2017祇園祭先祭巡行(3)2017年07月22日 06時33分55秒

ちょっと忙しくて滞ってしまったけど、続き。もう後まつりの宵山が昨日から始まったけどね。ということで、急ぎ残りを。

月鉾。
この写真では見えにくいけど、真木柱先端にある月の飾りが特徴的。

よく出来ているけど、こちらも稚児さんは人形。

山伏山。

油天神山。
ちなみに、山鉾の管理はそれぞれの町内が行っているのだけど、ここだけは公益財団法人になっている。ここによると相当厳しい設立条件に経て作られるらしい。「寄付者も免税に出来る」というのが大きいのかも。個人はともかく法人がありがたがりそう。

太子山。
ここまで見てもわかるとおり、山はご神体があちら=南側を向いている物がほとんどである。八坂神社さんの方向かとも思ったが、この御池通で言えばそうかも知れないけど、烏丸、河原町通では逆になるのでそうでもなさそう。

後祭巡行も調べたけど、やはり同じ向き。進む方向は逆なのに。やはり由来があるのかな?

なので、この位置からはよく見えない。南側に行けば良いのだろうけど、巡行の時は道路が基本封鎖されるので、南に渡れる場所・時間は限られるのだ。さらに、北に比べ道路が狭いので良い場所も限られる。来年に向けて調査しておくか。一番良いのは、この写真にも見えている、マンションに住んでいる人とお友達になることだけど。これを見ている方がいらっしゃれば、是非ご連絡を(^_^;)

鶏鉾。
「先端に付いている鶏が」・・・と思ったけど、ちょっとわからなかった。いるのかな?先端の方に屋根とその下にご神体らしき物が見えるのだけど、ビニールにくるまれているのでよく見えない。

木賊山。

綾傘鉾。
この赤い傘が傘鉾、ではない。これはお稚児さんに差し掛けられた傘。

「生稚児さんは長刀鉾だけ」と書いたけど、山や鉾に乗らない生稚児さんは他にもいた。人数ではここが一番。
小学生だろうに、この炎天下、まして着慣れなく厚い着物を着て2時間も歩くのはさぞかし大変だろう。傘が差し掛けられるくらい当然か。本番に備えて少しは鍛えてるんだろうけど。一生の思いで。

記念撮影。
巡行の速度は一定ではなく、時々間が開いたり止まったりする。そもそもそういう流れなのか、交通事情による物なのかはわからない。基本的には鉾の間は少し開くようだ。前の方で鉾の辻回しなどあると滞るのだろうけどね。なので、そういう止まっている時間があると演奏があったり、こういう記念撮影が行われたりする。

こちらが綾傘鉾の本体。
こちらの傘の上に鶏がいる。でも鶏鉾はこれじゃないよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/07/22/8625185/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局