京都御所通期一般公開(1)2016年08月01日 06時07分08秒

京都御所が通期の一般公開になった。要するに、特別な日を除き、いつでも見ることが出来るようになった、ということ。

ということで、早速行ってみた。本当は、御苑に行ったらやってて、それならと入った。

入り口はいつもの宜秋門ではなく、その1つ北、いつもなら出口に当たる清所門。
この中で手荷物検査を受けて、名札をもらって入る。

展示物も違うのだけど、中のコースもいつもと違う。紫宸殿前は、ここまでしか入れない(入り口も違う)。

でもその御蔭で、人影がない紫宸殿を撮影出来た。
こんな空を背景にした紫宸殿見るのは初めて。春や秋ではこうは行かないからね。

公開後の初の日曜日だったけど、とにかく人が少ないので写真撮影には持って来いだった。日中は35℃超えて、しかも炎天下だから体感ではもっと暑かっただろうけど、こういう綺麗なものを見ると甲斐があったというもの。

そもそもこの通期公開の目的は観光促進にあるけど、中の人は少ないけど休憩所は繁盛しているようだった。特に今は暑いから、見た後に入る人も多かろう。外人さんも多かったし、そういう意味ではまずは効果あり、というところだろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/07/31/8143614/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局