2019京都紅葉(7);11/162019年11月21日 05時55分32秒

また別の池の畔。
赤と黄色のコントラスト。

α6000で下方向パノラマで縦撮り。
上下画角は変わらず、横方向がこれだけ広くなる。18ミリくらいか。解像度はかなり下がるが、広く撮るには使える。


今は寒桜も盛の時期。先の桜以外にもいろいろ咲いている。


大芝生地北の川沿い。
ここも水気がある分紅葉はきれい。ただし、今はまだ本番じゃない。

紅葉で忘れてはいけないのはツタ。意外にきれいに紅葉する。
植物園内にもあるけど、御苑内にもある。でもまだ浅い。

賀茂川、半木の道から北を望む。
こういう感じでまだ全体的に色が浅いので、今年の紅葉本番は11月最終週かも。

2019京都紅葉(5);11/162019年11月20日 05時42分34秒

半木神社(なからぎじんじゃ)横の池の畔。
やはり水の近くは色づきが良い。

「紅葉の写真は逆光で」。

別の池。


寒桜と紅葉。
季節外れ感が良い?

半木神社の鳥居に居た蝶。
もうすぐ冬眠かな。

2019京都紅葉(4);11/162019年11月19日 06時03分53秒

御苑以外の紅葉の様子。16日。

同志社大学今出川校舎横の相国寺境内の楓。
大分色付いてきているけど、真ん中付近はまだ青い。

賀茂川縁の色づきは進んできた。
ここは楓はないけど、他の木が色付く。

府立植物園正門前の並木道。

正門前駐輪場横にある銀杏はかなり色付いてる。

植物園内大芝生地。休憩所の奥に一際赤い木が見える。
近づくとかえってわからないのだが、漆の木みたい。

反対側。
ここに3本の紅葉する木があるんだけど、まだ浅い。

植物園内で一番の大きな紅葉する木だと思うフウの木。
まだ色付き始めたばかりで。今年は大分遅いような気がする。

その手前にある楓は黄色になっている。

そこから北山門までの間で見えるこの木。
楓じゃないけど毎年きれいに色付く。桜に似た葉っぱ。

植物園内は一部は色づきが進んでいるけど、全体的にはまだまだな感じ。

2019京都紅葉(3);11/172019年11月18日 06時00分33秒

11/17後半。
拾翠亭。
屋敷手前の木は赤いけど、ここは周りに常緑樹の方が多かったっけ。

逆側の紅葉。
ここは色付くととてもきれいなのだけど、まだちょっと若い。

閑院宮邸跡北側の銀杏並び。
もう色付いているけど、もう少し濃くなると思う。

有名な蛤御門前。ここにもきれいに紅葉する木がある。
例年真っ赤になるけど今年は薄いような。まだこれからかもだけど。
余談で何度も書いている気がするけど、蛤御門に残るという鉄砲の銃弾跡、みんな下の方のくぼみを見てるけど、本物は上の方で手が届かないところらしい。下のは、みんなが触れるから掘れてしまったところ。気をつけよう。

おまけ。蛤御門前、烏丸通はさんで向かいにある護王神社さん。
ここには大銀杏が何本かあるけど、今はこれくらいの色づき。まだもう少し。来週辺りからが見頃かな?

もう1つ。御苑内処どころにあるこの実。
「むらさき」、正式名称は「紫式部」という。その名の通りきれいな赤紫の小さな実をたくさん付ける。今が見頃かな。今の時期の楽しみ。

2019京都紅葉(2);11/172019年11月16日 17時56分58秒

今日の京都御苑内の紅葉の様子。
京都市内は先週から急に朝夕の冷え込みが強くなった。今日は朝10度あったけど、7度くらいまで下がることもあって、通勤で毎日通っていると日に日に色づきが濃くなっているのがわかる。でもまだ本番と言うには早い。

これは中立売休憩所横の楓。
大分色付いてきた。

御苑北西、乾御門横の大銀杏とその手前の木。
大銀杏はまだ色づきが浅い。一方手前の楓は色付いているけど赤黒い。例年こんな色だっけ?

建春門前。
ここも赤黒い。

これは何処だっけ?
今年の楓はこういう色に染まるのかなぁ。

と思ったら、こんなきれいな木があった。
御苑南堺御門近く。

ここには2本赤い木が並んでいる。上の写真では奥に見える。

降るような赤。
撮影するなら朝8時台がおすすめ。

後半は明日。

2019京都紅葉(1)2019年11月10日 07時31分20秒

今年も紅葉の季節が近づいてきた。
京都は、私が実測する限り昨日はじめて朝の気温が10度を切った
(今朝は11度あったけど)。
ということで紅葉も進みそうだけど今の状態はどうかをお知らせ。

京都御苑内;御所野北西角外にある大銀杏。まだほとんど色づいてない。

近衛邸跡池。ここもまだ。
御苑内は、全体的には少し色が付いてきているが「紅葉」というにはまだ遠い感じ。

加茂川から北の方を見る。
こう見ても色づきはあまりない。

府立植物園正門前。ここは赤くはないが色づいてる。

植物園内もまだ香料はまばらだが、一部に色づきが進んでいる木がある。

まだ紅葉途中という感じ。

この葉っぱは赤かったけど、もともとそんな色なのかも。

紅葉は気温と水分が重要なので、池の周りは色づきが良くなる。
でもまだまだかな。

おまけ。小さなウリ。これは紅葉じゃないけど真っ赤になっていた。
家の中の飾りにほしいなぁ。

そんな感じ。
御苑内は毎日通るので変化があれば報告するが、植物は毎週くらいかな。

休みともなると気の早い人が大勢御苑に来ているけど、紅葉にはまだ早い。地下鉄も11月中から12月はじめまで土日増発しているので、市内を目的に来るなら公共交通機関を使ってね。歩いたほうがちょっとした紅葉にも気がつけるぞ。

