沖縄旅行(48;本編最終回)2019年06月03日 06時31分08秒

前回の最後の写真をもう1回。
右側奥に見えている丸いのはドップラーレーダーかな?ダウンバーストというものを観測するためのだったと思う。強烈な下降気流が発生することがあって、それが飛行機の墜落原因になっていたのを日本人が発見した話は、その筋では有名。今やまともな空港なら全てにこのレーダーがある・・・んだと思うのだけど。ない空港からは乗りたくないなぁ。

離陸中の写真は無し。今回も窓際ではなかったので。
上空で1枚だけ。雲がはるか下に見える。あの島はどこだろう?GPSが記録されてないのでわからない。
そういえば、飛行機の翼じゃなくてフラップって飛行中結構揺れるんよね。ちょっと怖い。

時々通路上の天井が虹色になることがある。何かの演出だろうか?

伊丹までは2時間。途中ジュースかスープが飲める。
行きはジュースにしたと思うので今度はスープで。コンソメだったか。この後ジュースももらったような。でもあんまり飲みすぎるとトイレ行きたくなってしまう。狭い座席で隣の人に立ってもらって行くのは気が引ける。

今回の飛行機は全日空だけどこの座席の間隔で正直かなりきつく感じた。これが格安航空ではいったいどんなんなんだろう。2時間だったら私には耐えられないかも。

着陸近く。だいぶ高度が下がってきた。あれに見えるは太陽の塔か。
等は空港から見て東になるから、飛行機は一旦空港を通り過ぎて旋回して戻るように着陸するわけか。

そして着陸。みんな降りた機内を1枚。また天井が虹色になてる。さっきとは色の配分が違うけど。
13:30位。もう少し遅い目の飛行機だと午前中見て回れたのに。まあ、そういう中途半端な時間だからこそ空いてるので格安ツアーに使われるんだろうけど。

伊丹から京都までは、荷物も多いし、もう列車乗り継ぐ元気もなかったので直通バスで帰ることにした。
京都駅までで1310円。1時間ちょっと。列車なら大阪モノレールと阪急で烏丸まで670円1時間だから、遅くて高いということになるけどまあ今回は良しとしよう。阪急の空港延伸線ができればもう少し楽になるのかな。まあ、私が旅行できるほど元気なうちにはできないだろうけど。

ということで、充実したと言うかかなり無茶なスケジュールな3泊4日の沖縄旅行であった。実質は2.1日くらいだけど、3万円という価格を考えれば十分というか、すごくお得だったのではないかと。
全くのはじめての場所ということもあるし、本土とは大幅に異なる植生、雰囲気、海の綺麗さには大いに感動した。またいずれ行ってみたい。

本編はこれで終わりで、後はちょっとお土産の紹介をしようかと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2019)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/06/02/9080114/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局