2013白馬・八方・栂池(23)2013年09月16日 06時19分38秒

3日間喪に服していたので久しぶりの更新。

展望台から降りる道は狭く急な尾根道。しばらくは木の階段が続く。
この階段はしばらく付け替えられていないようで、かつ雨の影響でかなり滑りやすい。
以前ここで転ぶ人を見ているので、急いでいてもここだけはゆっくり慎重に降りる。

ホツツジ(穂躑躅)。この尾根道横に群生していた。

こちらは絶壁側の斜面。絶壁ではあるが、草花が一面にあるのでそうは見えない。
ソバナ(岨菜);左側とオヤマボクチ(雄山火口)。
他にも何種類も花が写っているのだが、アップでの撮影を忘れていたのが残念。

この尾根道を降りている途中で靴の片方の底が半分はがれてしまった!
そうでなくても急いでいるときに、この状況。
果たして時間までに帰り着けるのか、いっそう心配になってきた。

歩くたびに底が「ぺたん」と大きな音を立てるようになった。
近くで鳴いている鳥が逃げないか心配だが、こっちも音を気にして速度を落とせる
余裕がない。

完全にはがれるまでに、出来るだけ進む必要がある。
だから、返って加速。

ミズバショウ(水芭蕉)。花はないが、大きな葉と実?が見える。
この実をネズミが食べたりする。

そしてこれは栂池の名前の由来になった「ツガ」=「オオシラビソ」(大白檜曽)。
実がなっているが、この実、たくさんなる年と、全然ない年がある。
ない年には、ドングリなども不作になり、すると冬場に熊が餌を求めて町中に出てきたりする。今年は大白檜曽を始め、ドングリもたくさんなっていたので大丈夫だろう。

ここで珍しいと思ったのは、人の背丈ほどの高さで実がなっていると言うこと。
私の目線の高さくらいだった。なのでこんな正面からのアップも撮影出来た。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2022)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/09/16/6983187/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局