超特急;天橋立&伊根旅行(2)2017年12月12日 07時33分53秒

次は伊根に向かう。
この日は前日から朝早くまで雨だったが、なんとか上がり、バスに乗っている間とか途中何度か雨に降られながらであった。この伊根への移動途中も少し雨が降った。でも日も射してきて、虹が見えた。

この虹、よく見ると2重に掛かってる。
左手の濃いのと、右手の薄いの。この写真ではよく見えないかもしれないけど、現地ではもっとはっきり見えていた。私の他にも気がついている人がいたので、気のせいではない。

虹の袂がはっきり見える。そこに船で行ってみたい。
虹の袂には宝が埋まっているんだっけ?この場合海中になっちゃうけど。

伊根ではまずこの遊覧船に乗り、海側からその集落を見るらしい。

が、集落よりこちらの方が目に付いた、と言うかすごかった。
トンビの大群が船を取り囲んでいるのだ。
どうも船から投げられる餌を狙っているらしい。かっぱえびせんみたいなのを投げてた(売られている)。

これが伊根の集落。元々ここは陸地が非常に少なくてかつては道路が通ってなかったらしく、船が唯一の交通手段だった。そのため、家の1階部分が船の格納場所になっており、2階に人が住んでいるという構造になっている。
この距離だとよく見えないけどね。

写真にはうまく写せなかったけど、顔をかすめて飛ぶこともあるので、あまり顔を出していると危ない。
指を噛まれた人もいたそうで、餌は持ったらすぐに海に投げた方が良い。
とにかく動きが早いので写真はかなり取ったのだけど、ドアップでピントも合って撮影できているものはなかった。これが一番くらい。動画撮影するべきだったか。

少し近づいたか。

1階に船が入っているのが見える。
でもねぇ、はっきり書いてしまうと、この遊覧船に、家の集落を見るために乗るのはあまり意味が無いように思う。これ以上は近づかないのでよく見えないからだ。これはトンビ遊覧船である。今回は町内旅行で行ったから、ここだけでいくらするのかわからない。

とにかくすごいトンビの数。
これは見る価値ある。

船着き場近くの山はまだらだが色づいてた。
多分人口植樹じゃないね。自然は豊かそう。

2017新潟/白馬大作戦(8/16の16)2017年12月07日 07時53分56秒

さっきの階段降りたところにはこんな岩があった。
通称「ガンバレ石」。普通なら山でこんな落書きしたら説教もんだけど、これはもう名物になっているみたい。色は塗り直されているだろうけど、結構昔からあるのかな。「ガンバレ」というその気持ちはわかるけど。ここから急な階段登ってあと少しで山頂だから。

米山ではあまり植物の写真は撮ってない。そもそも白馬に比べて圧倒的に花は少ない。八方や栂池が特別多いだけかも知れないけど。そんな中でも撮影したものはあるのだけど、公開はしてない。地味なのが多いし、同定できないから。そんな中でも、印象深かったのをいくつか。

これは色が少ないこの山の中でひときわ目立つ色艶だった。花火みたい。

元々はこんな色みたい。こちらは線香花火みたい。

落とし物。タオルとゼリー・・・飲料?食べ物?エネルギーと水分補給にはこういう物もいいのか。私は例の塩キャラメルを食べてたけど。

急におっきなとんぼが近くを飛び回り始めた。オニヤンマに近い種類と思う。
折しもまたアブが飛んでいたので、食べてくれるとありがたい。

そのちょっと先にいたのはこの子。
黒カナブン。本当に真っ黒。昔は実家近くの山にいくらでもいたんだけど、最近はどうなのかなぁ。その山も昔は奥まで入れたけど最近はうっそうとして入れなさそうだし、麓近くの木は何か切られているし。自然との付き合い方を知っている人間が減ったなあとつくづく思う。自然から隔絶された人間の行く末がスマホ依存症、なんて思うのだが、その話はまた後で。

これはメジロ?
現場では逆光でよく見えなかったのだけど、そうみたい。こんな山の中にもいるんだ。
15:15。

2017新潟/白馬大作戦(8/16の8)2017年11月20日 06時18分20秒

しばらく行くと急に目前が開けた。まさか頂上!?
もちろんそんなことはない。

ここは「二の字」と呼ばれる場所。
山頂までは1750m、登山口までは950m、そんな位置。
11:48。

ここで降りてくる人に出会った。「まだ1/3だよ」と言われてちょっとくらっときた。えっ、まだ2/3もあるの!?どうしよう、この雨だし、ここで引き返そうか!?そう思ったほど。

