梅酒20202020年05月26日 06時24分06秒

実家に行って梅を収穫してきた。日曜日に行ったのだけど、電車の中はガラガラだった。それについてはFacebook煮上げたのでここでは省略。

奇しくも去年と全く同じ日に収穫したのだが、今年は豊作だった。
スーパーの大レジ袋2袋いっぱい。

正確には測ってないけど、梅酒にしただけでも5キロくらいあってまだ残っているから8キロ近くか。

実家には2本梅の木があるけど、1本は大豊作だったけど、1本は10個も取れなかった。もうだいぶ木が弱っているみたい。でも1つ1つの実は大きく、豊作だったほうでの一番の大きな実と比べても1・5倍ほどもあった。
残念ながら梅酒にするときは混ぜちゃうのだけど。

梅酒にはとにかく大量のホワイトリカーと氷砂糖がいる。今年は約5本(1本1.8リットル)のホワイトリカーと氷砂糖約3袋(1袋1キロ)を使った。これが小瓶1つ分の梅と氷砂糖。

梅酒はマーマーレードに比べて作業は楽だけど時間はかかる。梅1つ1つヘタを取るのと洗うので。大瓶1瓶分で約1時間。

で、約5時間かけて大小合わせて6瓶分作った。

まだ2016/2018/2019年分があるし、少なくとも1年は経たないと私好みのまろやかな味にならないので当面の放置は必須だが、私の消費量ではこれを飲むのは3~4年後ぐらいだろう。それくらい寝かせるといい味にある。今年はかなり飲んだ。のどが痛いとき飲むと消毒されるのかすぐ良くなった。

ということで、梅酒は出来たけど残りの梅はどうするか。ジャムとドレッシングかな。ジャムは時間がかかるから、自宅待機中に仕上げてしまいたい。梅干し?2016年に作ったのがまだあるので作らない。美味しいけどあんまり食べないんよね。もっと料理に使えばいいのにと思うのだけど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2020/05/25/9250459/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局