似非しまなみ海道物語(43)2018年07月12日 06時16分41秒

道は一旦海岸縁まで下ってまた坂を登る。その先に建屋が見えた。
建屋の方向に行く前に、手前に見えたのがこれ。
源平咲きしている桃。御苑の桃はもう終わっていたので、最初八重桜かと思ったら、やっぱり桃だった。特別遅い種類なのかもしれない。

で、食堂目当てで行ったのがこちら。
あまりに人が少ないのでやってないのかと思ったけど、中に入ったら一応やってた。

なんかありきたりのメニューしかない。また、なんか異様に高い。でももう13:15頃でお腹も空いてて、この先空腹で走ることもできそうにないので比較的安めの唐揚げ定食を頼むことにした。で、出てきたのがこれ。
一見まともそうに見えるかもしれない。しかし、「まずい」。数は多いが筋っぽい鶏肉。まずい定食の定番;茶碗蒸し。腐ったようなブロッコリー、冷凍とうもろこし、インスタントの味噌汁。酢の味がしない南蛮漬け、苦い野菜。水っぽい杏仁豆腐。レモンの産地なのに、それも地物ではないのでは。これで1000円はぼったくり。全くおすすめしない。というか、「入ったらあかん」。
なんか地元民雇用のための施設のような感じで県から補助も出ているのだろう。だからこんなものでも成り立っているのだろうけど、普通ならすぐに潰れてもおかしくないレベル。猛省を願いたい。

なんか全然満足できない食事だった。景色もいまいちで早々に立ち去ることにした。

館内に貝の展示があった。ここの浜で採れたものだろうか。
・・・違うみたい。フィリピンとか書いてある。無意味な標本。やる気のない天下り公務員が管理しているのでは、と疑わずにはいられない。

食べている間に雨は小ぶりというかほぼ止んでいる状態になった。それだけが、ここに立ち寄ったせめてもの救いか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2018)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/07/11/8914158/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局