夏のとんぼ池公開(2)2017年08月08日 07時26分40秒

今年、今回の真夏の公開で印象的だったのが「とにかくモリアオガエルが多かった」ということ。少なくとも15匹は居た。
そのほとんどは池の畔ではなく、少し内地に入った草の上だった。



これを見るとわかるとおり、その多くがカエルに成り立てな感じで、尻尾が残っていた。

あっ、あんな所には2匹居る。

これは珍しく池の畔にいた。

これもそう。



これは後ろ向いてたから尻尾がよくわかる。
モリアオガエルの尻尾って焦げ茶で、なんとなく「うんこ」つけてるよう見える(^_^;)

この子はもう尻尾がない。

この子はあとちょっと。




この子たち、半分くらいは非常に良く動いた。それだけ撮影は難しかったけど、逆に言うと動くと居場所がわかるので見つけやすかった。

モリアオガエルはカエルになると池の畔から離れて森の中に行くと聞いてたが、まさにそのところを見た感じ。もう数年とんぼ池の一般公開を見ているけど、これは本当に初めてのことだった。

そうそう、こういう小さな子はたくさん居たけど、親世代は全く見られなかった。モリアオガエルは1年で一生を終える動物じゃ無いと思うからどこかにいるのだろうけど、それこそ今の季節は水辺には居ないのかな。子供よりもっと森の中にいると。

初夏のとんぼ池2017(3)2017年05月27日 13時03分36秒

ヘビイチゴ。そういえばそういう季節だった。
今年は御苑の散歩をしてないから気がつかなかった。

ウンカ。気がついた人はほとんど居ないじゃないかな。

ちっさなでんでん。

こっちはコメツキムシ。

蝉の抜け殻があった。まだ今年のじゃないと思うので去年のが残って高。雨露がしのげる場所にあるものは少なくとも1年は残っているからね。実家にも1個ある。

この子は私が発見した。他の子が余り動かなかったのに対し、この子はよく動いていた。
こう見るとアマガエルに似てるなぁ。こちらの方が色が濃いけど。

横から見るとちっさなカミキリムシにも思えたけど、蛾みたい。
触覚が特徴的。

糸トンボ。節が特徴的だからモノサシとんぼか。



2016京都紅葉(21;最終回?)2016年12月18日 07時01分36秒

今年紅葉状況、最後は、下鴨神社さんの17日の状況。

効用はしているし、葉も残っているけど、やはり今年の色づきは良くなかった。ここ数日の冷え込みもここはあまり効かなかったようだ。

落ち葉に情緒を感じつつ。

川沿い。

例の鳥居は、内側は少し残っている。外側はもう葉がない。

ということで、神社では来年の干支「酉」の大絵馬が掲げられ、新年を迎える準備は進んでいる。

今年の紅葉の総括としては、やはり「色づきが良くなかった」に尽きるだろう。ここ数年で一番良くなかった去年と比べて、真如堂のようにまだましだったところもあれば、御苑のように去年よりひどいかもしれないと思ったところもある。葉が残っているうちに冷え込まないと紅葉は進まない。温暖化が一因であることは間違いない。温かいのは体としては助かるけど、はやり季節は季節でちゃんと推移しないとあちこちがおかしくなる。来年は良い紅葉が見られることを切に願う。

2016京都紅葉(20)2016年12月17日 21時19分08秒

今日17日の京都の紅葉。

京都は今週に入ってから急に冷え込んで、今朝は2.3度まで下がった。そういうこともあって、ほとんど終わりかけていた紅葉も、残っていた葉っぱの色づきが良くなって気がする。

