京都桜2020(26)2020年04月18日 06時00分20秒

小川にかかる八重は数種類ある。
この種類が一番白に近い薄ピンクで、ボンボンのような可愛い花である。

が、花が重いのかほとんど下向きになってしまう。
写真に撮ろうとしてもなかなかうまくいかないかな。

このあたりにも山吹があるが、ここは八重。こちらもほぼ満開。

出水の小川中央の八重。まだまだこれから。

その横の木は五分から七分というところか。

御衣黄は満開を過ぎて、花に赤みがさしてきた。

小川南端の八重群は、一番左手のがほぼ満開だが、他はまだ三部から五部という感じ。

ここは木が密集しているから、裏側に入ると人がいないし、表からは死角になる為長く居ても文句言われない。

そんな場所でちょっと長居して撮影。
来年こそは服を新調しようね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2020/04/16/9235978/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局