影絵の世界2011年07月08日 13時05分38秒

影絵の世界
部屋の中に差し込んだ光が作り出した情景。

家の前の朝顔の影が壁に映って、えもいわれぬ美しさ。
すぐにカメラで写した。

実物の朝顔には緑の元気さがあるが、影絵となったそれは、全然違う、
日本的な趣になっている。それが白壁に映ると、障子絵のような感じになる。

これが見られるのは、1日の中でもわずかな時間のみ。
30分間もないだろう。日が屋根の軒を下回り、さらに奥の部屋まで差し込んでいる時間は非常に短いのだ。

夏の日が一瞬見せる奇跡。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2011/07/08/5947103/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局