残り紅葉を楽しみたいなら、来週は多分もう無理なので、土日なら明日が最後のチャンスかと。
・・・というところで・・・

これは御苑西北の児童公園横の紅葉。

ちょうどいい日差しだったのきれいに写せた。

これは近衛邸跡池横の木。

さて、所変わってこちらは旧三ツ池鴨川別邸。そこの外庭と例の京都家庭裁判所の庭はつながっている。で、ここの紅葉がきれいになっている。
紅葉の間から別邸を見る。

一方こちらは裁判所内の木。
一般公開時よりずっときれいになっている。でもまだ青いままの木もあったりして、やはり今年の色づきはよろしくなかった。これから先、きれいな紅葉は見られるのかねぇ。地球温暖化反対。

枚数が多いので、明日に続く。多分最終回。

2016京都紅葉(19)2016年12月11日 06時33分50秒

12/10の下鴨神社さんの紅葉の様子。

糺の森は、やはりここ数日の冷え込みのおかげか色づきが一気に進んだ。

先週はまだ上の方だけだったが、今は下の方まで色づいている。

昨日は日差しが良い時間に来たのかとてもきれいに見えたが、それでもやはり、全般に色そのものはよろしくない。
赤じゃなくて黄色、褐色、そんな感じ。


例の鳥居のところの楓はまだ葉を残していた。
こちら、境内側から見ると葉は多いが、逆、外から見るともう葉は殆どなかった。

御手洗川。本当はもっときれいに見える場所があったのだけど、三脚立てて陣取っている連中がいて撮影できなかった。
こういう混む場所で三脚立てて陣取るのはマナー違反。最近の年寄りはマナーを知らない「年甲斐もない」連中が多いので困る。そんな姿を若者に見せて恥ずかしくないのか?

糺の森入口付近。ここも真っ赤になるときれいなんだけどなぁ。

糺の森の中ではこの時期、馬車の運行がある。500円と安いので乗ってみるのも風情があっていいかも。
とは言いつつ乗ったことはないんよね。1人で乗るのはちょっと勇気がいる。そういえば、かつて箕面の滝道にも馬車が走っていたが乗りそびれた。まあ、小さい頃の話なので覚えてないだけかもしれないが、なくなってからでは遅い。今日行ってみるかなぁ。

色合いがきれいなところにいい日差しがあるとこれくらいには写せる。
今年の紅葉もそろそろ見納めか。

2016京都紅葉(18)2016年12月10日 20時16分17秒

12/10の京都の紅葉の様子。

今週は紅葉が進むと言われる8度を切る日も多くて、残っていた葉の色づきは良くなったような気もする。

これは御苑西北のトイレ裏の紅葉。真ん中のイチョウの木はもう葉がないけど、その落ち葉の黄色と楓も赤が良いコントラストである。

近衛邸跡池南付近。ここも色が良くなった。

近衛邸跡池。

加茂川べりはもう紅葉は終わっているけど、奥の山並みは色づいてる。

こちら先週行った地方裁判所の庭。ここも今週のほうがずっときれい。入れないけどね。

下鴨神社さんの様子はどうか。それは明日の朝にでも。

2016京都紅葉(17)2016年12月06日 06時47分12秒

3日の京都御苑の紅葉の写真いくつか。




こちらは御苑に隣接する菅原天満宮。
境内にこんな大きな銀杏があったとは、知らなかった。
狭い(失礼)境内なので近寄りすぎて気が付かなかったか。

・・・これから当面・・・
ちょっと大変なことになりまして、更新が滞るかもしれません。今書き上がっているネタが有るうちは大丈夫ですが。
紅葉を見に行く余裕もあまりないような気がします。あしからずご了承を。

2016京都紅葉(16)2016年12月04日 17時05分30秒

これも昨日(3日)の京都の紅葉。
今日4日は午前中こそ晴れていたものの、午後から曇り、遅くても16時には雨が降っていた。午前中いっぱい防災訓練で出かけていたということもあり、今日は紅葉狩りは無し。

こちらは家庭裁判所西隣の旧三井家下鴨別邸を外から眺めたところ。
ここの中にも楓があるようで、紅葉している。そもそも家庭裁判所は三井家の先祖代々を祀る顕名霊社(あきなれいしゃ)の敷地跡で、この三井家別邸はそこに詣るのための休憩所として建てられた。裁判所なのに美しい庭があるのはそのため。
残念ながら、どえらい人で入ることはできなかった。逆光で暗いが、裁判所よりきれいに色づいているようにみえる。

