台風の爪痕2013年09月19日 19時08分30秒

今日は府立植物園に撮影に行った。
そのときの写真はまた後日出すこともあると思うけど、今日は取り急ぎ、先の台風の痕跡の写真を。

賀茂川沿いの半木の道の桜には大きな枝が折れたものもあった。

川の中州にはかなりの量の砂が堆積、また植わっていたはずの植物がほとんどなくなっていたり、逆に流木やゴミなどが大量に乗っている場所もあった。

川沿いの遊歩道までは水は上がってこなかったようだが、橋の下など低い部分は浸水したようで、中州同様砂が大量に上がり、流れ着いたものも多かった。

総合すると、どうも水位は1mほどは上がった様子で、これは賀茂川のいつもの様子から考えると、まさに異常事態といえる。今までかなり雨が降ったと思った後でもこれほどになったことはないから。

「京都市内なら大丈夫」だという根拠のない安心感は捨てて、非常時にはどう行動すべきかを考えておこうと思った。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/09/19/6987561/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局