続2017京都府立植物園の紅葉状況2017年12月05日 07時45分04秒

12/3の府立植物園の様子。
正門横にあるドウダンツツジが綺麗に紅葉して出迎えてくれる。
ここから温室に向かって右手の銀杏が前回は綺麗だったが、この日はもう散っていた。

これが前回まだ紅葉してなかった楓(ふう)の木。見事に色づいてる。バラ園~噴水から北へ行ったところにある。

とても大きな木なので、普通のレンズじゃ離れないと全景は写らない。
気候が良いともっと真っ赤になるのだけど、今年はこんな感じ。あと1週間は保たないかな。

池を挟んで手前にある楓(かえで)もまだ色がある。

所変わって中央の広場の横にあった黄色になった木。

その横にある大きな木は茶色く紅葉する。枯れているわけではない。

(園内にある)半木神社近くの池の畔の楓はもうほとんど終わり。ごく一部残っているだけ。

ということで、植物園の紅葉は大方終わり。楓の木は見ておく価値はあるけどね。

おまけ。正門前のクリスマスツリー。
生花で作られているのがさすが植物園。

紅葉話はあと1回はあるよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/12/05/8742245/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局