貴船河床(12)2015年10月31日 08時57分17秒

さて宿に戻って、窓から下を見ると河床に食卓が。
そう、一般の河床は昼と夜だけだが、宿泊者には朝から河床で食事できる特権があるのだ。

朝は他の客は居ないから完全貸切状態。他の床はまだ用意されていない。

ちょっと寒いけどね。

おぉ、朝から豪華だ。日頃質素すぎる食事なので(この頃の週の食事の内8割は白米だけ)、心にしみる、胃にしみる。
先に言っておくと、白米だけの食事なんてしちゃだめ。食費に回す(というか食費だけでなく他も含めて)お金がないけど、お米だけは前払いで毎月配達、しかも発注量を間違えて一人では食べきれないほどたくさんあったのでそういう食事をしていたのだけど、後日の健康診断で中性脂肪値が健康上限値の2倍もかけ離れていてレッドカードを食らった。現在は食事改善中。直ると良いのだけど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2015/10/31/7877292/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局