この先は上が開けているし雨もきつくなってきたので、カメラはしまい込んだ。なので、途中いろいろあったと思うけど、記録なし。その辺は帰りに。

とにかくひたすら歩いて行くと、やがて雨が大体止んだ。
12:44。これなら撮影できそうなので再開。良かった。

何かの花。色と葉っぱからしてオトギリソウの仲間かと思われる。

もうこんなところまで来てた。
ここまで来たら登り切る。

階段はまだ続いている。

何か黄色いキノコが生えている。怪しい形。

また蛙が居た。今度のは平べったい。


2017新潟/白馬大作戦(8/16の7)2017年11月19日 09時21分16秒

時は11:15。雨が降ってきてしまった。

幸いだったのはここが森の中だったと言うこと。
レインコートは持ってきてるし着たけど、ここではあまり濡れないので助かる。

えっ、まだ500mも着てないの?やっぱり山道はなかなか進まない。

何か赤い実。花?
この1カ所でしか見られなかった。

何かの花。

アザミ系の花。まだ咲いてないけど。

あじさい系の花。

何か動く物が居ると思ったら蛙が居た。
動く小動物に反応するのは猫ならぬ私の習性。

雨は全然やむ気配はない。それどころか霧が出てきた。
切りというか雲の中かもしれない。

2017新潟/白馬大作戦(8/14の1)2017年10月24日 07時47分43秒

8/14。新潟に来て初の平日。
今日は2つこなすべき仕事がある。1つはお盆の棚参り。菩提寺から各家にお参りに来てくれる。うちは集落内でも端っこにあるので遅い時間ではあるだろうけど、何時になるかわからない。お昼近くになりそうだとは聞いてるけど。
もう1つは市役所と法務局に行くこと。これは平日にしかできない。当然棚参りの後になるから、午後からになるだろう。
昨日の今日で体中が痛いが動けるだろうか。

庭に出るとアマガエルがいた。そういえば、アマガエルとモリアオガエルは似てる。そう思っていたので、比較写真を作ってみた。
上がアマガエル、下がモリアオガエル。
体色の緑の濃さも違うけど、それより体の横の線の有無が違う。あと、アマガエルの方が丸い。

背中側から見ると大差ない。左がアマガエル、右がモリアオガエル。
あれっ、このモリアオガエルは体の横に線があるなぁ。おそらく両者はそう遠くない種類だと思う。アマガエルも大人になると水気がないところにいるから、生息域も似てる。

このアマガエルは結構長い間同じ場所にたたずんでた。動画も撮ってある。

こちらはおとついも見たトンボ。羽を広げている。


でんでん。これくらいの時の方が動きは速い、ような気がする。

これは、スイッチョン。それは鳴き声。何だっけ、名前忘れた。
虫や小動物が多い場所だとは言え、昔よりかは確実に減った。自然は放置しても荒れるだけ。適度に人と関わってこそ生きるものもある。このあたりも人が減ったからなぁ。

梨木神社;萩まつり(中編)2017年09月28日 07時47分13秒

今は藤袴も満開の時期。藤袴には蝶がたくさん寄ってくる。境内の花にもいた。


萩の花には一文字セセリ。

これは梨木神社じゃないけど、近所のKBS京都敷地内の藤袴にいたアオスジタテハ。

こちらは最初のに似ているけどちょっと違う。ひょっとしたら雄雌?

この子は奉納神事を見ている時、私の真横、距離は30センチもない所に来た鳩。急に来たのでびっくりした。
この細い紐に止まろうとするので不安定でふらふら。そのうち諦めて飛び去っていった。でも後でまた来たので、よほどこの場所が気に入っていたのか。

2018新潟/白馬大作戦(8/11の18)2017年09月18日 08時00分00秒

ということで家に急ぎ帰ってくると、ちょうど夕日が沈むところだった。
ということで温泉に行く前に夕日を撮影に行った。
「月は昇るし、日は沈む♪」とは有名な童謡「海(うみ)」の歌詞だが、実は1カ所でそれを望める場所はない。月が昇るのは太陽が昇るのと同じで基本的には太平洋側。逆に日が沈むのは日本海側。でもなんとなくだけど、日は昇る=ご来光は山で見たいし、日は沈むのは海で見たい。

ふと横を見ると海猫が居た。

手前が子供、奥のが親みたい。羽の違いでわかる。

親が羽を広げて飛び方を教えてるみたい。

それにせかされるように子供が飛び立った。

子供が戻ってきて親が飛び立った。
その姿を子供はじっと見てる。

そして親が戻ってきた。

するとまた子供が飛び立った。

飛ぶ練習だね、これは。


するとその間に親鳥がじりじりとこちらに近づいてきた。
明らかにこちらを威嚇している。あまりの迫力に、つつかれるんじゃないかと思ったほど。


そんな間に子供がちょっと離れてた場所に戻ってきた。
危なくない場所に戻ってきたのだろうか。

でも子供はちょっとさみしそう?

