2019京都紅葉(番外編);12/212019年12月21日 13時31分24秒

長く楽しませてくれた京都市内の紅葉ももう終わり。
でも、今日でもほんの少し残っていたりする。
これは東北端近くにあった1本。

これは西北のところ。御苑内で一番遅いここももう銀杏は完全に散り、楓もわずかに残っている程度。
でも地面は黄色の絨毯できれい。

そんな感じで、探さないときれいな赤はないくらいになってしまった。まあもう年末だから、仕方ない。

おまけ。大銀杏の枝先に何か居る・・・

どアップにするとそれはトンビだった。
数日前からここに陣取っている子を見かけるんだけど、同じ子かな。
トンビは気をつけないと食べ物捕られるから要注意ね。

と言うことで番外編も終わり。

2019京都紅葉(23);12/142019年12月16日 06時13分21秒

下鴨神社。その手前にあるマンション内を通る道?の両側にも楓は植えられている。
まだ若い木だけど、小川を通し品良く植えられているのでとてもきれい。

河合神社前。今年はやっぱり真っ赤にならずに黄色が強い。

その南側の川沿い。
見た目はこんなに紅くない。

参道。紅くないなぁ。

川沿いももう終わりかけ。

西参道の鳥居前の楓はまだ残っている。
外側は大分減ってる。でもまだきれい。

ここは何処だっけ。ちょうど良い日差しできれいだった。

これはあまり知られてないかもしれないけど、参道に東側にある駐輪場に向かう道沿いにも楓などが有り、今色付いている。
今年の下鴨神社は真っ赤にならずに終わりそう。これはそこれできれいな色合いだったけど、真っ赤も見たかったかな。

今年の紅葉報告はこれで最終回・・・だと思う。
総括としては、今年の紅葉は始まりが少し遅かったけど長く楽しませてくれた。木は、サクラが多く残っていたのが特徴的でその色合いが美しかった、銀杏も遅かった。色付きは、御苑内のようにここ数年で一番良かったところもあれば、植物園のフウや下鴨神社のように今1つのまま終わりそうなところもあった。色は、黄色が多かったと思う。楓も赤より黄色が多かったし、そもそも黄色になる葉が長く残っていたというのもある。そんな感じだった。来年はどうなるかな。

2019京都紅葉(22);12/142019年12月15日 10時04分37秒

12/14の京都御苑の紅葉。
全体的には終わりかけだけど、まだ一部に色付いた木が残っている。
これは中立休憩所前の1本。
この辺りは今年の御苑内では一番素晴らしい空間だった。

西北のあの場所。楓の色づきが良くなって赤と黄のコントラストが良くなった。
外人さんが遊んでた。まあ、絵になるからそのまま撮影。

近衛邸跡池のほとりの1本。黄色から赤へのグラデーションが美しい。
ちょっと遠いのでもう少し望遠が欲しいと思った。

その横の1本。
色は盛られすぎ。α嘘色。

夜の1枚。京都御苑一番西北の大銀杏。
去年の台風21号のためにこの足下辺りは侵入禁止になっているので今は外からしか見られない。まだこんなに葉が残っているとは。この一角はいつも遅いけど、今年は特に遅いような。

2019京都紅葉(21);12/82019年12月12日 06時26分12秒

川沿いはまだきれい。
何度も書くけど、色合いはαの盛りすぎなのでここまで赤くない。

セコイア系の木。茶色く紅葉している。
「紅葉」とは葉緑素の色が抜ける現象であって、読んで字のごとく紅くなるとは限らない。これがこの木の葉の地の色。

池の畔は台淵ってすっきりしてしまったが、光が入り落ち葉からの反射もあって、以前より明るい赤に見える。

隣の池も葉は大分減って、水面一面に歯が浮いている。

場所を探せば美しい紅葉がまだある。
植物園はそんな感じだった。
でも次の週末には大分寂しくなるんじゃないかな。

2019京都紅葉(20);12/82019年12月11日 05時53分48秒

12/8の府立植物園。
正門入ってすぐ横にあるドウダンツツジがものすごくきれいな赤色に染まっていた。

本当に真っ赤。α6000は記憶色バリバリで色を盛りすぎるけど、これはやや誇張されているとはいえ、本当にこんな感じ。

ところが、その中にやや暗い赤があると途端に色が青に転んでしまう。
手前の葉っぱが赤に青が混じっているような色になっているが、実際にはちょっと暗い赤なだけ。AutoでもPでも同じなので、αの色補正の基本なんだろうけど、あまりにもおかしい。色補正をさせないモードを探したが見つからなかった。RAWで撮影すれば良かったのかなぁ(あればだけど)。α6000の新しい欠点発見。

コスモスはもう終わりかけ。

噴水横の大銀杏は大分葉を散らせたが、まだこんな感じ。

その奥にあるフウの機は先週よりずいぶんと色付いた。
しかし、真っ赤にはなってない。この写真ではそこそこ赤っぽいけどそれはαの色盛り過ぎためで、実際にもこんなに赤く見えない。

