沖縄旅行(36)2019年05月15日 05時49分42秒

で地図。

入ってきたのは左中央ちょっと上の円覚寺跡みたい。16:42。
このときにはまだ地図は持ってなかったので、周りを見回して城らしい方向に向かう。

猫がいる。人懐っこいって言うこともないけど逃げはしない。

あちらにはなんか変わった色の鴨がいる。鴨だよね?
悠々と歩いて坂を登っていく。

遠くに見えるのは歓会門というところかな。
向かうはあちら。

弁財天堂。
修学旅行生らしき子達も居る。こんな暗い時間なのにね。

門に近づく。

城壁はほぼ垂直。
本州の城で言えば、垂直なのは古いタイプの石垣。時代を経ると緩い角度から垂直に近くなっていく。ここも古いのか、それとも沖縄にはその形式は伝わらなかったのか。

これは下の門のちょっと手前にあった大きな木。
アカギの木というらしい。戦前までは1mもの大きな枝を城壁まで伸ばしていたが、戦争で焼かれてしまい、幹もその後の台風で折れたけどその後アコウという植物が寄生して昔の姿に近づいたらしい。たしかに大きい。

瑞泉門かな?

途中にあったこれ、御嶽石門というらしい。さっきの「斎場御嶽」の読み方から分かる通り、「うたきもん」。
世界文化遺産。
ということは戦争を生き抜いて残ったということかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/05/12/9071585/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局