京都御苑;秋の特別公開2017年11月06日 06時23分52秒

11月は1日から5日まで、京都御所では特別公開があった。以前で言うところの「一般公開」だけど、御所は今は通年公開が「一般公開」なので、これは「特別公開」と言うべきだろう。

前にも書いたとおり、一般公開では紫宸殿の前にも行けないので、以前のような規模の公開を求める声が大きかったのだろう。

と言うことで行ってみた。

公開の範囲や展示は昔の一般公開と同じだった。
紫宸殿の前にも行ける。

今回は見られなかったが、蹴鞠や雅楽の披露もあったようだ。
御所内にも土産物屋が出てた。
一部建屋は来年3月15日まで工事中だけど、見学できる場所はほぼすべて大丈夫。

生け花。
柿の木まるごと?豪華だなぁ。この公開のあとは何処に持って行くんだろう。迎賓館?

十二単。
こういう展示も今の一般公開ではない。久しぶりに見た。

御池庭。
少し色づいてる。

御三間。

その前に楓はひときわ鮮やかに紅葉していた。

知っている人が少なかったのだろう、人ではとても少なかった。今の一般公開とそれほど変わらない。

これからも春/秋にはしてくれるといいのだけど、どうなるか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/11/06/8721827/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局