こちらは下鴨神社境内にある河合神社。そこのイチョウがきれいだった。

下鴨神社の中では、例の鳥居横の楓がまだきれいだった。
それでも先週に比べて葉は落ちているので、次の週末まで保つかどうか。

糺の森は手作り市で人が多かった。でも紅葉は相変わらずで、赤くと言うより黄色になってきている。

川沿いの一部が赤くなっているが、まだまだ。
去年を調べると、12日頃が見頃だったので次の土日が見頃かも。それでも今年の色づきは期待薄なんだけど。

2016京都紅葉(15)2016年12月03日 20時45分42秒

今日(12/3)の京都の紅葉。
まず全般的な状況を言うと、やはり全体的に色づきは良くないが、先週から大きな違いはないという感じ。今朝はぐっと冷え込んだが全体的は気温は高めだったからか。そのためか、色づきの進みも遅いので青かった気はまだ青いまま。

そんな中で、今日は下鴨神社南隣接の京都地方裁判所の一般公開があった。年に1日、たった3時間だけの公開。

裁判所内でも撮影可能だったが、その写真は省略。
ここに庭には川があってその脇に楓が植えられていてる。それが紅葉するとたいそうきれいらしい。

去年は残念な色づきだったが、今年はどうか。

ここも色づきが遅く、まだ青い木が半分という感じ。
はっきり書けば、去年よりさらによろしくない。

上の方にはそこそこきれいな部分もあるのだけど、下の方は青い。

つくばいに落ちた葉っぱと水面に写る紅葉。これが今回一番きれいだったかな。
これに気がついた人は少なかったみたいだけど。

やっぱり上だけだなぁ。

裁判所内、川を渡る通路はガラス張りで景色が見られるようになっている。1,2枚めの写真はそこから。

最後に駐車場から庭を見た全景。
赤さが足りんなぁ。

去年までは下鴨本通りの正面からしか入れなかったけど、今年は隣接する三井家旧下鴨別邸が一般公開されたので、そちら側の入り口も開かれていた。私がが行った13時過ぎにはまだ行ったらすぐ入れたけど、あとは入場制限されてたみたい。

まあ、それはともかく、ここも残念だったとは残念。

2016京都紅葉(14)2016年11月29日 06時11分48秒

26日の京都御苑内の紅葉いくつか。

これは大宮・仙洞御所南西、御苑外周にある大銀杏。
前回イチョウは殆ど散ったと書いたけど、まだ葉が残っている木もあった。なぜこれだけの差がでるのかはわからない。日当たりではないだろうに。

これは迎賓館南西角にある木。褐葉している。
羽の形の葉っぱで、府立植物園にもあるのだけど、名前は忘れた。

今度は迎賓館北にある楓。例年なら非常に綺麗に色づくのだけど、今年はあまりよろしくない。まあ、内側はまだ緑も多いのでもう少し待ってみるべきかもしれないが。
そういえば、前に書いたとおりこの横にある大イチョウの木がバッサリ切られたんだけど、御苑内で他のイチョウの木が切られたというのは見たことがない。ここは迎賓館の真北だから、警備の関係で切られたのかもしれない。確かに上に登れば迎賓館の中は見えそうだった。登れればの話だけど。でもいまどき、そんなことするよりドローン飛ばしたほうが速いし、なんといっても大幅に景観が損なわれたので「いらんことしてくれた」ことよ。

前回「御苑内で一番大きな銀杏の木」と書いたもの。超広角レンズで全景を収めた。
ボサボサではあるけど枝の伸び方は広い。

26日夜から27日丸1日降り続いた雨でこれらの木も葉を落としたかもしれない。また土曜に確認に行くか。
(C)おたくら編集局