤いが、ちょっとくすんでいる。もうちょっと盛りは過ぎている感じ。

御手洗川沿い。


参道。
このように、今年の葉は赤くない。黄色かオレンジが大半。これから赤くなるのか、このままで終わるのかはわからないけど、少なくとも、私はこのような色合いは見たことがない。早く行き過ぎた時は青い葉っぱだったから、ここから赤くなる可能性は低いと見ている。

今年の京都は、ここ数年いい色合いではなかった所は良くなり、比較的良くなかったところは良くなったという感じ。それでもここ数年では一番良かったとは思うけど。

おまけ。
下鴨神社はアニメ「有頂天家族2」の舞台、というか主人公家族が住んでいるという設定だったのだが、舞台にはこの子がいた。

主人公下鴨弥三郎はたぬき。
でも神社の境内の舞台の上に人形がおいてあるのにはちょっと驚いたかな。有名神社もこういうことしてくれるんだ。

更におまけ。
同志社大学今出川キャンパス内、大もみの木のイルミネーションも始まった。
平安女学院と違って、こちらは1本だけだけど、大きい。ちょっと広角目のレンズでないと入り切らないかな。

ということで、今年の京都の紅葉情報は終わり・・・ではないぞ。あと最低2回書く、と予告しておこう(^_^)。

2017京都御苑の紅葉状況(9)2017年12月03日 09時31分16秒

昨日12/2の京都御苑周辺の紅葉の様子。

これは烏丸今出川近くの銀杏と楓。
日当たりの影響か、御苑内でもここはかなり遅く紅葉する。胃腸真岡の場所ではもうちっているのがここ周辺は残っているし。
そうそう、御苑は烏丸今出川近くには入り口はない。少し下って一条まで行く必要がある。

これは近衛邸跡池にある楓。色づきが一層良くなってきた。
この池の周辺には楓が何本かあるが、だいたいいい感じ。
でも池自体はそれほどでもない。手前の木が赤ければ良かったんだけど。
御苑はまだ赤い木もあるけど、全体的には終わりかけか。行くなら西北=烏丸今出川近くが良いかと。

こちらは御苑から今出川通挟んで北側の相国寺。
鐘楼前の楓が赤くなっている。ただ、ちょっとくすんでいるかな。相国寺も全体的にはここ数年で一番良かった感じ。

東山の彩りが素晴らしかった。この角度からではよく見えないけど。
多分間近に行くとだめなんだろうけどね。美人に見えるに「夜目遠目笠の内」とは言うけど、紅葉も「遠目」の方がいいことがよくある。近くても美しいこともあるのは美人と同じだけど。

一方北山は色づいてない。北山は「北山杉」っていうくらいだから針葉樹が多いからか。
明日は下鴨神社さん紹介。

2017京都上賀茂神社の紅葉状況2017年11月27日 21時24分11秒

11/25の上賀茂神社の紅葉の様子。
これは二の鳥居(?)左手の木。ここはいつも綺麗になる。
ここは赤だけでなくオレンジや黄色も混じり、その色の混ざり方が素晴らしい。

これは鳥居左手の1本。真っ赤。

川沿いの木。
ここから下流にも楓はあるのだけど、今年はもう終わりというか色づきが良くない。なので、見るべきはここまで。

上流側はそこそこ綺麗。

これはなんとかの庭。名前は失念。
公開は16時までなので、見たい人は遅い時間にならないように。

ところで、上賀茂神社にも先日の台風の影響があった。
木が根っこから倒れている。

先の方はこんな感じ。
こんな所に木をくぐるようなとこあったかなと思ったら、こうなってた。やっぱり先の台風は、少なくともここ十数年では京都で一番強かったんだ。

ここの紅葉も今週中が見頃か。

2017京都御苑の紅葉状況(8)2017年11月26日 09時18分47秒

御苑内各所の機能25日の紅葉状況。
本当はもっと小出しにしたいんだけど、こればっかりは時期が命な気もするから、速攻で。

これは小川の近くのツツジ。
ここが紅葉するなんて知らなかった。

閑院宮邸のけやきの床。
日が入る時間でも写り込まないか。いつがいいんだろう?

宗方神社境内。
ここは紅葉は多くないけど。今年はちょっと色づきが良くないかな。そういえば、今日26日は秋祭りがある。あとで見に行くか。

九条邸跡池から拾翠亭を望む。
反対側は昨日出したとおり。

迎賓館北側。色が出てきた。

裏側から見るとこう。

どこでもそうなんだけど、同じ場所にずっと立って陣取る輩がいてはなはだ迷惑。特にスマホで撮影している奴ら。普通に撮影した上に自撮りを何枚もして、さらにその場でどっかに送信までしやがるから占拠時間が長い。せめて送信は場所を変えてやりやがれ。赤の国の連中かと思ったら日本人だった。日本の恥。

御所は建春門。その前にある楓の木の間からの撮影は毎年恒例のこと。
今年は赤じゃなくてオレンジに紅葉してる。「紅葉」って「紅」って書くけど、別に赤くなるだけじゃないからね。科学的現象で言えば、葉っぱの中の葉緑素の色が抜けて地の色が出てくることだから、赤も、黄色もオレンジも茶色も「紅葉」。

2017京都;真如堂の紅葉(後編)2017年11月26日 09時09分34秒

本堂横手にはたくさんの楓がある。ここもきれい。


これは三重塔前。
真っ赤もいいけど、黄色や茜色も加わると色に広がりが出る。

一方こちらは山門入ってすぐ、駐車場脇の1本。
この木は毎年真っ赤になる。
そうそう、真如堂には一般客が使える駐車場はない。近くにもない。なので、バス停から歩いてくる、タクシーで来る、もしくはちょっと離れるけど金戒光明寺の駐車場に止めて歩くのいずれかしかない。もちろん私のように自転車で来るという手もあるけど、峠越えになるの変速機のない自転車ではまず無理なので注意。レンタサイクル使うなら、そのあたり考慮しましょう。

これは池の畔の1本。これは茜色に染まって美しい。
というような感じで、多分今週中までが見頃ではないかと。

2017京都;真如堂の紅葉(前編)2017年11月25日 07時33分03秒

真如堂に行った。知人に教えてもらって以来毎年来ている。でも御苑と同じでここ数年の紅葉はあまりよろしくなかった。それでも御苑よりかはマシだったんだけど、今年は御苑がいいのでここも期待してきた。果たしてどうか。

ここに来る時はいつも道に迷うんだけど、今年も迷った。うちからすると山を超えて行くことになるので、その峠道を忘れるのだ。というかそもそもわかりにくい。

それはともかく、到着。
門前の楓からしてこの色づき。これは期待できそう。

門に入ったらこの様子。
色づきにはちょっとばらつきはあるものの、全体的にはとても良い。

あとは色々な角度から。三重塔。

本堂。


もう一度三重塔。

これは窓に映る紅葉。どこにあるかは・・・自分で探してね。

ここもここ数年で一番良い様子。それなりに人も多いけど超有名所に比べれば少ないだろうからおすすめ。
(C)おたくら編集局