新潟・白馬2018(115)2019年02月18日 06時14分03秒

イワショウブ。
花に入るのはゾウムシの一種か。ゾウムシも花にたかるんだ。

こちらはタムラソウと蛾の一種。

オヤマボクチ。
漢字で書くと「雄山火口」。近くにあった看板に依ると「葉の裏側に密生している綿毛を集めて火起こしに使ったから」らしい。

ミヤマアキノキリンソウ。

クモマミミナグサ。
花にいるのは小型の蜂。

これはコガネムシの一種。土をかぶっているので、まだ羽化したばっかりかも。
この時期、短い夏を惜しむように虫も多い。小型のが多いので目を凝らさないとわかりにくいけど。

ここまで登ってきた。10時ちょっと前。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/02/10/9034455/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局