写真で見る椎谷の100年風景編;正誤・追加情報(1)2021年11月20日 22時54分02秒

写真で見る椎谷の100年風景編の間違いや、寄せられた情報を時々記載します。

・・・正誤・・・
・赤造ですが、本では椎谷から鎌田の方へ向かう道すべてを赤造と書いていますが、正確には今のお墓の一番鎌田寄り;六地蔵さんがあるあたりより先のことを指すそうです。そこに小さな集落と桜並木があったそうです。また昭和20年代頃にもまだ桜並木があったようです。

・p259のスタンプの新旧、本では右が古いと書いていますが、よく見ると文字の書かれ方が左が「左←右」、右が「左→右」となっているので、左が古いとわかりました。こんな大きなヒントがあったのに間違えるなんて。

・・・情報・・・
・戦後、学校の気象台の下あたりに松の植樹をしたがうまく育たなかった
・諏訪山にあった墳墓は、少なくとも昭和20年代頃までは存在した
・六地蔵さんの奥には焼き場があった
・宮川の大火の原因はたき火の不始末で、折からの強風で火の粉が飛んだことによる。
・椎谷からも火の気が見え、こちらまで来ないか心配だった。
・大火で家を失って引っ越ししていった同級生がいた
・椎谷入り口のあたり?で狐に化かされるという噂があった。うちの祖父が化かされて海に転落したと。
・p20の下の写真のブランコの後ろで人が乗っているのが龍登樹の切り株(昭和50年当時)です。切られてから30年近くたってもまだはっきりと残っていたことがわかります。

・・・
本発行後に見つかった重要そうな写真はここで紹介するかもしれません(それか人物編の中に「風景編追記」として入れるかも)。

受付再開2021年11月13日 17時23分52秒

体調の悪さはそのままですが、とりあえず薬である程度抑えられるようなので受付再開します。

ただ、体調により発送が遅れる可能性があることをご承知おきください。


なお、現在在庫は2冊しかないです。増刷分は23日入荷予定です。

「写真で見る椎谷の100年風景編」しばらく受付停止します。2021年11月10日 18時48分38秒

拙作「写真で見る椎谷の100年 風景編」の販売受付ですが、申し訳ありません、当方急な体調不調により、しばらく受付をお休みさせていただきます

コロナではありませんが、ちょっと動ける状況ではなくなってしまいました。メールでの応答もしばらくできなくなるかもしれません。

お急ぎの方は柏崎日報に掲載された、椎谷での受付先にお問い合わせください(あえてここには書きません)。

ただし、ご好評につき現在在庫切れ状態です。増刷分は23日到着の予定ですので、それ以降の発送となります。

写真で見る椎谷の100年 風景編 ページ2021年11月09日 22時18分21秒

写真で見る椎谷の100年 風景編の目次です。

11月9日現在、在庫残りは2冊だけです。増刷分は23日に上がってくる予定です。今注文された方はしばらくお待ちいただく可能性が高いですが、あしからずご了承ください。

「写真で見る椎谷の100年風景編」は現在増刷中です。2021年11月07日 08時45分18秒

柏崎日報でも紹介されました拙作「写真で見る椎谷の100年 風景編」は予想以上に好評をいただいておりまして、現在私の手元では在庫がなくなってしまいました(椎谷分はまだ数冊あると聞いてますが、多分すぐになくなります)。
増刷を発注しました。上がってくるのは23日の予定です。今申し込まれた方は発送がそれ以降になりますので、あしからずご了承ください。

なお、注文は柏崎日報に記載されているものでも結構ですが、「写真で見る椎谷の100年風景編 注文サイト」からの方が必要内容をもれなく記入できますので楽かと思います。
なお、この本の中に書かれているメールアドレスは柏崎日報に掲載されたものとは異なりますが、どちらでも届きます(手違いで別のが載ってしまったのです)。

どのようなものか一度ご覧になりたい、という方は椎谷コミュニティセンターに寄贈分が置いてありますので、椎谷町内会にお問い合わせください(常時会館はしていません)。また、柏崎市立図書館(ソフィアセンター)でも閲覧できるようになるはずですが、いつから可能かは図書館にお問い合わせください。

拙作本「写真で見る椎谷の100年風景編」の注文サイトができました。2021年10月28日 18時38分15秒

私が書きました、明治から昭和にかけての写真で椎谷の変遷を見る本、「写真で見る椎谷の100年 風景編」の注文サイトができました。


ご注文の方はこちらからお願いします。
1冊3300円で送料は別になっています。

なお、この本は自費出版のため書店では買えません。

(C)おたくら編集局