2013白馬・八方・栂池(15)2013年09月05日 06時47分07秒

実シリーズ続き。

オオヒョウタンボク(大瓢箪木)。
2つの実がくっつくようになり、真っ赤に熟している。
それにしてもなぜ瓢箪?実の2くっついた様が瓢箪に似ているからか。
(拡大するとよくわかる。)

ミネカエデ(峰楓)。
種は都市に見られる楓と変わらない。葉っぱは大きめ。

ウラジロナナカマド(裏白七竈)
この実は熟すと赤くなるらしい。実だけでなく、葉っぱも真っ赤に紅葉する。
栂池で紅葉する木の中でも、最も早く赤くなり始め、しかも一番きれいに赤になるのでは、と思っている。このときも、もうすでに赤くなっている葉が見られた。写真は撮ってないけど。

ヒロハユキザサ(広葉雪笹)、だと思う。
葉っぱか見るとそうなのだけど、その名前で実まで写している図鑑がなかったので。

ほかにも、栂池を象徴する実とかいろいろあったけど、それは訳あって個別に紹介。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/09/05/6971425/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局