サロン・ド・ロワイアル2017年05月19日 06時45分46秒

先日、親戚に頼まれて「サロン・ド・ロワイアル」という店のチョコレートを買いに行った。
店は京都市役所の西隣にあるらしい。Googleマップで調べていって見るが店が見当たらない。うろうろしていると、ガードマンの人が「何をお探しですか?」と聞いてきたので店の名前を言うと、ここです、といわれたのがここ。

いわゆる京都のウナギの寝床の敷地で、非常に奥まっている上に表に看板が出ていない(出ているとしても目立たない)ので全くわからなかった。
「案内のために立たれているんですか?」と聞いてみると、それもあるけど路上駐車があってそれを取り締まるためらしい。前の道路は広くないから、止めると確かに大迷惑だ。最初に書いておくけど、ここに来るのに車で来たらだめ。

これが入り口。
店内車写真撮りにくかったのでなし。

喫茶店もやっているみたい。しかし、コーヒーが1000円からって、高いなぁ。私には縁遠い。

で、頼まれて買ったのがこのチョコレート。親戚に買ったのはこの倍以上大きな箱(1250円くらい)だけど、これは540円の。
店で試食はしたけどこの箱はまだ開けてないので、物の写真はなし。3~4種類の味があるけど、抹茶とかいろいろな物でコーティングされたチョコと思えばあってる。個人的には、チョコレートはストレートが一番と思っているので、いまいちだけど、有名なのかな?

店の場所は京都市役所西隣のホテルのさらに西、高瀬川のほとり。

この船のある場所の、道路挟んで西隣ちょっと南くらい。
地下鉄なら京都市役所前駅の一番西の出口上がって少しかな。興味のある方は、「歩いて」どうぞ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2017)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/05/19/8565310/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局