今年は腰の調子がべらぼうに悪いので友人誘っての紅葉狩りは無理かも知れない。いつ行けるかわからないので、人間腰が肝心。

京都紅葉事情2018(おまけ)2018年12月18日 06時39分13秒

12/16の京都の紅葉事情。

基本的にはもう終わりなのだけど、御苑内ではごく一部にまだ赤い木が残っている。
前回紹介のこの場所もまだこんな感じ。最も、この写真は記憶色で赤が強調されすぎている。実際はここまで赤くない。

管理事務所北の木もまだ少し葉が残っている。
今年は本当に葉がよく保った。
でも数日前から急激に冷え込みが厳しくなってきているので(今朝は3度だった)年内いっぱいは保たないかな。梅も遅れそうだけどどうだろう。寒桜は咲いてるけど。

というおまけでした。

京都紅葉事情2018(11;たぶん最終回)2018年12月09日 08時05分59秒

下鴨神社、というより糺の森。
河合神社横、御手洗川の辺り。
先週よりだいぶ葉が散ったがまだ残っていた。
人出は、先週ほどではないけどそこそこあった。

そこの端から南の方を見るとこんな感じ。
ここも先週より減ったけど大差ない感じ。

参道はこんな感じ。ここも大分葉が散った。
でもその御蔭で空が見えるようになって、空の青と紅葉の赤さのコントラストが映える。

上のようにはまだ赤い葉も多くて余計にそう見える。

先週も書いたけど、ここには馬車がある。実は今季の営業は今日明日で終わりらしく、特別ご奉仕価格で通常1000円のところが500円になっていた。

それならばと思い、乗ることにした。いつも見てるけど乗るのは初めて。

馬車が走るのは御手洗川西;流鏑馬神事の時は馬が走る場所。
初乗車だったけど、これ良いわ。風を切る感じが素晴らしい。乗馬が少な人って、こういう疾走感が良いんだろうね。
行きは駆け足で帰りは歩行。この駆け足でも結構早いと思ったけど、流鏑馬はさらにその4倍ほど速いらしい。しかもそれで手を離して走りながら的を射るのだのだ。すごい。
乗車時間は5分もないけどいい経験だった。絶対オススメ。

帰ろうとしたら自転車のかごに紅葉した葉っぱが付いてた。
「紅葉」と書くけど、赤くなるのだけが「紅葉」じゃないからね。銀杏のように黄色になるものもあれば、ピンクや茶色(≠枯れる)になるのもある。

ということで、今年の名残り紅葉もおしまい。
もしこれから来ようという人は明日が限界かな。今週は雨もあったのでだいぶ葉ガチったし、昨日から冷え込んできてるからね。

京都紅葉事情2018(10)2018年12月08日 20時53分46秒

今年の京都の紅葉の話は前回で終わりになるかなと思ったけど、今日もいい天気だったのででかけたらそこそこ見られたので報告。

まずは京都御苑内。おおかた終わりかけだけど、まだ一部残っている。これは例年遅めに色づく西北端;烏丸今出川近くにある楓と銀杏。今年もきれいになった。
実は通勤で毎日この前を通っているので日々きれいになってきているとは思ってたんだけど、朝撮影できないので今日まで保ってくれるか心配だった。でもなんとか撮影できた。

今日の京都はこんな感じ。昨日の夜から急に冷え込んだけど、それでも日中は日差しが良く、ちょっと着込んでいれば汗を掻くほどだった。
あっ、これは賀茂川ね(≠鴨川)。

下鴨神社さんに行く前に手前ある三井家旧別邸から隣の京都家庭裁判所の庭を覗く。
ここは毎年1日しかも3時間だけ一般公開があるのだけど、今年は台風21号の影響でそれがなかった。でもこんな感じ。ここも下鴨神社と同じく紅葉が遅いが、今が見頃。

ただし、この角度で撮影するにはちょっとコツがいる。残念ながら教えられないけど(^_^;)

これは根っこは裁判所敷地内にあるけど上は三井家旧別邸側に出ている木。
ちょうどいい日差しのときに行けてよかった。

京都紅葉事情2018(9)2018年12月06日 06時52分21秒

今度は京都御苑南側。
御苑には多数の楓があり、楓は台風21号での倒木は殆どなかったと思う。でも色はもう落ちかけ。

九条邸跡池。ここも先週のほうが良かったような。

同じく九条邸跡池の厳島神社側。
右手の漆の一種の木がようやく色づいてきた。先週よりいい色。

閑院宮邸跡の池。
ここは黄色と赤、水面に映るものも含めてコントラストがきれいになるはずなんだけど、黄色がちょっと弱いかな。

この楓が

屋敷の欅の板の間の部屋から見ると床に映るはず・・・なんだけど、日当たりの加減でそれは撮影できなかった。

蔵の前の楓。
ここも先週より色づいてる。

「色づいてる」とは書いているが、よくよく近づくとくすんでいるところも多い。だから、日差しの良い時間に遠目から見るのが良いかと。殆どの場所は午前中早くから13時、おそくても14時までくらいが良いかと。

でも、やはり先日の雨が響いたのか、12/5現在、御苑の紅葉は急速に終わりつつある。そんな感じ。
(C)おたくら編集局