最近の御苑の花2013年09月23日 08時29分19秒

盛夏も過ぎ、御苑内にはわずかだが花が増えてきた。
先に紹介の彼岸花の他にも。

最近よく見るのがこの小さな紫の花。このように明るい赤紫のもあれば、もっと色の濃いのもある。栂池で紹介のハクサンフウロにちょっと似ている。
それと、その左や上に見える小さな花も最近あちこちで見かける。形状からシソ科の植物ではないかと思われる。余りに小さすぎて手持ちのコンパクトデジカメではピントが合わず、アップ撮影が出来ない。
蝶はシジミ蝶の一種。珍しい文様。

この黄色い花も最近よく見る。確か、ホウセンカのような実を付ける物だと思う。
黄色は色が飛びやすいのできれいに写すのが難しい。

これは数は多くないが所々に見られる。
これは花が散ると鉄砲遊びが出来る草なんだけど、今の子は知らないかな。うちの子にも教えそびれたね。伝統文化はこうして失われていく。

そういえば、こんな蝶もいた。これも滅多に見かけない種類。

御苑では、滅多に見られない種類の動植物にふと出会えたりするから、カメラは毎日必帯である。もっとも、再就職したら御苑歩きはおそらく夜になるだろうから、このような機会もなくなってしまうのだろう。非常に残念。会社に慣れれば、朝歩きにしたいけど、いつになったら出来るかな?

・・・ということで、この後HDDの交換作業に入るので、しばらく更新は滞るかもしれません。こういうときのために、予備機も作る予定だけど、それは部屋の模様替えをする10月半ば以降の話(独身に戻るのでT_T/~)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/09/23/6990229/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局