青と赤が混じったような感じ。
今年はこのまま終わるかもしれない。楓もこのような色合いになっている木が多いから、全体的な傾向か。

大芝生地の近くにあるこの木。これも真っ赤だった。
何の木だろう?茎に平べったい端切れ?が出来る木。アップ撮影の写真がピンボケなのでこれだけ。

2019京都紅葉(19);12/72019年12月10日 06時03分10秒

下鴨神社境内。

境内の紅葉は、全体的には先週より進んでいる。

ここは銀杏は少ないけど、かなり高いところに葉が残っている。

でもまだ青い場所も多い。

御手洗川沿いも色づきが進んでいる。

でもまだまだな部分もあってばらつきが大きい。

河合神社前。7~8日は手作り市をやっていた。やたら人が多いと思ったらそうだった。
この辺りの紅葉は例年きれいなんだけど、今年はどうも真っ赤にはならず黄色で、そのまま枯れてしまうような感じ。
他の場所でもそういう木が多いように思える。

来週はどうなっているかな。

2019京都紅葉(18);12/72019年12月09日 05時59分56秒

下鴨神社、に行く前に手前にある旧三井家下鴨別邸へ。
塀外から見える楓は真っ赤。奥に見えているのは下鴨神社の鳥居。

下鴨別邸の庭は京都家庭裁判所の庭と土地的にはつながっている。と言うか、元々は同じ敷地だったのが、今は分かれている。金網で仕切られているけど中は見える。
そこから見ると、裁判所敷地内の楓は大分色付いている。

ただ、下の方はまだ青く上の方が赤い感じ。

場所によってはまだ青いところも多い、
来週ぐらいが見頃かなぁ・・・と思うのだけど、どうも今年も一般公開はないみたい。未だ告知が出ていない。去年は台風の影響で中止されたけど、そのまま永久公開なしというのは嫌だなぁ。

別邸そのものの内庭にも楓があるみたい。外から少し見えた。
でもここは有料なので入ってない。人も多そうなので。いつかは行ってみたいかな。

2019京都紅葉(17);12/72019年12月08日 07時55分23秒

12/7の京都の紅葉の様子。
京都御苑内で葉、もうピークは過ぎたとはいえまだ紅葉が見られる。
これは御苑西北、児童公園横の大銀杏。
先週はまだ青かった楓が大分色付いてきた。あと少しで見頃か。

近衛邸跡池の紅葉。

御苑来た、同志社大学今出川校舎から相国寺に向かう道の手前にある今出川御門横の大銀杏。
御苑内には大銀杏が何本もあるけど、ここはまだ葉が散ってない。御苑西北は全体的に遅いみたい。

相国寺の鐘楼前の紅葉は、一番手前のがもう散ってしまい置くのが残っている状態。色合いが全然違って見える。
相国寺の紅葉は来週末までは保たないかな。

2019京都紅葉(16);12/12019年12月04日 06時14分38秒

相国寺境内の紅葉。
ここの境内の楓はまばらで、もう終わっている木もあるのだけど、この鐘楼横の楓は今が盛り。非常に美しい。ここ数年で一番かも。

御苑内に戻ってここは蛤御門内。
色が黒くなってきているが、まだもう少し見られるかも。でも月曜日雨だったから葉が落ちたかも。

こちらは御苑北西端の児童公園の横手にある銀杏と楓。
ここは例年御苑内でも一際遅く色付くのだけど、今年は特に楓の色づきが遅くまだ青い。

その手前の門の前の銀杏。
まだこんなに残っている。例年なら12月まであってももっと散っていると思う。

京都御所北にある門の外側。相国寺前からまっすぐ入ってきたところ。
ここの門には名前がない。

その横には黄色に色づいた木が。
去年は台風21号のせいで紅葉が物足りなかったのだけど、それを埋め合わせるように今年の紅葉は楓だけではなく桜や他の木もきれいに色付いている。特に桜と黄色になる各種葉の色づきの良さが今年の特長。桜は今回の写真にはないけど。

その横にあった漆。
この写真ではわかりにくいけど、2又に分かれた松の股の部分から生えていた。だから、大分高い場所。気づく人はどれだけ居るやら。

最後に、こいつを晒しておかなければならない。
さっきの御所の門の前なんだけど、このじじいが「どけ!」とか言ってきやがった。自分の撮影のことしかなくて実は己が一番はた迷惑な奴がいる。そもそもこいつはここで長く陣取っていたし、そもそもどいて欲しいなら「ちょっとどいてくれません」とか言うべきで、「どけ!」というのはあまりに不躾で傲慢。実は先週も御所内で中国人が文句言ってきて甚だ不快だった。写真を撮るのには忍耐が必要。それが出来ないような奴は写真撮るな。本当に長い間陣取っているならまだしも、わずか数十秒で文句を言うのは全くの筋違い。はっきり言うが、こういう連中は来ないで欲しい。

2019京都紅葉(15);12/12019年12月03日 05時31分10秒

下鴨神社。
西参道の鳥居の前の楓はほぼ真っ赤。境内側から。

外側から。ここは両側に楓がある。

横にある建家の窓に映る紅葉もきれい。

一方、糺の森の紅葉は、全体的にはまだな感じ。

ここしばらく京都市内は朝の冷え込みがきついので一気に進むかもしれないけど、今は例年より1週間以上遅れている感じ。糺の森は京都市内で一番遅いのだけど、今年は一層遅い。

それでも中には紅葉が進んでいる木もちらほらある。

河合神社の横手は例年きれいな紅葉を見せてくるが、ここもまだ。上の方だけ色付いている。
今、糺の森で紅葉が見たければ上を見て歩こう。
(C)おたくら編集局