沖縄旅行(27)2019年05月03日 16時54分57秒

瀬底島の次は高速道路を走って沖縄南部、うるま市へ向かう。そこの沖にある島に渡る海上道路「海中道路」を渡るためだ。
約4キロもある。しまなみ海道で言えば、来島海峡大橋全てと同じくらい。

途中橋脚もある。一部は上げて船が通れるようにしてあるのだろう。
そういえば、初めて下側のアクションカメラの状況がはっきり見えたかな。このようにモバイルバッテリーの上に箱を置いて、さらにその上においている。それをガムテープで止めていると。上にもう1台ある。

「海中」とはあるが、別に海に潜るわけではない。でも橋ではない。埋め立て道路だ。このあたりを見るとよく分かる。

途中に駐車場がある。

沖縄の海にしては青くないこのあたりはサンゴ礁ではないのかも。

気が倒れていた。台風の被害か。
沖縄の台風は本州に来るときとは比べ物にならないくらい強いのだろう。でも他では倒木は見かけなかったので全体的に強いのだろうけど、まあ、たまにはあろうかと。

振り返る。さっきの橋脚の部分は僅かに上がっている。

沖の方を見ると、なにか施設が見える。なんだろう?GoogleMapでみてもわからない。

ウインドサーフィンをやっているのも見えた。
インストラクターらしき人と生徒か。

駐車場の出口付近にはこんなのがあった。道の駅か。
このあたりは車も多く駐車していた。通り過ぎたので内容はわからない。

風力発電機もある。
台風でも来れば思いっきり発電できるのだろうけど・・・と思ったけど、あんまり風が強いときは止めるのね。

海中道路を通り過ぎて平安座島、更にその先の宮城島、そして伊計島に向かう。そこでドローンを飛ばすのだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/04/27/9065047/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局