親もこちらが危害を加えるものではないとわかったのか、少し離れていった。

でもやっぱり振り返ってこちらにメンチを切ってくる。

海猫の子供に対する教育方針、愛情を見た。
素晴らしいし、微笑ましい。

珍しい光景を見たのかな。

動画でとれば良かったなぁ。D7100が動画撮影できること忘れてた。

夏のとんぼ池公開(4;最終回)2017年08月10日 00時13分27秒

最後に花の話を少し。
今回のとんぼ池では先に紹介の蓮の他、この花が咲いていた。
何だろう。名前聞くの忘れた。ネムノキはもう花がほとんど残ってなくて写真もなし。

こちらはとんぼ池出てすぐの所にあるサルスベリ。
サルスベリは青い空が似合う。
この写真撮るのにちょっと時間がかかった。この前でずっと陣取っているおっさんがいて。写真写すときは他の人が居ないか、居るならいったんは譲ってとか考えなければならない。

九条邸跡池から拾翠亭を望む。
ここにもサルスベリがある。

端を挟んで反対側では池に張り出したサルスベリがあって、その先の石の上にアオサギが居た。

幼鳥のような感じ。初めて見るかな。

足下には鳩が近づいてきて餌をねだっているようだったのだけど、何も持って無くて。御苑の鳩は人なつっこいし、人は餌をくれるもんだと思い込んでいる節がある。別に良いけど。

こちらは御苑一番南の西寄りにある宗像神社の前でありかつ閑院宮邸跡の前にあるサルスベリ。これもでかいね。
御苑内は今はサルスベリが綺麗な季節。他の花はあまりないけどね。


というところで、今回のとんぼ池の話はおしまい。
それで、明日(または明後日)以降しばらく更新出来ないかもです。10日間ほど。

夏のとんぼ池公開(2)2017年08月08日 07時26分40秒

今年、今回の真夏の公開で印象的だったのが「とにかくモリアオガエルが多かった」ということ。少なくとも15匹は居た。
そのほとんどは池の畔ではなく、少し内地に入った草の上だった。



これを見るとわかるとおり、その多くがカエルに成り立てな感じで、尻尾が残っていた。

あっ、あんな所には2匹居る。

これは珍しく池の畔にいた。

これもそう。



これは後ろ向いてたから尻尾がよくわかる。
モリアオガエルの尻尾って焦げ茶で、なんとなく「うんこ」つけてるよう見える(^_^;)

この子はもう尻尾がない。

この子はあとちょっと。




この子たち、半分くらいは非常に良く動いた。それだけ撮影は難しかったけど、逆に言うと動くと居場所がわかるので見つけやすかった。

モリアオガエルはカエルになると池の畔から離れて森の中に行くと聞いてたが、まさにそのところを見た感じ。もう数年とんぼ池の一般公開を見ているけど、これは本当に初めてのことだった。

そうそう、こういう小さな子はたくさん居たけど、親世代は全く見られなかった。モリアオガエルは1年で一生を終える動物じゃ無いと思うからどこかにいるのだろうけど、それこそ今の季節は水辺には居ないのかな。子供よりもっと森の中にいると。

御苑の昆虫とか鳥とか2017年07月11日 06時12分38秒

土曜日から月曜日に御苑周辺で見かけた鳥とか昆虫とか。

これはクロアゲハ。例の玉虫を見つけた場所の近くにいた。
私が行ったときに地面に止まり、帰ってきた時にもまだいた。なので、少なくとも20分は同じ場所にいたことになる。水を吸っていた?寝てた?それともこんな場所で産卵?

閑院宮邸跡の池にいたアオサギ。
ここは時々、というかしょっちゅういる。アオサギ撮影したいなら、ここ。

アオバズク。まだ子供は巣から出てきてない。
去年は24日には出てきてたので、もうすぐかも知れない。

これはシジュウカラ、多分幼鳥。
最近、珍しい鳴き声でなく鳥がいるなあと思っていたのだけど、今朝裏庭の方で鳴き声が聞こえたので行ってみたらこの子と、他にも数羽いた。
見ると毛虫をくわえている。この子はこの後落としてしまったのだけど、どんどん食べて退治して欲しい。

(C)おたくら編集局