いのしし年ではないけれど2016年01月05日 19時42分34秒

うちの近所の護王神社さんには毎年元旦から数日間イノシシがやってくる。ここがイノシシにゆかりのある神社だからである。狛犬ではなく狛猪がいらっしゃるほどに。

で、今年も3匹が来ていたのだが、運良く1匹の散歩&芸を見ることが出来た。体調を見ながら亜散歩させたりするので、いついつ檻から出されるかは解らないので、出会えればラッキーである。

まずはカーペットを広げます。
この子は去年生まれたばかりの子供。6ヶ月目くらいなのでもうウリ模様はないけど、10年選手の他の2匹が老練という雰囲気を醸し出しているのに(悪く言えばよく寝てる)、この子は活発で元気だった。

次はお手。

反対側から。
体が軽いので立ち上がることもある。

最後はハードルをジャンプ!お見事。
このあたりの身のこなしは子供のイノシシらしいといえるのかもしれない。イノシシの子孫ともいえる豚では無理そうだし。

そういえば、明日までだっけ居るの。最後にもう一度見に行ってみようかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/01/05/7972483/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局